中谷巌の名言

中谷巌のプロフィール

中谷巌、なかたに・いわお。日本の経済学者(マクロ経済学)。大阪出身。一橋大学経済学部卒業後、日産自動車を経て、ハーバード大学大学院に留学。同大学院経済学部助手に就任。ハーバード大学で博士号を取得。ハーバード大学で講師を務めたのち帰国し、大阪大学経済学部助手を経て、一橋大学商学部教授に就任。そのほか、複数の企業での社外取締役、多摩大学教授・学長、三和総合研究所(のちの三菱UFJリサーチ&コンサルティング)理事長などを務めた。著書に『入門マクロ経済学』『転換する日本企』『資本主義はなぜ自壊したのか』『愚直に実行せよ!人と組織を動かすリーダー論』など。

中谷巌の名言 一覧

グローバル市場でいい仕事をしたければ、まず「世界に通用する見識」を磨くことだ。いくら経営スキルに秀でていても、深い洞察力のある議論ができないと相手にされない。


人は自分には識らないことが沢山ある、ということを知ることが非常に大事。


「金融市場が大きく揺れても影響を受けない企業体質」をどうすれば創り上げることができるのか、経営者は必死に模索すべき。


昔から言われる「三方よし」、つまり「自分よし、相手よし、社会よし」という考え方が企業経営においても見直されるべきでしょう。


「教養」を高めるというのは、ただ物知りになることではありません。それぞれの地域に根ざした文化・歴史を理解し、人間に対する洞察力を高めるために不可欠ですらあると思うのです。


日本企業の強さの源はどこにあったのか。私は、やっぱり中間層の強さにあったと考えています。欧米では、それこそ1%くらいのすごいエリートがいて、彼らが社会なり会社をリードしていく。日本はかなりレベルの高い中間層がたくさんいて、この人たちが結束してすごいことをやってきた。それが、強い競争力を生んだわけです。日本企業を復活させるには、彼らの本当の力を発揮させることが一番です。


企業にはもうちょっと踏みとどまってほしいと思います。簡単にリストラをしたり、派遣社員やパートに依存するようなことでは、長期的には社員のモチベーションは下がってしまいますから。


資本主義の本質をいろいろ分析していくうちに、気が付いたことがあります。西洋が引っ張ってきた資本主義社会というのは、市場によって価値を「交換」させることによって成り立っています。逆に言えば、市場で交換できないものは価値がない、とするわけです。しかし、家族同士の愛情とか、地域社会の助け合いとか、人と人との絆とか、市場で交換できないものはたくさんあります。そうしたものがないがしろにされてきた結果、コミュニティが崩壊し、社会が荒れてきました。このあたりで一度立ち止まって、このままでいいのだろうか、と議論を始めないといけないと思います。


ミクロの企業は、経営者がしっかりして、世の中が求める商品やサービスをきちんと作り、社会のニーズに応えている限りはうまくいきます。もちろんマクロの状況にも影響を受けますが、金融市場が大きく揺れているからどうしようと慌てふためくのではなく、為替や株式の動向に一喜一憂しなくても済むような堅牢な経営体制をつくることこそが経営者の仕事です。


自分の国のことを理解し、自分の言葉で話すことのできる人物でなければ、海外ではどんなに英会話が上手くても、どんなに経済学に精通していても相手にされません。だから、まずは日本の国の歴史や文化に精通することが必要。


初めに歴史や宗教を勉強するというと「なんでそんなものを勉強しなければならないのか?」という顔をしています。ところが、2~3カ月も勉強していくと、「なるほど、こういう見方が分かっていないと外国で商売なんて出来ないんだ」ということが身に沁みて分かってきます。


ひたすら成長している時には何も考えなくても良かったのかもしれませんが、ようやく自分たちの生きざまを考える時間が出来た。だからこそ、自分たちの生きざまを反映した経営をやろうじゃないか。私はそれがこれからの経営者に必要なことだと思います。


今まではとにかくお金儲けをしたらいいんだ、という企業論理の中で、業界でのシェアをどうやって高めていくか、ということばかり言われてきました。しかし、企業のシェアを高めるために、自分が身を粉にして家族も犠牲にし、何も考えずに突っ走ることにどういう意味があるのか。リーダーはこうしたことまで考えた上で自分たちの経営スタンスを考えなければならない。


中谷巌の経歴・略歴

中谷巌、なかたに・いわお。日本の経済学者(マクロ経済学)。大阪出身。一橋大学経済学部卒業後、日産自動車を経て、ハーバード大学大学院に留学。同大学院経済学部助手に就任。ハーバード大学で博士号を取得。ハーバード大学で講師を務めたのち帰国し、大阪大学経済学部助手を経て、一橋大学商学部教授に就任。そのほか、複数の企業での社外取締役、多摩大学教授・学長、三和総合研究所(のちの三菱UFJリサーチ&コンサルティング)理事長などを務めた。著書に『入門マクロ経済学』『転換する日本企』『資本主義はなぜ自壊したのか』『愚直に実行せよ!人と組織を動かすリーダー論』など。

他の記事も読んでみる

植田実(経営者)

月に一度くらいミナミのアメリカ村にマーケティングに行くんですが、そこで女子高生に「いま、こんなん流行ってるで」と聞いて、作りました。やはりキャラクターが強いということで、キティバージョンを出してから売上がドンドン伸び、1年で100万枚を超えました。


鵜浦博夫

次世代に宿題を残さないように。
【覚書き|NTTグループ各社のトップに語った言葉】


新浪剛史

重要なことは、論理を超える感情や熱意です。


南場智子

基本的に人は仕事でしか育たないと思います。さらに言うと、すんなり成功する仕事ではなく、苦労した末に成功を勝ち取る経験を通して、人は大きく成長するものです。


中村獅童(二代目)

人間だから不安な気持ちもあるけど、弱い自分を乗り越えるには、思い込みとか強い気持ちって大切ですよね。撮影後の取材で「僕はこれから大きくなるから、見ていてよ」と言っていたと、ある記者の方からいまだに言われます。自分でも覚えていますよ、それほどの思い込みだった(笑)。


立川談慶

人間の失敗の集大成が落語。「世の中、失敗でできているぞ」と言い切っちゃっている。落語のいろいろなネタによく出てくる「与太郎」という人物がいる。ちょっと抜けていて、いろんな騒動を巻き起こすんだが、彼にフォーカスすると、社会の処方箋が見えてくる。僕らが生きている現実の世の中は成功するのが当たり前で、うまくいくのが前提だ。日本は特に、10時10分発の電車が10時13分にやってくると、皆「遅いな」と怒りだす。でも、落語の世界では与太郎が運転したら、皆が「もしかしたら電車が来ないかもしれない」と思っちゃう。そのレベルに立つと、3分ぐらいの遅れは「どうでもいいや」とゆとりを持って迎えられるだろう。


村上憲郎

ビジネスパーソンとして生きていくうえで最も基本となる知識は、「会社のしくみ」「財務・簿記の知識」「経済学」などです。どんな仕事をするにせよ、これらの知識を持っているか否かの差は大きい。


畑村洋太郎

制御できないものを制御できると考える「完全制御志向」を改める必要がある。


ドナルド・トランプ

成功が成功を生むように、発見は発見を生む。質間とは探求する心である。


似鳥昭雄

時代遅れにならない店をつくるには、常に変化をさせていく必要がある。


施崇棠(ジョニー・シー)

従業員には常に「困難な道を選択しろ」と言い続けてきました。易しい道を選んでしまえば、すぐに競合他社に真似されてしまう。どれだけ苦労したか、どれだけつらいことを乗り越えられたか。そのブレークスルーによって生まれた製品は必ず競争力のあるものになるはず。


中島明

フリーランス時代の僕はじっくり深く付き合える仕事だけで生きていました。いわばLOVEだけで生きていた。でも、もっと多くの人を巻き込んでいくには、ときにPOWERが必要です。


ジェイ・エイブラハム

値上げを顧客の理解を得たとして、そこで満足してはいけません。状況を反転させるべきです。増分のコストをどうしても負担していただかなければいけない、その代わりにお客様にはきちんとその分より高い価値を、サービスをこれから提供していきますよということをお約束するということです。


トニー・ブザン

これからの時代は、人口数百万人規模の小さな国家でも、国民のすべてが創造性のある思考を身につけ、その能力をサービス業や技術革新に集中させれば、アメリカや中国、日本といった大国を脅かす存在になるはずです。創造性に関心を持たない国は後れを取り、つらい道を進むことになるでしょう。


佐々木義孝

理屈だけではうまくいかない面もたくさんありますから、そこをうまく調整するようにバランスをとるのがCFOのような立場の人間にとって一番大切なのではないかと思います。


ページの先頭へ