名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中谷和浩の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中谷和浩のプロフィール

中谷和浩、なかたに・かずひろ。日本の経営者。「ジャパンニューアルファ」社長。山口県出身。営業部長をしていた横浜のパチンコホール運営会社がジャパンニューアルファに買収されたのを機にジャパンニューアルファに入社。グループ企業の役員を歴任したのち社長に就任。

中谷和浩の名言 一覧

私心があったら物事は成就できません。


「会社は社会からの預かりもの」である以上、社会が我々に求めていること、我々に今出来ることを精一杯やっていきたい。


私以上の人材が出てくれば、すぐにでも(トップを)代わりたいと思っています。愛してやまないこの会社が更に飛躍するチャンスに恵まれるのであれば、私は喜んでこの席を譲りたい。


厳しい時代だからこそ、業界の固定概念から離れ、ゼロベースから全員の知恵と経験を集結して、新しいフルサービスホテルのブランド展開を目指そう、そして、最終的には我々が業界の中でベンチマークされるような存在になろう。


中谷和浩の経歴・略歴

中谷和浩、なかたに・かずひろ。日本の経営者。「ジャパンニューアルファ」社長。山口県出身。営業部長をしていた横浜のパチンコホール運営会社がジャパンニューアルファに買収されたのを機にジャパンニューアルファに入社。グループ企業の役員を歴任したのち社長に就任。

他の記事も読んでみる

安田佳生

過去の歴史の流れを知るうちに、「どんなに世の中が変化しても、正しい思想や価値観は変わらない」ということでした。いまは魅力あるビジョンや人望より、金儲けのスキルがある経営の方が業績を上げていたりします。しかし、私は、これから成功する経営者はもっと別の方向に向かうと信じています。


高島英也(髙島英也)

会社に対する課題や不平不満でもいいので、内に込めず吐き出してほしい。そういう声に耳を傾けたい。良い提言や不平不満なら、すぐに手を打ちたいと思います。声をかけてきてほしい。


嶋津良智

ネガティブ思考や被害者意識からは何も生まれません。ものごとのポジティブな面にフォーカスできるのが、稼げる人のものの見方、考え方といえます。


水口和彦

1日のうち、メールの処理にどのくらいの時間をかけているか測ってみたことはありますか。メール1通の処理を5分で済ませても、たった12通で1時間です。おそらく、多くの人が1時間では収まっていないのではないでしょうか。労働時間を1日8時間として、1時間はそのうち12.5%にもなります。この時間をいかに短縮できるかが、仕事の効率を上げる上ではとても重要です。


ドストエフスキー

私は笑い方でその人間がわかるような気がする。全然知らない人に初めて会って、その笑いが気持ちよかったら、それはいい人だと思って差し支えないと思う。


野中広務

情報を得るのが人より少しでも早ければ、相手の一歩先を読める。


永持孝之進

私はこういう人でなければつきあわない、などという堅苦しい信条があるわけではありません。袖振り合うも他生の縁といいます。たくさんの人と出会う中で、無理に選り好みをしなくても、自然に波長の合う人が残り、悪い人は自然と去って行くものです。


稲盛和夫

私はつれづね利己ではなく「利他」が重要だといっていますが、簡単に妥協してしまう人は利己的な人が多い。残念ながら、日本企業のリーダーにはこのことを自覚できている人が大変に少ないと思います。


安居祥策

社長になったときに「ノーと言える社内風土を作ろう」と呼びかけました。大屋晋三元社長が1980年になくなった後、当社は堅実な会社になり、利益も結構出ていました。ただ、成長はほとんどなく、守りに入ってしまっていた。上が言うことには従うが、自発的に考えるということが少なかった。そこを変ええないと、会社は変わらないし、活気は出ないと思ったのです。私は若いころに会社のトップにノーと言った経験があります。こんな経験から、社長になってからは遠慮なく意見を言おうと呼びかけたわけです。


松本晃(経営者)

企業は儲からないといけない。儲からないと何もできない。設備投資はできないし、新商品の開発もできない。従業員の給料・ボーナスも増やせないし、税金も払えない。社会貢献も十分にできないし、株主に十分な配当もできない。さらに、儲からないと株価は下がる。


井上康生

継承すべきものは継承し、取り入れるべきものは新しいものを取り入れる。


下地寛也

プレゼンテーション初心者によくありがちなのですが、「話したいことが全部話せました」という人がいます。しかし、話したいことを全部話すことがプレゼンではありません。聞き手に理解してもらうためには、聞き手がどれだけのことを理解できるかを意識しながら話さなくてはなりません。聞き手の理解のカゴの大きさにあった量になるよう、情報を取捨選択することが大切です。