中谷和浩の名言

中谷和浩のプロフィール

中谷和浩、なかたに・かずひろ。日本の経営者。「ジャパンニューアルファ」社長。山口県出身。営業部長をしていた横浜のパチンコホール運営会社がジャパンニューアルファに買収されたのを機にジャパンニューアルファに入社。グループ企業の役員を歴任したのち社長に就任。

中谷和浩の名言 一覧

私心があったら物事は成就できません。


「会社は社会からの預かりもの」である以上、社会が我々に求めていること、我々に今出来ることを精一杯やっていきたい。


私以上の人材が出てくれば、すぐにでも(トップを)代わりたいと思っています。愛してやまないこの会社が更に飛躍するチャンスに恵まれるのであれば、私は喜んでこの席を譲りたい。


厳しい時代だからこそ、業界の固定概念から離れ、ゼロベースから全員の知恵と経験を集結して、新しいフルサービスホテルのブランド展開を目指そう、そして、最終的には我々が業界の中でベンチマークされるような存在になろう。


中谷和浩の経歴・略歴

中谷和浩、なかたに・かずひろ。日本の経営者。「ジャパンニューアルファ」社長。山口県出身。営業部長をしていた横浜のパチンコホール運営会社がジャパンニューアルファに買収されたのを機にジャパンニューアルファに入社。グループ企業の役員を歴任したのち社長に就任。

他の記事も読んでみる

松下幸之助

激しい競争の中にあっても、松下電器は単に競争そのものにとらわれず、常に何が正しいかを考えて淡々としてその道を進んでいかなければならない。それは非常に難しいことだが、我々の本来持つ尊い使命を正しく遂行していけば、自ずからできる、必ず知恵才覚も刻々と湧いてきて、個々の困難に対処する力も出てくるということを私は信じていた。


井上礼之

現場の実行力の徹底度合いを左右するのは納得感です。社員の姿を見ていると、納得感があって、本気で夢中になっている時にとんでもない実行力を発揮するんですね。


酒巻久

40代で身につけるべきは、自分の考えを部下に押しつけるだけでなく、部下の意見をきちんと吸い上げて、チームとして力を発揮させることができる能力です。


高橋淳(経営者)

他店より肉は多少美味しいし、サービスも多少は良い。でも圧倒的な差別化はできていませんでした。そこで、本当においしくて、サービスがいい、お客様に心から満足してもらえる店をつくろう。そうしないと存続できないと悟りました。
【覚書き|米国のBSE問題などによって全店舗中3分の2が赤字店になってしまった当時を振り返っての発言】


中山愼一

心がけているのは上から押しつけないこと。まずは自分で考え、判断してもらいたい。そのために挑戦しやすい環境を整えています。


桜井章一

運というものは、求めるものじゃなくてね。運のほうから、しかるべき人を選んでやってくると思ったほうがいい。運に選ばれる人というのは、小さなことにもよく気づくし,それには感覚を研ぎ澄ませないといけない。


茂木健一郎

仕事がデキる人は、コミュニケーション力と、新しいものを生み出す創造性に秀でています。どちらの能力も数値化できない不確実なモノにどう対処するかという判断力や直感が必要。なにが起きるかわからない人生の現場に飛び込むことが必要になってきます。そこで脳の強化学習が必要。


田中和彦

リクルートでの課長時代、上司である部長や役員が取締役会によく私を呼び出しました。そのうちに、これは事前に上司のスケジュールを把握し、指示の内容を先読みするしかないと思い至りました。そうした視点でスケジュールを見直すと、事前にやっておくべきことが見えてきます。おかげで急な要請でスケジュールが混乱する事態をかなり減らせるようになりました。


宇都出雅巳

とにかく、小さなことでもアイデアを逃さないように心がけたい。そのためには、まず書き留めること。アイデアは整理されて出てくることはまずありえず、いろいろ話している中で、ヒョイと出てくるものである。その瞬間を逃さず、しっかりと記録するのだ。


千葉智之

メールはためずに即答が基本です。返事をどのように書くか悩んでも、3分で結論を出して、それ以上は先延ばしにしません。理由はいろいろあります。先延ばしにすると、次々と届くメールの中に埋もれてしまって、返事を書くべきメールがあったこと自体忘れてしまいます。こうした漏れをなくすためにも、読んだら即返信の習慣が必須です。


ダイアナ王妃

私は自由な精神でいたい。私のそんなところを嫌う人もいるけど、それが私という人間なの。


川村隆

社長とはある種の役割でしかないのです。「社長機関説」と言いましょうか。社長とは憧れるものでも、畏怖するものでも、嫉妬するものでも、そのイスを奪い合うものでもない、ただの機関なんです。カリスマ性も必要ありません。


坂根正弘

日本が陥りやすい欠点は「技術を持っているから何でもできる」と自前主義になってしまうことです。当社は自前の部分は主にハードのモノづくり技術に限定していて、ICT(情報通信技術)の部分は日本だけではなく米国、ロシアなどから様々な最先端技術を結集しています。


三田紀房

会社がある目的を持った組織である限り、そのメンバーには期待される役割があります。組織で働くからには、その仕組みを冷静に把握したうえで、自分がどのように振る舞えば、上司が喜び、自分も得をするかを考えることが大切なのです。


板坂直樹

本業が順調だからこそ、異業種の事業も展開できる。


ページの先頭へ