名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中谷健一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中谷健一のプロフィール

中谷健一、なかや・けんいち。日本のコンサルタント。新潟県出身。大阪大学卒業後、リクルートに入社。同社で結婚情報誌の編集やモバイルインターネット事業に携わる。その後、モバイルマーケティングコンサルタントとして独立。トリムタブジャパンを設立。主な著書に『どこでもオフィス仕事術 効率・集中・アイデアを生む「ノマドワーキング」実践法』『成功するケータイ通販 携帯電話で上手にモノを売るためのルール』、主な共著に『つながりの仕事術』『モバイルマーケティングを活性化する  企業携帯サイトの構築』など。

中谷健一の名言 一覧

今日の仕事は会社のデスクでやるよりもカフェでやった方がきっとはかどるだろう、と感じるならぜひそうすべきだと思います。ただ、どの場所がどんな作業に向くかは個人の感性によって違う面もあるでしょうから、ある程度の試行錯誤が必要でしょう。


忙しいから家族と過ごす時間がないといっていた人も、ノマド的手法をとりいれることで解決策を見いだせるのではないでしょうか。たとえば、定時に退社して家族と一緒に食事をし、子供をお風呂に入れる。そのあと寝かしつけたところで近所のマクドナルドに行って、9時から12時まで仕事をする。といったこともできます。私は家族旅行中に旅館で仕事をしていることもあります(笑)。


フリーランスのノマドワーカーだと、いいアイデアを思いついたとしても、そばに気軽に話せる相手がいません。それではせっかく生まれた可能性が枯れてしまうこともあり得ます。その点会社であれば、アイデアをすぐ同僚に話すこともできますし、アドバイスをもらうこともできます。私は最近改めて「会社っていい仕組みだな」と感じるのですが、その仕組みを活かせるかどうかは、本人次第なのだと思います。


私はノマドは多くの人に実践可能なものだと考えています。デバイスやクラウドサービスを自分なりに使い、ひとつの場所にとどまらずに働くことを積極的に見出す働き方であれば、それはノマドワークスタイルといっていいのではないでしょうか。


メールの返信は駅のホームのベンチがはかどる。電車が止まるたびに人が降りてきて、自分は何をやっているのだろう。早く帰らなきゃと追い込まれるから。


人には性格や嗜好によって集中力がものすごく高まる場所がある。しかも、仕事内容によって場所と集中力の相性が変わる。場所を変えることで集中力をコントロールできる。


外回りでアポとアポとの時間が空いている時、いちいち会社に戻らず近くのカフェで作業したほうが、時間効率はよくなります。暑い時期に外を動きまるのは、それだけで体力を消耗しますしね。


最近は作業に必要な電源を備えたカフェも増えて、オフィス外での仕事もやりやすくなっています。コスト的にも、毎日カフェに通っても1か月に3万円もかからないので、事務所を借りるより得です。


中谷健一の経歴・略歴

中谷健一、なかや・けんいち。日本のコンサルタント。新潟県出身。大阪大学卒業後、リクルートに入社。同社で結婚情報誌の編集やモバイルインターネット事業に携わる。その後、モバイルマーケティングコンサルタントとして独立。トリムタブジャパンを設立。主な著書に『どこでもオフィス仕事術 効率・集中・アイデアを生む「ノマドワーキング」実践法』『成功するケータイ通販 携帯電話で上手にモノを売るためのルール』、主な共著に『つながりの仕事術』『モバイルマーケティングを活性化する  企業携帯サイトの構築』など。

他の記事も読んでみる

栗山英樹

チームとして結果を残し続けるためには、常に選手を入れ替えながら、若手選手を育てていくことが求められる。


河合薫

もし、一人でも多くの人が「優しくする努力」を心掛けたならば、いじめは継続されるものではなく、一時的な人間関係のひとつとして処理できるのではないだろうか。部下に厳しくする上司が、厳しさと厳しさの隙間を、優しくする努力で埋めることができたら、部下に信頼される厳しい上司になれるだろう。いじめが無意識であっても、意識的であっても、優しくする努力を日々、重ねていくことが何よりも大切だと思う。


午堂登紀雄

結果の出せないサラリーマンは、儲けようという意欲が低い。自分の環境は誰かから与えてもらうものだという意識が強く、自分から積極的に何とかしようということよりも、会社や社会、他人のせいにするような話をすぐします。そうした人は自分と意見が合う人とだけで群れて、お互いに癒やし合って終わってしまう。


レイ・クロック

クオリティを保つため、すべての過程において作業は標準化されなくてはならず、クルー(スタッフ)は全員、同じ教育を受ける必要があった。


市川秀夫(経営者)

日本人は現状を前提に引き算でビジネスを考えようとする。しかし、西欧人はゼロベースから足し算で事業を設計する。


田原総一朗

僕は新聞を6紙取っていて、各紙で違うことが書かれていたら、記者や関係者に直接電話して確かめます。わからないことを放っておけないタチで、待っていられないのです。


堀江裕介

最初は社内に料理のできる人も動画編集のできる人もいなかったので、ぜんぶ自分でやりました。じつは最初のフードデリバリーで失敗してからレシピ動画にいきつくまで約1年ありました。その間は半分潰れたような状態で、メディア事業をやっていました。そんなときに僕がいきなり「これからはレシピ動画だ」と言っても、社員は誰もついてこ強い。だから最初は1人でつくるしかなかったんです。でも、つくったものを見せたら反応がよくて、料理ができる社員が協力してくれるようになりました。


山下徹

画期的な汎用ツールを作ろうと精鋭を集めましたが、必ずしもうまくいきませんでした。革新は現場が起こすということを痛感しました。でも、ソフトウエアの自動生成を実現させよう、と号令をかけていたことはよかったと思います。そうしなければ、前進はなかったでしょうか。


佐藤治子(madame H)

ファッションのコーディネートは不思議なもので、全身を「決め決め」にすると、どこか堅苦しさが出てしまうもの。


枡野俊明

上司や部下に「どうも反りが合わない」と感じたら、尊敬できる面を探し、相手より先に褒めることです。褒められて嫌な人はいません。それどころか、褒めてくれた相手の長所を見ようとするものです。


蛭子能収

サラリーマンでも漫画家でも芸能人でも、一番大事なものは信用だと思います。


鈴木敏文

今の日本は、あまりに過去の延長線で来ちゃっている。でもね、世の中は変わるもんです。適応する形を取っていかないといけない。