名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

中谷健一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中谷健一のプロフィール

中谷健一、なかや・けんいち。日本のコンサルタント。新潟県出身。大阪大学卒業後、リクルートに入社。同社で結婚情報誌の編集やモバイルインターネット事業に携わる。その後、モバイルマーケティングコンサルタントとして独立。トリムタブジャパンを設立。主な著書に『どこでもオフィス仕事術 効率・集中・アイデアを生む「ノマドワーキング」実践法』『成功するケータイ通販 携帯電話で上手にモノを売るためのルール』、主な共著に『つながりの仕事術』『モバイルマーケティングを活性化する  企業携帯サイトの構築』など。

中谷健一の名言 一覧

今日の仕事は会社のデスクでやるよりもカフェでやった方がきっとはかどるだろう、と感じるならぜひそうすべきだと思います。ただ、どの場所がどんな作業に向くかは個人の感性によって違う面もあるでしょうから、ある程度の試行錯誤が必要でしょう。


忙しいから家族と過ごす時間がないといっていた人も、ノマド的手法をとりいれることで解決策を見いだせるのではないでしょうか。たとえば、定時に退社して家族と一緒に食事をし、子供をお風呂に入れる。そのあと寝かしつけたところで近所のマクドナルドに行って、9時から12時まで仕事をする。といったこともできます。私は家族旅行中に旅館で仕事をしていることもあります(笑)。


フリーランスのノマドワーカーだと、いいアイデアを思いついたとしても、そばに気軽に話せる相手がいません。それではせっかく生まれた可能性が枯れてしまうこともあり得ます。その点会社であれば、アイデアをすぐ同僚に話すこともできますし、アドバイスをもらうこともできます。私は最近改めて「会社っていい仕組みだな」と感じるのですが、その仕組みを活かせるかどうかは、本人次第なのだと思います。


私はノマドは多くの人に実践可能なものだと考えています。デバイスやクラウドサービスを自分なりに使い、ひとつの場所にとどまらずに働くことを積極的に見出す働き方であれば、それはノマドワークスタイルといっていいのではないでしょうか。


メールの返信は駅のホームのベンチがはかどる。電車が止まるたびに人が降りてきて、自分は何をやっているのだろう。早く帰らなきゃと追い込まれるから。


人には性格や嗜好によって集中力がものすごく高まる場所がある。しかも、仕事内容によって場所と集中力の相性が変わる。場所を変えることで集中力をコントロールできる。


外回りでアポとアポとの時間が空いている時、いちいち会社に戻らず近くのカフェで作業したほうが、時間効率はよくなります。暑い時期に外を動きまるのは、それだけで体力を消耗しますしね。


最近は作業に必要な電源を備えたカフェも増えて、オフィス外での仕事もやりやすくなっています。コスト的にも、毎日カフェに通っても1か月に3万円もかからないので、事務所を借りるより得です。


中谷健一の経歴・略歴

中谷健一、なかや・けんいち。日本のコンサルタント。新潟県出身。大阪大学卒業後、リクルートに入社。同社で結婚情報誌の編集やモバイルインターネット事業に携わる。その後、モバイルマーケティングコンサルタントとして独立。トリムタブジャパンを設立。主な著書に『どこでもオフィス仕事術 効率・集中・アイデアを生む「ノマドワーキング」実践法』『成功するケータイ通販 携帯電話で上手にモノを売るためのルール』、主な共著に『つながりの仕事術』『モバイルマーケティングを活性化する  企業携帯サイトの構築』など。

他の記事も読んでみる

糸木公廣

外国人は得られる評価や意義がクリアな仕事しかしたがらない傾向があります。それらを丁寧に説明すれば、彼らの士気は上がり、意欲的に取り組むようになるでしょう。


弘兼憲史

信念を貫くのに必要なのは、「仕事へのプライド」であり、「仕事が好きだ」という気持ち。


稲葉善治

我々の一番大きな責任は、次の世代に健全な形でタスキをつなぐこと。


山村幸広

私は経営者の一番の仕事は、「毎月25日に社員に給料をきちんと支払うこと」だと思っています。だからこそ、アカウンタビリティ(説明責任)という言葉を大切にしています。社員に対しても、自分の思いと、行動を起こす理由を正確に伝えられることが大事です。


阿部寛

将来のイメージをそれほど明確には持っていません。ただ、自分より10歳ぐらい上の先輩の方たちのことはよく観察しています。そうした先輩方の役者としての情熱や立ち位置、仕事ぶりなどを見ながら、「10年後、自分はどうなっていたいか」をなんとなくイメージしています。


朝香聖一

同じようなスタイルで経営をやっていれば制度疲労は必ず生じます。90年間先輩たちが築きあげてきたものは尊重しなければいけません。しかし、時代の潮流に合わない部分は思い切って変えていく必要がある。


大和賢一郎

コミュニケーションにおいて「文書(メールや配布資料)」と「会話」を適切に使い分けることも重要です。両者には、一長一短があります。たとえば、相手の熱意や本気度といった「気分的なもの」を探るには、メールは適しません。言葉の裏に隠された感情や真意を読み取るには、相手の表情や口調を見聞きしながら、直接会話をするのが手っ取り早いのです。


伊庭正康

リクルート時代、元々仕事が速かったわけではありません。広告営業は忙しく午前様も当たり前。ですが、「このままだと自分が駄目になる」と思い、残業を止めようと決意しました。移動の予定を同じ沿線上でまとめたり、移動時間にメールを返信。「期限内に終わらせる」という姿勢に変わることで、自分がやるべきこと、人に任せることが明確にできるようにもなりました。


土光敏夫

60点主義で即決せよ。決断はタイムリーに成せ。


井上亮(オリックス)

ひとつの仕事には、知識とノウハウを得られる要素がたくさん詰まっています。100の要素のうち、半分の50でもいいから知識とノウハウを蓄える仕事のやり方ができなければ、会社としても欲しい人材とはいえません。


佐野健一

大切なのは「私という人間がどんな人物なのか」「どんな思いを持ってこのビジネスに取り組んでいるか」という点を、明確なメッセージを込めて相手に伝えること。英語がうまくなくても、日本語で十分伝わるもの。


長谷川穂積

新人の頃はさほど苦ではなかった減量が、いまは筋肉量も増えて本当にしんどい。でも、俺の知る限り、世界戦で計量に失敗した日本人ボクサーはいない。そこで、「失敗しました」「落とせませんでした」なんて恥はかけないですよ。約束が守れん人間は、人として駄目ですからね。最後は筋肉をそぎ落としてでも、クリアします。それに、減量は自分の中にあるハングリーさを沸き立たせてくれるもの。仮にいま、「減量なしで試合に向かえ」と言われたら、ムリやと思う。