中谷健一の名言

中谷健一のプロフィール

中谷健一、なかや・けんいち。日本のコンサルタント。新潟県出身。大阪大学卒業後、リクルートに入社。同社で結婚情報誌の編集やモバイルインターネット事業に携わる。その後、モバイルマーケティングコンサルタントとして独立。トリムタブジャパンを設立。主な著書に『どこでもオフィス仕事術 効率・集中・アイデアを生む「ノマドワーキング」実践法』『成功するケータイ通販 携帯電話で上手にモノを売るためのルール』、主な共著に『つながりの仕事術』『モバイルマーケティングを活性化する  企業携帯サイトの構築』など。

中谷健一の名言 一覧

今日の仕事は会社のデスクでやるよりもカフェでやった方がきっとはかどるだろう、と感じるならぜひそうすべきだと思います。ただ、どの場所がどんな作業に向くかは個人の感性によって違う面もあるでしょうから、ある程度の試行錯誤が必要でしょう。


忙しいから家族と過ごす時間がないといっていた人も、ノマド的手法をとりいれることで解決策を見いだせるのではないでしょうか。たとえば、定時に退社して家族と一緒に食事をし、子供をお風呂に入れる。そのあと寝かしつけたところで近所のマクドナルドに行って、9時から12時まで仕事をする。といったこともできます。私は家族旅行中に旅館で仕事をしていることもあります(笑)。


フリーランスのノマドワーカーだと、いいアイデアを思いついたとしても、そばに気軽に話せる相手がいません。それではせっかく生まれた可能性が枯れてしまうこともあり得ます。その点会社であれば、アイデアをすぐ同僚に話すこともできますし、アドバイスをもらうこともできます。私は最近改めて「会社っていい仕組みだな」と感じるのですが、その仕組みを活かせるかどうかは、本人次第なのだと思います。


私はノマドは多くの人に実践可能なものだと考えています。デバイスやクラウドサービスを自分なりに使い、ひとつの場所にとどまらずに働くことを積極的に見出す働き方であれば、それはノマドワークスタイルといっていいのではないでしょうか。


メールの返信は駅のホームのベンチがはかどる。電車が止まるたびに人が降りてきて、自分は何をやっているのだろう。早く帰らなきゃと追い込まれるから。


人には性格や嗜好によって集中力がものすごく高まる場所がある。しかも、仕事内容によって場所と集中力の相性が変わる。場所を変えることで集中力をコントロールできる。


外回りでアポとアポとの時間が空いている時、いちいち会社に戻らず近くのカフェで作業したほうが、時間効率はよくなります。暑い時期に外を動きまるのは、それだけで体力を消耗しますしね。


最近は作業に必要な電源を備えたカフェも増えて、オフィス外での仕事もやりやすくなっています。コスト的にも、毎日カフェに通っても1か月に3万円もかからないので、事務所を借りるより得です。


中谷健一の経歴・略歴

中谷健一、なかや・けんいち。日本のコンサルタント。新潟県出身。大阪大学卒業後、リクルートに入社。同社で結婚情報誌の編集やモバイルインターネット事業に携わる。その後、モバイルマーケティングコンサルタントとして独立。トリムタブジャパンを設立。主な著書に『どこでもオフィス仕事術 効率・集中・アイデアを生む「ノマドワーキング」実践法』『成功するケータイ通販 携帯電話で上手にモノを売るためのルール』、主な共著に『つながりの仕事術』『モバイルマーケティングを活性化する  企業携帯サイトの構築』など。

他の記事も読んでみる

石井宏宗

優秀な管理者を育成するために、OJTによる実践教育だけでなく管理者養成のための社内大学を設立して、定期的な理論教育を継続して行っています。


大倉喜八郎

時は金なり
油断をするな
無駄をするな
天物を暴殄(ぼうてん=荒らす、滅ぼす)するな
信用を重んずべし。信用なき人は首なき人と同様なりと知るべし
何事も魂を込めて誠心誠意をもって働け
遊ぶも働くも月日は流る。奮闘に興味を持つべし
楽隠居の考えをやめ、勇気を鼓し、家のため、国のために努力するこそ人間の本分なり
他人が十時間働くなら、自分は十二時間働け、精神一到何事不成の心持ちをもってすれば、成功必ず疑いなし


吉永泰之

役員会議では、私はなるべく発言しないようにしています。代わりに、参加者の理解が深まっているかどうかに気を配っています。技術の専門的な話を、営業系の人がきちんと理解できているかどうか。また、バランスシート上の細かい数字の話が、技術系の人たちにまで腑に落ちているかどうかどうか。そこを見るようにしています。


江上治

顧客志向が表面的なものだと、絶対にお客様に見抜かれてしまう。本気の顧客思考でなく、どこか「自分が稼ぎたい、自分が儲かりたい」という気持ちがあれば、それは必ず相手に伝わる。思考が言葉となって出てくる。ほとんどの営業マンは、この部類である。だから稼げないのだ。


三村明夫

簡単なことを難しく言っても、人に感動を与えることはできない。


羽生善治

最初から細かいところにこだわって理詰めで追っていくと、効率が悪い。指し手を読んでいって、この筋はだめだとわかったら、おおもとに立ち返るわけですが、それを繰り返していたのでは、時間と体力の消耗が大きいし、的外れなところにとらわれて考え込むこともあります。それよりも、最初の段階である程度「こういう方向性でいこう」とか「とりあえずはこの手で」というのを決め、ポイントを絞ってそこに集中する。つまり「見切りをつける」ということですが、これまでの経験の積み重ねがあって、それができるようになったのだと自分では思っています。


マティアス・クラウディウス

知っていると思い込んでいる人が利口なのではなく、自分の知らないことを自覚した人が賢いのである。


みうらじゅん

親への贈り物は、親の年齢から20~30歳くらい引いた年齢の人が使う物が絶対いい。若い人は心配するけど、親は迷惑に思うどころかうれしいんだって。この感覚は年を取ると分かるんだけどなあ。それこそ、自分とペアになるものを親にプレゼントしてもいいんじゃない。親の年齢から20~30歳を引いたら、自分の年齢くらいでしょ。


ジョセフ・トリポディ

マーケティング手法を変革するうえで、CMO(最高マーケティング責任者)の役割は極めて重要です。私の仕事は、多くの人を動機付けて、変化を加速させることにあります。


日覺昭廣

当たり前の話ですが、革新的な素材は誰も見たことがありません。日本で初めて合成繊維のナイロンを販売した時も、五輪金メダリストのスキー選手、トニー・ザイラーのスキーウエアや、「ミニスカートの女王」と呼ばれたツイッギーのパンストを作るといったプロモーションやマーケティングまで、東レ自身が手掛けました。


姜尚中

目の前のことだけを見るのではなく、それをより広い世界の中に位置づけて見ることは重要。自分の仕事が10年後、20年後も安泰なのかどうかも、そうした見方ができなければ判断ができません。


キャメル・ヤマモト

メールを丁寧に書く時間があるのなら、電話でもいいから直接、相手と話したほうが今後のコミュニケーションも円滑に進むはずです。


山本高史

「ひらめく」というのは、「思い出す」と本質を異にしない。知らないことは思い出せない。知っていること、つまり脳内データベースの充実が「ひらめく」の前提となる。


曽山哲人

私自身は、ランチや飲み会で、ひと月に100人前後の社員と接点を持つようにしています。他の役員もしかり。社員数(単独)1400人ほどの会社でそれだけの頻度で接触を行なっていますから、社内の「空気感」の変化や、部署ごとの風土、活性化の度合いなどを、役員それぞれが手に取るようにキャッチできるようになります。


鎌田實

「ホスピタリティ」とは、ひと言でいえば、「心のこもったおもてなし」のことです。言い換えれば、相手の立場に立って考える習慣のこと。この「ホスピタリティ」の大切さに気づけば、プライベートもうまくいくし、なにより仕事の世界でも一番になれる。


ページの先頭へ