名言DB

9412 人 / 110637 名言

中西英一(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

中西英一(経営者)のプロフィール

中西英一、なかにし・えいいち。日本の経営者。医療用ドリルメーカー「ナカニシ」社長。栃木県出身。早稲田大学理工学部卒業、米国ミシガン大学大学院修了。祖父が創業した「中西製作所(のちのナカニシ)」に入社。その後、同社社長を務めた。

中西英一(経営者)の名言 一覧

顧客を感動させる製品やサービスを生み出し続けることが善い会社の条件。


ミクロン単位の加工ができるのは日本だけ。緻密な作業は日本人が適している。


中西英一(経営者)の経歴・略歴

中西英一、なかにし・えいいち。日本の経営者。医療用ドリルメーカー「ナカニシ」社長。栃木県出身。早稲田大学理工学部卒業、米国ミシガン大学大学院修了。祖父が創業した「中西製作所(のちのナカニシ)」に入社。その後、同社社長を務めた。

他の記事も読んでみる

芦田昭充

私がいつも人事部に言っているのは、「成績だけで採るな」ということです。運動でも何でも、とにかく必死でやった経験を持つ人材を採れと。学べばどこまでも伸びるというポテンシャルを持っていることが大切だと。


尾賀真城

お客様の選択肢がたくさんある中で、どうすれば選んでいただけるか。ひとつは先駆者として新しいカテゴリーを創出すること。


曳野孝

他社と差別化が難しい状況の中で、ブランドをいかに確立するか。それが利益を確保し続けるカギです。ユニクロのブランドコンセプトは、「手ごろな価格でファッショナブルな商品を提供する」です。ユニクロは価格競争を促す側で成長しましたが、ブランド確立後は低価格に依存しない体制を築き、事業を展開しています。


堀場厚

実は、かねてより自動車の排ガス測定装置の売上が伸びても部品在庫が減らないので、私は疑問を感じていました。当社の測定装置はいくつもの協力会社との連携作業でつくっていくのですが、原因を探るうち、その工程の中で当社の工場と協力会社の工場とを何度も往復して運搬していたことに気づきました。それぞれの工場で余裕をみて多めに未完成品の中間在庫を抱えていたため、在庫がなかなか減らなかったのです。この物流ロスを解決するため、新工場には協力会社の担当部門の方々に入っていただき、一つのラインですべての工程を行なえるようにしました。これにより、つくり始めてから完成までのリードタイム3分の1を目指し、生産性の大幅な向上を狙っています。


渋谷陽一

取材をして雑誌をつくって本屋に行くと、自分たちの手掛けたものを一生懸命に読んでくれている人がいた……どうかな、うわ、買ってくれたぞ。「まあ、俺がつくったなんてことは知るはずもないけどな」編集の仕事にはそういう黒子(くろこ)としてのエクスタシーがありますよね。


ジェイ・エイブラハム

私はコモディティ化した商品(一般化してユニークではなくなった差別化しにくい商品)をそれだけでは決して売らない。むしろ、必ず有形か無形の要素を加えて独自なもの、他と比較できないものにする。商品をパッケージで提供すれば、価値をより高く知覚してもらえる。


村上太一

上場はあくまで通過点です。上場益で自分の生活を豊かにしたいとはまったく思いません。昔から、お金にあまりこだわりがないんです。もちろん、生きていくため、好奇心を満たすためには最低限必要ですが、必要以上に欲しいとは思いません。


松波晴人

ある銭湯で風呂からあがった人たちが集まる待合スペースの自動販売機の置き方を変えたところ、売り上げが7割アップしました。どういうときに飲み物を買うのか、あるいは買わないのか、じっと行動観察をしている中で分かりました。


森辺一樹

成功要因は必ず先行者となっている競合の中にある。


狩野みき

新たな情報を得ることや、状況が変わることで「どうしよう?」と迷うことは、一見ピンチに思えますが、じつは自分の軸を見直してみるチャンスなのです。


中川政七・13代目(中川淳)

自分もそうですが、お客様は、純粋にモノの質だけを比較して購入するか否かを決めているわけではない。感覚的な要素がかなり大きく影響している。その感覚に強く訴えかけているのが、いわゆる「ブランド」。ですので、ブランド作りに力を入れました。


ジョルジョ・ヴァザーリ

修道院長はレオナルドに休まずに絵筆を持ち続けて仕事を完成させるように頼んだ。彼にしてみれば、レオナルドが時には半日も思索にふけったりするのが不思議に思えたのだ。彼は、レオナルドに庭を耕す労働者のように、絵筆を離さず仕事をしてもらいたかったに違いない。【覚書き:修道院長=ダ・ヴィンチに最後の晩餐を依頼したサンタマリア・デル・グラーツィエの修道院長。上記は最後の晩餐制作中のダ・ヴィンチが急に休みを取った時のエピソード】


林耕平

一度自分でやること決めた思いは貫き通す。


田原総一朗

僕は最近もいろんなバラエティ番組に出ています。もともと好奇心は強い方で、飛び込んでいきます。バラエティ番組は真剣勝負。ちょっとでもハズれた事を言ったり、面白くなかったら呼んでもらえなくなる。全員ピリピリした緊張感の中で収録しています。原稿もセリフもないアドリブでのやり取り。報道番組とは違う刺激で、僕はそれが本来の自分の仕事にも役立つと考えています。あえて自分の仕事とは違う分野の世界に飛び込んでこそ、本業でも新しい発想が湧くかもしれない。


森田英一

最近多いのが、仕事をこなす意味がわからず、やる気が出ない社員です。そんなときは「自分も若いときは同じ悩みがあったが、いまはこう考えている」と酒の席で語ってみるのもいいでしょう。部下の状況を把握し、真剣に向き合う姿勢を強調することが大切です。