名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中西浩太の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中西浩太のプロフィール

中西浩太、なかにし・こうた。日本の経営者、キャリアコンサルタント。「ヴォケイション・コンサルティング」社長。大阪府出身。学習院大学卒業後、大手総合人材会社、ベンチャー企業取締役などを経てヴォケイション・コンサルティングを設立。

中西浩太の名言 一覧

視点を変えてチャレンジすればランクが上の会社に採用されることも珍しくありません。ステップアップして転職した会社で活躍しているという話を聞くことが、我々キャリアコンサルタントにとって最もうれしいことです。


当社に競合はいません。当社の人材サービスは独自のスキームです。本物の人材サービスは必ず企業の発展の一翼を担うことができます。


研修の良し悪しは、受講生やその時の状況によって講師が瞬時にアドリブを効かせて話せるかどうかです。だからコンテンツだけでは絶対に真似はできません。


当社では求職者の経歴や資格だけを見て合致しそうな会社を紹介するということはしていません。徹底的にヒアリングする中で、5年後、10年後にどうなっていたいのか、その将来像を一緒に考えます。


当社はまず企業のニーズを徹底的に深掘りします。同時に転職希望者にも、これまでの経験やそこで得てきたスキルだけではなく、これからどうなりたいのか、5年後、年後の将来像を一緒に考えます。この将来像がズレると、一見好条件の転職先でも離職率が高くなるのです。


当社では人材を募集する際に、「人材事業プラスアルファ」を求めています。既存の人材、研修以外でやりたい事業があるかということです。何でもいいのですが、条件は今までに誰もやっていない事業であることです。斬新なアイデアで、事業性があると評価できれば、当社で内容を補強してそれを積極的に展開していきます。


知名度の低い中小企業では、大量の内定を出しても辞退者が続出して結局はわずかしか採用できないことがよくあります。ところが当社のサービスを受ければ内定辞退者は激減します。採用担当者にそのノウハウを研修で学んでもらいますが、やるのは最初だけ。翌年からは、自分たちでできるようにします。


研修で使用したコンテンツはクライアント企業に元データで納品し、内製化を図っていただくことにしています。このような対応は、同業他社にはとても驚かれます。元データを渡してしまえば自社内で内製化できてしまうので、研修会社は必要なくなり、従ってリピートで研修のオーダーをもらえなくなると心配するからです。しかし、我々は教育研修制度が社内で確立、運用されていることが企業にとって健全な状態だと考えていますので、コンテンツの元データを納品することには全く抵抗感はなく、むしろクライアント企業にとって必要なことであると感じています。


当社の研修のポイントはコンテンツと講師のレベルです。コンテンツに関しては、一般的には定型のものをそのまま使うか、または、それをベースにしてクライアント企業ごとにカスタマイズすることが多いですが、当社の場合、すべての研修が完全オリジナルです。クライアント企業の現状、課題、経営戦略、目標を入念にお伺いして、コンテンツをゼロからオリジナルで作っていきます。同じ営業職でも、業界ごとに違いはあります。また同じ業界でも会社が違えば、取り扱い商材、企業の意図など、違って当たり前です。それらの違いに応じたオリジナルコンテンツを独自のノウハウで作り上げます。


短期的に何をやりたいかは多くの人が分かっていますが、5年後、10年後となると具体的にイメージできない人もいます。丁寧に話を聞きながら本質的な部分を掘り起こしていくのです。言い換えると、一緒にキャリアビジョンを作っていくことを心掛けています。転職希望者の将来を本気になって考えるのが我々の使命であり、それが本当のキャリアコンサルティングだと自負しています。


本当に効果がある研修を突き詰めると、講師とコンテンツに行きつきます。当社の講師は非常に高いスキルがあります。また、クライアントごとにゼロベースから作成するフルカスタマイズのコンテンツにも自信があります。使用したコンテンツはクライアントに元データで納品します。それを活用して研修を内製化してもらえばいいのです。


中西浩太の経歴・略歴

中西浩太、なかにし・こうた。日本の経営者、キャリアコンサルタント。「ヴォケイション・コンサルティング」社長。大阪府出身。学習院大学卒業後、大手総合人材会社、ベンチャー企業取締役などを経てヴォケイション・コンサルティングを設立。

他の記事も読んでみる

遠山正道

三菱商事の社員だった当時、会社の肩書で仕事をし、時には偉くなったように錯覚している自分に疑問を感じていました。そんな時、子供の頃から描き続けてきた絵の世界で自分を試してみたいと思い、仕事とは関係なくタイル画の個展を開きました。その個展は70点の作品がすべて売れるほど成功したのです。この丸裸の自分をさらけ出して勝負した経験が転機となりました。この時、私は「成功することを決めた」のです。


清宮克幸

勝ち続けるためには、新たな取り組みを導入し続けることと、選手層を厚くすることが必要。


山部和孝

相当厳しい目線で物件を選ばないと間違いなく失敗します。極端な話、オープンな情報は「売れ残り」と思ったほうがいいぐらい。本当に儲かる話なら情報として出回らないはずですよ。だからクローズな情報を得ること。金融機関も人を見て話を持ってきます。こうした貴重な情報を得られる立場にいる人や会社とパートナーシップを結ぶことが、リスクを最小限に、チャンスを最大限にする近道ではないでしょうか。


マイケル・ポーター

CSR活動を宣伝と考えている限り、様々な取り組みに手を出して結果を出せないままに終わってしまいます。何をすれば本当に変化を生み出すことができるのか、そのことを考えなければなりません。


松下正幸

社会貢献をしないで利益ばかり追求する企業は、一時は繁栄しても必ず亡びます。それは社会から支持されないからです。


吉越浩一郎

決断するときの最後の判断基準は「やりたいのか、やりたくないのか」ということです。仕事では何をするにも必ず抵抗が出てきますから、最後は「何が何でもやりきるんだ」という気持ちを持ち続けることが仕事を完成させる秘訣でしょう。私はよく冗談で「成功するまでやれば成功する」なんていっています。


高岡浩三

パワーポイントによる資料作りも無駄の典型。手間ひまをかけて資料を作っていると、つい一生懸命に仕事をしているような気分になってしまうが、資料作りは仕事ではなく単なる「作業」だ。


柴山政行

40人のクラスで上から8位の成績を目指せと言われたら、頑張れば何とか達成できると考える人は多いでしょう。では、2位以内を目標にと言われたら?ハードルは高そうです。上位2割が8割の利益を稼ぐ「8対2の法則」は有名ですが、私がプロフェッショナルとして認めるのはさらに厳選した人です。40人中8位以内といえば上位2割。2位以内はその8人の上位2割に匹敵します。つまり、40人中上位2人になるには、8対2の法則を二回くぐり抜けなければなりません。


ゲーテ

人間というものは、自分の欲するままにどちらに向かおうと、どんなこをと企てようと、結局はいつでも、自然によってあらかじめ画(かく)された道に戻ってくる。


山本正已

基本的に富士通は常にお客様起点なので、極端に言うと、お客様が望まれるシステムは何でも提供します。あくまでも富士通というテクノロジーをベースにした会社の芯が一つあって、それを維持したまま、いろいろなところと組んで全てのお客様に対応するというスタンスなんです。


安岡正篤

人生航路において辱めを受けたり、運命に恵まれなかったり、因果に支配されても、すべて天命と受け止めよ。食うもの、衣(きる)もののない貧乏生活であっても、楽しみをその中に見出せ。


西多昌規

まずは肉体の疲労をとろう。体が疲れていると「どうせ自分は駄目だ」と、自虐的になりがちで、人の評価に依存しやすくなる。睡眠時間を確保し、まずは元気を取り戻そう。蓄積した体の疲労がとれると、心に自信がわいてくる。