名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中西浩太の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中西浩太のプロフィール

中西浩太、なかにし・こうた。日本の経営者、キャリアコンサルタント。「ヴォケイション・コンサルティング」社長。大阪府出身。学習院大学卒業後、大手総合人材会社、ベンチャー企業取締役などを経てヴォケイション・コンサルティングを設立。

中西浩太の名言 一覧

視点を変えてチャレンジすればランクが上の会社に採用されることも珍しくありません。ステップアップして転職した会社で活躍しているという話を聞くことが、我々キャリアコンサルタントにとって最もうれしいことです。


当社に競合はいません。当社の人材サービスは独自のスキームです。本物の人材サービスは必ず企業の発展の一翼を担うことができます。


研修の良し悪しは、受講生やその時の状況によって講師が瞬時にアドリブを効かせて話せるかどうかです。だからコンテンツだけでは絶対に真似はできません。


当社では求職者の経歴や資格だけを見て合致しそうな会社を紹介するということはしていません。徹底的にヒアリングする中で、5年後、10年後にどうなっていたいのか、その将来像を一緒に考えます。


当社はまず企業のニーズを徹底的に深掘りします。同時に転職希望者にも、これまでの経験やそこで得てきたスキルだけではなく、これからどうなりたいのか、5年後、年後の将来像を一緒に考えます。この将来像がズレると、一見好条件の転職先でも離職率が高くなるのです。


当社では人材を募集する際に、「人材事業プラスアルファ」を求めています。既存の人材、研修以外でやりたい事業があるかということです。何でもいいのですが、条件は今までに誰もやっていない事業であることです。斬新なアイデアで、事業性があると評価できれば、当社で内容を補強してそれを積極的に展開していきます。


知名度の低い中小企業では、大量の内定を出しても辞退者が続出して結局はわずかしか採用できないことがよくあります。ところが当社のサービスを受ければ内定辞退者は激減します。採用担当者にそのノウハウを研修で学んでもらいますが、やるのは最初だけ。翌年からは、自分たちでできるようにします。


研修で使用したコンテンツはクライアント企業に元データで納品し、内製化を図っていただくことにしています。このような対応は、同業他社にはとても驚かれます。元データを渡してしまえば自社内で内製化できてしまうので、研修会社は必要なくなり、従ってリピートで研修のオーダーをもらえなくなると心配するからです。しかし、我々は教育研修制度が社内で確立、運用されていることが企業にとって健全な状態だと考えていますので、コンテンツの元データを納品することには全く抵抗感はなく、むしろクライアント企業にとって必要なことであると感じています。


当社の研修のポイントはコンテンツと講師のレベルです。コンテンツに関しては、一般的には定型のものをそのまま使うか、または、それをベースにしてクライアント企業ごとにカスタマイズすることが多いですが、当社の場合、すべての研修が完全オリジナルです。クライアント企業の現状、課題、経営戦略、目標を入念にお伺いして、コンテンツをゼロからオリジナルで作っていきます。同じ営業職でも、業界ごとに違いはあります。また同じ業界でも会社が違えば、取り扱い商材、企業の意図など、違って当たり前です。それらの違いに応じたオリジナルコンテンツを独自のノウハウで作り上げます。


短期的に何をやりたいかは多くの人が分かっていますが、5年後、10年後となると具体的にイメージできない人もいます。丁寧に話を聞きながら本質的な部分を掘り起こしていくのです。言い換えると、一緒にキャリアビジョンを作っていくことを心掛けています。転職希望者の将来を本気になって考えるのが我々の使命であり、それが本当のキャリアコンサルティングだと自負しています。


本当に効果がある研修を突き詰めると、講師とコンテンツに行きつきます。当社の講師は非常に高いスキルがあります。また、クライアントごとにゼロベースから作成するフルカスタマイズのコンテンツにも自信があります。使用したコンテンツはクライアントに元データで納品します。それを活用して研修を内製化してもらえばいいのです。


中西浩太の経歴・略歴

中西浩太、なかにし・こうた。日本の経営者、キャリアコンサルタント。「ヴォケイション・コンサルティング」社長。大阪府出身。学習院大学卒業後、大手総合人材会社、ベンチャー企業取締役などを経てヴォケイション・コンサルティングを設立。

他の記事も読んでみる

糸井重里

未来を悲観的には見ていません。「自分がどうしたいか」という意志や動機を持った時に、「生命のうねりみたいなもの」が起こって、予測した前提を覆すことができるんだと思います。


古森重隆

優れた技術判断には、技術の目利きが必要だ。必ずしも技術への造詣が深くない事務系出身の技術者でも問題ない。世の中で何が問題で、その技術を使ってどのような解決法を示すのか。そんな理屈を見通せるどうかがカギになる。


渡文明

機会をとらえて積極的に勉強し、仕事を通じて得た知識・ノウハウを試したり改良したりしながら自分のものにしておけば、いつか役に立つ日が来ると思います。


近藤誠一

危険は少ないかもしれませんが、欧州の方が何を考えているのか、探りづらいところがあります。ガードが結構硬いのです。そこで個人的に親しくなることが重要なわけです。そして、彼らも立場は同じで情報が欲しいわけですから、出せるだけの情報を出してあげるのです。逆の立場になれば、助けてもらえることがあるかもしれないと思うので、そこには暗黙の了解もあるのです。ですから、欧州はその駆け引きも大事でした。


筒井康隆

僕はパンの中でもバケットが一番好きなんです。そのバケットを、「エッ!」とビックリするほどリアルな腕の形にしたら「面白いだろうな」と、前から考えていたんですよ。掌から指の一本一本までをキッチリ形造って。でも、それだけじゃ小説になりませんからね。「なんかとくっつけなきゃな」と思っていたら、昔からずっと頭の片隅に居座っていた「神」というテーマが降りてきて、『モナドの領域』という作品に結びついていったんです。


松井忠三

無印良品が世に出てから約30年、時代が変わっても、ブランドの核になるコンセプトは変わりません。しかし、その解釈の仕方は進化しています。同じコンセプトについて、表現の仕方や解釈を変えて、お客さんの1歩か2歩先を行き、変革を繰り返していかなければなりません。老舗が変革を繰り返して残ってきた事実を見れば、それは自明のことです。


平田静子

仕事は問題解決から生まれるとはマーケティングの初歩である。しかし問題を見つける力がやはりヒットを生む源であることは、間違いない。


進藤晶弘

ベンチャー企業は大企業と違ってパッと集まって、すぐに意思決定ができます。これは強みなんです。つまり、無駄な人を経由しない。それから、いくらスピードだと言っても、独断に陥ってはいけません。みんなで必ず議論して、ものごとを決めることです。


樋渡啓祐

企画力より修正力が大事。


北尾吉孝

私が「人」にこだわるのは、物事のイノベーションは人の行いだと考えるからです。まさに人材こそ差別化を生み出す源泉といえます。


五十嵐大介

大好きな漫画を描くと、もちろん発散にもなるけれども、同時にうまくいかない経験も蓄積されるものです。それではじめて連載を持った当時の僕は、自分の目標にしている水準に至っていないという不満も、編集に意見が通らないという鬱屈もためてしまった。当時は仕事のほかに人間関係もなかったから、余計に視野がせまくなって編集者を恨んだりして……。振り返れば、本当にせまい価値観の中で生きていたんだなぁと思います。


金美齢

いまの親は、子供の能力を冷静に見る観察眼を磨き、子供の選択に対して、ときにはNOときっぱり言える賢明さと自信を持つ必要があるように感じます。子供はいつまでも親のスネをかじっていられると思うから「好きなことが見つからない」と甘ったれた言葉が口にできるのでしょう。とりあえず食べていかなくてはならない状況なら、好き嫌いはさておき、収入を得る道を探しているはずです。