名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中西浩一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中西浩一のプロフィール

中西浩一、なかにし・こういち。日本の経営者。紳士服専門店「オンリー」会長。京都出身。高校卒業後、紳士服渡辺勤務を経て紳士服中西(のちのオンリー)を設立。日本紳士服技術コンクールにて「高松宮技術奨励賜杯賞」受賞。

中西浩一の名言 一覧

ファッションの世界では、何事も早すぎるということはない。時代の先を走っていると、必ず後から流行が追いついてくるからです。


人の価値観は変わりやすい。ゆえに消費が生まれ、経済もよくなる。


時間と競い合うように駆け抜けてきた、あっという間の仕事人生です。


中西浩一の経歴・略歴

中西浩一、なかにし・こういち。日本の経営者。紳士服専門店「オンリー」会長。京都出身。高校卒業後、紳士服渡辺勤務を経て紳士服中西(のちのオンリー)を設立。日本紳士服技術コンクールにて「高松宮技術奨励賜杯賞」受賞。

他の記事も読んでみる

糸井重里

アイデアが足りないと周りを巻き込めない。巻き込めた仲間こそが、「最初の顧客」なんです。次々と社内の人を巻き込むことができる企画は、成功する確率が非常に高い。みんなが応援するから。つまり、社内顧客をどれだけ創造できるかがプロジェクト成功の決め手になってくる。自信を持って入社してきた人でも、社内顧客を作るのは結構大変です。だから、入社してすぐに結果を求めなくても大丈夫と、僕は社員に言います。チャンスは絶えずある環境にしている。苦労して社内顧客を開拓した人ほど、強いですよ。


真壁刀義

俺は今年でプロレスラーになって20年なんだけど、1年未満のレスラーに俺と同じ試合は絶対にできない。でもそこで諦めずに、少しでも食らいついてやろうっていう気持ちと努力がないとだめなんだ。


有田秀穂

不規則な睡眠やコンピューター漬けの生活はセロトニンを減らす。太陽の光を浴び、ウオーキングなどのリズム運動を行いセロトニンを増やす。最も大切な土台作りを怠ってはいけません。


田中仁(経営者)

弊社は大きな壁を乗り越えなければいけない時期だと認識しています。でも、それは次の成長の大きなチャンスだと私は思っていますし、ワクワクしています。


岡野博一

経済産業省の方々とは「日本ブランドの付加価値を高めよう」と言い合っています。たとえばエルメスも、フランスというナショナルブランドの恩恵を受けていますよね。フランスと書くだけで、グローバルに見ても響きが良いわけです。同じように「日本製」と書くことで、「安心安全、センスも良くて素晴らしい」という雰囲気を、国と一体になってつくらねばならない。私たちは、そういう動きをしています。


泉谷直木

組織とは要するに人の集まりですから、個人の力をいかに高めるかに焦点を当てなければいけない。


寺田健

仕事のできる人とそうでない人。毎年入社してくる女子社員に聞けばいい。彼女たちは一週間もあればこの部長さんは仕事ができる人。この課長さんは仕事が出来ない人と完全に区別できます。というのは入社したばかりの女子社員でも上司が来たときは仕事をしているようなふりをして、いなくなったらしない。そんな光景を見たら何だこの上司はとなるわけです。


エリック・シュミット

今日のGoogleは人々をインターネットに繋ぎ、80年前にラジオがそうしたのと同じように、世界を開きました。今回の私の講演は1930年のアルバート・アインシュタインの基調講演と共鳴するものです。アインシュタインは、当時の新技術であったラジオについてこう言いました、「技術がコミュニケーションを可能にし、コミュニケーションが人々を繋ぐ」と。


田中耕一郎

ウェブサイトはテレビCMと違い、流すだけで見てもらえるものではありません。だから消費者にとって「面白い」とか、「使える」といった目的になり得るかどうかが非常に大切です。消費者の目的に合うサイトをつくれば、その評判はネット上にあっという間に広まり、紹介され、使ってもらえます。24時間365日、全世界の人々から自社の広告が発信され続けることになります。これがテレビCMとは異なるウェブの面白いところでしょう。


樋口建介

もともと、我々は特別養護老人ホームを開園し、病院をつくったところから始まりました。ですから、言い方が難しいのですが、我々は大学の規模を大きくしたり、利益追求のために学校経営をしているわけではありません。事業の必要性に迫られて対応してきた結果が今のグループの形になっていますので、他のマンモス大学に比べて規模は小さくてもいいから、学生一人ひとりに目が行き届く丁寧な教育。今風の言い方をすれば、あくまでも患者さんファースト、学生ファーストの教育とは何かというのを常に考えて人材育成を行っています。


小林佳雄

不安だと思っているだけで、自分と向き合っていないことはありませんか。向き合うことができれば、言葉に出すか行動に移すはずです。これが意思決定ではないでしょうか。多くの方が、思考と行動を直結する癖がついていません。もし意思決定が出来ないほど煮詰まっているなら、「出来ない」と言うべきです。私が小さなことで自己肯定できるようになれたのは、行動し始めたからです。思うだけで行動に移さない人が多く、言葉にさえ出さないことばかり。脊髄反射で行動してしまうくらいでちょうどいいんですよ。


日下部淑美

企業向けには、健康管理研修を行っています。大手製薬会社の調査では、従業員が風邪をひくたびに会社は4万円以上、損をするという試算があります。体調を崩しても出勤して働いている方がたくさんいます。これを「疾病就業」と言いますが、実は欠勤したほうが会社にとっては損失が少ないのです。企業の生産性を上げるためにも、日常の健康指導は大事なのです。