名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

中西浩一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中西浩一のプロフィール

中西浩一、なかにし・こういち。日本の経営者。紳士服専門店「オンリー」会長。京都出身。高校卒業後、紳士服渡辺勤務を経て紳士服中西(のちのオンリー)を設立。日本紳士服技術コンクールにて「高松宮技術奨励賜杯賞」受賞。

中西浩一の名言 一覧

ファッションの世界では、何事も早すぎるということはない。時代の先を走っていると、必ず後から流行が追いついてくるからです。


人の価値観は変わりやすい。ゆえに消費が生まれ、経済もよくなる。


時間と競い合うように駆け抜けてきた、あっという間の仕事人生です。


中西浩一の経歴・略歴

中西浩一、なかにし・こういち。日本の経営者。紳士服専門店「オンリー」会長。京都出身。高校卒業後、紳士服渡辺勤務を経て紳士服中西(のちのオンリー)を設立。日本紳士服技術コンクールにて「高松宮技術奨励賜杯賞」受賞。

他の記事も読んでみる

吉越浩一郎

最初の時点で起こりうるすべての事態を想定すると、それを考えるために多くの労力を浪費する。もし第一段階で4パターン、第二段階でさらに4パターンずつがありうるとすれば、最初に16パターンを検討してから走り出すことになる。これに対し、走りながら考えれば、すでに第一段階の4つのうちの一つを選択し、その課題に直面しているのだから、検討するのは4パターンだけですむのである。


井深大

企業にとって重要なのは発明より革新なのだ。その革新は実はたわいのない夢を大切にすることから生まれる。
【覚書き|ソニー発展の起爆剤になったトランジスタラジオの開発について振り返った時の言葉】


武田双雲

あるとき、先輩社員から頼まれて、筆書きのプライベート名刺をつくったんですよ。そうしたら、「字が上手いよね」とすごく喜んでもらえて、そのとき、「これだ!」とスイッチが入りました。何事も中途半端な人間だったので、人にそんなに褒められたことって、それまでなかったんですよ。だから躊躇はなかったですね。
【覚書き|サラリーマンを辞めて書家になったきっかけについて語った言葉】


小山昇

私は面倒くさがりです。面倒だと思う感覚があったからこそ楽をしたいと思い、楽をしたいと思うことができたからこそ改善策が出せるのです。


松井道夫

社外から否定されるのは大したことはありませんが、社内から否定されるのが一番辛かった。他の業界から移ってきた、何処の馬の骨だか分からない奴が、跡取り娘婿というブリキの看板背負って、常識外のことを叫ぶんですから、まあ当然といえば当然なんです。支持してくれる人は周りに極めて少数しかおらず、四面楚歌の状態。やってみなければわからないことをやれと言うんですから、説得するとかしないとかいうような状況にはありませんでした。俺が全責任を持つから黙ってやれとしか言えなかった。


原田泳幸

一番厳しいときにこそ、自信を見せて、確信を見せて、ある意味では「ついてこい」というスタイルを採らざるをえない。


江村林香

企画の中身に経営者の視点は必要です。いくら具体性があっても、会社の台所事情を無視した初期投資はできませんから。その場合は、先にお客さんを見つけてプールしておけば、会社も予算化しやすいと思います。たとえば、以前手掛けた新規事業を例にとると、まだ事務所も用意されていない段階でホームページをつくって業務を始めたのです。それで依頼が来たら、いま予約がいっぱいなのでとしばらく待っていただく。そうやって予約がある程度まとまったら、それを担保にして上司と交渉すれば、予算を引き出すのはそれほど難しくはないという具合です。


工藤公康

自分に「しっくりくるか、しっくりこないか」という感覚を大切にしました。現時点での自分の体力や技術レベルに合っているものが「しっくりくる」のだから、それは取り入れれば良い。「しっくりこない」ものは現時点での自分には合っていない。でも、できないといって捨ててしまうのではなく、自分の「引き出し」の中に入れておく。今後、自分の体が大きくなったり、筋力がついてくれば、その技術が自分の役に立つかもしれないからです。


長島徹

我々は「創造経営」と言っていますが、既存事業の成長も創造ですし、既存の素材に付加価値をつけてビジネスを開拓するのも、まったく新しい素材を開発してマーケットをつくり出すのも創造です。その中で一番難しいのは、他社がまだやっていないものを開発して世の中に提供することです。その仕組みづくりに取り組んでいます。


田中優子(江戸文化研究者)

社会の先行きがあまりにも不透明ですから、今求められているのは、誰かの命令に従うことではなくて自分で考えることです。AI時代になると、思考力のない人間は、ますます仕事に就けなくなるでしょう。それでは、企業に入社できたとしても、真っ先にリストラの対象になりかねません。


晝馬明

学術分野向けの仕事は、一般産業向けに比べて利が薄いという時もある。だが、そこで培った技術を使った製品が後に大きな収益を生んだというケースが少なからずある。


朝原宣治

リレーで結果を出すためには、僕の個人的なレベルを上げることももちろん大事ですが、僕だけが強くてもダメだし、僕だけが弱くてもダメ。みんなの力が合わさらないとタイムは伸びないし、ましてやメダルという結果は出ません。レベルの高い個人とチームワークの両方が揃わないと高みにはいけない。