名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

中西敦士の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中西敦士のプロフィール

中西敦士、なかにし・あつし。日本の経営者。介護補助製品メーカー「トリプル・ダブリュー・ジャパン」CEO(最高経営責任者)。兵庫県出身。慶應義塾大学商学部卒業、カリフォルニア大学バークレー校MBTプログラム修了。プライマル、青年海外協力隊などを経てトリプル・ダブリュー・ジャパンを設立。世界初の排泄予知デバイス「DFree」を開発。

中西敦士の名言 一覧

人がバカげていると思うアイデアを真剣に考えるのが僕のような起業家の仕事。


資金繰りは厳しかったですが、気持ちが折れることはなかったですね。一番大きな後押しは、実証試験の現場で、介護施設の人たちが「これはいい」と評価してくれたことです。


協力者のほとんどは僕と同年代で30歳前後。会社勤めでバリバリ仕事をしていても「このままでいいのか」と考え込む時期ですね。何か新しいことをやってみたいと。そこへ「世界初の商品を開発する」という話か来たのですから、タイミングが良かったのかもしれません。


介護の現場で、排泄のケアは過酷な重労働。そのタイミングがわかるだけでも、労力と人的コストを大幅に減らすことができます。究極は、「うんこが体内でガスになって消えないか」。そこまで考えましたよ。でも、さすがにそれは無理と打ち消しましたけども。


中西敦士の経歴・略歴

中西敦士、なかにし・あつし。日本の経営者。介護補助製品メーカー「トリプル・ダブリュー・ジャパン」CEO(最高経営責任者)。兵庫県出身。慶應義塾大学商学部卒業、カリフォルニア大学バークレー校MBTプログラム修了。プライマル、青年海外協力隊などを経てトリプル・ダブリュー・ジャパンを設立。世界初の排泄予知デバイス「DFree」を開発。

他の記事も読んでみる

浜矩子

「その日暮らし」というのは厳しい反面、今日の暮らし方が明日を決めるわけですから、そうい、意味では毎日が新鮮で、可能性に満ちあふれているといってもいいんじゃないでしょうか。逆に管理社会の中で、決まったコースを決まった手順で踏んでいくと、人間としての感性がどんどん衰えていってね。クリエイティビティとかイマジネーションといった芽が摘まれ、バカになっていくんです。日本の官僚がそうでしょう。新しい発想が生まれないから、これだけ富の蓄積がありながら社会の閉塞感を払拭できないでいるじゃないですか!


江見朗

全ての人間は組織の中で働いて成長しようとしている。


松本紹圭

日本の「道」の世界では、守破離という考え方が重んじられてきました。いかなる道であれ、師匠から教わった型を「守」ることから修行が始まります。基本の型が身についたら、次はそれを応用して自分に合った型をつくるのが「破」です。そして、最終的には型そのものから「離」れて自由自在の境地へと解き放たれるという、人間の成長プロセスと言ってもよいでしょう。


首藤由憲

2年前からカテゴリーでカテゴリーを置き換えるという新たな挑戦を始めています。「午後の紅茶エスプレッソティー」がまさにその成功例です。紅茶で缶コーヒーのカテゴリーを置き換えることでヒットしました。いまもお酒のカテゴリーを清涼飲料で置き換える「キリンの泡」や、特定保健用食品のカテゴリーをコーラで置き換える「メッツコーラ」は大きな反響を呼んでいます。年間100万箱出れば「売れた」と言われる中、メッツコーラは発売から1か月余りで100万箱を超えました。


田口弘

いまもむやみに人間関係を広げるのは好きじゃない。私はスポーツもしますが、水泳や散歩、ストレッチなど、自分一人でできるものばかりです。


福田富昭

すぐ諦めたり、逃げ出したり、いい加減な人というのは勝てない。


ロナウジーニョ

ピッチはいつだって四角だし、ボールはどこでも丸い。
【覚え書き|欧州に移籍したときの発言】


御立尚資

多くの効果的なコミュニケーションに共通しているのは、伝えなければならない内容をぎりぎりまでシンプルにし、結晶化していることです。深い意味を込めた一文が紡ぎ出せなかったとしても、少なくとも、言いたいことをシンプルに整理し、その数をできるだけ絞ることが大切です。


石田宏樹

僕は16歳の時から、日記を書き続けています。今日まで25年以上、いくつもの挫折を乗り越えられたのは、たとえうまくいかない時でも、「去年の自分よりは成長している」などと確認できたからだと思っています。


中山雅史

暗くやっても楽しくないですし、同じ時間を練習するんだったら、気持ちを高めてやるほうが自分を成長させてくれる。


飯塚哲哉

ベンチャーは大企業とは違い、トップの判断ミスが会社に大きなダメージを与えることになります。しかし、リスクとリターンは隣り合わせ。決断しなければ、大きなリターンは得られません。


松永安左エ門

生来私はものごとに満足できない人間で、一応上手くいっている事業を見ても、時代に遅れてはいないかとか、革命的な技術が出たらどうなる、順調のようでも波乱が潜んでいる。というふうに、常に反対側の面が目につく男で、そう思ったら思った通りを口にし、筆にしてきた。