中西敦士の名言

中西敦士のプロフィール

中西敦士、なかにし・あつし。日本の経営者。介護補助製品メーカー「トリプル・ダブリュー・ジャパン」CEO(最高経営責任者)。兵庫県出身。慶應義塾大学商学部卒業、カリフォルニア大学バークレー校MBTプログラム修了。プライマル、青年海外協力隊などを経てトリプル・ダブリュー・ジャパンを設立。世界初の排泄予知デバイス「DFree」を開発。

中西敦士の名言 一覧

人がバカげていると思うアイデアを真剣に考えるのが僕のような起業家の仕事。


資金繰りは厳しかったですが、気持ちが折れることはなかったですね。一番大きな後押しは、実証試験の現場で、介護施設の人たちが「これはいい」と評価してくれたことです。


協力者のほとんどは僕と同年代で30歳前後。会社勤めでバリバリ仕事をしていても「このままでいいのか」と考え込む時期ですね。何か新しいことをやってみたいと。そこへ「世界初の商品を開発する」という話か来たのですから、タイミングが良かったのかもしれません。


介護の現場で、排泄のケアは過酷な重労働。そのタイミングがわかるだけでも、労力と人的コストを大幅に減らすことができます。究極は、「うんこが体内でガスになって消えないか」。そこまで考えましたよ。でも、さすがにそれは無理と打ち消しましたけども。


中西敦士の経歴・略歴

中西敦士、なかにし・あつし。日本の経営者。介護補助製品メーカー「トリプル・ダブリュー・ジャパン」CEO(最高経営責任者)。兵庫県出身。慶應義塾大学商学部卒業、カリフォルニア大学バークレー校MBTプログラム修了。プライマル、青年海外協力隊などを経てトリプル・ダブリュー・ジャパンを設立。世界初の排泄予知デバイス「DFree」を開発。

他の記事も読んでみる

辻野晃一郎

グーグルでは会社全体がインターネットやクラウドコンピューティングの将来について揺るぎない確信を持っています。そこにはまったく迷いがないから、会社はそこにどんどんお金を投資し、エンジニアは自分の才能を惜しげもなく投入していくのです。


リンダ・グラットン

学び直しには2種類あると考えます。1つ目は従来の仕事のスキルを磨く「アップ・スキル」です。もう一つが、これからの時代に重要な「リ・スキル」です。新たなスキルを身につけ全く別の仕事に転換することです。トラック運転手が介護士になるような大胆な変化を意味します。AI(人工知能)やロボットが労働市場で存在感を増し、多くの職が姿を消すでしょう。テクノロジーの進歩に合わせて新規のスキルを身につける必要性が大きくなります。


葛西敬之

学生時代までは、実学も含め、書物と格闘するように向かい合うことも必要でしょう。しかしそれは、大学や大学院までにすませておいて、その後は、それを土台に自分の頭で考えていくべきです。そのためにも、読書と体験と思索を積み重ねて、教養を深めていくことを勧めます。


清水喜彦

ツキと根性と気合で頑張るなどというのはやめてほしい。それこそ自分で営業したことのない人の発想だ。


伊藤直彦

人生を振り返って思うことは、自分に対して常に正直でなければいけないということ。他人はだませても自分はだませない。信なくば立たずということである。


高嶋政伸

好きな言葉は「夢はでっかく焦らずに」。僕のでっかい夢とは、いまも映画を作ることです。


板東英二

プロに入ってすぐに「こんな小さな体では通用しない」と気づいた。高校野球はまあまあの体力で頭を使い、一生懸命に練習すれば通用する。ところが、プロ野球は肉体がすべてに勝るところだった。頭なんかいらないんですよ。なんぼ考えても駄目。速い球は速い。その速球を打てるヤツ、より遠くに飛ばせる天性のものを持ったヤツには、いくら練習しても届かないんです。そんなことが入団してすぐにわかりましたから。1年目から「野球ではとても一生食ってはいかれん。他の道をみつけないといかん」と、ビジネスをやり始めるんです。


森澤篤

驚くだけでは不十分だ。「おや」と思ったことをそのままにせず、何かに結び付けて考えてみよう。例えば「インターネットはすごい」と思ったら、これが何に使えるかを考える。近くの店がいつの間にかに閉店していたことに気付いたら「自分がいまこのスペースを手に入れたら何をするか」を考えてみる。実はこの「新しい結び付け方」こそビジネスで最も必要な能力かもしれない。


唐池恒二

券売機の前でうろうろしているお客様がいたら、「切符の買い方がわからないのかな」と気づき、聞かれる前に案内する。行動というシグナルにいかに気づくかが大事。


細谷功

自覚がなければ、成長はありません。


御立尚資

仕事のスピードを高めるうえで大事なのは、時間軸をどうとらえるかということです。今日は早く帰りたいから仕事を効率的に終わらせたいのか、5年後や10年後に何かを成し遂げられるポジションにいたいのか。この「時間軸」を長く持つ人ほど、仕事の筋が良くなり、本質的な仕事のスピードは高まると思います。


荒木水都弘

僕は鮨職人であると同時に経営者ですから、常連さんだけでなく新しいお客様に来ていただく機会をつくることも、仕事のひとつだと考えています。そうでないと、新しいお客様に対して失礼ですから。


大橋洋治

社員との直接対話を始めた頃は、私が一方的に喋っていました。でもそれでは駄目だなと。私の話すことに賛同する人も、反対の人もいる。そこで双方向で話さないと駄目だなと感じるようになりました。


佐藤綾子(心理学者)

「ひとつよろしく」だの「うまくやっておいて」だの言っていたのでは、肝心の指示のダメ押し、つまり「とどめのクギ」はスッポ抜けるばかりです。肝心なことは、命令や指示を出す側が、相手にちゃんと「約束を守らせる言い方」を最初から工夫することです。


横田尚哉

スタッフを動かす立場になって重視するようになったのは、活動を伝えるという役割です。自分のスケジュールをスタッフと共有するのに、アナログは不向きです。そこでデジタル管理ツールに移行しました。現在はさらにスマートフォンとの連携を重視して、Googleカレンダーに予定を入れています。


ページの先頭へ