名言DB

9429 人 / 110879 名言

中西大介の名言

twitter Facebook はてブ

中西大介のプロフィール

中西大介、なかにし・だいすけ。日本の経営者。スポーツビジネス経営者育成機関「スポーツヒューマンキャピタル(SHC)」代表理事。神戸商船大学(のちの神戸大学)卒業後、Jリーグに入局。競技・事業統括本部長、理事、常務理事、SHC代表理事などを務めた。

中西大介の名言 一覧

成長の欲求はある種の競争力を生みますが、いずれ限界がくる。しかし、夢や世界観に終わりはない。


何よりフィロソフィーが大事。何のためにやっているのか、何のために成し遂げたいのか。これはある種の世界観を持っている人間じゃないと成功しにくい。


これだけ環境が激しく変わっているので、体系化された学問だけを学ぶだけで通用することはありません。むしろ、環境の変化のスピードに適応していける力が必要。


「こういう人材を送り出すとスポーツ界が発展する」といった唯一の答えはない。むしろ、バックグラウンドを含めた多様な人材を送り出すことで成功の確率を高めたい。


もともとJリーグの「百年構想」には、サッカーではなく、「スポーツでもっと幸せな国へ」と謳われています。単にリーグやクラブだけでなく、スポーツ界を取り巻くステークホルダーの皆さんに貢献し、一緒に成長していくことを目指しています。


スポーツビジネスでは、デジタル分野をいかにビジネスに結び付けられるのか、いかに競技力の向上に役立てられるのか、そういった視点を持った経営人材が欠かせなくなってきている。


先進性も大事ですが、経営者にとって、思考のトレーニングはベース。論理的な考え方や見方、そして、ロジカルでは限界があるところを、デザインシンキングなどで補う、といった思考を鍛えていくベースは変わらない。


Jリーグがパフォーム社と10年間の契約を結び、デジタル化に舵を切ったことで、これまで縁のなかった業界からもコンタクトを取りに来ています。理由は、Jリーグが世界的に見ても、デジタル技術のショーケースになり得る存在になったからです。今後この分野の実験場になることで、先行者利益を確保することもできますし、先進的なイメージを日本のスポーツ界に持ってもらえるのではないかと期待しています。


興味深いのは、受講した元一流のアスリートたちが、言語化はされていないものの、どうやったら自分が上達し、成長できるかというPDCAを非常に高いレベルでまわせること。そういった意味では、経営人材における一流アスリートの素養は高いですね。欧州では、往年の名選手であるカール=ハインツ・ルンメニゲさんがバイエルンミュンヘンの代表取締役社長を務めています。日本も元選手が経営者になる、そういった可能性は十二分にあると思っています。


中西大介の経歴・略歴

中西大介、なかにし・だいすけ。日本の経営者。スポーツビジネス経営者育成機関「スポーツヒューマンキャピタル(SHC)」代表理事。神戸商船大学(のちの神戸大学)卒業後、Jリーグに入局。競技・事業統括本部長、理事、常務理事、SHC代表理事などを務めた。

他の記事も読んでみる

吉野佳秀

電力会社と共同で考案した技術の特許を出すなど、私が関わっていない案件も見られるようになってきました。私は常々「新たな仕組みを考えろ」と言っておりますが、そのDNAが少しずつ若い世代に受け継がれつつあります。


郷ひろみ

人間、年齢に関係なく、どこまでも向上していける。これでいいと思った瞬間に成長が止まる。僕は60代で絶頂期が来ると信じている。


高島郁夫

24歳のとき、会社に東京転勤を直訴しました。もっと大きな仕事がしたい、と思っていたので。
【覚書き|家具製造会社マルイチセーリング大阪支店勤務時代を振り返っての発言】


永井浩二(経営者)

お客様にいかに楽しんでいただくかが大事。まわりの人を慮る、どのような場面でも相手を思い気遣うことが最高のマナー。


津賀一宏

本社人員が7000人いたとしても、会社全体を見渡せなければ「烏合の衆」になってしまいます。だから本社社員を150人に絞り見通しの良い組織にすることで、社員一人ひとりの役割も明確になってきます。結局は「見える化」なんですね。


斎藤佑樹

早稲田に来て良かった。どうしようもないキャプテンでしたが、部員が背中を押してくれた。
【覚え書き|明治神宮野球大会初優勝時に語った言葉】


荻田伍

現代は変化の早い時代です。お客様も変われば、売り場も変わり、商品サイクルも短い。当社もスーパードライを持っているから安心かというと、そうではありません。常に挑戦する気概を持つ必要があります。


高原豪久

価値を上げる施策をしなければどの業種も生き残れない。


北山禎介

若かったころは、経験あふれる年上の方々と関わることで、多くのことを学びました。いまは逆に、若い人との触れ合いで得るものがたくさんあります。


松井道夫

あるテーマについて考え続け、考えがある程度まとまってきたら、500~600字のエッセイにまとめて、自分宛にメールを送っています。書く前に「このことについて前にも何か書いたな」と思い出したら、そのメールを探して読み返す。メーラーの「返信」ボタンを押して、過去の文章を引用した状態にし、「この時考えたことは正しかった」あるいは「全然考え違いをしていた」というふうに、新たな考えを前後に書き足す。それをまた、自分にメールで送ります。こうすることで思考を深めていくことができる。毎日必ず書くのではなく、ふと思い立ったら書くという感じで、肩肘張らず自然体で取り組んでいます。