名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中西大介の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中西大介のプロフィール

中西大介、なかにし・だいすけ。日本の経営者。スポーツビジネス経営者育成機関「スポーツヒューマンキャピタル(SHC)」代表理事。神戸商船大学(のちの神戸大学)卒業後、Jリーグに入局。競技・事業統括本部長、理事、常務理事、SHC代表理事などを務めた。

中西大介の名言 一覧

成長の欲求はある種の競争力を生みますが、いずれ限界がくる。しかし、夢や世界観に終わりはない。


何よりフィロソフィーが大事。何のためにやっているのか、何のために成し遂げたいのか。これはある種の世界観を持っている人間じゃないと成功しにくい。


これだけ環境が激しく変わっているので、体系化された学問だけを学ぶだけで通用することはありません。むしろ、環境の変化のスピードに適応していける力が必要。


「こういう人材を送り出すとスポーツ界が発展する」といった唯一の答えはない。むしろ、バックグラウンドを含めた多様な人材を送り出すことで成功の確率を高めたい。


もともとJリーグの「百年構想」には、サッカーではなく、「スポーツでもっと幸せな国へ」と謳われています。単にリーグやクラブだけでなく、スポーツ界を取り巻くステークホルダーの皆さんに貢献し、一緒に成長していくことを目指しています。


スポーツビジネスでは、デジタル分野をいかにビジネスに結び付けられるのか、いかに競技力の向上に役立てられるのか、そういった視点を持った経営人材が欠かせなくなってきている。


先進性も大事ですが、経営者にとって、思考のトレーニングはベース。論理的な考え方や見方、そして、ロジカルでは限界があるところを、デザインシンキングなどで補う、といった思考を鍛えていくベースは変わらない。


Jリーグがパフォーム社と10年間の契約を結び、デジタル化に舵を切ったことで、これまで縁のなかった業界からもコンタクトを取りに来ています。理由は、Jリーグが世界的に見ても、デジタル技術のショーケースになり得る存在になったからです。今後この分野の実験場になることで、先行者利益を確保することもできますし、先進的なイメージを日本のスポーツ界に持ってもらえるのではないかと期待しています。


興味深いのは、受講した元一流のアスリートたちが、言語化はされていないものの、どうやったら自分が上達し、成長できるかというPDCAを非常に高いレベルでまわせること。そういった意味では、経営人材における一流アスリートの素養は高いですね。欧州では、往年の名選手であるカール=ハインツ・ルンメニゲさんがバイエルンミュンヘンの代表取締役社長を務めています。日本も元選手が経営者になる、そういった可能性は十二分にあると思っています。


中西大介の経歴・略歴

中西大介、なかにし・だいすけ。日本の経営者。スポーツビジネス経営者育成機関「スポーツヒューマンキャピタル(SHC)」代表理事。神戸商船大学(のちの神戸大学)卒業後、Jリーグに入局。競技・事業統括本部長、理事、常務理事、SHC代表理事などを務めた。

他の記事も読んでみる

王貞治

自分のためにやるからこそ、それがチームのためになるんであって、「チームのために」なんて言うやつは言い訳するからね。オレは監督としても、自分のためにやってる人が結果的にチームのためになると思う。自分のためにやる人がね、一番、自分に厳しいですよ。何々のためとか言う人は、うまくいかないときの言い訳が生まれてきちゃうものだから。


柴田昌治(コンサルタント)

私どもの会社のように表彰制度をつくるのもひとつの方法ですが、普段から上司が「頑張ってるね」と一声かけるだけで、本人の意識はまったく違ってくるはずです。大切なのは、みんながいる場で褒めることです。


柏木斉

リクルートではたとえ入社したての新人であっても、「あなたならどうする」と聞かれ、意見が言えないとそこに参加する意味がないと判断されます。参加してもらう以上は、我々も周りと同じ答えを求めようとはしません。


重光武雄(辛格浩)

我々がいま増やしている海外での大型開発は、これからも続けていきます。いい宣伝になりますし、私も作っている間は非常に楽しいですから。計画を練っていくのは非常に面白いですよ。


澤上篤人

私がスイスで働き始めた頃は、本物の長期投資家がたくさんいました。当時、日本では投資は博打のようなものでしたが全く違う。あちらでは誰も教えてくれないので自分で盗み取るしかない。私はそこで長期投資のなんたるかを自分に叩き込みました。


羽生善治

アイデアはいろいろな知識が組み合わさることで生まれてきます。最初の段階では、自分が取捨選択した知識を吸収することから始める。するとある臨界点に達したとき、それまで蓄積した知識と知識が結びついて、理解になり、湧き出るようなアイデアが次々と出てくるようになるんです。そうなるまでは、やはり辛抱強く知識を蓄積していくしかありません。


田中要次

縁を大切にすれば、運が開けることもあるよ。


辻野晃一郎

多くの人は、うまくいかないことがあると「なんで自分だけこんなについてないんだ」とネガティブ思考に陥りますが、そもそも人生なんて思うようにならないのが当たり前。もし、とんとん拍子に物事が運んだら、人間は必ず傲慢になって、自信過剰になってしまうでしょう。


小田豊(経営者)

カステラなどのお菓子は作り手の心の状態が味に影響を及ぼしやすい商品です。ある時、「おたくのお菓子は健康ですね」と言われたことがありました。これは嬉しかったね。作り手が心身ともに健康であることの表れなのだと思いました。


和地孝

どの業界でも、国内ナンバーワンの企業は危機感を持っています。それは、世界を視野に入れているからです。しかし、ナンバーツー以下の企業は自分より一つ上の企業しか見ていない。一つ上の企業に追いつこう、追い越そうということにどうしても意識が向いてしまう。その先のより広範囲を見渡せば、本当はもっとたくさんの敵が存在するのにもかかわらず、目の前しか見えない。あまり危機感がないのです。


田中良和(GREE)

3年先、5年先に何が起こるのか、正確なことは誰にもわかりません。ただ、マーケットがどのようになるのかというストーリーは描けるはずです。ストーリーといっても、単なる思い付きではダメです。未来というものは過去の連続性の延長にありますから、過去をしっかりと振り返って、流れを把握したうえでストーリーを描かないといけない。そうやってマーケット感が磨かれて、次の時代のマーケットが見えてきます。


堀威夫

馬鹿丁寧な対応をする必要はないと思いますが、適切なスピード感と親しみやすさが必要です。テキパキとした電話対応に巡り合ったときには、とても気持ちがいいものですが、最近、そんな気分のいい対応に出合うことがめっきり減っているように思うのです。尊大な電話対応は、社員がおごり高ぶっている危険な兆候だと思うのです。