名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中西大介の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中西大介のプロフィール

中西大介、なかにし・だいすけ。日本の経営者。スポーツビジネス経営者育成機関「スポーツヒューマンキャピタル(SHC)」代表理事。神戸商船大学(のちの神戸大学)卒業後、Jリーグに入局。競技・事業統括本部長、理事、常務理事、SHC代表理事などを務めた。

中西大介の名言 一覧

成長の欲求はある種の競争力を生みますが、いずれ限界がくる。しかし、夢や世界観に終わりはない。


何よりフィロソフィーが大事。何のためにやっているのか、何のために成し遂げたいのか。これはある種の世界観を持っている人間じゃないと成功しにくい。


これだけ環境が激しく変わっているので、体系化された学問だけを学ぶだけで通用することはありません。むしろ、環境の変化のスピードに適応していける力が必要。


「こういう人材を送り出すとスポーツ界が発展する」といった唯一の答えはない。むしろ、バックグラウンドを含めた多様な人材を送り出すことで成功の確率を高めたい。


もともとJリーグの「百年構想」には、サッカーではなく、「スポーツでもっと幸せな国へ」と謳われています。単にリーグやクラブだけでなく、スポーツ界を取り巻くステークホルダーの皆さんに貢献し、一緒に成長していくことを目指しています。


スポーツビジネスでは、デジタル分野をいかにビジネスに結び付けられるのか、いかに競技力の向上に役立てられるのか、そういった視点を持った経営人材が欠かせなくなってきている。


先進性も大事ですが、経営者にとって、思考のトレーニングはベース。論理的な考え方や見方、そして、ロジカルでは限界があるところを、デザインシンキングなどで補う、といった思考を鍛えていくベースは変わらない。


Jリーグがパフォーム社と10年間の契約を結び、デジタル化に舵を切ったことで、これまで縁のなかった業界からもコンタクトを取りに来ています。理由は、Jリーグが世界的に見ても、デジタル技術のショーケースになり得る存在になったからです。今後この分野の実験場になることで、先行者利益を確保することもできますし、先進的なイメージを日本のスポーツ界に持ってもらえるのではないかと期待しています。


興味深いのは、受講した元一流のアスリートたちが、言語化はされていないものの、どうやったら自分が上達し、成長できるかというPDCAを非常に高いレベルでまわせること。そういった意味では、経営人材における一流アスリートの素養は高いですね。欧州では、往年の名選手であるカール=ハインツ・ルンメニゲさんがバイエルンミュンヘンの代表取締役社長を務めています。日本も元選手が経営者になる、そういった可能性は十二分にあると思っています。


中西大介の経歴・略歴

中西大介、なかにし・だいすけ。日本の経営者。スポーツビジネス経営者育成機関「スポーツヒューマンキャピタル(SHC)」代表理事。神戸商船大学(のちの神戸大学)卒業後、Jリーグに入局。競技・事業統括本部長、理事、常務理事、SHC代表理事などを務めた。

他の記事も読んでみる

大谷博国

私どもは広島県外に店を出すつもりはありません。地元でかわいがられる会社でありたい。


経沢香保子

失敗して冷静さを失ってしまったときは、私は信頼できる人に話を聞いてもらうようにしています。「この部分は良かったけど、この部分が駄目だったね」と客観的に指摘してもらうことで、前向きな軌道修正が図れるからです。自分のやり方で上手くいかなかったら、人に教えを請うなりして、やり方を変えてみることも必要かもしれません。


松本晃(経営者)

「顧客」に対する責任は主に3つあります。1番目は「品質」、2番目は「コスト」、3番目は「供給」。カルビーは、1番目と3番目は大変よくできていた会社でしたが、2番目ができていなかった。だから、2番目のコストを改善したら、業績が良くなった。実に簡単な理屈なのです。


羽鳥成一郎

目安としては全体の5%の人間とベクトルを合わせられれば、残りの指示待ち社員も動くようになるのではないでしょうか。


金井英之

笑顔、丁寧なお辞儀、穏やかな視線、上品な態度を心がける。すると、相手に話しやすそうな人だなという印象を持ってもらえます。


おおたわ史絵

私は内科医ですから、外科医と違ってメスもなければ他の道具も持たず、患者さんを治療するための最大の武器は言葉です。いかに患者さんに心を開いてもらえるか。聞く耳を持っていただけるかどうか。患者さんに「この医者を信頼してみよう」と思っていただけないと治療は良い方向に進みません。


高橋遠

ドン底の状況を前にして経営者はいったい何をするべきか悩みましたが、そのとき頭に浮かんだのが、従業員を叱咤するのではなく、ともに痛みを分かち合うということでした。


山中あき子(山中燁子)

「日本はなぜもっと主張しないのか?」ということを不思議がる人がたくさんいます。日本人のアイデンティティーが奥ゆかしさ、ということがあるのかもしれませんが、それは外交においてプラスに作用することばかりではありませんから。


林文子

私がBMWに就職活動をした当時は、今とは違って人を採用する際には年齢や性別の制限がありましたから、普通なら40代の女性を採用する会社はないだろうと最初から諦めてしまいますが、私は誠意を持って伝えれば、必ず気持ちは通じると信じていました。年齢や性別がハンデになるとしても、「実年齢よりも気持ちは若いし、体力もある。ぜひ私にやらせてください」と言えば、相手も受け止めてくれるはずだと考えました。


佐藤優

感情ではなく理性で対象を分析すると、怒りはそれほど起きないもの。あるいは怒りが湧き出てきたら、その怒りはどこから生まれてきたのかを冷静に見極める。怒りの感情を客観視することで冷静になれる。


井上英明

私はいま、トライアスロンに挑戦していますが、単に健康管理のためというだけでは、なかなか練習が続きません。でも、毎年11月のロタ(北マリアナ諸島ロタ島)の大会に行く、という目標を掲げれば、普段から練習するようになります。


和田秀樹

私も経験がありますが、悪循環の真っただ中にいると、なにをしてもダメな気分になります。でも、そんな時期だからこそ、なにかを信じることが必要です。和田ゼミで、当初は成績が上がらなかったのに本番の入試では逆転劇を見せてくれるのは、最後まで私を信じてくれた生徒です。数学の暗記テクニックなど、覚えている問題の数が少ないうちは、結果に反映しにくい。でも、正しい努力を続けていると信じ続けなければ結果は出ません。