名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中西勝則の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中西勝則のプロフィール

中西勝則、なかにし・かつのり。日本の銀行家。「静岡銀行」会長。静岡県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、静岡銀行に入行。人事部長、経営管理部長、取締役執行役員、取締役常務執行役員などを経て頭取に就任。そのほか、全国地方銀行協会会長などを務めた。

中西勝則の名言 一覧

静岡銀行が事業承継や再生に積極的に取り組んでいるのは、金融機関の使命を果たすこと、つまり、地域経済を守り活性化させるためです。取引先企業は、長い間ともに時間を過ごしてきた間柄。最後まで責任を持ち、誠実に付き合うことが地方銀行としてのあるべき姿です。


想定外の事態に直面した時は、すぐに思考回路を切り替えて、迅速に対応することが大切。


ある面「想定外」の事態は仕方がないとは思います。大切なことは、その後をどうするかです。


無理をしないことと、何もしないことでは、まったく意味が違う。


心がけていることは、「地域経済の発展に貢献するためには、まず自らが健全でなくてはならない」という本来あるべき姿を守り通すこと。


私どもの地域では東海地震の発生が想定されています。実際に起きたら、それは文字通り想定外のものになってしまうかもしれませんが、あらゆる事態を想定して、日頃から万全な備えを行っておくことは非常に大切なことです。


アメリカの9・11テロ当時、当行のニューヨーク支店のオフィスは世界貿易センタービルの80階にありました。あの時も、旅客機がビルにぶつかり大きな衝撃を受けた時、片づけなどはしないで、すぐにビルを降り始めたのです。行員は10人ほどいたのですが、全員が助かりました。エレベーターは使えなくなっていましたから、45分かけて歩いて降り、脱出後ほどなくしてビルが崩壊したようです。これは海外でも、国内と同様に緊急時の訓練をしていたからできたことだと思います。


たとえ業績が悪化している企業でも、事業承継には大きな意味があります。各社の事業をよく見ると、その企業なりの「宝石」が存在し、宝石の喪失は社会的財産の喪失でもあるからです。減少傾向であっても計上する売り上げがあるのなら、その企業を必要とする人が存在するということです。宝石を消失させずに事業承継し有効活用を図ることは地域経済の活性化につながります。


2008年には「転廃業についてのマニュアル」を作成しました。マニュアルで最も重視するポイントは、一人ひとりが「最期をしっかり看取る」という意識を持つこと。そのほか、資金繰りが悪くなる兆候や気をつけるべき経営者の言動など、具体的なノウハウも盛り込んであります。私が支援したケースのように、住む家を残すことは切実な課題であり、できるだけその努力をすべきであることも記載しています。


私が頭取時代、静岡銀行は5年間で中小企業などに対して128億円の債権を放棄しました。これにより過去からの累計で1万8000人の雇用を守ることができた計算になります。もし、仮にこれらの企業が破産した場合の損失額は7170億円。そのうち静岡銀行が失う経済的対価は204億円に達していたと試算できますから、債権放棄は十分に経済合理性を確保していますし、それ以上に社会的損失を回避するために大きな意味を持つものだったといえます。


業績が悪化した取引先に対し、まず我々がやることは経営改善の支援です。経常改善が難しい場合はいろいろな法律を使い、法的整理や私的整理のスキームによる再生を考えます。経営改善や再生がうまく進まない場合などはM&A(合併・買収)の道も考えます。過去10年における静岡銀行の事業再生支援件数は166件。そのうち、M&Aで33件を支援しています。


ある時、中学時代の後輩が訪ねてきました。「もう会社を続けられない。明日にも倒産しそうだから弁護士を紹介してほしい」と。倒産させて逃亡してしまう経営者がいる一方で、このように筋を通して後始末をしようとする経営者がいることに心を打たれました。後輩の会社は最終的に民事再生で処理をしました。彼は80歳になるお母さんと一緒に住んでいたので、自宅を残せるスキームを作りました。この出来事をきっかけに、自ら後始末をしようと考えている経営者を助けるために、転廃業支援にも力を注ぐようになりました。


事業性評価を行ったうえでお金を貸した場合でも、倒産したり廃業したりするケースがあります。サラリーマンである銀行員個人にはそのリスクは取りにくいもの。事業性評価で融資を行うには、それなりのバックアップ体制が必要です。静岡銀行が整えたバックアップ体制の1つが「企業サポート部」の発足です。企業内容を調査する「調査グループ」、経営改善を支援する「企業経営サポートグループ」、臨終に至ってしまう企業に最も良い終わり方をサポートする「融資管理グループ」という3つのグループから成ります。こうした体制を整えたことで、我々は業績が悪くても将来性のある企業を助ける努力を継続できています。


中西勝則の経歴・略歴

中西勝則、なかにし・かつのり。日本の銀行家。「静岡銀行」会長。静岡県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、静岡銀行に入行。人事部長、経営管理部長、取締役執行役員、取締役常務執行役員などを経て頭取に就任。そのほか、全国地方銀行協会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

迫俊亮

現場での仕事から学んでいくことも当然重要ですが、それだけでなく「どうすれば経営者的な立場で仕事ができるか」を考えてみて欲しい。


程近智

ただしゃべるのではなく、気持ちを出すことが大事。淡々としゃべるところもあれば、熱を帯びるところもある。テクニカルな意識です。


中原淳

いまは「答えが誰にもわからない」時代です。いま何をすればいいかについて、会社も上司も正解を知りません。目の前に成功した人がいたとしても、別の人が同じやり方で成功するとは限りません。キャリアの地図を描いてみたところで、そこにある道程を歩いていくことが難しくなっています。


北尾吉孝

「死地に陥れてしかる後に生き、これを亡地においてしかる後に存す」は十八史略にある言葉ですが、自分を絶体絶命の状況に追いやり、そこに生き延びてこそ強い自分ができるという考え方です。艱難辛苦こそが自分を鍛え、磨き、成長させるチャンスだと感謝しています。


ロバート・キヨサキ

原油価格の上昇は、あなたとあなたの会社が、今までよりはるかに少ないコストで、今までよりはるかに大きな業績を上げなければならないことを意味している。私の会社では、原油高になってから、会議はテレビ会議に切り替え、出張を減らした。また、従業員を増やすのではなく、フランチャイズ制度によって事業拡大を図っている。原油高によって、私たちは、ますます競合するのではなく、ますます協力しあうようになった。要するに、原油高のおかげで、私は、より良い起業家にならざるを得なくなり、結果的に、私の会社はますます金持ちになった。


鬼頭政人

詰め込み型だと、私のように柔軟な発想が苦手になる傾向があるため、ディスカッション形式の授業も必要だと感じます。私自身、柔軟な発想ができるよう、日々、ニュースの裏にあることは何かを考えながら新聞を読むなど、努力を続けています。


数原英一郎

やはり手を動かす方が頭も働きますし、私は筆記具屋ですから(笑)。
【覚書き|アイデアをまとめるのに手書きのメモを使う理由について語った言葉】


泉谷直木

「接近戦のマーケティング」が重要。現場へ行って経験できるというマーケティングが大事。


徳岡邦夫

上が新しいことに取り組みはじめると、ほかの従業員からも徐々に新しい提案が出てくるようになりました。これまでは先輩の顔色をうかがい、とにかくミスをしないことだけを考えていた若い社員たちに、「どうすればお客様に喜んでもらえるのか」という意識が芽生えてきたのです。


斉藤徹

お客様に断られたときが、イエスをいただく本当の勝負の始まり。営業の現場でメンタルが相当鍛えられました。自分の性格を変えてくれる職に出会え、自分の可能性を自身で見つけることができた。


窪田光洋

住宅ローンの延滞をどうしたらなくせるのかという想いが創業の原点です。月間100万PVを超える日本最大級の住宅ローンメディアで多彩な情報を提供、チャットボットで様々な相談ができるので最適な住宅、ローン選びができます。


瀬戸健

ライザップ事業を始めるにあたっては、「やせるためにはどうすればいいか」を徹底的に、科学的に追求しました。国内外のあらゆる文献を読み漁りましたし、大学とも提携して研究や分析を進めています。ここまで「やせる」ことにこだわった会社はないと思っています。