名言DB

9429 人 / 110879 名言

中西勝則の名言

twitter Facebook はてブ

中西勝則のプロフィール

中西勝則、なかにし・かつのり。日本の銀行家。「静岡銀行」会長。静岡県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、静岡銀行に入行。人事部長、経営管理部長、取締役執行役員、取締役常務執行役員などを経て頭取に就任。そのほか、全国地方銀行協会会長などを務めた。

中西勝則の名言 一覧

静岡銀行が事業承継や再生に積極的に取り組んでいるのは、金融機関の使命を果たすこと、つまり、地域経済を守り活性化させるためです。取引先企業は、長い間ともに時間を過ごしてきた間柄。最後まで責任を持ち、誠実に付き合うことが地方銀行としてのあるべき姿です。


想定外の事態に直面した時は、すぐに思考回路を切り替えて、迅速に対応することが大切。


ある面「想定外」の事態は仕方がないとは思います。大切なことは、その後をどうするかです。


無理をしないことと、何もしないことでは、まったく意味が違う。


心がけていることは、「地域経済の発展に貢献するためには、まず自らが健全でなくてはならない」という本来あるべき姿を守り通すこと。


私どもの地域では東海地震の発生が想定されています。実際に起きたら、それは文字通り想定外のものになってしまうかもしれませんが、あらゆる事態を想定して、日頃から万全な備えを行っておくことは非常に大切なことです。


アメリカの9・11テロ当時、当行のニューヨーク支店のオフィスは世界貿易センタービルの80階にありました。あの時も、旅客機がビルにぶつかり大きな衝撃を受けた時、片づけなどはしないで、すぐにビルを降り始めたのです。行員は10人ほどいたのですが、全員が助かりました。エレベーターは使えなくなっていましたから、45分かけて歩いて降り、脱出後ほどなくしてビルが崩壊したようです。これは海外でも、国内と同様に緊急時の訓練をしていたからできたことだと思います。


たとえ業績が悪化している企業でも、事業承継には大きな意味があります。各社の事業をよく見ると、その企業なりの「宝石」が存在し、宝石の喪失は社会的財産の喪失でもあるからです。減少傾向であっても計上する売り上げがあるのなら、その企業を必要とする人が存在するということです。宝石を消失させずに事業承継し有効活用を図ることは地域経済の活性化につながります。


2008年には「転廃業についてのマニュアル」を作成しました。マニュアルで最も重視するポイントは、一人ひとりが「最期をしっかり看取る」という意識を持つこと。そのほか、資金繰りが悪くなる兆候や気をつけるべき経営者の言動など、具体的なノウハウも盛り込んであります。私が支援したケースのように、住む家を残すことは切実な課題であり、できるだけその努力をすべきであることも記載しています。


私が頭取時代、静岡銀行は5年間で中小企業などに対して128億円の債権を放棄しました。これにより過去からの累計で1万8000人の雇用を守ることができた計算になります。もし、仮にこれらの企業が破産した場合の損失額は7170億円。そのうち静岡銀行が失う経済的対価は204億円に達していたと試算できますから、債権放棄は十分に経済合理性を確保していますし、それ以上に社会的損失を回避するために大きな意味を持つものだったといえます。


業績が悪化した取引先に対し、まず我々がやることは経営改善の支援です。経常改善が難しい場合はいろいろな法律を使い、法的整理や私的整理のスキームによる再生を考えます。経営改善や再生がうまく進まない場合などはM&A(合併・買収)の道も考えます。過去10年における静岡銀行の事業再生支援件数は166件。そのうち、M&Aで33件を支援しています。


ある時、中学時代の後輩が訪ねてきました。「もう会社を続けられない。明日にも倒産しそうだから弁護士を紹介してほしい」と。倒産させて逃亡してしまう経営者がいる一方で、このように筋を通して後始末をしようとする経営者がいることに心を打たれました。後輩の会社は最終的に民事再生で処理をしました。彼は80歳になるお母さんと一緒に住んでいたので、自宅を残せるスキームを作りました。この出来事をきっかけに、自ら後始末をしようと考えている経営者を助けるために、転廃業支援にも力を注ぐようになりました。


事業性評価を行ったうえでお金を貸した場合でも、倒産したり廃業したりするケースがあります。サラリーマンである銀行員個人にはそのリスクは取りにくいもの。事業性評価で融資を行うには、それなりのバックアップ体制が必要です。静岡銀行が整えたバックアップ体制の1つが「企業サポート部」の発足です。企業内容を調査する「調査グループ」、経営改善を支援する「企業経営サポートグループ」、臨終に至ってしまう企業に最も良い終わり方をサポートする「融資管理グループ」という3つのグループから成ります。こうした体制を整えたことで、我々は業績が悪くても将来性のある企業を助ける努力を継続できています。


中西勝則の経歴・略歴

中西勝則、なかにし・かつのり。日本の銀行家。「静岡銀行」会長。静岡県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、静岡銀行に入行。人事部長、経営管理部長、取締役執行役員、取締役常務執行役員などを経て頭取に就任。そのほか、全国地方銀行協会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

畠山友一

Bizer(バイザー)の内容は私自身が起業時に経験した悩みや不満を形にしたものなので、同じ悩みを抱える起業家・経営者も多いと考えています。


栗山英樹

監督就任時、もちろん不安はありました。とくに頭をよぎったのは、「実績のない自分が監督になったときに、はたして選手はついてきてくれるだろうか」ということでした。でも僕は、「そういうことは考えてはいけない」と思うことにしたんです。僕はただ選手を信じ、選手とチームの成長を願うだけ。選手のほうが僕をどう評価するかについては、いっさい考えない。いわば「片思いの一方通行の関係」にしようと思ったんです。


川上量生

私を受け入れてくれた鈴木敏夫さん、映画監督の宮崎駿さんと高畑勲さん。やはり、この3人がとにかくすごい。常にチャレンジしているんですよ。現役バリバリで枯れる様子がありません。宮崎さんと高畑さんはもう70代ですが、信じられないくらいに若い。宮崎さんは若いアニメーターに、「君の描く女の子は古い。20年前の顔だ」って説教してました(笑)。この3人が昔話を一切しないことにも驚きましたね。数々の偉業を成し遂げてきたのだから、昔の話が出てきておかしくない。でも話す内容は現在と未来のことだけ。過去の作品を超えたものを作ろうといつも考えているんです。僕は40代に入って、そろそろ人生の折り返し地点かなと思うようになりました。でも70歳を過ぎてもこれだけやれるんだということを見せつけられて、まだ折り返し地点に来ていないと思い直しましたよ。


永守重信

会社を買収するときは自分の会社の本業をより強くしていける会社を買います。一番良いのはもちろん同業者です。競争相手を買うのが一番良いですね。その次に自社が持っていない技術を持っている会社を買います。


井上高志

相手からの信頼を得るには、積み重ねが必要です。今までどれだけの約束を守ってきたか、また、行動にブレがないかなどを、時間をかけて積み重ねて築いていくものです。しかし、初対面の場面では、自分の感情をより素直に出すことが、相手を動かす鍵になると思います。


本間良輔

会社規模が大きくなると、ブレーキを踏んでも動き出した車輪は簡単に止まらない。


宗雪雅幸

お客さまの意見がいちばん重要です。商品を買ってくださるのが誰かを考えれば答えはすぐにわかります。自分の思想や経験だけでやると失敗する。我々が売ろうとしている商品で、我々が絶対に買わないような商品の場合には注意が必要でしょう。


新浪剛史

何事にもせっかちなものですから、もっと早く進むべきだとは思います。ただ、着実に成果は出てきている。


佐々木常夫

人事は非常です。自分では心構えをしているつもりでも、意に沿わない辞令を渡されれば動揺は隠せません。しかし、そんなときこそ潔く受けて、自分をしっかりと磨くチャンスにすべきです。


下田進

行列ができる店の店主は大抵鼻高々ですが、お客様のことを考えれば、本当はお客様に待たせて迷惑をかけてしまっているのです。