名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中西勝則の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中西勝則のプロフィール

中西勝則、なかにし・かつのり。日本の銀行家。「静岡銀行」会長。静岡県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、静岡銀行に入行。人事部長、経営管理部長、取締役執行役員、取締役常務執行役員などを経て頭取に就任。そのほか、全国地方銀行協会会長などを務めた。

中西勝則の名言 一覧

静岡銀行が事業承継や再生に積極的に取り組んでいるのは、金融機関の使命を果たすこと、つまり、地域経済を守り活性化させるためです。取引先企業は、長い間ともに時間を過ごしてきた間柄。最後まで責任を持ち、誠実に付き合うことが地方銀行としてのあるべき姿です。


想定外の事態に直面した時は、すぐに思考回路を切り替えて、迅速に対応することが大切。


ある面「想定外」の事態は仕方がないとは思います。大切なことは、その後をどうするかです。


無理をしないことと、何もしないことでは、まったく意味が違う。


心がけていることは、「地域経済の発展に貢献するためには、まず自らが健全でなくてはならない」という本来あるべき姿を守り通すこと。


私どもの地域では東海地震の発生が想定されています。実際に起きたら、それは文字通り想定外のものになってしまうかもしれませんが、あらゆる事態を想定して、日頃から万全な備えを行っておくことは非常に大切なことです。


アメリカの9・11テロ当時、当行のニューヨーク支店のオフィスは世界貿易センタービルの80階にありました。あの時も、旅客機がビルにぶつかり大きな衝撃を受けた時、片づけなどはしないで、すぐにビルを降り始めたのです。行員は10人ほどいたのですが、全員が助かりました。エレベーターは使えなくなっていましたから、45分かけて歩いて降り、脱出後ほどなくしてビルが崩壊したようです。これは海外でも、国内と同様に緊急時の訓練をしていたからできたことだと思います。


たとえ業績が悪化している企業でも、事業承継には大きな意味があります。各社の事業をよく見ると、その企業なりの「宝石」が存在し、宝石の喪失は社会的財産の喪失でもあるからです。減少傾向であっても計上する売り上げがあるのなら、その企業を必要とする人が存在するということです。宝石を消失させずに事業承継し有効活用を図ることは地域経済の活性化につながります。


2008年には「転廃業についてのマニュアル」を作成しました。マニュアルで最も重視するポイントは、一人ひとりが「最期をしっかり看取る」という意識を持つこと。そのほか、資金繰りが悪くなる兆候や気をつけるべき経営者の言動など、具体的なノウハウも盛り込んであります。私が支援したケースのように、住む家を残すことは切実な課題であり、できるだけその努力をすべきであることも記載しています。


私が頭取時代、静岡銀行は5年間で中小企業などに対して128億円の債権を放棄しました。これにより過去からの累計で1万8000人の雇用を守ることができた計算になります。もし、仮にこれらの企業が破産した場合の損失額は7170億円。そのうち静岡銀行が失う経済的対価は204億円に達していたと試算できますから、債権放棄は十分に経済合理性を確保していますし、それ以上に社会的損失を回避するために大きな意味を持つものだったといえます。


業績が悪化した取引先に対し、まず我々がやることは経営改善の支援です。経常改善が難しい場合はいろいろな法律を使い、法的整理や私的整理のスキームによる再生を考えます。経営改善や再生がうまく進まない場合などはM&A(合併・買収)の道も考えます。過去10年における静岡銀行の事業再生支援件数は166件。そのうち、M&Aで33件を支援しています。


ある時、中学時代の後輩が訪ねてきました。「もう会社を続けられない。明日にも倒産しそうだから弁護士を紹介してほしい」と。倒産させて逃亡してしまう経営者がいる一方で、このように筋を通して後始末をしようとする経営者がいることに心を打たれました。後輩の会社は最終的に民事再生で処理をしました。彼は80歳になるお母さんと一緒に住んでいたので、自宅を残せるスキームを作りました。この出来事をきっかけに、自ら後始末をしようと考えている経営者を助けるために、転廃業支援にも力を注ぐようになりました。


事業性評価を行ったうえでお金を貸した場合でも、倒産したり廃業したりするケースがあります。サラリーマンである銀行員個人にはそのリスクは取りにくいもの。事業性評価で融資を行うには、それなりのバックアップ体制が必要です。静岡銀行が整えたバックアップ体制の1つが「企業サポート部」の発足です。企業内容を調査する「調査グループ」、経営改善を支援する「企業経営サポートグループ」、臨終に至ってしまう企業に最も良い終わり方をサポートする「融資管理グループ」という3つのグループから成ります。こうした体制を整えたことで、我々は業績が悪くても将来性のある企業を助ける努力を継続できています。


中西勝則の経歴・略歴

中西勝則、なかにし・かつのり。日本の銀行家。「静岡銀行」会長。静岡県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、静岡銀行に入行。人事部長、経営管理部長、取締役執行役員、取締役常務執行役員などを経て頭取に就任。そのほか、全国地方銀行協会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

石毛郁治

硫安同値の尿素をつくる、一応計算では成り立つのですが、出来上がってしまった今日ではなんとでも申せますものの、当時は私にも確信はありませんでした。しかし、このままでは自滅のほかないので、上手くいかなかったら私が腹を切るつもりで踏み切りました。
【覚書き|東洋高圧時代、北海道に硫酸の工場をつくったものの硫酸がつくれなくなり危機に陥ったときを振り返っての発言。このあと同社は、尿素の大量生産に成功した】


青山文平

受け売りは禁物。その限りで、判断停止しているからです。現実と正面から向かって考える。とにかく、自分で考え続ける。そうしてのみ、自分ならではの「価値観」が見出されてきます。


高橋滋

アクアマリンリゾートは雲の上の存在で、いつか泊まってみたいなとイメージばかり膨らんでいたんです。生まれて初めてアマンにチェックインしたときは、がたがた震えながら入っていったものです。ここが噂の、各国のVIPや高官などのお金持ちが泊るところだって。ところが、気構えて入ったら、実際はまったく逆なんです。いままでヨーロッパやアメリカの有名ホテルで感じていた、よく言えば威厳、悪く言えば驕りのようなものが一切なく、本当に居心地がいいんです。チェックインした途端、超高級ホテルだということを忘れさせてくれる。何でもお客様の好きになさってくださいというそのサービス姿勢に一番驚きました。


菱田雅生

脳内で、記憶する機能に大きく関わるのが「海馬」と「扁桃体」といわれる器官です。ここではわかりやすいよう、海馬と扁桃体の関係を、上司と部下にたとえて考えてみましょう。海馬は、脳内に入ってくる出来事や情報を整理・保管する、いわば記録係です。一方、扁桃体はその上司みたいな存在。上司が指示しなくても、記録係が自動的に見聞きしたことすべてを整理・保管してくれるなら問題ないのですが、この記録係はそこまでマメなタイプではありません。上司である扁桃体の命令がないと、なかなか働かないのです。扁桃体は、喜怒哀楽、好き嫌いなどの感情をつかさどります。つまり、感情的な上司です。「これめちゃ面白い!」「あの出来事、ビビったな?」と感情が強く動かされると、上司である扁桃体から「海馬くん、これ覚えておこうな!」と命令が出て、部下である海馬が働き出すという仕組みです。つまり、強く記憶するには、覚える対象に「感情」が動くことが重要なのです。


トーマス・カーライル

健康な人は自分の健康には気付かない。病人だけが健康を知っている。


大久保恒夫

よく完璧な指示書を作成する人がいます。ただ、現場の人がその指示書どおりに動くかどうかは、まったく別の話です。誰にでもすぐにできるよう簡単で、しかも数少ない指示でなければ、現場の人はなかなか動きません。


清水金之助

「自分で不器用だと認めている子ほど一生懸命やるもんだ」と師匠が言ってくれて、弟子入りすることになった。だから期待してくれる師匠や兄弟子たちの顔に泥を塗ることはできない。なんとかして一人前にならなくてはという思いだけで、辞めようと考えるヒマもなかった。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

私がイトーヨーカ堂の衣料部門の立て直しを頼まれたときのことです。まずネクタイの一新を図りました。一年半後、売上はV字回復ですよ。平均単価も、百貨店レベルとはいきませんがかなり上がりました。商品単価が上がって売上も伸びた。商品は、価格ではない。


増田紀彦

同種の商品でも、材料や加工法、ボリューム、生産量、パッケージ、宣伝費などで価格は異なる。これらのファクターを知れば値づけ感覚が養えます。


ルノワール

人生には不愉快な事柄が多い。だからこれ以上、不愉快なものを作る必要はない。
【覚え書き|自らの作風について語った言葉】


岸田一郎

私が常に意識するのは、読者の絶対数よりも「質」です。ここでいう「質」とは、購買力と購買意欲を持った読者のことです。つまり、そうした読者を束ねることで、広告主からも雑誌の媒体力を評価され、市場に影響力を持ったカリスマ性のある雑誌になれるのです。


小倉昌男

事業のアイデアがどんなに素晴らしいものだったとしても、それは一人で実現できるものではないはずだ。もちろん経営者には企画力のようなものが必要だが、それと同時に、人を動かす術を持ち合わせていなければ、自分の企画を形にすることはできない。当たり前の話だが、情報収集力に長けた若い人は往々にして頭でっかちになってしまい、その当たり前のことを忘れがちなのではないだろうか。