中西勝則の名言

中西勝則のプロフィール

中西勝則、なかにし・かつのり。日本の銀行家。「静岡銀行」頭取。静岡県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、静岡銀行に入行。人事部長、経営管理部長、取締役執行役員、取締役常務執行役員などを経て頭取に就任。そのほか、全国地方銀行協会会長などを務めた。

中西勝則の名言 一覧

1 / 11

ある面「想定外」の事態は仕方がないとは思います。大切なことは、その後をどうするかです。

中西勝則の名言|大切なのは、想定外の後をどうするか


想定外の事態に直面した時は、すぐに思考回路を切り替えて、迅速に対応することが大切。

中西勝則の名言|すぐに思考回路を切り替えて、迅速に対応することが大切


無理をしないことと、何もしないことでは、まったく意味が違う。

中西勝則の名言|無理をしないことと、何もしないことでは、まったく意味が違う


心がけていることは、「地域経済の発展に貢献するためには、まず自らが健全でなくてはならない」という本来あるべき姿を守り通すこと。

中西勝則の名言|地域経済の発展に貢献するためには、まず自らが健全でなくてはならない


私どもの地域では東海地震の発生が想定されています。実際に起きたら、それは文字通り想定外のものになってしまうかもしれませんが、あらゆる事態を想定して、日頃から万全な備えを行っておくことは非常に大切なことです。

中西勝則の名言|あらゆる事態を想定して、日頃から万全な備えを行っておくことは非常に大切なこと


アメリカの9・11テロ当時、当行のニューヨーク支店のオフィスは世界貿易センタービルの80階にありました。あの時も、旅客機がビルにぶつかり大きな衝撃を受けた時、片づけなどはしないで、すぐにビルを降り始めたのです。行員は10人ほどいたのですが、全員が助かりました。エレベーターは使えなくなっていましたから、45分かけて歩いて降り、脱出後ほどなくしてビルが崩壊したようです。これは海外でも、国内と同様に緊急時の訓練をしていたからできたことだと思います。

中西勝則の名言|日頃から緊急時の訓練を


中西勝則の経歴・略歴

中西勝則、なかにし・かつのり。日本の銀行家。「静岡銀行」頭取。静岡県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、静岡銀行に入行。人事部長、経営管理部長、取締役執行役員、取締役常務執行役員などを経て頭取に就任。そのほか、全国地方銀行協会会長などを務めた。


1 / 11

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ