名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

中竹竜二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中竹竜二のプロフィール

中竹竜二、なかたけ・りゅうじ。日本のラグビー指導者。福岡県出身。小学1年からラグビーを開始。高校生時代に福岡県選抜チーム主将、大学時代に早稲田大学ラグビー蹴球部主将を務め活躍。早稲田大学人間科学部卒業、英レスター大学大学院社会学部修了。社会人ラグビークラブ「タマリバクラブ」ヘッドコーチ、早稲田大学ラグビー蹴球部監督、日本ラグビーフットボール協会コーチングディレクターなどを務めた。

中竹竜二の名言 一覧

分野に関係なく、私が考えるマネジメントの基本的なメソッドは、同じです。

  • Goal creation(目標を決める)
  • Preview(プランニングおよび準備)
  • Decision make(決断し、実践)
  • Review(振り返る)

これらの頭文字を取って「GPDR」サイクルと呼んでいますが、ビジネスでもスポーツでも考え方は同じ。このサイクルをいかに回していくかを重視しています。


スポーツなら個々の選手、企業なら社員が自身のゴールを考え、決断することが大事だと考えています。U20の合宿でも、日々、選手自身がその日のゴールを決め、練習を行っていますが、そうするとパフォーマンスが目に見えて劇的に上がります。


リーダーはみんなを「引っ張る」(リーダーシップ)だけではなく、メンバーが主体的に動けるよう、あえて黙って見守ったり、必要に応じて助言したりと「支える」(フォロワーシップ)側に回ることも欠かせない。強いチームを作るためには、両方が不可分な要素だと考えています。


中竹竜二の経歴・略歴

中竹竜二、なかたけ・りゅうじ。日本のラグビー指導者。福岡県出身。小学1年からラグビーを開始。高校生時代に福岡県選抜チーム主将、大学時代に早稲田大学ラグビー蹴球部主将を務め活躍。早稲田大学人間科学部卒業、英レスター大学大学院社会学部修了。社会人ラグビークラブ「タマリバクラブ」ヘッドコーチ、早稲田大学ラグビー蹴球部監督、日本ラグビーフットボール協会コーチングディレクターなどを務めた。

他の記事も読んでみる

野口美佳

ピーチ・ジョンとしては、掃除や洗濯、炊事などの日常生活をちゃんとしている人を採用したい。私たちが扱っているものはアートじゃなく、現実に使う商品です。まっとうな生活をしていないと、消費者が何を求めているかわからなくなってしまいます。これは、家電メーカーでも金融業でも、多くの会社に共通することじゃないでしょうか。


ジョン・コッター

リーダーシップとは、ビジョンと戦略をつくり上げ、戦略の遂行に向けてそれに関わる人々を結集し、障害を乗り越えてでも実現できる力のことである。


神田有宏

お客さまの属性をデータ化できれば、ヒット率は飛躍的に向上する。


三谷宏治

仕事にとりかかる前には、何のためにやるのか、それが全体のプロジェクトとどうつながっているのかを考える必要があります。目的を明確に理解しないまま仕事を始めても、作業はできるかもしれませんが、決して成果にはつながりません。


早川種三

企業、会社というものは、他人がいかに潰してやろうとしても、そう簡単に潰れるものではありません。必ず内部から崩壊していくものです。私は倒産の責任はすべて経営者にあると思っています。


石橋正好

私は安全な不動産投資のためには自己資本比率20%以上を推奨しています。過剰な借り入れをして多額の投資を行なう問題は、不動産の価値は徐々に減っていくということ。バブル時代と違い、現在は黙っていても地価が上がっていくような時代ではありませんし、仮に地価が下がらなくても、建物の価値は確実に減っていきます。その結果、債務超過になってしまうのです。「一時的に債務超過になっても、いずれ回復するのでは」と考える方もいるかもしれませんが、問題は「再投資」に回すお金が不足することです。債務超過になると、銀行はそれ以上の融資をしてくれません。一方、物件は必要に応じてリニューアルなどの再投資をすることで、いつまでも魅力を保つことができます。逆に言えば、再投資をしないと魅力を失い、空室が増えたり家賃が下がったりして、インカムゲインがずるずると減っていく。すると、さらに再投資に回すお金がなくなる……。まさにこれこそが、私がバブル後に陥った状態なのです。その後、なんとか立て直すことができたのですが、その際の苦しみを考えると、「同じ思いを人にさせたくない」と強く思うのです。


平井一夫

動きの速い携帯電話ビジネスでは、当然のことながら経営スピードが大事です。意思決定やアクションを素早くし、商品をタイムリーに展開する。この3つがないとダメです。


宮迫博之

「アメトーーク!」をはじめるときも、ボクは司会なんかできないと思ってたんですよ。ボクは、もともとボケですから。「アメトーーク!」が始まったころは、まだボケとしての我が強くてね。「宮迫が喋りすぎる」って批判されたこともあったんですよ。それで、ある時期から、ボクが若手の話を面白がってやろうとスタンスを変えていったところ、本気で番組を楽しめるようになっていったんです。相方もボクも、素直に「話を聞いて笑いたい」と。


大橋光夫

人の上に立つ人間とは、どんな人間か。それは、人の痛みのわかる人ではないかと思います。本当の意味で人の上に立つ人というのは、人を見下している人ではダメなのだと思います。


新関一成

早朝から外を清掃。夜間はバイトをして、スタッフの給料を工面。他人に尽くすと決めたら、周囲の見る目も変わり一致団結できた。


江田麻季子

社員が、より自発的な考え方や、創造性のある考え方ができるようになると、企業の力はもっと強くなる。


森川亮

進捗報告のメールでは文章にするよりも、事実、つまり単語や数字だけでメールを構成する方がいいかもしれません。僕は理科系なのでついこんな連想をするのですが、プログラム言語や数式のように、簡潔な言葉で事実と事実をつないでみせるのが、いい報告メールだと思います。