名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中竹竜二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中竹竜二のプロフィール

中竹竜二、なかたけ・りゅうじ。日本のラグビー指導者。福岡県出身。小学1年からラグビーを開始。高校生時代に福岡県選抜チーム主将、大学時代に早稲田大学ラグビー蹴球部主将を務め活躍。早稲田大学人間科学部卒業、英レスター大学大学院社会学部修了。社会人ラグビークラブ「タマリバクラブ」ヘッドコーチ、早稲田大学ラグビー蹴球部監督、日本ラグビーフットボール協会コーチングディレクターなどを務めた。

中竹竜二の名言 一覧

分野に関係なく、私が考えるマネジメントの基本的なメソッドは、同じです。

  • Goal creation(目標を決める)
  • Preview(プランニングおよび準備)
  • Decision make(決断し、実践)
  • Review(振り返る)

これらの頭文字を取って「GPDR」サイクルと呼んでいますが、ビジネスでもスポーツでも考え方は同じ。このサイクルをいかに回していくかを重視しています。


スポーツなら個々の選手、企業なら社員が自身のゴールを考え、決断することが大事だと考えています。U20の合宿でも、日々、選手自身がその日のゴールを決め、練習を行っていますが、そうするとパフォーマンスが目に見えて劇的に上がります。


リーダーはみんなを「引っ張る」(リーダーシップ)だけではなく、メンバーが主体的に動けるよう、あえて黙って見守ったり、必要に応じて助言したりと「支える」(フォロワーシップ)側に回ることも欠かせない。強いチームを作るためには、両方が不可分な要素だと考えています。


中竹竜二の経歴・略歴

中竹竜二、なかたけ・りゅうじ。日本のラグビー指導者。福岡県出身。小学1年からラグビーを開始。高校生時代に福岡県選抜チーム主将、大学時代に早稲田大学ラグビー蹴球部主将を務め活躍。早稲田大学人間科学部卒業、英レスター大学大学院社会学部修了。社会人ラグビークラブ「タマリバクラブ」ヘッドコーチ、早稲田大学ラグビー蹴球部監督、日本ラグビーフットボール協会コーチングディレクターなどを務めた。

他の記事も読んでみる

山崎将志

仕事を頼まれたときに、「わかりました」と言って受けるのは不十分です。「納期はいつですか?」「目標数はいくつですか?」「アウトプットのイメージは?」と、仕事に取りかかる前に、発注者とゴール地点を確認し、合意しておくべきです。


野田サトル

僕は北海道出身ですし、この時代を物語の舞台にすると決めた以上、アイヌと向き合うのは必然でした。漫画界ではアイヌは手垢がついてない分野なので、そこでしっかり描けば、そのジャンルを描いた漫画として一番の作品になれる。膨大な資料を読み、大学教授の方々の監修や助言を常にいただいています。北海道のアイヌコタン(集落)やアイヌ協会のみなさんに取材させていただいて一緒に酒を飲んだりもしました。嬉しいことに自分のことを信頼していただき、「サトルくん! ビビらず何でも描け!」と背中を押していただきました。


藤原洋

相手の立場に立ってみたら、怒られるのが好きですか? 甘やかして褒めてばかりではちゃんと育たないと言いますが、それは子供の話。皆さん大人だから大丈夫です。


板尾創路

仕事をしてきて、ひとつ確実に言えることは、絶対に周りの人は見てくれているということ。口に出しては言わないかもしれないけど、日々、試されている。


田中良和(GREE)

米ヤフーやグーグルの創業者は、25歳前後で起業しています。そう考えると、このままではいけないと強く感じていました。
【覚書き|楽天を退社し、GREEを法人にしたころを振り返っての発言】


南美希子

元気なだけでなく現役として若い人以上に活躍している高齢者は珍しくない。65歳を超えると一律に高齢者と呼ぶのは酷である。人は言葉に縛られやすいもの。高齢者という呼称で呼ばれた途端、一気に老け込みそうだ。


本田有明

最初から素晴らしい部下など存在しない。スティーブ・ジョブズは「即戦力など存在しない。だから我々が育てるのだ」という名言を遺しています。部下は育てない限り戦力にならない。言われてみれば当然のことですが、そこに気づかず「ウチの部下はダメだ」と言っている上司は少なくありません。


小宮一慶

人間は、他の人間に対して必ず心理バリアを持っています。部下に頼みごとをしたときに嫌がられるのは、その上司に対しての心理バリアが高いからです。これを低くしない限り、何を頼んでも部下は抵抗を示すでしょう。


広津崇亮

線虫の嗅覚を実用的なものに利用できないかと考えたのは5年ほど前。ちょうど研究室を持ったときだったので、運営費を稼がなきゃいけなかった。そこでがん探知犬を思い出したのです。犬の嗅覚が優れているのはみなさんご存知のとおりですが、その研究のなかで、がんには特有の匂いがあることがわかってきていた。ただ、犬を使うには動物愛護の観点や個体差の問題からなかなか使いづらい。だったら線虫がぴったりじゃないかと。大量につくれますし、限りなくデジタルに近いから個体差もないですから。


弘兼憲史

おそらくいい上司というのは出来上がった姿ではない。悪戦苦闘してもがいている状態が、周りから見るといい上司に見えるのだ。その意味で気持ちの上では発展途上上司であり続けることがより大事なのではないのかとぼくは思う。「転石、こけを生ぜず」ということわざがある。だからいい上司になんてなろうと思わなくていい。ぼくはそう思う。


戸塚隆将

マッキンゼーで評価されていたのは、利益を出す人だけではありませんでした。直接的に利益が出なくても、組織のために必要なプロジェクトがあります。口ではみんな「大切だ」と言いますが、そうしたプロジェクトはやはり敬遠されがちです。しかし、そこで率先して手を挙げてリーダーシップを発揮した人は、のちにパートナーに推薦されていました。利益を出したかどうかにかかわらず、先頭に立って自ら当事者になろうとする人は評価が高いのです。


新浪剛史

「コンビニはこういうもの」という既成概念と戦い、アメーバのように常に様々なものを取り込んで変わっていく必要があります。