名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中竹竜二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中竹竜二のプロフィール

中竹竜二、なかたけ・りゅうじ。日本のラグビー指導者。福岡県出身。小学1年からラグビーを開始。高校生時代に福岡県選抜チーム主将、大学時代に早稲田大学ラグビー蹴球部主将を務め活躍。早稲田大学人間科学部卒業、英レスター大学大学院社会学部修了。社会人ラグビークラブ「タマリバクラブ」ヘッドコーチ、早稲田大学ラグビー蹴球部監督、日本ラグビーフットボール協会コーチングディレクターなどを務めた。

中竹竜二の名言 一覧

分野に関係なく、私が考えるマネジメントの基本的なメソッドは、同じです。

  • Goal creation(目標を決める)
  • Preview(プランニングおよび準備)
  • Decision make(決断し、実践)
  • Review(振り返る)

これらの頭文字を取って「GPDR」サイクルと呼んでいますが、ビジネスでもスポーツでも考え方は同じ。このサイクルをいかに回していくかを重視しています。


スポーツなら個々の選手、企業なら社員が自身のゴールを考え、決断することが大事だと考えています。U20の合宿でも、日々、選手自身がその日のゴールを決め、練習を行っていますが、そうするとパフォーマンスが目に見えて劇的に上がります。


リーダーはみんなを「引っ張る」(リーダーシップ)だけではなく、メンバーが主体的に動けるよう、あえて黙って見守ったり、必要に応じて助言したりと「支える」(フォロワーシップ)側に回ることも欠かせない。強いチームを作るためには、両方が不可分な要素だと考えています。


中竹竜二の経歴・略歴

中竹竜二、なかたけ・りゅうじ。日本のラグビー指導者。福岡県出身。小学1年からラグビーを開始。高校生時代に福岡県選抜チーム主将、大学時代に早稲田大学ラグビー蹴球部主将を務め活躍。早稲田大学人間科学部卒業、英レスター大学大学院社会学部修了。社会人ラグビークラブ「タマリバクラブ」ヘッドコーチ、早稲田大学ラグビー蹴球部監督、日本ラグビーフットボール協会コーチングディレクターなどを務めた。

他の記事も読んでみる

鮎川義介

評判がいいということが知れわたってしまえば、寄付を頼まれた場合、断るに断れない。しかしケチで評判が悪ければそういった依頼はまず来ない。だから、いい悪いというのは2つの面がある。


色平哲郎

「あてにしない、期待しない、あきらめる」。これが僕の信条。こう考えると他人だけでなく、自分に対して過剰な期待を持たないし、できなかったときのショックも小さい。


桐山一憲

私自身、学生時代は野球に打ち込んでいたので特別な教育を受けたわけでもなければ、英語もできなかった。しかし、P&Gに入社してからは、すばらしい先輩に恵まれ、常に難易度の高い案件を与えてもらいました。そうした環境に育ててもらった結果、いまがあると思っています。


松方弘樹

世の中、格差はあるんですよ。仲良くお手々つないでゴールとはいかない。人間は社会に出たら、絶対に競争にさらされる。でもね、だからこそ人間同士のコミュニケーションが大事になる。


森章(経営者)

不透明な中だからこそ、事象を俯瞰して眺め、企業として安定的な基盤を整えつつ、多面的に布石を打っていく必要がある。


似鳥昭雄

環境は常に変化していますから、過去の成功は忘れ、新しい方法に切り替えていかなくてはいけません。


舞の海秀平

体が小さいことをハンディだと思っていたら、絶対に勝てない。小さい力士が大きい力士に立ち向かうのが怖いのは、当たり前。でも、大きい力士も小さい力士と組むのは怖いんですよ。どんな相撲をされるか分からないから。そんな想像ができれば、ハンディだと思わなくなり、怖さは軽減する。


瀧本哲史

現在の日本は、かつてなく「仲間づくり」が重要な時代となっています。仲間とは、SNSで絡んだり、「いいね!」をするだけの友だちではありません。共通の目標の下で、苦楽をともにできる仲間との「チームアプローチ」が求められているのです。


谷真

企業経営の根幹はマーケティング。マーケティングができてこそ、それを基に経営戦略を立てられる。そして、経営戦略から個々の施策が生まれる。


アントニオ猪木

日本では、プロレス流に言うと北朝鮮が悪役、日本が善玉という構図が染みついています。常々私が言っていることは、日本の物差しだけで相手を測ってはいけないということ。「外交に勝利なし」という発想に立つ必要があります。


稲葉善治

忘れてはならないのは、会社が強い体質を維持したまま存続すること。


平井伯昌

並大抵の練習内容では世界で勝てません。選手たちが今まで経験したことのない厳しい練習に立ち向かい、目標を達成するには、前向きな気持ちこそが大事な原動力になるのです。