中竹竜二の名言

中竹竜二のプロフィール

中竹竜二、なかたけ・りゅうじ。日本のラグビー指導者。福岡県出身。小学1年からラグビーを開始。高校生時代に福岡県選抜チーム主将、大学時代に早稲田大学ラグビー蹴球部主将を務め活躍。早稲田大学人間科学部卒業、英レスター大学大学院社会学部修了。社会人ラグビークラブ「タマリバクラブ」ヘッドコーチ、早稲田大学ラグビー蹴球部監督、日本ラグビーフットボール協会コーチングディレクターなどを務めた。

中竹竜二の名言 一覧

分野に関係なく、私が考えるマネジメントの基本的なメソッドは、同じです。

  • Goal creation(目標を決める)
  • Preview(プランニングおよび準備)
  • Decision make(決断し、実践)
  • Review(振り返る)

これらの頭文字を取って「GPDR」サイクルと呼んでいますが、ビジネスでもスポーツでも考え方は同じ。このサイクルをいかに回していくかを重視しています。


スポーツなら個々の選手、企業なら社員が自身のゴールを考え、決断することが大事だと考えています。U20の合宿でも、日々、選手自身がその日のゴールを決め、練習を行っていますが、そうするとパフォーマンスが目に見えて劇的に上がります。


リーダーはみんなを「引っ張る」(リーダーシップ)だけではなく、メンバーが主体的に動けるよう、あえて黙って見守ったり、必要に応じて助言したりと「支える」(フォロワーシップ)側に回ることも欠かせない。強いチームを作るためには、両方が不可分な要素だと考えています。


中竹竜二の経歴・略歴

中竹竜二、なかたけ・りゅうじ。日本のラグビー指導者。福岡県出身。小学1年からラグビーを開始。高校生時代に福岡県選抜チーム主将、大学時代に早稲田大学ラグビー蹴球部主将を務め活躍。早稲田大学人間科学部卒業、英レスター大学大学院社会学部修了。社会人ラグビークラブ「タマリバクラブ」ヘッドコーチ、早稲田大学ラグビー蹴球部監督、日本ラグビーフットボール協会コーチングディレクターなどを務めた。

他の記事も読んでみる

澤田秀雄

H.I.S.の支店長にも、その支店の様々な数字を見て、業績を上げていくためにどのような施策をしていくかを判断することが求められます。数字が読めないと、業績を伸ばしていくことはできないでしょう。


前川孝雄

上司がやるべきなのは、「仕事のやり方」を具体的に指導すること。たとえば1週間のスケジュールを提出させて、「月曜に2時間かけている会議の議事録作りはやめていいよ」と「やらなくていい仕事」を洗い出したうえで、「代わりに客先への訪問時間を2時間増やして」などと仕事に優先順位をつけてください。


村田晃嗣

私たちはややもすると、企業のトップ、大物政治家、ノーベル賞級の学者といった人に飛びつきがちです。でも、そういう人たちが活躍する背景には、成果を見なかった基礎的研究、脚光を浴びることのない隅々での人の活躍というものが膨大にあるはずです。それなくして、頂点は成り立ちません。


渡辺雅隆

読者の「知りたい」にこたえることが、私たちの新聞社としての責務です。そのためには質の高い記事をつくり続けなければいけない。社員には、「萎縮している場合ではありません」と声をかけ続けました。


ヘンリー・ジョージ

無鉄砲な変革は危険だ。しかし、盲目的な保守主義はもっと大きな危険をはらむ。


宮永俊一

やっている人たちはプライドがあるから、何か聞いても「できます」と答える。でも、ちょっと変だなと思った時に、見極めてそこに手を入れていく経営の判断力が問われている。


ロバート・キヨサキ

起業家として、私にとって最も重要な仕事のひとつは、聞き心地の良い意見と、耳障りな意見の両方に対して、ドアを開けておくことだ。


藤口光紀

自分に何ができるのか、何が向いているのかを見極めることが重要です。それを見つけることが、オリジナリティを発揮する第一歩です。


大塚寿

僕は自営業の家の長男だったので、地域の消防団に入っていたんです。そこにはいろいろな職業の人がいて、会社のような均質な人間の集まりとはまったく違う世界。仕事ができるかどうかじゃなくて、「話が面白い」とか手先が器用とか、別の規準で評価されるんです。


佐藤優

40代は男性にとって、とても大事な時期だと思います。人生の潮目が変わる時期とも言える。僕自身、鈴木宗男疑惑に連座して東京地検特捜部に逮捕されて、人生が180度変わったのが42歳。まさに厄年(笑)。肉体的にも精神的にも、そして自分を取り巻く環境も大きく変わった時期だと思います。


山下真司

役者の価値観を決めるのは他人。ヤル気があっても、決めるのは第三者。


佐藤誠治(経営者)

顧客目線を養うという意味では、様々な立場の経験を積んできたことが役に立っています。最初は商社に入って、実際にお金を稼ぐ、経験をしました三井銀行に移ってからはタイで海外ビジネスの実態や日本企業が直面している問題に肌で触れることができました。大和証券SMBCに出向し、M&A(合併・買収)のアドバイザリー業務を経験しました。銀行に戻ってから、大企業を担当して様々な経営者の考え方を知ることができたことは大きな糧になっています。


山本憲明

マニュアルやチェックシートをつくるのには時間がかかりますが、それを使ってメンバーの仕事が速くなれば、仕事全体が速くなります。


仲暁子

本からインプットしたことや、読んで考えたことなどはエバーノートにメモし、いつでも引き出せるようにしています。こうして書き留めた読書メモが特に役立つのは、本の内容を思い出そうとしたとき。一般に大人になってからの記憶の衰えは激しいといいますが、私、身も本を読んだ後、1年もすると細かい内容をすっかり忘れてしまうことがしばしばあります。その時にこのメモが本当に重宝します。


おちまさと

人は何かを選択すれば、その代わり何かを捨てなくてはいけません。捨てたほうに目を向けてイライラするのではなく、選んだほうに目を向ければ、イライラしなくなります。


ページの先頭へ