中畑清の名言

中畑清のプロフィール

中畑清、なかはた・きよし。日本のプロ野球選手、コーチ・監督、野球解説者。福島県出身。駒澤大学で活躍し、ドラフト3位で読売ジャイアンツに入団。7年連続ゴールデングラブ賞を獲得するなど大きな実績を残し、「絶好調男」の愛称で多くのファンに愛された。引退後は野球解説者、読売ジャイアンツ打撃コーチ、アテネ五輪野球日本代表チームヘッドコーチ兼監督代行(銅メダル獲得)などを経て、横浜DeNAベイスターズ初代監督に就任。

中畑清の名言 一覧

同じ苦労を経験すると、一体感が生まれる。簡単に「絆が大事だ」というけれど、絆は楽しいことばかりをしていても生まれない。


弱いチームだったから、ダメだと思ったときも多かった。そういうとき、グズグズした思いを胸に溜めないで口に出してしまう。するとノビノビできた。


大学駅伝の名将・大八木弘明監督(駒澤大学)は大学の後輩で、たまに飲む。違うスポーツだけど、選手育成で共通する部分があった。


同じことを伝えるにも、選手によって言葉を変える。人間は十人十色。全員にそれぞれの個性があるでしょう。声のかけ方が違って当たり前。


同じ内容でも、言い方ひとつで受けとめ方が違ってくる。だったら、イヤな思いが胸に残るような言葉は使わないほうがいい。


監督は鬼にならないといけない。選手を地獄へ連れていってやる。もちろん監督も一緒に地獄へ行く。


苦しい練習、容赦ないシゴキに耐えるとそのレベルが上がる。レベルが上がると今までの練習が簡単に思えてくる。そうなればどんどん上達する。


一人の力なんてたかが知れているものです。だから何かを実現するためには、誰かの協力が不可欠です。もし実現したい夢や目標があるのなら、それをことあるごとに語っていかなければ協力者は得られません。


もちろん、調子が悪いときもありました。でも言葉の力は不思議なもので、「絶好調」と口にすると、本当にそうなっていくんです。一種の自己暗示ですね。私がまさに絶好調で30代を迎えることができたのは、そのおかげだと思っています。「絶好調」という言葉に出会っていなければ、いまの私はなかったかもしれません。


喜怒哀楽を素直に出す生き方の方が、人は楽に自分の能力を出すことができます。喜びだって涙だって、懸命に打ち込まなければ出てくるものではありません。


「内に秘めた闘志」もカッコいいですが、「男は黙って」では周りからするとちょっとわかりづらいものです。もっとシンプルにオープンに生きた方がいい。


現役時代、私は調子を尋ねられると、必ず「絶好調です!」と答えてきました。これは入団間もないころの長嶋(茂雄)監督とのやりとりがそもそもの発端です。「調子はどうだ?」と監督から尋ねられて、とっさに「まあまあです」と返事をしたのですが、それを聞いていた土井正三コーチから叱られました。「まあまあなんて言うやつを監督が起用するか?絶好調と答えろ!」と。それ以来、私はどんなときでもそう答えるようになりました。


引退して解説者の仕事に就いたときは、「背広のプレーヤー」を名乗りました。ただ解説するのではなく、選手の立場に立って気持ちを代弁したいという思いからです。プレーのひとつひとつにどんな意図や思いが込められているのか、当然ですが選手自らが語ることはできません。それを私が選手に成り代わって視聴者に伝えようと力を注ぎました。


私がなぜ自分にキャッチフレーズをつけるかというと、自分のやりたいことをわかりやすく伝えたいからです。単純だけれど、こねくり回したものではなく自然に湧き出た言葉です。だからその分、人に伝わりやすいと私は思っています。


ダメ出しなんて、誰がやっても同じで、「バカヤロー!」なんて、バカにだって言える。問題はネガティブな言葉を出し切ったあとで、選手の心をケアするために、どんな言葉をかけてやれるか。人間は感情の動物なんだから。


私もジャイアンツ時代に長嶋茂雄監督による「地獄の伊東キャンプ」を経験した。伊東キャンプは私の一生の財産だ。一緒に汗水垂らして、苦しい時間を共有してね。ヘドを吐いてついていった。


「監督」という職業にありがちな選手との距離感を詰めることを一番に考えた。堅い雰囲気を払拭したい。プロは実力主義のシビアな世界だけれど、チームは家族でもある。その柱になりたかった。


中畑清の経歴・略歴

中畑清、なかはた・きよし。日本のプロ野球選手、コーチ・監督、野球解説者。福島県出身。駒澤大学で活躍し、ドラフト3位で読売ジャイアンツに入団。7年連続ゴールデングラブ賞を獲得するなど大きな実績を残し、「絶好調男」の愛称で多くのファンに愛された。引退後は野球解説者、読売ジャイアンツ打撃コーチ、アテネ五輪野球日本代表チームヘッドコーチ兼監督代行(銅メダル獲得)などを経て、横浜DeNAベイスターズ初代監督に就任。

他の記事も読んでみる

鎌田富久

成長する人は素直に他人の意見を取り入れる力があります。ですが、もともとやりたいことの軸は決してブレません。いちいち失敗にめげていたらキリがないので、楽観的に構えるべきですが、一方で大失敗すると取り返しがつきませんから、堅実さも求められます。また、自信家でなければ投資家や社員、ユーザーを説得することは出来ず、しかし謙虚でなければ人の上には立てません。難しいですが、どれも起業家にとって必要な要素ですね。もし経営陣が複数いるなら、役割分担をしても良いかもしれません。


横山信弘

私は9割の会議はいらないと考えています。わざわざ会議を開かなくても、ミーティングで十分。必要なときに、必要なメンバーだけを自分のデスクに呼び、懸案事項を解決できたらすぐに解散する。これなら、どんなに長くても20分もあれば終わります。わざわざ時間を調整し、議題に関係のない人まで会議室に集め、何時間もかける必要などないのです。


間寛平

アースマラソンはもともと思いつきで始まった。ゴルフの帰り道、「世界一周走る!」って、天の啓示やないですけど、ふと降りてきたんです。まあ、それまで「自分にしかできないもんはないか?」ってずっと考えていたからでしょうけどね。


間塚道義

ITはヒューマン・セントリック、すなわち人を中心にあるべきだと考えています。人がつながる、夢が形になる。そんなネットワーク社会の創造をお手伝いしていきたい。


坂東眞理子

直接顔を合わせて話すことはもちろん大切ですが、書物は直接会えない人とも時空を超えて対話することができます。読書は文章を磨くうえで欠かすことのできない王道といえるでしょう。文章に100%正解はありません。常に学び続ける姿勢が必要です。


エピクテトス

快楽に抵抗する人は賢者。快楽の奴隷になるのは愚者。


武井俊文

「会社の屋台骨を支える新製品を自ら作り出せ」「責任は上司が取り、できるだけ部下に挑戦させ、成果を出させろ」。何度も同じ話を繰り返しました。会社の風土を何としても変えていきたかったのです。


山崎将志

ホワイトボードには意見と議論の経過が見える形で残されているのですから、終了後、すぐに消してしまってはいけません。保存して後日の検討材料として活用しましょう。携帯電話のカメラで撮影しておくだけでも十分です。インフォーマルな会議なら、その画像を参加者にメールで送ることで備忘録になりますし、議事録を起こすときの手助けにもなります。


中村天風

本人が幸福化している以上は、不幸はありやしない。幸福というものは主観的断定だもの。


ハーバート・スペンサー

教育の目的は、性格の形成にある。


近藤史朗

経営のトップには、MBAの資格を持つ人や、若いときから将来の幹部候補として英才教育を受けた人も少なくないでしょう。しかし、私の場合はそういうものとは無縁でした。むしろ、それがよかったと思っています。ビジネススクールなどで学ぶことは、結局は、過去の事例研究で、いわば冷めた加工食品です。


広中平祐

独創のコツは第一に結果がどう出るかわからないのにコツコツ努力を続けること。第二はここ一番という時に打って出ていく勇気、博打根性といってもよい。この両方がないとせっかく持っている力も出し切れない。


平子裕志

東京五輪の直前である19年、20年に成田空港と羽田空港の発着枠が広がる可能性があります。その千載一遇のチャンスにしっかり対応できるような会社にしなければなりません。それまでの2年間で、一度身をかがめて足元を固め、再度ジャンプ。できるような体制にしていきます。


斉藤秀樹(人材開発コンサルタント)

経営層でさえ答えを持たない今の時代、現場に近いチームの活力が会社の強さを左右します。


新将命

企画の根回しのプロセスは、ブランド戦略とほぼ同じ。「(企画を)知ってもらい」「理解してもらい」「賛同してもらう」という3ステップで構成されます。最初から「自分の企画に賛成してほしい」と迫るのは逆効果で、最初は「ご相談」の体を取りつつ、自分の案をさりげなく知らせ、それに対する机手の意向を聞き出すことが大切。相手が賛同してくれそうなら、シンプルな資料を用意し、徐々に味方に引き込みます。


ページの先頭へ