中田英寿の名言

中田英寿のプロフィール

中田英寿、なかた・ひでとし。日本のプロサッカー選手。Jリーグ湘南ベルマーレ平塚を経て、イタリアリーグ、セリエAのA.C.ペルージャに入団。その後、A.S.ローマに移り活躍する。またサッカー日本代表の司令塔として活躍した。

中田英寿の名言 一覧

自分が自分に「良くやっている」って思ったら、その時にはもう終わりが近いってことだ。


中田英寿の経歴・略歴

中田英寿、なかた・ひでとし。日本のプロサッカー選手。Jリーグ湘南ベルマーレ平塚を経て、イタリアリーグ、セリエAのA.C.ペルージャに入団。その後、A.S.ローマに移り活躍する。またサッカー日本代表の司令塔として活躍した。

他の記事も読んでみる

高橋淳(パイロット)

健康の秘訣は、腹八分目を徹底すること。それに食べ物をよく噛む。お茶漬けだって噛むよ。


西田文郎

否定的な脳になって苦しんでいる人でも、簡単に変えることができます。それは脳と心のスイッチを切り替えることで可能です。パソコンでいえば、否定的なソフトを肯定的なソフトに入れ替えればいいのです。感情脳が人を動かすことがわかってきました。感情脳が快の状態になれば肯定的な思考ができるようになります。そのためには「言葉」「イメージ」「ボディランゲージ」の3つを変えることが有効です。


本多静六

勤労生活者がカネを作るには、単なる消費面の節約といった消極策ばかりでは十分でない。本職に差し支えない限り、否、本職の足しになり、勉強になる事柄を選んで、本職以外のアルバイトに勉めることである。私のアルバイトは、「1日1頁」の文章執筆の「行」によって始められた。


岡本和彦(経営者)

松下(パナソニック)の経営の仕組みで優れていたと思うのが事業部制です。あまり体が丈夫ではなかった幸之助が、拡大する松下の事業を滞りなく回せるよう、事業ごとに担当を決めて全面的に任せるようにしたのが事業部制の始まりです。事業部制と言えば米ゼネラル・エレクトリック(GE)が有名ですが、それより早く昭和初期に導入しています。事業部制の最大の特徴は独立採算制であること。数百人から数千人規模の組織で傘下に経理、人事、製造、技術、営業などの部門を抱えています。それらすべての責任を負う事業部長はいわば中小企業経営者のようなもの。経営者を育てるには最適の仕組みです。


柳弘之

リーマンショックのときは、どの企業も多かれ少なかれダメージを受けたと思いますが、弊社が経営立て直しのために最大の課題としたのは、「損益分岐点型経営」の実現でした。リーマン・ショックによって、世界経済全体がドスンと下がってしまったわけですから、その状態から限界利益を急激に上げようとしても不可能です。そこで、まずは固定費を限界利益に見合ったサイズまで縮小し、世界経済が回復基調に入るまで次の成長への布石を打つのを待とうと考えました。
【覚書き|リーマンショックの痛手からV字回復した理由について語った言葉】


川鍋一朗

勝負を分けるのは、いかに「タクシーのハートをつかむか」ということです。最後の最後、鼻の差で勝つとしたら、タクシーへの深い理解が必要です。


平田進也

僕の仕事はお客様を楽しませることですが、その目的のために、自分のことは忘れて徹底してこだわっています。


井上英明

発想が乏しくならないように努力は怠りません。例えば、今年から4、6、8、10月の合計4カ月は会社に来ないようにしました。これまでも毎年1カ月はオフィスに顔を出さないようにしていましたが、その期間を増やしました。オフィスに来る代わりに、海外に行ったり読書をしたり、情報のインプットを増やすのが狙いです。もちろん、その間も社外で仕事はしているのですが。


内藤忍

投資における大事なポイントは「下がったところでやめない」ことです。途中の下げで狼狽売りをしないためには、損失を一定以上に大きくしないことです。そのための手法が分散投資なのです。世界的にマーケットがクラッシュしても資産を分配していれば、なんとか修復できます。


永守重信

経営は半分近くが失敗ですわな。8勝7敗、9勝6敗で勝ち越した会社が生き残っているだけです。だから減点主義で人を見れば、ほとんど失格になる。


宋文洲

昼間ダラダラと過ごした結果、夜にずれ込んだ仕事を残業として認めろというのはおかしな話です。あるいはこのへんをもっと細かくやろうとか、納得できるまでやりたいと自分だけ思っていて、その結果時間外も働いたのなら、それは仕事ではなく趣味の範疇です。ほどよい緊張感で朝から午後5時まで働いたら、疲れて残業などできないはずです。


佐藤優

意外に参考になるのが、第二の人生を楽しく、幸せに暮らしている人。キャリアコースを進んで出世する人はごく一握りに過ぎません。大多数ははじかれます。会社のトップを目指すような価値観から外れた世界で、自分の場所と生きがいを見つけていかなければいけない。ですからビジネスで大成功したとか、社長になったという人物をメンターにするより、もっと身近な人物のなかに本当に自分の人生の参考になる人がいる。


市川浩子

ラポールとは、心理学用語で「心が通い合った状態(信頼関係)」のこと。好きな人同士というのは自ずとこのラポールを築ける。逆に、ラポールがないまま話を続けるのはフタをしたカップに水を注ぐようなものです。


高原豪久

取り返しのつかない「時間」というものを社員に浪費させることは、企業による最悪の収奪です。


阿部祐二

今では英語でインタビューができるようになりましたが、日本にいながら英語力を向上させることができたのは、どんなに時間がないときでも、毎日5分、10分、英語に触れていたから。


ページの先頭へ