名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中田浩二(サッカー選手)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中田浩二(サッカー選手)のプロフィール

中田浩二、なかた・こうじ。日本のプロサッカー選手。滋賀県出身。小学2年で本格的にサッカーを開始。帝京高校でキャプテンを務めたのち、鹿島アントラーズに入団。その後、仏オリンピック・マルセイユ、スイス・FCバーゼルで活躍。

中田浩二(サッカー選手)の名言 一覧

やっぱりチームにいかに溶けこむかは大切。ざっくばらんに接することで一体感が出ることってあるんですよ。


僕らの世代は代表で何十試合も出ているし、ワールドカップでも戦い、海外でもプレーしてきた。その経験を自分だけのものとして満足していたら、日本のサッカーのためにもならないと思うんですよね。海外で得たもの、代表で積み重ねた経験を鹿島の若手の選手に伝えていきたい。


鹿島はフロント、現場、選手が密にコミュニケーションを取っているクラブなんです。それは海外に出た選手に対しても同じで。本当にいろんな人がメールをくれた。「元気でやってる?」と。


最後は自分で決めました。やっぱり夢を夢で終わらせたくなかったし、このチャンスを一度断ったら次がいつくるかわからない。このまま日本で終わっていいのか? という思いもあって、挑戦したい気持ちを大切にして行くことにしました。
【覚え書き|仏オリンピック・マルセイユへの移籍について】


中田浩二(サッカー選手)の経歴・略歴

中田浩二、なかた・こうじ。日本のプロサッカー選手。滋賀県出身。小学2年で本格的にサッカーを開始。帝京高校でキャプテンを務めたのち、鹿島アントラーズに入団。その後、仏オリンピック・マルセイユ、スイス・FCバーゼルで活躍。

他の記事も読んでみる

了徳寺健二

私は努力によって人は運命を切り拓くことができると信じています。それは知力を養うことだと。さらに知力は全てを凌駕すると。


酒井眞一郎

古臭いかもしれませんが、人を育て、長く働いてもらえるような環境が整っている企業の方が、長い目で見たら効率がいい。


小笹芳央

部下は上司の意欲に敏感です。やる気のない上司の下で頑張る気持ちは起きません。だからマネジャーは自分自身のモチベーションアップも上手くなければなりません。


ドナルド・トランプ

目標に向けて準備する時間は取ろう。私は毎日欠かさず準備に取り組んでいる。何もせずに物事が自分の思惑どおりに運ぶわけがない。


藤岡頼光

私は『DUOセレクト』を覚えるとき、見出しになっている例文だけひたすら反復して、解説や類語などは読み飛ばしました。あわせて覚えたほうが応用力がつくという意見もありますが、最初の暗記はできるだけ負担を減らすことが大事。頭をできるだけ使わず、身体で覚えるほうが得策。


樋口武男

世の中で親を大事にせずに大成した人はいません。会社の親は創業者です。私の役割は、今の当社があるのは創業者のおかげだということを全役職員に徹底させること。それが引き継がれたら、大和ハウスは持続的な企業になると確信しています。


吉松徹郎

ネットとリアルを組み合わせることで市場は変わる。


美月あきこ

企業経営者をはじめ、ファーストクラスに搭乗される「一流」のお客様に共通する話し方の特徴は、なんといっても簡潔明瞭であるということでしょう。言いたいことを明確に、短く伝えるのです。これは簡単なことのようで、実は誰にでもできることではありません。実際、多くの人は、思いつきでダラダラと話してしまうものです。


島田雅彦

私の発言はいつも、ふざけているわけではないんです。社交辞令を省いて率直に話そうとすれば、どうしても斜めから見たような物言いになってしまうのです。ものごとの裏面も見ようとすれば、斜に構えているような印象を与えるでしょう。


片田珠美

常に自分が一番でいたいと思っている人ほど、嫉妬しやすい傾向があります。客観的に見れば、同僚のほうが実績も能力も優れているのに、自己愛が強い人はそれを認められません。また、自分の中に確固とした価値観がなく、常に他人と自分を比べることによってしか自己確認できません。相対的な尺度でしか価値を判断できないから、年収や家の広さ、車のグレードなど、目に見えるモノにこだわります。


前田晃伸

大切なことは、ビジネスの世界では、書くことには必ず行動が伴うと考えなければならないということです。考えること、考えていることを言葉にして書くこと、実際に行動すること。この三つがバラバラであってはならないのです。その意味で、書くということはコミットする(誓約する、約束する)ことと同義です。


大倉忠司

社長は社員から「見られる仕事」でもありますから、暮らし向きもつとめて質素にしてきました。ぜいたくといえば、お店を4つ出した時に、三菱自動車のオフロード車「パジェロ」を買ったくらいです。今、私の愛車はトヨタ自動車の「ランドクルーザー」ですが、うちの専務なんて「レクサス」ですからね。社用車も1台ありますが、これは店舗開発の担当者用で、私はいつでも電車を使います。