名言DB

9412 人 / 110637 名言

中田康雄の名言

twitter Facebook はてブ

中田康雄のプロフィール

中田康雄、なかた・やすお。日本の経営者。カルビーのCEO(最高経営責任者)兼CFO(最高財務責任者)。東京出身。慶應義塾大学商学部卒業、慶應義塾大学大学院経済学研究科修了後、宇部興産、三菱レイヨンを経てカルビーに入社。取締役、常務、専務、副社長兼CFO・CIO(最高情報責任者)などを経て社長に就任。カルビーで初の非創業家出身者の社長。生産管理、人事、労務、情報システム、財務、経理、経営企画など幅広い部署を経験し、同社の経営改革を行った。

中田康雄の名言 一覧

社内の各部門や一人一人の社員がベクトルを合わせ、同じ方向を目指して突き進む。こうした状態をつくりだせるかどうかが、難局を乗り切る際には非常に重要だと実感します。


原材料費高騰を吸収して、増収増益を達成できたのは、売上を伸ばすと同時に、原材料費以外でコストを削減したからです。全社が一丸となり、売上の拡大とコストの削減に必死に取り組んだからに他なりません。


鮮度の追求を続けているうちにわかってきたことがありました。鮮度の向上が、単に製品だけでなく当社の経営のクオリティまでも高め、結果として業績の向上につながるということです。つまり、店頭における製品の鮮度が、経営の質を推定する優れたモノサシになることに気づいたのです。


最も重要なのは、製品の「鮮度」です。当社では製品の鮮度というものを重要視しています。製品の鮮度を追求することが、経営の根幹になっていると言っても過言ではありません。


カギは業績評価の指標にあります。業績評価の指標は数が多すぎてはいけません。管理が煩雑になりますから。また測定が容易な指標にすることです。できれば週単位で変化を測れる指標がいいでしょう。測定結果に応じて、素早く対策を打てるからです。


専属契約農家からのポテトチップス用のジャガイモは、形や大きさ、栽培方法や収穫方法を工夫しているので、その分、価格は市販のものよりも高くなります。ですが「歩留まり」を考慮すれば、値段は高くても形や大きさが揃ったジャガイモの方が、原料費を含めた製造コストは低くなります。このように高品質のものを使ってローコストを実現しています。


以前から供給の専属契約を結んでいる生産農家と一緒に、ポテトチップの主原料であるジャガイモの品種改良に挑みました。当社の製品に使われているジャガイモは、スーパーなどで市販されているものとは大きさや形が異なります。加工設備に合うように大きさを均一にしているほか、スライスしたときに生じる使えない部分を最小限に抑えるため、球形に近い形に揃えています。


店頭における製品の鮮度を高める決め手は、製品が店頭に届くまでの過程にあります。製品がつくられてから店頭に並ぶまでのリードタイムを短くする。在庫もできる限り減らす。こうした取り組みが鮮度を大きく左右します。ここはカルビー単独ではできません。卸や小売店の協力をあおいで、共同で取り組みました。


店頭における製品の鮮度が常に高いということは、製品の回転が速いということを意味します。単に売れているだけでなく、製品に魅力があり、お客様に満足していただけているということまでわかります。商品力のある製品をつくれているから、お客様が喜んで買っていく。その結果、店頭における製品の回転が速まり、売上も増える。こうした良い流れができているかどうかを、製品の鮮度に着目するだけで判定できるというわけです。


製品の鮮度を保たなければ、売上を維持したり増やしたりすることはできないと考え、小売店の店頭における製品の鮮度を高める取り組みに力を入れました。たとえば、製品パッケージに製造年月日を表示するようにしました。スナック菓子メーカーでは当社が最初でした。


1975年にポテトチップスを発売したとき、すでにいくつかのメーカーがポテトチップスを販売しており、当社は後発でした。でも、「絶対に売れる」と自信を持っていました。他社に比べ容量を多くする一方で、値段も安くしたからです。しかし、あまり売れませんでした。調べてみると、当社だけでなく他社のものも売れていない。ポテトチップスはもともと酸化や劣化によって味が落ちてしまいます。当社が製品の鮮度にこだわるようになったのは、このことがきっかけでした。


中田康雄の経歴・略歴

中田康雄、なかた・やすお。日本の経営者。カルビーのCEO(最高経営責任者)兼CFO(最高財務責任者)。東京出身。慶應義塾大学商学部卒業、慶應義塾大学大学院経済学研究科修了後、宇部興産、三菱レイヨンを経てカルビーに入社。取締役、常務、専務、副社長兼CFO・CIO(最高情報責任者)などを経て社長に就任。カルビーで初の非創業家出身者の社長。生産管理、人事、労務、情報システム、財務、経理、経営企画など幅広い部署を経験し、同社の経営改革を行った。

他の記事も読んでみる

宮崎龍己

当社の「みどりクラウド」の特長は、圧倒的に安く、設置が簡単ですぐに使える、というところ。当社がこれまで数多くのスマートフォンアプリやウェブサイト構築などを手掛けてきた経験があることで、徹底的に使いやすさや短期間での機能アップデートにこだわっているからできること。


糸井重里

ニュースは熱を帯びるでしょう。でも熱を中心に動機を集めると危ない。すぐ冷えますからね。「熱」と「冷」の間に「温」があって、ほとんどの人は「温」のゾーンにいる。「温」の状態が快適だから人はそこにいたい。「ほぼ日(ほぼ日刊イトイ新聞)」も、その「温」でいきたいと思っています。


奥島孝康

僕にも、学生時代の生活のためのアルバイトに明け暮れる4年間の苦闘、教師時代の革マル派との12年間におよぶ死闘という試練があった。しかし、いずれも「絶望」とはほど遠く、「夜は必ず朝を迎える」との確信が揺らぐことはなかった。


重久吉弘

どの国でも同じですが、我々の仕事で一番大事なのは、本当に相手が何を望んでいるのか、その望んでいるものにきちんと応えること。そこから本当の商売が始まる。


江上治

自分なりの仮説を持つことは絶対に必要です。仮説を持って話すとは、つまりは自分の強みや自分軸に照らし合わせて話ができるということです。相手の求める、望むことに対して、自分なら何ができるのか。ほかの誰でもなく、自分だからこそ提供できる価値をしっかりと伝えられなければ、相手にとってメリットがありません。


樋口裕一

知的な話し方を身につける手っ取り早い方法は、「知的に見える話し方」を身につけることです。本当に知的になるのは難しい。ですから、まず、外見を整えましょう。


加藤正人(脚本家)

ハリウッド映画に駄作があるように、型にはめたら必ずいい作品になるわけではありません。一番大事なのは相手に伝えたいメッセージであり、型は技術に過ぎない。でも、どんなに素晴らしいメッセージも、相手に納得してもらえるように表現できなければ意味がない。だから絶対に型を無視してはいけないんです。これを身につけないと、プロにはなれませんよ。


ひろゆき(西村博之)

僕は企画とかモノを考えることが生業だから、スーツを着て座っているだけでお金をもらえる職業ではなく、常に頭を使える状態にしていないといけない。つまり、会議で頭を使えるよう最大限の努力をすることが僕のミッション(使命)なんです。


酒井眞一郎

経営者は臆病でなければならないと思います。ひとつのヒット商品が生まれても、将来にわたって安泰ということはあり得ないのです。経営には必ずリスクがあります。社員の100倍、リスクを感じなければなりません。一方で社員の100倍、夢を持っているのも経営者だと思うのです。


伊藤嘉明(経営者)

同じ場所で3年も過ごすと、その分野のことはだいたいわかって、仕事がラクになる。ラクだと感じた瞬間に進歩は止まっています。


加藤昌治

斬新なアイデアを次々と出す人などほぼいない。一発ですごいアイデアを出すのは、一握りの天才だけ。普通の人は、アイデアを20~30個出したうち、面白いアイデアが1つか2つあれば、上出来でしょう。ですから、「斬新なアイデアがすぐ出てこない」と思い悩む必要はまったくありません。平凡でも、つまらなくても良いので、とにかくたくさんのアイデアを出すことです。


並木昭憲(経営者)

人間誰でも叱られてばかりではやる気など出ません。しかし逆に長所を見つけて褒め称え、これを踏まえて「今度はこの部分も頑張ってみよう」と促せば、従業員さんのモチベーションは絶対に好転します。


江上治

夫婦関係ですれ違いがあったときに、相手のほうが悪いと思うから問題が起きる。奥さんの機嫌が悪い。それも自分が悪いのだ。もしかして、「ただいま」の自分の声が暗かったのかもしれない。全部自分が悪いのだと、まずは思わなくてはならない。そうすれば、自然と解決策が生まれる。相手のあそこが悪い、ここが悪いと言い出すと、何の解決にもならず、同じ諍(いさか)いを繰り返すばかりとなる。


新浪剛史

「やってみなはれ」については、全世界のグループ社員にもすぐに理解してもらえます。競争に勝つには差別化やイノベーションが必要なのはみな分かっている。これをひと言で表したのが、「やってみなはれ」ですから。


大串亜由美

「ここまでならできる」「これは無理だけど、こういう分野ならお手伝いできる」「私や当社ではなく、こういう人や会社に頼んでみたらどうでしょう」と、相手に新たな選択肢を与えてあげるのが、とくにお世話になってきた人の頼みを断る際の礼儀だと思います。その際に、それぞれを選んだ場合のメリット、デメリットまで伝えることができたら完璧です。