中田康雄の名言

中田康雄のプロフィール

中田康雄、なかた・やすお。日本の経営者。カルビーのCEO(最高経営責任者)兼CFO(最高財務責任者)。東京出身。慶應義塾大学商学部卒業、慶應義塾大学大学院経済学研究科修了後、宇部興産、三菱レイヨンを経てカルビーに入社。取締役、常務、専務、副社長兼CFO・CIO(最高情報責任者)などを経て社長に就任。カルビーで初の非創業家出身者の社長。生産管理、人事、労務、情報システム、財務、経理、経営企画など幅広い部署を経験し、同社の経営改革を行った。

中田康雄の名言 一覧

社内の各部門や一人一人の社員がベクトルを合わせ、同じ方向を目指して突き進む。こうした状態をつくりだせるかどうかが、難局を乗り切る際には非常に重要だと実感します。


原材料費高騰を吸収して、増収増益を達成できたのは、売上を伸ばすと同時に、原材料費以外でコストを削減したからです。全社が一丸となり、売上の拡大とコストの削減に必死に取り組んだからに他なりません。


鮮度の追求を続けているうちにわかってきたことがありました。鮮度の向上が、単に製品だけでなく当社の経営のクオリティまでも高め、結果として業績の向上につながるということです。つまり、店頭における製品の鮮度が、経営の質を推定する優れたモノサシになることに気づいたのです。


最も重要なのは、製品の「鮮度」です。当社では製品の鮮度というものを重要視しています。製品の鮮度を追求することが、経営の根幹になっていると言っても過言ではありません。


カギは業績評価の指標にあります。業績評価の指標は数が多すぎてはいけません。管理が煩雑になりますから。また測定が容易な指標にすることです。できれば週単位で変化を測れる指標がいいでしょう。測定結果に応じて、素早く対策を打てるからです。


専属契約農家からのポテトチップス用のジャガイモは、形や大きさ、栽培方法や収穫方法を工夫しているので、その分、価格は市販のものよりも高くなります。ですが「歩留まり」を考慮すれば、値段は高くても形や大きさが揃ったジャガイモの方が、原料費を含めた製造コストは低くなります。このように高品質のものを使ってローコストを実現しています。


以前から供給の専属契約を結んでいる生産農家と一緒に、ポテトチップの主原料であるジャガイモの品種改良に挑みました。当社の製品に使われているジャガイモは、スーパーなどで市販されているものとは大きさや形が異なります。加工設備に合うように大きさを均一にしているほか、スライスしたときに生じる使えない部分を最小限に抑えるため、球形に近い形に揃えています。


店頭における製品の鮮度を高める決め手は、製品が店頭に届くまでの過程にあります。製品がつくられてから店頭に並ぶまでのリードタイムを短くする。在庫もできる限り減らす。こうした取り組みが鮮度を大きく左右します。ここはカルビー単独ではできません。卸や小売店の協力をあおいで、共同で取り組みました。


店頭における製品の鮮度が常に高いということは、製品の回転が速いということを意味します。単に売れているだけでなく、製品に魅力があり、お客様に満足していただけているということまでわかります。商品力のある製品をつくれているから、お客様が喜んで買っていく。その結果、店頭における製品の回転が速まり、売上も増える。こうした良い流れができているかどうかを、製品の鮮度に着目するだけで判定できるというわけです。


製品の鮮度を保たなければ、売上を維持したり増やしたりすることはできないと考え、小売店の店頭における製品の鮮度を高める取り組みに力を入れました。たとえば、製品パッケージに製造年月日を表示するようにしました。スナック菓子メーカーでは当社が最初でした。


1975年にポテトチップスを発売したとき、すでにいくつかのメーカーがポテトチップスを販売しており、当社は後発でした。でも、「絶対に売れる」と自信を持っていました。他社に比べ容量を多くする一方で、値段も安くしたからです。しかし、あまり売れませんでした。調べてみると、当社だけでなく他社のものも売れていない。ポテトチップスはもともと酸化や劣化によって味が落ちてしまいます。当社が製品の鮮度にこだわるようになったのは、このことがきっかけでした。


中田康雄の経歴・略歴

中田康雄、なかた・やすお。日本の経営者。カルビーのCEO(最高経営責任者)兼CFO(最高財務責任者)。東京出身。慶應義塾大学商学部卒業、慶應義塾大学大学院経済学研究科修了後、宇部興産、三菱レイヨンを経てカルビーに入社。取締役、常務、専務、副社長兼CFO・CIO(最高情報責任者)などを経て社長に就任。カルビーで初の非創業家出身者の社長。生産管理、人事、労務、情報システム、財務、経理、経営企画など幅広い部署を経験し、同社の経営改革を行った。

他の記事も読んでみる

工藤公康

自分が何をするべきか。それに気づき、自分を伸ばす方法を見つけ出した若手は目の色を変えます。叱責や体罰なんて受けなくても、自分で根性を出して最大限の努力をします。もっと自分を伸ばしたい、と思わせること。その時に、その方法・選択肢を与えることができれば、伸びていく。


石原明彦(経営者)

小学生の頃から起業したいと思っていたので、小さな会社を経験するために、当時社員が5人程度のモバイル広告関連企業に就職しました。ベンチャー企業の立ち上げから、経営ノウハウを学びました。


中野勘治

消費者は絶えず変化しています。過去の栄光にとらわれていると、たちどころに置いていかれます。我々は常に変化に対する恐れの心を持ち続けていかなければなりません。


平尾誠二

決め事は少なくても、本質的な幹がしっかりしていれば、枝葉は自由に変えられる。周囲の状況が変わったら、すぐに対応できるチームワーク。それが本当の強さ。


寺尾玄

ビジネスでは二度と巡ってこないチャンスに挑む時もあるでしょう。例えばそこで負けたとしても、「明日のオレだったら、1年後のオレだったら分からんぞ」と思えばいい。「失敗は今日の失敗であって、明日の失敗ではない」。そう考えると、どんな状況でも失敗をポジティブに捉えられます。


福井威夫

HAM(ホンダ・オブ・アメリカ・マニュファクチュアリング。ホンダの米国生産子会社)では毎年1・2回、アソシエート(従業員)の代表1・2名がプレジデント(社長)と会話する機会があるんです。大勢の中から選ばれるのでしょう。嬉々としてやってくるんです。なにより話すことが大切なんです。彼らは私の思いが聞きたいのです。コミュニケーションも含め、信頼関係の大切さを実感しました。いくらいい話をしても、信頼してもらえなきゃ終わりですから。大切なのは、お互いの信頼関係だと思うんです。だから現場にもなるべく行きました。


菅原勇一郎

土日を含めてトータルで自分のコンディションをコントロールし、常に高いパフォーマンスを発揮できるように努めるのがプロフェッショナルであり、職人です。もちろん飲んだりすることも大切ですが、生活のバランスを壊さない範囲が条件。そういう日ごろの肉体的精神的なコンディションを整えること、自己管理のうまさは職人的な人材に共通していますね。


千本倖生

ヤフーBBがイー・アクセスの原価を下回る価格でADSL市場に参入してきたとき、大いにあわてましたが、徹底したコスト削減で切り抜けました。


福地茂雄

物事を考えて迷った時には、「お客さまにとって何が一番良いのか」を判断の拠り所にする。


赤尾昭彦

ホットシェフの利益率は他の外食企業と比べて高いです。だから、外食業界から攻められて当社が立ち行かなくなるのではなく、逆に攻め返す。


広中平祐

当時、ハーバード大の担当教授からは「歯を大事にしておけ」とよく言われたものです。歯を食いしばって頑張っても、簡単には解けないよという意味です。でも、自分なりにいろんな道具を作って何とか解いてやろうと。熱意だけが私の頼りでした。


宮内義彦

当社の場合、営業の成果目標を「前期並み」という設定にはしませんから、毎年数字を伸ばしていかなければなりません。ただ、過去の資産から生じる収益はカウントしないので、常に新しいことにチャレンジしないと目標のクリアは困難です。自分たちで取り得るリスクを考えながら新しい分野に挑戦する。結果として、飛び地ではなく隣地の開拓になっていくわけです。


斎藤祐馬

私が中学生のころ、父が脱サラして自分で旅行会社を始めました。最初は大変でした。私も一緒に会社のビラを配ったし、母は専業主婦だったのに新聞配達と集金をやるようになりました。でも、父は充実していたと思います。仕事は苦労が多かったようですが、勤めていたころと違って表情が活き活きとしていました。その様子を見て、やりたいことがある人がやりたいことを仕事にし、きちんと生きていける世の中になればいいのにと。これが私の原体験です。


木村政雄

吉本を辞めた時点では、なにをやるか白紙ですよ。とりあえず個人事務所を作って、退職した明くる日からも、同じサイクルで動けるようにしましたね。やることないけど、同じ時間に出社して、同じ時間に帰る生活(笑)。人間は1度ラクをしてしまうと、元に戻すのが大変ですからね。


岩田彰一郎

「流通」というのは従来、メーカーと消費者のあいだに壁として立ちはだかる、ある種ブラックボックスのような存在でした。アスクルが描いている絵というのは、メーカーと消費者のあいだの壁をできるだけ薄くすること。薄いどころか、取り去ってしまってもいい。アスクルは両者が直接向き合う場所を提供するプラットフォームになりたい。


ページの先頭へ