中田宏の名言

中田宏のプロフィール

中田宏、なかだ・ひろし。日本の政治家。神奈川県出身。青山学院大学経済学部卒業後、松下政経塾に十期生として入塾。日本新党結党に参加し、議員秘書を経て衆議院議員に当選し3期務める。その後、衆議院議員を辞し、出身地横浜の市長選挙に出馬し当選。同市の改革と財政健全化を行った。そのほか、青山学院大学大学院 国際マネジメント研究科客員教授、岡山理科大学客員教授、倉敷芸術科学大学客員教授、千葉科学大学客員教授などを務めた。主な著書に『なせば成る 偏差値38からの挑戦』『政治家の殺し方』『行革のレシピ』など。

中田宏の名言 一覧

目の前の任された仕事を必死でこなし、期待以上の成果を出す。それを繰り返してきただけです。


任されている仕事や課題って、ビジネスマンのみなさんなら、誰でもあると思うんです。ときには、「なんで俺がこんな仕事をやらなくちゃいけねえんだ」という仕事もあるかもしれない。でも、それをキッチリこなして、期待以上の結果を出せば、「今度はコイツにこんな仕事を任せてみよう」という好循環に入っていくものなんです。


何がチャンスかなんてあまり考えちゃいけません。「これはチャンスだ」と打算的なことを考えると、目の前の仕事に集中できません。これでは、仕事を任される循環には入れないと思います。


毎朝、街頭演説と掃除を続けたことで、多くの人が自分を知ってくれました。簡単なことでも、何年も続けていれば、成果はやがて現れることを学びました。
【覚書き|9年間、毎朝街頭演説を行ったことについて語った言葉】


僕はいまでも下積みの時期にいると思っています。歳を重ねると、世の中がわかったようなセリフを吐いてしまいがちですが、それは本当にわかっている人のセリフではないと思います。その「世の中」とは、あくまでその人が知っている世の中にすぎません。僕は50歳になっても、60歳になっても、そういうセリフだけは口にしたくないと思っているんです。


転職は徹底的にその仕事をやりきってから動くべきでしょう。営業マンなら、その会社のナンバーワンになってから辞めるのです。というのも、徹底的にやってから辞めるのと、中途半端で辞めるのでは、信用度がまったく違ってくるからです。世の中は狭い。評判は必ず伝わります。


「こうありたい」という自分のベクトルを明確にして、それを強く意識することが大切です。僕自身、「何のために、政治家をやっているのか」は、常に意識しています。


毎日、有権者に対して自分の考え方を述べるんだ。と自らに課したことで、日々考える習慣がつきました。一年中考えていると、大事な情報は決して見過ごさなくなるんです。
【覚書き|9年間、毎朝街頭演説を行ったことについて語った言葉】


「毎日・毎週・毎月・毎年」という4つの単位のタスクを自分に課し、市長選に出るまでの9年間続けました。具体的には、毎朝欠かさず街頭演説と周辺の掃除をする。毎週一回、国政報告をテープに吹き込み、誰でも電話で聞けるようにする。毎月、自分の考えをまとめたレポートを発行し、毎年、年間報告書を出すといった具合です。年間報告書では、一年間の国会活動を振り返り、「どういう法案に賛成・反対したか、その理由は何か」を一覧表にしていました。


議員の先生が講演しているときに、秘書には次の予定や移動手段を調べておくことが求められるわけですが、それで満足しては駄目です。私自身は、著名な方が聴衆として来ていないかどうか調べて、先生に伝えるようにしていました。そうすると、先生が次にその方に合ったときに、「この間はどうも」と話ができますよね。
【覚書き|議員秘書時代を振り返っての発言】


学生時代から「世の中の嫌なところを変えて、多くの人が生きやすい社会にしたい。そのために、政治をちゃんと機能させる仕事をしたい」という思いを持っていました。ただ、それができる仕事は、政治家に限りませんよね。新聞記者、シンクタンク研究員、市民活動家……。「政治を機能させる」という目的が達成できるなら、どの仕事でもよかったんです。


中田宏の経歴・略歴

中田宏、なかだ・ひろし。日本の政治家。神奈川県出身。青山学院大学経済学部卒業後、松下政経塾に十期生として入塾。日本新党結党に参加し、議員秘書を経て衆議院議員に当選し3期務める。その後、衆議院議員を辞し、出身地横浜の市長選挙に出馬し当選。同市の改革と財政健全化を行った。そのほか、青山学院大学大学院 国際マネジメント研究科客員教授、岡山理科大学客員教授、倉敷芸術科学大学客員教授、千葉科学大学客員教授などを務めた。主な著書に『なせば成る 偏差値38からの挑戦』『政治家の殺し方』『行革のレシピ』など。

他の記事も読んでみる

中村壮秀

今は顧客との対話からヒット商品を生み出す時代。


岩田松雄

言われたとおりに仕事をしてしまうのではなく、仕事を自分でコントロールするという意思を持つこと。仕事が速い人になるためには、これが大切です。


塚田正由記(塚田正之)

サービスが悪ければクチコミで広がり、良ければ良いなりに広がる。いい加減なことはできません。


後藤卓也(花王)

企画の内容ももちろんありますが、やはり人です。チームのやる気と熱意です。


香藤繁常

ビジネスマン人生には、晴れの日も雨の日もある。私も経験している。


ケビン・ロリンズ

これまでのようにテレビを作ってきた会社がそのテクノロジーを牛耳るのではなく、市場がテクノロジーを保有しているという状況になってきた。Dellは、パソコンのフラットパネル分野においては、バイヤーとして購入していた量も、売り手として流通していた量も最大であった。それを考えれば、テレビの分野に参入していくのは自然の流れですし、ここに効率的なデルモデルの仕組みを使うことで、高品質の製品を、これまでに見たこともなかった価格で提供できるようになる。


清水久三子

資料作成の出発点は「目的」を設定することです。目的といっても目先のやるべきことではなく、最終的に実現したいことを明らかにする必要があります。まず、「最終的に相手にどんな行動をとってもらいたいのか」。次は、先ほど設定したゴールのために「何を理解してもらいたいのか」。最後に「相手がアクションを起こすためにはどのような心理状態にするべきか」を決めます。


嶋田卓彌(嶋田卓弥)

株式会社というものは、その定款に「10年、あるいは20年で解散する」と定めてない限り、50年でも、100年でも生き続けていくのが本来である。その間、社長や経営者というものは多くの株主から信頼を得て選任され、その企業の運営を託されているにすぎない。そんなにふんぞり返らねばならんほど偉いもんじゃないんだ。


梶原しげる

会話の最中にふと訪れる「沈黙」。多くの人が苦手に思うようですが、この沈黙は、実は自分を大人に見せるための絶好のチャンスです。テレビでもラジオでもそうですが、質問に対して即答するのではなく、少し考え込み、しばらくしてから答える人の言葉には、思わず引き込まれます。このとき、視聴率や聴取率も上がることがわかっています。


岸田浩和

35歳を超えて、普通の会社員から映像作家へ。こんな転身ができたのはその年齢が熱源になったからだと思うんです。


青野慶久

アイデアやクリエイティブを生み出すには、会社の外で過ごす時間が必要。社会を知れば、「世の中にはこんな問題があるのか」という発見が必ずあります。それを会社に持ち帰れば、新しいサービスや製品作りに活かせる。


是枝裕和

偉そうなことを言う前に、とりあえずやってみれば。


太田光代

再就職を目指して動き出す前に、必ず、築いてきたキャリアを丁寧に振り返ってください。自分は何に長けているのか、何が向いているのかを第三者になったつもりで突き詰めましょう。これまでの勤務先や取引先から評価された客観的な事実、上げた実績を中心に自分の強みを探すんです。


加賀見俊夫

もともと私は出世にこだわっていませんでしたので、同期に比べて出世するのも遅かったのですが、歯がゆさなどを感じることはありませんでした。むしろ、自分がやるべきことが決まったら、その原理原則を理解しようと、とことん突きつめました。ですから、オリエンタルランドに出向しても腐っている暇はなく、その時々の仕事に関わる資格の勉強をして、結果的には7~8個の資格を取得しました。


江上治

残りの人生を時間単位で出してみると、もはや無駄に時間を費やせないという思いが強くなります。何事もむやみに手を出すのではなく、やるべきことの優先順位とデッドライン(締め切り)を決めて取り組まなくてはならないことにも気づきます。


ページの先頭へ