名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中田大輔(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中田大輔(経営者)のプロフィール

中田大輔、なかた・だいすけ。日本の経営者。ITコンサルティング会社「ヒューゴ」社長。

中田大輔(経営者)の名言 一覧

シエスタ(長めの昼休み)を導入したことで、細かいミスが減りました。それにアイデアを考えて煮詰まったりすると、一回止めてしまってもいいんだよという選択肢になるんです。


仮眠で2時間ぐらい寝てしまった時もあったけど、もうちょっとまだ寝たいなという感覚になってスッキリしません。30分前後がベストです。


シエスタ(長めの昼休み)の導入のきっかけは、あくまで仕事の効率を高めることでした。弊社は13時~16時のシエスタの間、電話も応対しないのですが、16時以降に電話をかけてきたお客様と、逆にそのことがいい話題になったりするんです。


中田大輔(経営者)の経歴・略歴

中田大輔、なかた・だいすけ。日本の経営者。ITコンサルティング会社「ヒューゴ」社長。

他の記事も読んでみる

堺屋太一

80年代に日本が築き上げた「完璧な近代工業社会」とはどんな仕組みだったのか。そこには「官僚主導業界協調体制」「日本式経営」そして「核家族職縁社会」という「工業社会のトライアングル」ができていた。


松本大

トレーディングの肝は相場の方向をピンポイントで当てることではない。上がるときは誰でも儲かり、下がるときは誰でも損する。差が出るのは、上がるときにビシッとお金を入れられるか。これはつまり、投資している資金の出し入れの巧拙だ。わずかでもいいから、常にお金を入れておく。そうすると温度感も分かって、「キタキタ」というときに増やせる。


レイ・クロック

もっとよい15セントのハンバーガーを、迅速なサービスを、もっと清潔な場所を提供し続けることができないのなら、明日破産して、別のビジネスを最初から立ち上げた方がましだ。


猪瀬直樹

諦めたらそこで終わり。たとえ周りから認められなくても、誰にも負けないものを何か一つ持っていれば、いつか必ず日の当たるときが来る。そのときこそチャンス。そのときを信じて、自分の強みを磨き続けることが大切。


門良一

伸びる会社というのは、社員の目がキラキラ輝いている。これからも社員がいきいきと働くことができるような会社風土をつくっていきたい。


谷脇宗

必ず臨店して店舗をチェックします。ブランドイメージを保ち、提供する料理やサービスの品質を落とさないことが安定と繁栄の源になりますからね。


スガシカオ

僕は「プロダクトアウト」オンリーですね。マーケットとか、今の音楽に対しての距離感はすごい近くに取っているんです。そのうえで、自分が作る音楽は、それとはあんまり関係ないかなっていう。要するに、「売れてる音楽とは関係ないな」って位置にずっといちゃうんですよね。


戸塚隆将

ゴールドマン時代の上司の「残業」も印象的でした。忙しい時期になると毎日残業続きになるのですが、この上司はどんなに忙しくても必ず夜中の2時に帰るのです。調子がいいからと2時過ぎまで残ることもなければ、今日は疲れたからと2時前に帰ることもなく、毎日キッカリ2時です。自分のバイオリズムを完全に把握していて、2時過ぎまで仕事をすると必要な睡眠時間が取れず、翌日の生産性が下がることを熟知していたのです。


岩出雅之

連覇も大切ですが、その年の学生たちの最高を引き出したい。精神面や方法論は毎年継承されていくものですが、ラグビーのスタイルは前年度のスタイルにこだわりすぎず、その年の学年の特徴・強みを活かしたスタイルを目指しています。


梅原勝彦

今ほしいだけ機械が買えるのも長年、横道にそれず、クソ真面目にやってきたからでしょうね。


森田仁基

たとえ失敗しても、意外と他人は気にしないもの。ミクシィに入社して以来、僕は大きな失敗を何度もしてきましたが、モンストがヒットしたら、以前のことは皆さんすっかり忘れてくれました(笑)。


後藤卓也(花王)

上司が手取り足取り教えてくれるという思い込みは捨てた方がいいですね。部下がトラブルを起こした場合は、上司は指導してくれても、普段の仕事の中では、入社1~2年目の社員がどこでつまずいているのか、どんな壁にぶち当たっているのかというところまで、上司も手が回らないでしょう。いつか手を差し伸べてくれると思って待っていても、放置されることになります。不明な点があれば、こちらから積極的に質問するべきですね。