中田大輔(経営者)の名言

中田大輔(経営者)のプロフィール

中田大輔、なかた・だいすけ。日本の経営者。ITコンサルティング会社「ヒューゴ」社長。

中田大輔(経営者)の名言 一覧

シエスタ(長めの昼休み)を導入したことで、細かいミスが減りました。それにアイデアを考えて煮詰まったりすると、一回止めてしまってもいいんだよという選択肢になるんです。


仮眠で2時間ぐらい寝てしまった時もあったけど、もうちょっとまだ寝たいなという感覚になってスッキリしません。30分前後がベストです。


シエスタ(長めの昼休み)の導入のきっかけは、あくまで仕事の効率を高めることでした。弊社は13時~16時のシエスタの間、電話も応対しないのですが、16時以降に電話をかけてきたお客様と、逆にそのことがいい話題になったりするんです。


中田大輔(経営者)の経歴・略歴

中田大輔、なかた・だいすけ。日本の経営者。ITコンサルティング会社「ヒューゴ」社長。

他の記事も読んでみる

齋藤孝(教育学者)

ジタバタする一方で、いつかはどうせ死んでしまうのだからと、達観しておくのも大切。


ハンス-ポール・バークナー

海外勤務をする人には、日本人が集まる場所に住むのではなく、現地の人たちと積極的に交じり合って欲しい。その土地の社会に参加してもらいたい。「言うは易く、行うは難し」ではありますが、もう逃げることはできないと思った方がいい。


野田一夫

僕は昔も今も、若い起業家の「師匠」として彼らに対したことは全くありません。学究としての僕の関心は昔も今も企業成長ですから、若い起業家と親しく付き合い、彼らの苦労談をじっくり聞くことは、そうした経験絶無の経営学者の観念論などより、僕には遥かに勉強になったのです。


前田利家

合戦するとき、(兵力が)一万と三千は、その大将の考えで三千の方がたびたび勝つものである。そのわけは、小勢の方は(勝って生きるか、負けて死ぬか)二つに一つと兵士たちは覚悟しているからである。だから、大軍の大将は油断してはならない。


工藤泰三

信頼関係が仕事の基本。


羽鳥兼市

志が低い人、つまり「この会社でこれを成し遂げたい」という目標のない人は、「上司の性格が悪くていやだ」とか「怒られてばかりで頭に来る」といった理由ですぐ辞めてしまう。上司と一緒にいる時間なんてほんの少しなのに、将来の夢や目標がないために、人間関係といった些細なことで嫌になってしまうんですね。


江上治

一度でも困難を克服したことがある人は、困難を越えた先には、自分にとっての、新たな可能性が待っていることを知っている。そして、その困難が大きければ大きいほど、手に入る成長も大きいことに気づいている。


吉山勇樹

わずかな時間も仕事に充てたいという人にまずやってもらいたいのは、15分単位のスケジュール管理です。「細かすぎてできない」という人もいるかもしれませんが、スキマ時間を可視化できます。


片岡鶴太郎

僕は人より不器用な分、上達に時間もかかるんですよ。だから一定のレベルまでいくには、毎日、丁寧に積み重ねるしかない。なにをやるにしても、丁寧に、毎日やるというのが一番早い習得方法ではないでしょうか。


柏木斉

リクルートの場合、隣の事業であっても、こうしたらいいと思えば、どんどん言っていいし、隣がやらないなら自分たちでやっていい。それがいいか悪いかを決めるのは、組織ではなく、サービスを使うカスタマーです。


島正博

売れ残りが多ければ、売れ残らないよう1週間以内に納品できるようなサービスを提供すれば良い。サイズが購買の障壁になっているのであれば、サイズ調整をすぐにできるサービスを提供すれば良い。


金田一秀穂

デマは「そうあって欲しい」「そうであったら面白いな」という、人々の願望から生まれ出るものです。たとえば、世の中に不満を抱えていたら「誰のせいだ?」と人々はスケープゴートを求める。そこにふっと「これはあの人たちのせいに違いない!」と、いかにもありそうな情報が入り込むと、簡単に広がってしまう。冤罪、バッシング、炎上……、こうした例は枚挙にいとまがないよね。


香藤繁常

市場動向を見ながら、どこに重きを置くかを的確に判断し、場合によっては事業領域の一部をばっさり切るといった決断を迷いなく下す。そして、将来に向けての成長戦略に対して勇気を持って遂行していく必要がある。当然のことながら、社内外の強い抵抗を受けるケースがある。しかし、これを遂行できる企業は繁栄し、できない企業は凋落していくしかない。


山田ズーニー

メールや企画書を書く際も、好き嫌いの範囲を超えて、その文書を通じて、自分が読み手とどういう関係をつくりたいか、その結果、どんな状況を生み出したいか、そこまで想いを汲み取って表現する。すると、周りから叩かれるかもしれませんが、逆にそれが「いいね」といわれ、一枚の企画書から新しい地平を切り拓くことにもなるのです。


クリス・アンダーソン

人々が無償で何かをするのはほとんどの場合、自分の中に理由がある。それは楽しいからであり、何かを言いたいから、注目を集めたいから、自分の考えを広めたいからであり、ほかにも無数の個人的理由がある。


ページの先頭へ