名言DB

9412 人 / 110637 名言

中田卓也の名言

twitter Facebook はてブ

中田卓也のプロフィール

中田卓也、なかた・たくや。日本の経営者。楽器メーカー「ヤマハ」社長。岐阜出身。慶應義塾大学法学部法律学科卒業後、日本楽器製造株式会社(のちのヤマハ)に入社。PA・DMI事業部長、執行役員、取締役執行役員、米国法人社長、本社上席執行役員、楽器・音響営業本部副本部長などを経て社長に就任。

中田卓也の名言 一覧

お客さんはモノでもサービスでも、その価値を買うようになっている。


立ち止まってはいられない。変わり続けなければ、失速する。


これからの25年、50年を意識すると、従来の考え方では飛躍的な成長は難しいと思った。だからこそ、思いきった改革を実施した。


どんな仕事であっても、本質は同じ。今何をするべきかを見極め、行動を起こすことが大切。


リーダーの務めは、現場のやる気を引き出すこと。社長とはいえ、自分独りでは何も生み出すことはできませんから。


お客様がワクワクして新しい感動や文化を生みだすような商品づくりが、当社の発展につながる。それにはまず、自分たちがワクワクしなければならない。


当社のロゴマークは、「リズム・メロディ・ハーモニー」という音楽の要素とともに、それら会社の3機能である「開発・製造・営業」の連携を3本の音叉を重ねることで表現したものです。長く愛される優れた商品も、企業の総合力の結集のたまものだと思うのです。


事業部制から機能別に組織を変えたのは、優れた才能と才能が出合って、新しいものを生む機会を創出するのが狙いです。現場にも良い変化が生まれ始めています。


企業理念の「感動を・ともに・創る」が表すように、お客様が主役となる価値ある商品を生み出し、200年、300年と続く企業へと成長を続けたい。


改革とは見切り発車でもいいからまず始めることが大事。社内に一時的な混乱もありましたが、今では徐々に落ち着き、これから何か新しいものが生まれそうな気配がしています。


中田卓也の経歴・略歴

中田卓也、なかた・たくや。日本の経営者。楽器メーカー「ヤマハ」社長。岐阜出身。慶應義塾大学法学部法律学科卒業後、日本楽器製造株式会社(のちのヤマハ)に入社。PA・DMI事業部長、執行役員、取締役執行役員、米国法人社長、本社上席執行役員、楽器・音響営業本部副本部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

ジェイ・エイブラハム

中小企業と創業まもない企業の95%は業績目標を達成していない。それは、会社の事業計画が商品、市場、顧客移行、マーケティングという4つの要素にしっかりと根付いていないからだ。ほとんどの企業が具体的で明確な将来像を持っていない。


濱田秀彦

失敗の報告では、次のことを心得てください。まず、言い訳は一切不要。事実経過を単刀直入に伝えるのです。そして自分なりの始末のつけ方、すなわち今後の対策として、上司が選択可能な複数の解決案を用意することです。


本田直之

キャリアだろうが、日々の仕事だろうが、勉強だろうが、できる人は、逆算でものごとを考えているものです。つまりゴールを設定したら、そのゴールに向かってそれぞれの段階ですべきことを決める。また、ゴールに到達するまでに必要な時間やお金についても、あらかじめ見積もっておく。だから、ゴールまで最短距離で到達できるのです。


小倉昌男

社長も社長と言う役柄を演じなければ責任を果たせない。ケンカっ早い人間になる必要はないかもしれないが、強気に出るべきところは強気に押し、戦うべきところで戦わなければ、会社の理念を実現することはできないのである。本来の性分と異なる役柄を演じるには、それなりのテクニックが必要だ。テクニックと言っても要は心がけの問題だ。思い切って斬ることだ。相手のまたぐらに足を踏み込んで斬りかかれば、たいがい相手のほうが倒れている。


鈴木敏文

私のパソコンにはグループ企業の最新の数値データが入っています。自分の時間があると、あっちの数字、こっちの数字を引っ張り出しては、この売上が落ちているのは、どういうことなんだ、この数字はどういう意味を成しているんだと考えます。イトーヨーカ堂のデータでも、同じ商品なのに、ある店は値段が高く、ある店は低かったとき、なぜこっちは高いのか、理由は何だと追求していくと問題が出てきたりする。


北尾吉孝

戦略を打ち立てる場合、用意周到に進めながら、タイミングをしっかりと考えなければなりません。つまり、「天の時」を得ることが大切です。


稲盛和夫

利益を最大に、経費を最小に。経営とは簡単なことだ。売上を最大限に増やし、経費を最小限に抑えることによって、利益を最大にするという、最もシンプルな原則に基づいて事業を経営することだ。企業経営には、権謀術数が不可欠だと感じている人が多いかもしれないが、そういうものは一切必要ない。今日一日を一生懸命に生きさえすれば、未来は開けてくる。


蜂谷二郎

当社はお客様の「夢の実現」をお手伝いすることが使命です。一人ひとり、その内容は違いますが、それらにひとつひとつ対応すると。それができることが当社の強みだと思っています。


弘兼憲史

まとまった量の仕事を引き受けた時、すべてのページの構成が練りきれていない段階でも、僕はまず「手を着ける」ことが大切だと思っています。最初の4ページの構成しか固まっていなくても、とにかく始める。手を動かしていくうちに「残りのページはこうしよう」とアイデアが湧いてくることが、往々にしてあるんです。


近藤太香巳

単品商品で勝負している企業で一番分かりやすいキャッチコピーは「日本一」であることです。牛丼であれば吉野家、シュークリームであればビアードパパというようにです。私がうどん屋を始めるとしたら、親子丼は出さず、日本一美味しいカレーうどんのお店にします。当然、日本一になるにはそう言われるくらいの商品でなければダメですが、「日本一」という言葉はパンチもあり、お店の人もお客さんに説明がしやすくなります。


米山公啓

1つの行動をやり続けることで充実感や達成感を得られれば、脳の中のドーパミンが出て、意欲が継続する。これは脳が効果的に学習するための仕組み。


朝田照男

思考法を磨くなら、最後に披露するときの伝え方も磨いておくべきです。


アレックス・カー

心地よく整った空間は、生活の質を上げるだけでなく、自然を愛する力や美意識をも育む。


守島基博

仕事を任せて人を育てるという行為は、リスクをともなう行為である。任せてみて、ダメな場合もある。しばしばそのことを恐れて任せることをしなくなる。でも、本来考えるべきは、顕在化したリスクにどう対処するのか。また顕在化しないためにどこまでサポートできるのか、ということである。リスクテークなしの人材育成はありえないという言い方もできる。


伊藤秀二

商品は、誕生して成長し、成熟して、最終的には衰退するというヒット商品のライフサイクル仮説がありますが、私はそうならないための努力をすれば、下がることはないと思っています。