名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中田卓也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中田卓也のプロフィール

中田卓也、なかた・たくや。日本の経営者。楽器メーカー「ヤマハ」社長。岐阜出身。慶應義塾大学法学部法律学科卒業後、日本楽器製造株式会社(のちのヤマハ)に入社。PA・DMI事業部長、執行役員、取締役執行役員、米国法人社長、本社上席執行役員、楽器・音響営業本部副本部長などを経て社長に就任。

中田卓也の名言 一覧

お客さんはモノでもサービスでも、その価値を買うようになっている。


立ち止まってはいられない。変わり続けなければ、失速する。


これからの25年、50年を意識すると、従来の考え方では飛躍的な成長は難しいと思った。だからこそ、思いきった改革を実施した。


どんな仕事であっても、本質は同じ。今何をするべきかを見極め、行動を起こすことが大切。


リーダーの務めは、現場のやる気を引き出すこと。社長とはいえ、自分独りでは何も生み出すことはできませんから。


お客様がワクワクして新しい感動や文化を生みだすような商品づくりが、当社の発展につながる。それにはまず、自分たちがワクワクしなければならない。


当社のロゴマークは、「リズム・メロディ・ハーモニー」という音楽の要素とともに、それら会社の3機能である「開発・製造・営業」の連携を3本の音叉を重ねることで表現したものです。長く愛される優れた商品も、企業の総合力の結集のたまものだと思うのです。


事業部制から機能別に組織を変えたのは、優れた才能と才能が出合って、新しいものを生む機会を創出するのが狙いです。現場にも良い変化が生まれ始めています。


企業理念の「感動を・ともに・創る」が表すように、お客様が主役となる価値ある商品を生み出し、200年、300年と続く企業へと成長を続けたい。


改革とは見切り発車でもいいからまず始めることが大事。社内に一時的な混乱もありましたが、今では徐々に落ち着き、これから何か新しいものが生まれそうな気配がしています。


中田卓也の経歴・略歴

中田卓也、なかた・たくや。日本の経営者。楽器メーカー「ヤマハ」社長。岐阜出身。慶應義塾大学法学部法律学科卒業後、日本楽器製造株式会社(のちのヤマハ)に入社。PA・DMI事業部長、執行役員、取締役執行役員、米国法人社長、本社上席執行役員、楽器・音響営業本部副本部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

糸井重里

未来を悲観的には見ていません。「自分がどうしたいか」という意志や動機を持った時に、「生命のうねりみたいなもの」が起こって、予測した前提を覆すことができるんだと思います。


星野佳路

私たちがやろうとしているのは、建物だけでリゾートの魅力を完結させるのではなく、サービスと合わせて魅力を高める「舞台」を作ることです。その舞台で演じるのはスタッフであり、演目や演じ方もスタッフの自由。ゲストへのおもてなしの発想を生かせる舞台を設計して、ハードとソフトの両面で滞在の魅力を高めていこうという考え方です。


相良暁(経営者)

一時期、過去の成功にあぐらをかいて、オープンイノベーションをサボっていました。この原点に立ち返らなければ、生き残れない。そう考え、欧米にリサーチ部隊を置きました。


なかにし礼

病院はどこでもいいのではなく、的確な治療をしてくれる医師と出会わなくてはいけない。


パスカル

無知を恐れるな。偽りの知識こそ恐れよ。


実藤裕史

周りの反対や不安もあるでしょうが、まずはやってみることが大事。最初からうまくいくとは限りません。すべて準備が整って始めている起業家なんてひと握り。私自身、失敗を繰り返してきましたから。


谷井昭雄

理念という原理原則は、時代がどう変わろうと変化しない。それぞれの時代に合わせ、変わらない理念をどう具体化するのか。それこそが、経営者がなすべき仕事ではないかと思います。


磯部任

配当を上げると、いったんは市場で評価される。けれど、恒常的に認められるためにはやっぱり、事業のベースがしっかりしていないとダメ。


木口衛

昔の話ですが、税務署の方からこう勧められたことを覚えています。「木口さん、これだけ儲かっているのだから交際費をもう少し使ったらどうですか」と。当時、ワールドでは私がゴルフをするのも全部自腹でした。私が会社のお金でゴルフをしたら、役員も同じようにするでしょう。幹部が皆やり出したら、そんな会社は絶対あきません。だから全部自腹。絶対に会社のお金でやらせなかったんです。


隈研吾

建築は大きいプロジェクトが多い。決断できる人がいないと、いい建築はどうしてもできない。中国やヨーロッパ、米国で大きなプロジェクトを担うことができるのは、強力なリーダーシップや時代感覚を持って決断してくれる人が相手側にいるからだ。


黒鉄ヒロシ

怒った後、叱った後は感情を露出させたことについて照れなければいけません。照れ笑いを浮かべるくらいで丁度いい。そして、職場での人間関係であれば、間を開けずにバランスを取るべきでしょう。そのためには物品を贈ること。たとえば、酒場に誘い、一杯おごる。しかし、媚を売るような仲介はしないことです。「まあまあ、機嫌を直せ、オレも言い過ぎた」と肩を叩くような媚はいけません。一度、言葉にした以上、「あれは言い過ぎだった」と逃げるのは卑怯者。謝る必要はなく、「飲みに行くけど、おまえも一緒に行くか?」だけでいい。


長妻昭

大事なポイントとしては、「格差が拡大すると経済は成長できない」ということです。その考え方は、今世界でもほぼ共有されつつある。OECDもIMFもリポートを出し、ノーベル経済学賞のスティグリッツ教授もそう言っています、その感覚が、今の政権には圧倒的に欠けているんです。格差が拡大すると、力を発揮できる人というのは恵まれた家庭に生まれた人に限定されてしまう。一部の人の働きに留まってしまうので経済成長もなかなかできない。だから、その壁を取り除くことで社会経済の基盤を固めるということです。壁を取り除くための社会保障を行うことは経済政策でもある。