名言DB

9412 人 / 110637 名言

中田匡紀の名言

twitter Facebook はてブ

中田匡紀のプロフィール

中田匡紀、なかた・まさのり。日本の経営者。「イーブレイン」社長。東京工業大学工学部卒業後、日本生命、ITベンチャーCOO(最高執行責任者)、コンサルティングファーム設立などを経てイーブレインを設立。著書に『会社はなぜ不祥事を起こしてしまうのか』『結局、どんな仕事でも楽しめる人がやりたい仕事に出会える!』。

中田匡紀の名言 一覧

いくら良い仕組みや制度をつくっても、最終的には人が守らなければ形骸化する。要は人のモラルの問題で、仕組みや制度を最後に守るのも人なら、最後に破るのも人だ。そして仕組みや制度を人に守らせるために必要なのが良い組織風土である。風土が崩れている企業が不祥事を起こしているのが実態だ。


会計絡みの不祥事は、企業の利益追求が悪い意味での動機になっている。利益追求は株式会社の場合は当然だが、株主からのプレッシャーに負けてしまい、優先順位が逆転している。正しい優先順位は、まずは社会、次に顧客、そしてチームつまり会社、最後に個人。これが本来あるべき姿だが、現実は個人や会社の利益が最優先になっている。


不正会計やデータ改ざん、情報漏洩といった不祥事は、大なり小なり毎年起こっている。大規模な事件が注目されているにすぎない。根源に組織風土がある以上、これからも不祥事は起こり続ける。ただし、「一転び即倒産」でコンプライアンス上の不祥事は企業の存続を危うくする。これを防ぐためには、いかに良い風土を形成できるかにかかっている。


全く関係ないように見える個々の不祥事の根幹にある原因はすべて組織風土の問題だ。例えば、ベネッセでは情報漏洩に関する甘い風土があった。ベネッセおよび関連会社ではISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)やプライバシーマークなどのセキュリティスタンダードを取得していたが、結局はこれを破っても大丈夫という風土が顧客情報流出につながった。東芝の場合は、J-SOX(内部統制報告制度)を導入しながら全く機能しなかった。「チャレンジ」を許容する風土、あるいは諦める風土のためだ。


中田匡紀の経歴・略歴

中田匡紀、なかた・まさのり。日本の経営者。「イーブレイン」社長。東京工業大学工学部卒業後、日本生命、ITベンチャーCOO(最高執行責任者)、コンサルティングファーム設立などを経てイーブレインを設立。著書に『会社はなぜ不祥事を起こしてしまうのか』『結局、どんな仕事でも楽しめる人がやりたい仕事に出会える!』。

他の記事も読んでみる

下園壮太

部下からの深い悩みの相談にはまず「30分、徹底的に相手の話を聞く」ことをしていただきたい。


小池百合子

私が「見える化」を進めるのは、自分たちの税金が何に使われているのか、一人でも多くの都民の皆様に知ってもらいたいからです。民間企業では、株主総会のインターネット中継がすでに当たり前となっています。同じように都政においても、できるかぎり公開で物事を進めたいと考えています。これらは、やろうと思えば、できることなのです。


野村克也

私は以前から、監督は「気づかせ役」だと考えてきた。


山本良一(経営者)

営業改革担当として百貨店の抱える問題の解決手法をマスタープランにまとめ、現場に指示した。ところが、従来のやり方を変えることには抵抗があった。現状がうまくいっているからいいではないかという声が強くあった。場の社員を研修所に夜集めて週3回くらい泊まり込みで、マスタープランの実行方法について説明した。その仕事が一番厳しく、マインドを皆で共有し実行する難しさも知った。


西山由之

ダスキンの仕入れは現金前払いだから、お金が要ります。つまり資金集めに成功したのが成功要因のひとつ。今でいう私募債を発行したんです。1枚1万円で、「年間1割の利息を付けます。ただし後払いです」と言って、ダスキンを始める前に食堂を経営していたときの知り合いを1軒ずつ訪問したところみんな買ってくれましてね。当時で200万円集めましたよ。今なら1000万円以上だね。そのうち、株式にしたら2倍買うよ、という声も出てきて、1995年に株式を店頭公開することになりました。


清水浩(電気自動車)

「やるべきこと」「やりたいこと」「やっていること」が一致した瞬間、これこそが人生の幸せだと思います。


森川亮

やることがあまりに多すぎるとそれに取り組むエネルギーが分散してしまうので。やるべきことが、10~20件あった場合、まずは2~3件に絞って集中して取り組むと、効果が出る場合が多い。


藤沢久美

私はおととしから昨年にかけて体調を崩し、健康のありがたさを嫌というほど身にしみて感じました。それからはとくに、「疲れを溜めないこと」を心がけています。そのためにはなんといっても、計画的に行動し、適度な運動を継続的にするなど、自分を律することが非常に重要です。これは私の今年のテーマでもありますね。


新美春之

社員に「意見を出してくれ」と言ったって出てきません。言葉で言われなきゃわからないじゃ駄目なんです。頻繁に現場に言って対話の中から吸収したことを役員が意見交換する。そうしないと自分の教育にもならない。組織のリーダー選びにも通じます。一点の素心を持った人が、じっと見ることが大事です。一点の素心とはつまり、自分以外のことを考える気持ちの余裕があるかどうかです。


中村直樹

伊勢丹ではハンドバッグや靴のバイヤーから、まったく未経験の婦人服のバイヤーになったり、熊本のデパート岩田屋に出向したりと、いろんな仕事をしてきました。もちろん、すべてが華やかな仕事だったわけではないし、過酷な時期もありました。でも、そのおかげで、ファッションをトータルで考えられるようになり、多様な人脈もできた。それが、いまの仕事にもすごく役立っています。もし、自分の運のいいところを挙げるなら、自分から望まないでもそういう経験ができたことでしょうね。


高田明(ジャパネットたかた)

分かりやすく伝えることは難しいことです。伝えたつもりになってしまっていることが一番恐ろしい。


小宮一慶

せっかちの利点は、経験値の高さです。即行動の人は、成功も失敗も、良いことも悪いことも、経験する回数が多くなります。また、失敗しても、それを踏まえて人より先に改善策を打ち出すこともできます。


吉田松陰

立派な殿様、賢明な将軍であるか、あるいは、馬鹿な殿様、愚かな将軍であるか否かは、日ごろの生活において決まることである。つまり、日ごろの言葉や行いはそれぞれその人の遺言、臨終の時のいいつけと一緒である。


サミュエル・ジョンソン

誰かの真似をして英雄・偉人になった者など、歴史上一人も存在しない。


高橋祥子

正解がないので、状況が異なれば、行動も考え方も変わると思うんですよね。アドバイスいただいた方と自分の状況は何が違って、どこが共通しているのかを冷静に分析して、自分なりの答えを出すようにしています。