名言DB

9429 人 / 110879 名言

中田匡紀の名言

twitter Facebook はてブ

中田匡紀のプロフィール

中田匡紀、なかた・まさのり。日本の経営者。「イーブレイン」社長。東京工業大学工学部卒業後、日本生命、ITベンチャーCOO(最高執行責任者)、コンサルティングファーム設立などを経てイーブレインを設立。著書に『会社はなぜ不祥事を起こしてしまうのか』『結局、どんな仕事でも楽しめる人がやりたい仕事に出会える!』。

中田匡紀の名言 一覧

いくら良い仕組みや制度をつくっても、最終的には人が守らなければ形骸化する。要は人のモラルの問題で、仕組みや制度を最後に守るのも人なら、最後に破るのも人だ。そして仕組みや制度を人に守らせるために必要なのが良い組織風土である。風土が崩れている企業が不祥事を起こしているのが実態だ。


会計絡みの不祥事は、企業の利益追求が悪い意味での動機になっている。利益追求は株式会社の場合は当然だが、株主からのプレッシャーに負けてしまい、優先順位が逆転している。正しい優先順位は、まずは社会、次に顧客、そしてチームつまり会社、最後に個人。これが本来あるべき姿だが、現実は個人や会社の利益が最優先になっている。


不正会計やデータ改ざん、情報漏洩といった不祥事は、大なり小なり毎年起こっている。大規模な事件が注目されているにすぎない。根源に組織風土がある以上、これからも不祥事は起こり続ける。ただし、「一転び即倒産」でコンプライアンス上の不祥事は企業の存続を危うくする。これを防ぐためには、いかに良い風土を形成できるかにかかっている。


全く関係ないように見える個々の不祥事の根幹にある原因はすべて組織風土の問題だ。例えば、ベネッセでは情報漏洩に関する甘い風土があった。ベネッセおよび関連会社ではISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)やプライバシーマークなどのセキュリティスタンダードを取得していたが、結局はこれを破っても大丈夫という風土が顧客情報流出につながった。東芝の場合は、J-SOX(内部統制報告制度)を導入しながら全く機能しなかった。「チャレンジ」を許容する風土、あるいは諦める風土のためだ。


中田匡紀の経歴・略歴

中田匡紀、なかた・まさのり。日本の経営者。「イーブレイン」社長。東京工業大学工学部卒業後、日本生命、ITベンチャーCOO(最高執行責任者)、コンサルティングファーム設立などを経てイーブレインを設立。著書に『会社はなぜ不祥事を起こしてしまうのか』『結局、どんな仕事でも楽しめる人がやりたい仕事に出会える!』。

他の記事も読んでみる

ジェイ・エイブラハム

情熱的になりたいなら、他者のために情熱を持つこと。


山田昇(ヤマダ電機)

起業するときに自分がやりたいのなら、ラーメン店でも手芸店でもいい。その代わり、そのマーケットに可能性があるかどうかを最初に調べなければいけない。自分はやる気があるから大丈夫だというのはあてにならないし、山勘だけでやるのもダメである。


大塚英樹(経営者)

データと真摯に向き合っていくことで、新たなビジネスの可能性が見えてくる。社会的課題を解決できる、骨太のイノベーションを実現したい。


成毛眞

リスニングやスピーキングの勉強をする時間があるなら、そのぶん英単語を覚えた方がいいでしょう。ラテン語などと違い、英語はそれほど複雑な言語ではないので、単語をつないでいくだけで自分の言いたいことはだいたい伝わりますよ。


大西洋

問題は、閃いたネタをスピーディに事業化できるかということです。


西村克己

仮説力を鍛えるには、仮説を恐れずどんどん立てることが大事。まずは身近なところからトレーニングをしていきましょう。たとえば、テレビでCMを見たとき、その商品が売れる理由を考えてみる。できるだけたくさん、いろいろな角度から考えてみるのがポイント。置く場所、価格、生活スタイルなどから思いつきそうですね。じつは私たちは普段から無意識に仮説を立てています。それを立てっぱなしにせず、検証して新たな仮説につなげる。このサイクルを体に慣れさせましょう。


ヨアン・ヴィー・クヌッドストープ

英ロンドンに新たな拠点を開設しました。お手本は、米グーグルなどのシリコンバレーオフィスです。固定席を作らず、オフィス内の至る所にホワイトボードやソファを配置して、会話を誘発しやすい環境にしました。これも、コミュニケーションを軸に組織を強くする取り組みの一つです。


堀義人

これから起業する人には、自分にとって楽しいことをやってほしいなと思います。楽しいことをやると、エネルギーが生まれてくると思うんです。そして、やるからには大きな目標設定をしてほしい。自分の感情に素直に生きてほしい。感情をうまい具合に活用しながら、使命感を持って、自分なりの経営やキャリアを作っていってもらえればいいなと思います。


宮嶌裕二

本当の仕事というものは自分一人だけが稼ぐのではなく、組織として稼げるしくみをつくることだ。


小林陽太郎

シェアが急落する過程でも、我々はライバルの力を正当に評価することができませんでした。リコーの機械は確かに安い。しかし、うちの製品に比べたら、性能や信頼性がまだまだ劣るはずだ。そうでないなら、採算度外視の安売りに違いない。そうした見方が社内の大勢を占めていました。
【覚書き|オイルショック時にリコーにコピー機シェアを20%近く奪われたときを振り返っての発言】