中田亨の名言

中田亨のプロフィール

中田亨、なかた・とおる。日本の工学博士。独立行政法人産業技術総合研究所研究員。神奈川県出身。東京大学大学院工学系研究科先端学際工学専攻修了後、産業技術総合研究所に入所。同研究所デジタルヒューマン研究センター人間モデリングチーム研究チーム長などを務め、ヒューマンエラー防止などの研究を行った。著書に『事務ミスをナメるな!』『ヒューマンエラーを防ぐ知恵』『理系のための「即効!」卒業論文術』『情報漏洩 9割はあなたのうっかりミス』ほか。

中田亨の名言 一覧

1 / 11

問題を多角的に検討することが、ミスを防止するための最善策を探り当てるにはとても重要。


大きな問題になる前に、ミスの芽を小さなうちに摘んでおく秘訣は、職場内のコミュニケーションにある。


「便利さと危険性のトレードオフ」なのです。安全性を突き詰めれば不便さが増す。パスワードを複雑にすればするほど安全ですが、そのぶん不便になる。結局、どこまでやるかを自分の価値観と照らし合わせて決める、ということになるのです。


会社の情報漏洩の多くが、いわゆる「風呂敷残業」、つまり仕事を家に持ち帰ることから生まれています。「不必要な書類は作らない」とルール化することで、一石二鳥の情報漏洩防止になるのです。


もしSNSをやっていて、情報公開の範囲を初期設定のままにしているなら、自分の情報を全世界にばら撒くリスクとメリットのどちらが大きいか、考え直すべきでしょう。ほとんどの場合、リスクのほうが大きいはずです。最近、アルバイト先のイタズラの画像から、撮影した個人がすぐに暴かれるという事態が多発していますが、ほとんどの場合SNSがきっかけです。



「情報は盗まれるもの」「パスワードは破られるもの」という前提で情報機器を使うべきでしょう。むやみに会員登録しないのはもちろん、あまり重要でないサイトに登録する際の「捨てパスワード」を持っておくのも手です。


実際にはアンチウイルスソフトを突破するほどの労力をかけて個人の情報を盗もうとすることは稀です。政治家や企業ならともかく、個人相手では労力に見合った対価が得られないからです。むしろ個人で気にすべきは、初歩的なセキュリティ意識の欠如です。いわば「うっかりミスの撲滅」。実はいまだに情報漏洩の9割は「電車内にパソコンを置き忘れる」「居酒屋にUSBメモリーを落とす」「人前でパスワードを口にしてしまう」といった理由なのです。また、誕生日や電話番号、愛車のナンバーなど、簡単に類推できる数字をパスワードに使っている人もまだまだ多いのが現状。しかもその誕生日を、フェイスブックなどのSNSで堂々と公開していたりする。逆に複雑なパスワードを設定したはいいが、覚えられずにメモにして机に貼っている、という本末転倒なこともあります。


日本ネットワークセキュリティ協会によれば、2011年に起きた個人情報の漏洩事件は、報道されたものだけでも1511件にのぼるそうですが、これはあくまで氷山の一角。発覚しながら報告していないものや、漏洩しているのに気づいてさえいないものもあるからです。個人情報は漏洩したらすぐに悪用されるとは限らず、より大きな利益が得られるタイミングまで「泳がせる」ことも多く、あなたの個人情報もすでに盗まれている可能性があるのです。


自分のIDやパスワードを入力する機会は飛躍的に増えています。常々気をつけている私ですら、改めて数えてみたら30を優に超えていました。多くの人も似たような状況でしょう。しかも、ほとんどの人がどれも同じようなパスワードを使っているようです。これでは、ひとつのパスワードが漏れてしまったら、すべての情報が盗み取られてしまう危険性があります。


企業の情報漏洩防止の基本はやはり社員一人ひとりの意識ですが、より根本的な対策として「情報量を減らす」というものがあります。最近、あらゆる情報をCCで関係者全員に送る会社が増えていますが、多くの人に情報が伝わるほど、漏洩のリスクは高まります。また、数行ですむ用件をわざわざ別データにして添付で送ってくる人もいますが、データ化された情報は漏洩しやすくなるうえ、ムダに仕事時間が増えることにもつながります。


それぞれのサイトのセキュリティの強さも判断すべきです。もしパスワードが4桁しかなく、しかも間違っても回数無制限でやり直せるようなサイトは非常に危険。サイトの運営がずさんな場合もあります。たとえばパスワードにハッシュをかけずに保管しているサイトがあります。ハッシュとはパスワードを元に戻らない形に変形する処理のことで、これをかけるのは情報管理の基本ですが、それすらしていないサイトも多く、大手企業にも見受けられます。また、お金を盗まれることが不安なら、クレジットカードやネットバンキングの限度額も見直しておくべきです。


どんな職場でも、小さなミスを引き金にした大きな問題は起こり得る。人間が関わっている限り、ミスは起こり得ます。職場において、「ミスは防ぎにくい」ことを念頭に置き、あらゆる防止策を講じることが、大きな問題にしないために必要なのです。



人間が仕事をするうえで、ミスをなくすことは不可能。しかし、事象が小さなうちにミスに気づいて方向修正をしたり、起こってしまったミスから、次に起こらないように対策を講じることは必要不可欠であり、それにより大きな間違いや事故を防ぐことは可能。


ミスが起きたときに、「これからは気をつけましょう」と注意を促すだけの職場がありますが、これではミスを防ぐことはできません。「ミスを防ぐ手立てはなかったのか」「そもそもミスが起きるような作業をする必要があったのか」など、あらゆる角度から見直す必要があります。


ミスの内容を書き連ねたミス防止ノートは、部下や後輩を指導する際にも役立ちます。気をつけなければいけないシーンがたくさん載っている業務の虎の巻です。渡すだけで、指導者としての評価が高まるでしょう。


ミス防止に役立つのは、ミスの原因を探ったり、予防策を考えたりすることではありません。何より重要なのは、ミスを記録してためること。「ミスをしてしまうかも」と身構えるだけで、ミスの多くは防げます。つまり、ミスの事例を多く知っている人ほど、防げる可能性が高まるわけです。


部下を権力で従えているような怖い上司の下で働いている人は、聞きたいことがなかなか聞けません。上司が間違った判断をしていると感じていても、仕方なく指示に従ったりします。そんな状況では、ミスは起こるべくして起こります。危険を察知したら、どんなに怖い上司でも意見を言うべきです。


質問が得意な人と不得意な人では、明らかに後者の方がミスをする確率が高い。質問下手な人は、仕事を頼まれた時に「よく理解できなかったこと」や「疑問に思ったこと」を相手にしっかり聞けないまま仕事を進めるため、ミスをするのです。


上司は何より「良い結果」を求めています。上司の望みをかなえるためにも、上司の間違った決断や指示に対して「指摘できる勇気」が必要。それが上司に対する本当の「忠誠」と言えます。


有効なダブルチェックは、一人が責任を持ってチェックし、その人の行動をチェックするためにもう一人が「突っ込み役」になること。「なぜこの数字なんですか?」「これで正しいのですか?」といった突っ込みに対して、もう一方はその理由を説明しなければなりません。その過程で曖昧さや思い込みが排除され、ミスが発見されやすくなるというわけです。


誰もが言いたいことを言える雰囲気を作るには、全員が発言できる場を仕組みとして導入することが効果的。たとえばある工場では、毎朝のミーティングで、「ミスや安全に関して思っていること」を全員が順番で発言する機会を設けています。指名された人は必ず発言するルールなので、「言うべきときには言う」という意識が全員に生まれるそうです。


ミスをしない人は、「ミスをしない」のではなく「ミスをしているように見えない」のです。もちろん、記憶力がいいなど個人の能力もありますが、ミスが少ない人は、仕事を抱え込まず、上司や周りの人たちに自分の仕事の状況を要所要所で知らせたり、確認を取って、もし何かあったとしても、問題にならない早い段階で軌道修正をしているのです。


中田亨の経歴・略歴

中田亨、なかた・とおる。日本の工学博士。独立行政法人産業技術総合研究所研究員。神奈川県出身。東京大学大学院工学系研究科先端学際工学専攻修了後、産業技術総合研究所に入所。同研究所デジタルヒューマン研究センター人間モデリングチーム研究チーム長などを務め、ヒューマンエラー防止などの研究を行った。著書に『事務ミスをナメるな!』『ヒューマンエラーを防ぐ知恵』『理系のための「即効!」卒業論文術』『情報漏洩 9割はあなたのうっかりミス』ほか。

おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

1 / 11

ページの先頭へ