名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中瀬ゆかりの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中瀬ゆかりのプロフィール

中瀬ゆかり、なかせ・ゆかり。日本の編集者。和歌山県出身。奈良女子大学文学部英語・英米文学科卒業後、新潮社に入社。『新潮45』編集長、『週刊新潮』部長職編集委員、出版部部長を務めた。また、テレビ番組のコメンテーターとしても活躍。

中瀬ゆかりの名言 一覧

編集の仕事は恋愛と一緒で、「あなたの作品が好きだからぜひお願いしたい!」という強い気持ちを持っていることが大前提。


マナーには、唯一無二の正解などありません。「中瀬流のマナー」といっても、作家や先輩から教わったことのパッチワークに自分のキャラクターや経験で味付けしたオリジナル。他人がそのまま真似しても残念ながら「おもてなし」にはなりません。


私も発展途上の身です。「中瀬さんって実は気を使っているよね」と言われると、まだまだだと反省します。目指すは、気を使っていると感じさせない、お互いに心地いい関係。それこそが究極のマナーの在り方ではないかと思っています。


伝達ツールがこれだけ多様化している社会では、一昔前と違って「正解のマナー」などないも同然。手紙を好む方もいれば、メールが楽だという方もいる。LINEで済ませたい方もいるでしょう。現在のマナーは「相手が求めるマナーを探るところ」から始まっている。


雑談を楽しんでもらうためには「いかに相手に話してもらうか」が鍵で、自分の話術で盛り上げる必要はありません。人間は誰しも「表現したい、話を聞いてほしい」という欲求を持っています。相手に話題を振り、会話の6~7割を話していただくのが「楽しかった」と感じてもらえるコミュニケーションです。


「編集者にとって大事なのは耳、つまり聞くことだ」。若い頃に尊敬する当時の編集長から言われ、今も心に残っている言葉です。私たち編集者は作家の「書くテーマ」、しかも本人でさえ気づいていないような無意識下のテーマを引っ張り出すのが仕事です。そのために必要なのが「聞くこと」。作家の言葉に耳を傾けることです。


中瀬ゆかりの経歴・略歴

中瀬ゆかり、なかせ・ゆかり。日本の編集者。和歌山県出身。奈良女子大学文学部英語・英米文学科卒業後、新潮社に入社。『新潮45』編集長、『週刊新潮』部長職編集委員、出版部部長を務めた。また、テレビ番組のコメンテーターとしても活躍。

他の記事も読んでみる

伊達公子

若いころは体力に任せてただがむしゃらに突っ走る、というところがありました。練習も可能な限り時間をとって、限界までハードなことをするというやり方です。でもいまは、体の声を聞きながら、量より質を重視したトレーニングをするようになりました。


小路明善

私は見た目と違って負けず嫌いですから、営業で銀座エリアを担当した時は、「機動力」のある自転車で競合他社が普段回らないような路地裏やガード下を走り回ったものです。


岩崎裕美子

会社の理念や製品誕生の背景など、ちゃんと説明していなかったと反省しました。自分たちは何度も説明したつもりだったのですが、伝わっていなければ意味が無いでしょう。何度もコミュニケーションを取ることが必要。


田中稔一

一週間の起点となる月曜日の朝に設けている「報連相タイム」も時間を合理的に使うためです。9時、あるいは10時から1時間程度、役員や部長クラスから問題点や悩み事を聞くようにしています。時間節約のための報告資料は最大で1枚が原則。当然、緊急性の高い問題も持ち込まれるので、その場合は、その問題に集中して解決にあたっていくことによってスピードアップを図るのです。


大沢幸弘(経営者)

「プロとして精一杯のサービスを提供し顧客を満足させる」。こう覚悟したら、仕事が楽しくなった。


ジャスパー・チャン

アマゾンは何かを破壊しようとしているわけではありません。我々は他社との競争に全く執着していません。アマゾンは、顧客に対して世界で最も多い選択肢を提供し、世界で最も顧客中心主義の会社になろうとしているだけです。ただそれだけを我々は純粋に追求しています。


川上量生

ポケモンが日本で大ヒットした時、みんな「これは海外ではヒットしない」「米国のゲーマーはポケモンに興味を示さない」と言っていたんですよ。確かに指摘通り、米国のゲーマーは遊ばなかった。けれど、米国の子供たちはポケモンに飛びつきましたよね。「iモード」も同じで、最初、僕の周りは誰も使わなかったけれども、若い人たちは使った。人間というのは絶えず生まれているわけで、変わらない人もいれば、新しい文化の洗礼を受ける人たちもいるのです。


池田亀三郎

父について私が生涯忘れられないことは、常に「人間はものごとに心配ばかりしていてはつまらん。しかし、工夫は多いにしろ」と言っていた言葉だ。名言だと思う。私はよく若いと言われるが、父の教えに従って、あまりくよくよと心配しないからだろう。


飯田亮

明るいビジョンを掲げるのがリーダーの使命。


角田秋生

私どもが大事にしているのは、学年を越すという概念です。最初は自分が分かるところから始めます。子供によっては、自分の学年より下の内容から始めるかもしれない。しかし、一歩一歩進めていくうちに、気がついたら自分の学年に追いつく。ここではまだ足りないんです。ここを追い越す。すると、初めての領域に入っていきます。そして、新しいことが目の前に来たときに、取り組もうという意志や挑戦意欲を持っている子供になるのです。


三國連太郎

60年近い俳優人生を振り返ってみると、「僕ほど出会いに恵まれた人間はいない」とつくづく思います。今回、22作目でファイナルを迎えることになった『釣りバカ日誌』も、スタッフや共演者の方々とのいい出会いがあったからこそ、こんなにも長く続けてこられたのでしょう。


西任暁子(西任白鵠)

否定が怖い人は、「意見を否定されること」=「人格を否定されること」と捉えがち。意見やアイデアを否定されたとしても、それは自分自身を否定されたことではない、ということに気づくことが大切。