名言DB

9419 人 / 110788 名言

中瀬ゆかりの名言

twitter Facebook はてブ

中瀬ゆかりのプロフィール

中瀬ゆかり、なかせ・ゆかり。日本の編集者。和歌山県出身。奈良女子大学文学部英語・英米文学科卒業後、新潮社に入社。『新潮45』編集長、『週刊新潮』部長職編集委員、出版部部長を務めた。また、テレビ番組のコメンテーターとしても活躍。

中瀬ゆかりの名言 一覧

編集の仕事は恋愛と一緒で、「あなたの作品が好きだからぜひお願いしたい!」という強い気持ちを持っていることが大前提。


マナーには、唯一無二の正解などありません。「中瀬流のマナー」といっても、作家や先輩から教わったことのパッチワークに自分のキャラクターや経験で味付けしたオリジナル。他人がそのまま真似しても残念ながら「おもてなし」にはなりません。


私も発展途上の身です。「中瀬さんって実は気を使っているよね」と言われると、まだまだだと反省します。目指すは、気を使っていると感じさせない、お互いに心地いい関係。それこそが究極のマナーの在り方ではないかと思っています。


伝達ツールがこれだけ多様化している社会では、一昔前と違って「正解のマナー」などないも同然。手紙を好む方もいれば、メールが楽だという方もいる。LINEで済ませたい方もいるでしょう。現在のマナーは「相手が求めるマナーを探るところ」から始まっている。


雑談を楽しんでもらうためには「いかに相手に話してもらうか」が鍵で、自分の話術で盛り上げる必要はありません。人間は誰しも「表現したい、話を聞いてほしい」という欲求を持っています。相手に話題を振り、会話の6~7割を話していただくのが「楽しかった」と感じてもらえるコミュニケーションです。


「編集者にとって大事なのは耳、つまり聞くことだ」。若い頃に尊敬する当時の編集長から言われ、今も心に残っている言葉です。私たち編集者は作家の「書くテーマ」、しかも本人でさえ気づいていないような無意識下のテーマを引っ張り出すのが仕事です。そのために必要なのが「聞くこと」。作家の言葉に耳を傾けることです。


中瀬ゆかりの経歴・略歴

中瀬ゆかり、なかせ・ゆかり。日本の編集者。和歌山県出身。奈良女子大学文学部英語・英米文学科卒業後、新潮社に入社。『新潮45』編集長、『週刊新潮』部長職編集委員、出版部部長を務めた。また、テレビ番組のコメンテーターとしても活躍。

他の記事も読んでみる

リンダ・グラットン

日本の皆さん、我々ヨーロッパ人のように、もっと休暇を取って、ゆったりと人生を過ごしましょう。人の一生はますます長くなる。「シフト」に大切なこともきっと見つかるはずです。


古市幸雄

時間は自分でつくるものです。たとえば、毎日テレビを観るのをやめてみる。平日は1日2時間、週末は1日5時間観ているとすると、年間1040時間。つまり、丸43日分に相当します。


ボブ・ロス

最近、ショッピングモールで絵を描く機会があってね。ある男性にこう声をかけられたんだ。「ボブ、僕は今までに絵を描いたことがないんだ。なんでかっていうと僕は色覚異常だからさ、全部灰色に見えるんだ」って。だから今日は、灰色を使って絵を描いてみたいと思う。絵は誰にでも描ける。あなたにそれを見せてあげたい。


長内厚

米パソコンメーカーのデルは自前の技術や工場は持っていませんが、日本のメーカーが軒並み失敗しているパソコン事業で今も収益を上げています。同社の場合、独自のサプライチェーンを戦略の差異化ポイントとして他社よりも効率的な事業で競争優位を築いています。


羽入佐和子

組織運営と研究活動には類似点があります。既存の考え方を検証して新しい方向を探り、それを理論化することです。組織の責任者には自ら判断することが求められます。できるだけ広い視点で柔軟に考え、過去を評価し、新たに判断することが必要です。


夏原平和

商売は立ち止まったら終わりだ。思考をやめてしまったらそれはお客様に対する裏切り行為だ。


江上治

1つの目標を持ったら、何が何でも完遂する、という執念が必要だ。それが年収1億円の流儀と言ってもいい。そういう気持ちになれば、目標を完遂し、成功させるための手段・方法が山ほど思いつくものだ。


佐々木昭人

「足るを知る」とは現状に満足し、何ら新しい試みもしないといった、老熟したような生き方ではありません。足るを知るは他と比べ、あれが足りないからできないと言い訳をするのではなく、現状を受け入れ、今あるものを生かして発展を目指す意味も含まれています。目の前の仕事に、自分たちが持ちうる全力を尽くす。そこにやりがいが生まれる。


市川平三郎

私が20代後半のころ、一緒に研究をしていた先輩に「我々の診断技術はもう相当なレベルまで行きましたね」と言ったことがあります。それに答えたときの先輩の顔を私は今でも忘れることができません。「我々の目標は何だ?世界一小さな胃がんを見つけるオリンピックだろう?」。日本の中で満足するのではなく、世界を相手にすることの重要性を先輩は教えてくれました。


吉田秀彦

それは僕が柔道家だから。ただそれだけです。道着を着た対戦は動きが制限され、相手に掴まれやすくなるなどデメリットばかり。でも、僕は自分のバックボーンで勝負したかったんです。

【覚え書き|総合格闘技の試合で柔道着を着用していることについて】