中瀬ゆかりの名言

中瀬ゆかりのプロフィール

中瀬ゆかり、なかせ・ゆかり。日本の編集者。和歌山県出身。奈良女子大学文学部英語・英米文学科卒業後、新潮社に入社。『新潮45』編集長、『週刊新潮』部長職編集委員、出版部部長を務めた。また、テレビ番組のコメンテーターとしても活躍。

中瀬ゆかりの名言 一覧

編集の仕事は恋愛と一緒で、「あなたの作品が好きだからぜひお願いしたい!」という強い気持ちを持っていることが大前提。


マナーには、唯一無二の正解などありません。「中瀬流のマナー」といっても、作家や先輩から教わったことのパッチワークに自分のキャラクターや経験で味付けしたオリジナル。他人がそのまま真似しても残念ながら「おもてなし」にはなりません。


私も発展途上の身です。「中瀬さんって実は気を使っているよね」と言われると、まだまだだと反省します。目指すは、気を使っていると感じさせない、お互いに心地いい関係。それこそが究極のマナーの在り方ではないかと思っています。


伝達ツールがこれだけ多様化している社会では、一昔前と違って「正解のマナー」などないも同然。手紙を好む方もいれば、メールが楽だという方もいる。LINEで済ませたい方もいるでしょう。現在のマナーは「相手が求めるマナーを探るところ」から始まっている。


雑談を楽しんでもらうためには「いかに相手に話してもらうか」が鍵で、自分の話術で盛り上げる必要はありません。人間は誰しも「表現したい、話を聞いてほしい」という欲求を持っています。相手に話題を振り、会話の6~7割を話していただくのが「楽しかった」と感じてもらえるコミュニケーションです。


「編集者にとって大事なのは耳、つまり聞くことだ」。若い頃に尊敬する当時の編集長から言われ、今も心に残っている言葉です。私たち編集者は作家の「書くテーマ」、しかも本人でさえ気づいていないような無意識下のテーマを引っ張り出すのが仕事です。そのために必要なのが「聞くこと」。作家の言葉に耳を傾けることです。


中瀬ゆかりの経歴・略歴

中瀬ゆかり、なかせ・ゆかり。日本の編集者。和歌山県出身。奈良女子大学文学部英語・英米文学科卒業後、新潮社に入社。『新潮45』編集長、『週刊新潮』部長職編集委員、出版部部長を務めた。また、テレビ番組のコメンテーターとしても活躍。

他の記事も読んでみる

古森重隆

平時は、民主主義の原則である多数決のもとで仲よくやるのもいい。だが、危機に陥ったときに皆でいちいち「あっちに行くか」「こっちに行くか」と合議をしても始まらない。誰かが皆を引っ張っていくしかない。それがリーダーの役割だ。


羽生善治

玉石混交な情報の山から情報を取捨選択するときは、これは使える、使えないと見極めるしかありません。ただ、そのときに大切なのは、情報にあたるときにその都度自分で判断しながら新しい発想を生み出すように意識することです。また、選んだあとに反省しても後悔しないことが大切です。選択肢が多ければ多いほど、選ばなかった選択肢の方がよかったと後悔しがちだからです。


澤田秀雄

思考の枠を外すにはまず、世の中にはいろいろな考え方の人がいるということと、自分には物事の一面しか見えていないということを絶えず認識する必要があります。そのうえで、同じ物事をどういう角度で見ているのか、他の人の意見を聞くことで思考の枠が外れていく。


田久保善彦

自分の限界を常に超えていく働き方をすれば何歳になっても成長を続けられる。


ヒラリー・クリントン

何かを固く信じたら、それを守る気構えを持っていなければいけない。


木南陽介

我々は日本の再生可能エネルギー業界をけん引するリーディングカンパニーになりたい。そういう責任感を持って仕事をしたい。


仮屋薗聡一

ベンチャー企業に投資するか決める際の、平均2か月をかける事前のデューデリジェンス(適正評価手続き)では、経営者や役員の方たちと話すのはもちろん、過去に経営者と一緒に仕事した人や、元上司といった人にも会い、印象を尋ねます。そういった作業を通じて、経営者の人間性が浮かび上がってくるのです。「100%信頼できる」と確信できない限り、投資することはありません。


戴正呉

シャープは現在、「Be Original.」というサブブランドを掲げています。これには2つの意味があります。一つは、創業者である早川徳次さんの起業精神を取り戻そうという意味。もう一つは、業界初、世界初の商品を生み出したかつての栄光こそがシャープのオリジナルであるという意味です。


川野幸夫

消費者の嗜好が多様化、高度化する中、我々スーパーも自らの商いのコンセプトをより明確にしていかなければなりません。安さで勝負するのか、サービスを徹底させるのか、あるいは情報提供を充実させるのか。その店ならではの独自性を打ち出す必要があります。もはや「同質化競争」では生きていけません。


高田純次

思うようにいかないのが人生というもの。「願いが叶う」とか「夢が叶う」っていう類の本がいっぱい出ているけれど、あれはいかにみんなの夢や願いが叶わないかっていう証明みたいなものだ。で、僕は、「思うようにいかないのが人生」でいいんじゃないかと思うんだ。そういう現実があるからちょっと上手くいったときの小さな幸せが嬉しいわけだし、雨が降るから上がったときのお天道様をありがたく感じるもの。


本庄八郎

私が社長として経営を主導してはいましたが、後ろから支えてくれる人がいなくなってしまった。支えてくれる人がいるのといないとでは、天と地ほどの差があります。だから、兄が亡くなってからの1~2年は何となく不安という状況が続きました。自分が元気なうちに後継者を育てて、社長を譲らなければいけないと思いましたね。


越智直正

現在、靴下の取り扱い点数は、カラーやサイズの違いも含めて約2万5000点はあるでしょうか。お店に行ってもらえれば分かると思いますが、とにかくたくさんの種類があります。それは、販売してみないと何がヒットするのかが分からないからです。


原田隆史

日誌をつけるポイントは、マイナスを反省するのではなく、自分で自分を褒めることです。日誌をいい意味での自画自賛ツールにするのです。仕事で上手くいったこと、いかに壁を乗り越えたか、上司からの励ましなどのメモの蓄積は、心の栄養となります。自己肯定感が高まり、自分の存在価値や居場所があることを再認識でき、スランプに陥っても振り返って読み返せば急速充電できます。


海老根智仁

仮に自分の性格の強みを「明るいところ」と答えた社員がいたとしたら、私は「世界一」という接頭語をつけてみるようアドバイスします。そして、「世界一明るい人間になるためには何をしなくてはいけないのか」を考えさせて、10項目くらいあげさせます。それを書いた紙を部屋に貼り、毎朝読み返してから出勤する習慣をつけるものいいでしょう。世界一なんて極端な考え方だと思うかもしれませんが、私の経験上、そのくらいでないと、その目標には少しも近づけません。


和田秀樹

こんなご時世では儲からないと考える人と、だからこそ儲かると考える人がいる。それだけで決定的な差になってしまう。


ページの先頭へ