名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

中澤優子(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中澤優子(経営者)のプロフィール

中澤優子、なかざわ・ゆうこ。日本の経営者。「UPQ(アップキュー)」社長。東京出身。中央大学経済学部卒業後、カシオ計算機に入社。携帯電話・スマートフォンの商品企画に携わる。携帯電話事業からの撤退を機に退社。秋葉原にカフェを開設。その後、UPQを設立。

中澤優子(経営者)の名言 一覧

利点は重要じゃないんですよ。ユーザーのみなさんに使ってみたいなと思ってもらうこと。それが大事なんです。


細部につくった人のこだわりがあれば、どこか心に引っかかるんじゃないでしょうか。


店頭でも、機種の特徴を一言で説明しないと売れません。あれこれ説明する時間はないし、お客さんも細かい説明を求めていない。プレゼンも同じだと思います。


私は私のことを好きになってもらうより、UPQの商品はいいよれって言われたい。私自身の評価や評判はどうでもいい。


UPQの仕事はライフワークとか趣味みたいなものですね。まあ、趣味といっても、私の場合は嗜む趣味ではなく、命をかけてやる趣味かな。


カシオでは、「自分が好きなものは誰でもつくれる。ユーザーが欲しいものを考えられたら商品企画として一人前」と教えられました。


「家電メーカーが何でバイク?」と聞かれることもありますが、一言で言えば「このままでは日本は世界に取り残されてしまう」という思いが開発の原動力になりました。


つくった人のこだわりが見えるといいなと思います。たとえば機械が壊れるときに、「長い間使ってくれてありがとう」というメッセージが出てきたら、ちょっとホロッとしませんか。


会社が大きくなると、ある人はカメラの一部、ある人はガラスというように分業化されて、自分が何をつくっているのか見えづらくなります。私はそれを「冷たいものづくり」って呼んでいますが、そうやってできたものはすぐ飽きられて捨てられがちです。それはやっぱり悲しいので。


何か問題が発生してつらい思いをすることはあります。そのときに「仕事だから」という割り切りでは、きっと乗り越えられない。つらいことも自分なりに咀嚼して前に進めるのは、やっぱり好きだからなのだと思います。


大手量販店の方は、モノはたくさんあるけど、目新しいものがなくて売り場がつまらなくなっているとおっしゃっていました。希少価値のあるものを置いてみたいということで、当社に声をかけてくださったようです。


日本には、高品質なパーソナルモビリティーを作る技術があるし、高齢化社会の到来など新しい移動手段へのニーズもある。なのに、法制度や規制が厳しい現状では、ほとんどの人は楽しめない。私は「今のルールの中で可能な製品」を作り出すことによって、パーソナルモビリティーの楽しさを世の中に広め、新市場の下地を一足先に作りたい。


中澤優子(経営者)の経歴・略歴

中澤優子、なかざわ・ゆうこ。日本の経営者。「UPQ(アップキュー)」社長。東京出身。中央大学経済学部卒業後、カシオ計算機に入社。携帯電話・スマートフォンの商品企画に携わる。携帯電話事業からの撤退を機に退社。秋葉原にカフェを開設。その後、UPQを設立。

他の記事も読んでみる

端田泰三

仕事のできる人間と、普通の人間。どこで線引きするかといえば、基本的には能力と人柄。そして将来どのくらい伸びるか、伸力といっていますが、伸力を重視します。伸力、人柄、そして実績でしょう。


佐々木かをり

1時間と見積もった仕事が本当に1時間で終えられるのか。終わらないなら実際は何時間必要なのか。はじめは想像で、次は予測と実態をすり合わせて仕事にかかる時間を決定し、計画するのもポイントです。繰り返し検証することで、必要時間を予測する技術が磨かれます。計画通り進めることができれば、予測と実態のズレから生じる不安やストレスが軽減され、ハッピー度も増すはずです。


下村朱美

尊い人であればあるほど、尊い仕事ができると信じています。誇りを持って仕事をし、人間性を磨いていくことも大切なことです。


松岡修造

世界のトップアスリートを指導していたスポーツ心理学者のジム・レーヤー氏から、本格的なメンタルトレーニングを受けました。最も衝撃を受けたのは、「遊んで、リラックスする時間を持て!」ということでした。それまでは、「努力」と「結果」は比例するものだと疑わず、休むことは不安要因でしかなかった。しかしレーヤー氏は、オンとオフのバランスを意識すれば体調や精神状態をいい状態に保ち、メンタルの浮き沈みに翻弄されずに済むと教えてくれた。


日覺昭廣

ソニーや富士フィルムがビデオテープを作るからと言ってついていき、私自身も米国のフィルム工場の立ち上げに関与しました。しかし、工場が完成する時期には、儲からないからと彼らはいなくなっちゃった。どうしようと慌てて、必死になって工業材料や農業向けに、フィルムの用途開拓を進めました。現地法人の今の社長は、それだけでは量が確保できないということで、徹底的なコストダウンにも乗り出しました。「ウォールーム」という部屋を作り、営業と生産の担当者が生産設備ごとに日々の限界利益を把握。固定費と合わせて分析できる仕組みを浸透させ、高収益会社に変わりました。


夏野剛

日本人は、すぐにジャンルで人を区別しようとしますよね。「私は技術屋です」とか、「あいつは事務屋だ」というふうに。でも、一人一人の能力は多種多様なわけで、どんな人だって、社会が定めた枠組みに自分の能力が収まりきるわけがありません。だったら「私は技術屋です」なんて、自分で自分の能力を限定しないほうがいい。


逢沢明

訴訟社会・アメリカの影響で、いま日本では「いかに自分の主張を通すか」に興味が集まっていて、雑誌や本でも取り上げられますよね。でもいかに話すかより、いかに聞き上手になるかのほうが戦略としては有効なんですよ。口下手でもいいじゃないですか。


前川孝雄

最近は会社からコーチングの研修を受講させられたりするので、ダメな上司も自分は聞き上手だと思い込んでいるのではないでしょうか。60分の面談でも最初の20分は部下の話に耳を傾けても、後の40分は自分がしゃべっている。部下にしてみれば「全然話を聞いてもらえない」という印象しか残りません。


栗原典裕

名前を呼ぶということは、その人の存在をはっきりと認めたということです。何度も呼ばれると、こちらに対する親近感がアップするので、積極的に呼ぶようにしましょう。会話の中に自然に取り入れるのがコツです。


南場智子

世の中や社会に貢献していきたい。新しいテクノロジーを用いて、いままで開かなかった扉を開くことで新しいデライト(驚きを伴う喜び)を届けていきたい。という理念がDeNAにはあります。そこで、もう一度、デライト中心の組織に組み直そうということで、どんな会議でどんな議題を付議する時も、まず最初に「どういうデライトのためにやるのか」を明確にさせることにしました。新規事業の提案でも、「いくら投資して、いくら稼ぎます」という数字の話ではなく、まず事業が世の中をどうデライトするのかを述べると。多少「書生」っぽいかもしれませんが、全てのコミュニケーションにおいてデライトを一番最初に持ってくる、ということを徹底しています。


小野誉之

当校では、成功事例などを共有するための教室長勉強会というものを定期的に各地域で開催しているのですが、こうした場に積極的に参加される方とそうでない方とでは、経営面で差が生まれやすいです。


高萩光紀

欧米ではオンとオフのはっきりしたメリハリを感じます。日本で24時間必死に働いているときに、欧米では2週間、3週間と夏休みをとっている。では、会社はその間、業務にならないかといえばそんなことはなく、支障がないように代替要員が働いています。実際、取引先の担当者が1か月バカンスでいなくなっても、こちらはそれまでと同じように代わりの担当者と問題なく仕事を進めることができました。