名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中澤優子(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中澤優子(経営者)のプロフィール

中澤優子、なかざわ・ゆうこ。日本の経営者。「UPQ(アップキュー)」社長。東京出身。中央大学経済学部卒業後、カシオ計算機に入社。携帯電話・スマートフォンの商品企画に携わる。携帯電話事業からの撤退を機に退社。秋葉原にカフェを開設。その後、UPQを設立。

中澤優子(経営者)の名言 一覧

利点は重要じゃないんですよ。ユーザーのみなさんに使ってみたいなと思ってもらうこと。それが大事なんです。


細部につくった人のこだわりがあれば、どこか心に引っかかるんじゃないでしょうか。


店頭でも、機種の特徴を一言で説明しないと売れません。あれこれ説明する時間はないし、お客さんも細かい説明を求めていない。プレゼンも同じだと思います。


私は私のことを好きになってもらうより、UPQの商品はいいよれって言われたい。私自身の評価や評判はどうでもいい。


UPQの仕事はライフワークとか趣味みたいなものですね。まあ、趣味といっても、私の場合は嗜む趣味ではなく、命をかけてやる趣味かな。


カシオでは、「自分が好きなものは誰でもつくれる。ユーザーが欲しいものを考えられたら商品企画として一人前」と教えられました。


「家電メーカーが何でバイク?」と聞かれることもありますが、一言で言えば「このままでは日本は世界に取り残されてしまう」という思いが開発の原動力になりました。


つくった人のこだわりが見えるといいなと思います。たとえば機械が壊れるときに、「長い間使ってくれてありがとう」というメッセージが出てきたら、ちょっとホロッとしませんか。


会社が大きくなると、ある人はカメラの一部、ある人はガラスというように分業化されて、自分が何をつくっているのか見えづらくなります。私はそれを「冷たいものづくり」って呼んでいますが、そうやってできたものはすぐ飽きられて捨てられがちです。それはやっぱり悲しいので。


何か問題が発生してつらい思いをすることはあります。そのときに「仕事だから」という割り切りでは、きっと乗り越えられない。つらいことも自分なりに咀嚼して前に進めるのは、やっぱり好きだからなのだと思います。


大手量販店の方は、モノはたくさんあるけど、目新しいものがなくて売り場がつまらなくなっているとおっしゃっていました。希少価値のあるものを置いてみたいということで、当社に声をかけてくださったようです。


日本には、高品質なパーソナルモビリティーを作る技術があるし、高齢化社会の到来など新しい移動手段へのニーズもある。なのに、法制度や規制が厳しい現状では、ほとんどの人は楽しめない。私は「今のルールの中で可能な製品」を作り出すことによって、パーソナルモビリティーの楽しさを世の中に広め、新市場の下地を一足先に作りたい。


中澤優子(経営者)の経歴・略歴

中澤優子、なかざわ・ゆうこ。日本の経営者。「UPQ(アップキュー)」社長。東京出身。中央大学経済学部卒業後、カシオ計算機に入社。携帯電話・スマートフォンの商品企画に携わる。携帯電話事業からの撤退を機に退社。秋葉原にカフェを開設。その後、UPQを設立。

他の記事も読んでみる

前田晃伸

帰宅時間が夜の12時とか1時になっても、起床時間は常に朝4時と決めています。つまり、朝4時に起床し、7時に出社して、始業までの2時間ほどを自分の時間にあてるのを日課としています。その時間には、頭の中を整理するとか、田舎の同窓会の会長の仕事や原稿執筆など、舞い込んでくる個人的な仕事を片っ端から整理しています。


島田安浩

営業でクタクタ、もうここら辺で終わりにしようと思ったとき、1件余計に足を運んでみる。すると不思議にその1件で契約が取れたりすることがある。何か困難を乗り越えると、そこに何かしら嬉しい出来事が待っていると気がついた。


佐々木常夫

そもそも世の中は理不尽なものです。まずはその現実を受け入れなくてはいけません。


永田豊志

図解で記憶すると、情報をまとまったストーリーとして理解・記憶できるので、いざ思い出そうとする時に、キーワードの1語をきっかけにして全体の情報を引き出しやすくなる。


楠木建

面白がること。面白ければ自然と続く。


文弘宣

選手の入れ替えは、社員の入れ替えと同じ。選手を切るのはつらいけど、チームを強くするためには絶対に必要。


カーネル・サンダース

この国の薄汚い安食堂ではフライドチキンをメニューに掲げていて、だいたいはサザン・フライドチキンと呼んでいる。しかしそいつはフランス式のフライ鍋で魚やエビやタマネギなんかと一緒に揚げる。私のフライドチキンはそれらと一緒にしてほしくなかった。だから私は、ケンタッキー・フライドチキンと呼ぶことにした。思い起こせば、最初にフライドチキンを提供したのもケンタッキー州だったからね。


田中通泰

このままでいたら3年間は何とかなるかもしれないが、5年後はどうなるか分からない。食を扱う企業として安全・安心はもちろん、変化するニーズに対応できなければ生き残れない。


上西京一郎

「ディズニーのテーマパークは永遠に完成しない」というウォルト・ディズニーの言葉があるとおり、3千万人来ていただくことは事業としては良いことですが、それでいい、ということにはなりません。絶えず魅力を上げてリピーターになっていただくために、さまざまな視点で満足度を高められるよう考えています。


森田俊作

読んだ本の情報は、主にエクセルを使って整理するのが習慣になっていますね。15年来続けている読書整理術で、1冊の本をひと言で要約できるまでまとめていきます。頭を整理するいい訓練になります。

  1. 朝、出社してすぐに、前日に読んだ本の中で心に残る一文やキーワードをすべて章ごとに「箇条書き」にする。
  2. 抜き出した言葉を読み返して、各章を要約する。
  3. 最終的に1冊の本を30文字ぐらいに要約する。

高橋晋平

嫌われてそうと感じる相手には、逆に懐に飛び込む。話せば相手の立場がわかったり、イメージと違う面も知ることができる。思い込みを捨てられます。


平井一夫

こんな時期だからこそ、なるべくトップマネジメントが現場に行って、いかに従業員の皆さんのモチベーションを上げるかが大事だと思っています。これをやらないと本当に人心は離れていってしまいます。