名言DB

9412 人 / 110637 名言

中澤優子(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

中澤優子(経営者)のプロフィール

中澤優子、なかざわ・ゆうこ。日本の経営者。「UPQ(アップキュー)」社長。東京出身。中央大学経済学部卒業後、カシオ計算機に入社。携帯電話・スマートフォンの商品企画に携わる。携帯電話事業からの撤退を機に退社。秋葉原にカフェを開設。その後、UPQを設立。

中澤優子(経営者)の名言 一覧

利点は重要じゃないんですよ。ユーザーのみなさんに使ってみたいなと思ってもらうこと。それが大事なんです。


細部につくった人のこだわりがあれば、どこか心に引っかかるんじゃないでしょうか。


店頭でも、機種の特徴を一言で説明しないと売れません。あれこれ説明する時間はないし、お客さんも細かい説明を求めていない。プレゼンも同じだと思います。


私は私のことを好きになってもらうより、UPQの商品はいいよれって言われたい。私自身の評価や評判はどうでもいい。


UPQの仕事はライフワークとか趣味みたいなものですね。まあ、趣味といっても、私の場合は嗜む趣味ではなく、命をかけてやる趣味かな。


カシオでは、「自分が好きなものは誰でもつくれる。ユーザーが欲しいものを考えられたら商品企画として一人前」と教えられました。


「家電メーカーが何でバイク?」と聞かれることもありますが、一言で言えば「このままでは日本は世界に取り残されてしまう」という思いが開発の原動力になりました。


つくった人のこだわりが見えるといいなと思います。たとえば機械が壊れるときに、「長い間使ってくれてありがとう」というメッセージが出てきたら、ちょっとホロッとしませんか。


会社が大きくなると、ある人はカメラの一部、ある人はガラスというように分業化されて、自分が何をつくっているのか見えづらくなります。私はそれを「冷たいものづくり」って呼んでいますが、そうやってできたものはすぐ飽きられて捨てられがちです。それはやっぱり悲しいので。


何か問題が発生してつらい思いをすることはあります。そのときに「仕事だから」という割り切りでは、きっと乗り越えられない。つらいことも自分なりに咀嚼して前に進めるのは、やっぱり好きだからなのだと思います。


大手量販店の方は、モノはたくさんあるけど、目新しいものがなくて売り場がつまらなくなっているとおっしゃっていました。希少価値のあるものを置いてみたいということで、当社に声をかけてくださったようです。


日本には、高品質なパーソナルモビリティーを作る技術があるし、高齢化社会の到来など新しい移動手段へのニーズもある。なのに、法制度や規制が厳しい現状では、ほとんどの人は楽しめない。私は「今のルールの中で可能な製品」を作り出すことによって、パーソナルモビリティーの楽しさを世の中に広め、新市場の下地を一足先に作りたい。


中澤優子(経営者)の経歴・略歴

中澤優子、なかざわ・ゆうこ。日本の経営者。「UPQ(アップキュー)」社長。東京出身。中央大学経済学部卒業後、カシオ計算機に入社。携帯電話・スマートフォンの商品企画に携わる。携帯電話事業からの撤退を機に退社。秋葉原にカフェを開設。その後、UPQを設立。

他の記事も読んでみる

三谷宏治

コンサルタントとして相手に信頼されるためには、「この人は役に立つ」と思ってもらうことが必要です。加えて、「嘘をつかない」「誠実である」といった人間性も求められる。そして、自分がこの二つを併せ持つ人間であることを示すには、実は「相手にとって嫌なことも、ちゃんと指摘できること」が重要なのです。すると相手も、「この人なら、自分たちが普段見落としていることに気づいて、フィードバックしてくれる」と思ってくれるかもしれない。そうすれば、私は相手にとって役に立つ人間になれるのです。


上野和典

当社の優秀な企画マンは、自分の考えのみに固執せず、人の考えを噛み砕いて、再構築し、見事に自分のものにしています。


定保英弥

ホテルの原点は、やはり現場。現場での濃密な経験は、仕事の本質を知るうえで、かけがえのないものだった。


貞末良雄

満身創痍でやってきた経営者でないと、直感力とかカンというものは養われない。


市川憲和

お客様からのご要望があれば何でもやるので総花的ではありますが、多面多様であることが特徴かもしれません。


吉永泰之

スバルは、昔から「いいクルマをつくっている」という評価をいただいてきました。しかし、その評価が必ずしも売上げに結びついてきませんでした。その理由をひと言でいえば、お客様が求めるクルマをつくろうという意識が低かったのです。たとえば、現在、米国で人気の高い「レガシィ」は、以前のモデルではアメリカ人のお客様が乗ると、正直いって車内が狭かった。そういうご不満も寄せられていました。しかし、かつてのスバルはそうしたお客様の声に耳を傾けようとしてきませんでした。これではいかんということで、車高、車幅、車長のいずれも一回り大きくしてグローバルサイズに変更したのです。これはほんの一例にすぎませんが、このようにお客様の視点に立ってさまざまな修正を加えたことが、爆発的な売行きにつながったのです。


ジム・ロジャーズ

企業の年次報告書は多くのことを語る。それを詳細に分析することも重要である。私はまず「利益率」を見ている。その企業に競争力があるかどうかがわかるからだ。


北澤俊和

たしかに、最近の新入社員の言動には、不可解なことが多いです。新入社員指導に悩み「いったいどんな指導をしたらいいのでしょうか」と聞かれることがよくあります。そんなとき私は「あなたにはどんな能力があるのですか」と聞き返します。要するに問題は、後輩を指導できるだけの能力を持っているかなのです。能力もない先輩の言葉には、何の説得力もありません。


ブッダ(釈迦)

貪りと怒りと愚かさを捨て、諸々のしがらみを断ち、命が尽きるのを恐れず、犀(サイ)の角のように、ただひとり歩め。


松本晃(経営者)

会社の中に、知られてはいけない秘密なんてないんです。一つだけの例外は、インサイダー情報です。コンプライアンスを守っていれば、他には何も隠すことはないはず。オープンにしたほうが社内のコミュニケーションが良くなり、ムダも省け、仕事も速くなります。


望月洋介

社内にIT技術者が少ないのも問題。社内にIT技術者がいれば「ちょっとやってみようか」ですぐに検証できる。社外のIT企業に頼めばいいという考え方もありますが、「発注する」というプロセスでいちいち中断する。こんなスピード感では他社に負ける。


鳥居正男

過去18年間、3社の外資系製薬企業の日本法人を経営してきました。その経験から言えば、会社の大小に関係なく、社員は常に一生懸命頑張ってくれています。当然のことながら、その担当の仕事に関しては社長より社員の方が効率的に遂行できます。ですから、いかに社員に仕事を気持ちよくやってもらうかに腐心しています。


依田平

日本経済の行方といった大きなテーマで考えてみれば、いつまでも働くことができる、生きがいのある毎日が送れる環境を整えれば、年金に頼らない暮らしの実現も可能となる。社会保障の行方を案じる前に、いつまでも収入を得ることができる社会の実現に、寄与することも経営者としての責任ではないでしょうか。


ジェームズ・C・コリンズ(ジム・コリンズ)

コスト削減は「企業文化」だということです。たとえば米サウスウエスト航空は、好不況問わず、常にコスト管理を徹底しています。同社はコスト削減が企業文化として埋め込まれているのです。危機に見舞われてコストを減らさなければと慌てる会社とは違います。


高田明(ジャパネットたかた)

今を一生懸命、300%の力で頑張ってきましたから、結果が良くても悪くても受け入れられる。受け止めたら、いつのまにか乗り越えている。