中澤優子(経営者)の名言

中澤優子(経営者)のプロフィール

中澤優子、なかざわ・ゆうこ。日本の経営者。「UPQ(アップキュー)」社長。東京出身。中央大学経済学部卒業後、カシオ計算機に入社。携帯電話・スマートフォンの商品企画に携わる。携帯電話事業からの撤退を機に退社。秋葉原にカフェを開設。その後、UPQを設立。

中澤優子(経営者)の名言 一覧

利点は重要じゃないんですよ。ユーザーのみなさんに使ってみたいなと思ってもらうこと。それが大事なんです。


細部につくった人のこだわりがあれば、どこか心に引っかかるんじゃないでしょうか。


店頭でも、機種の特徴を一言で説明しないと売れません。あれこれ説明する時間はないし、お客さんも細かい説明を求めていない。プレゼンも同じだと思います。


私は私のことを好きになってもらうより、UPQの商品はいいよれって言われたい。私自身の評価や評判はどうでもいい。


UPQの仕事はライフワークとか趣味みたいなものですね。まあ、趣味といっても、私の場合は嗜む趣味ではなく、命をかけてやる趣味かな。


カシオでは、「自分が好きなものは誰でもつくれる。ユーザーが欲しいものを考えられたら商品企画として一人前」と教えられました。


「家電メーカーが何でバイク?」と聞かれることもありますが、一言で言えば「このままでは日本は世界に取り残されてしまう」という思いが開発の原動力になりました。


つくった人のこだわりが見えるといいなと思います。たとえば機械が壊れるときに、「長い間使ってくれてありがとう」というメッセージが出てきたら、ちょっとホロッとしませんか。


会社が大きくなると、ある人はカメラの一部、ある人はガラスというように分業化されて、自分が何をつくっているのか見えづらくなります。私はそれを「冷たいものづくり」って呼んでいますが、そうやってできたものはすぐ飽きられて捨てられがちです。それはやっぱり悲しいので。


何か問題が発生してつらい思いをすることはあります。そのときに「仕事だから」という割り切りでは、きっと乗り越えられない。つらいことも自分なりに咀嚼して前に進めるのは、やっぱり好きだからなのだと思います。


大手量販店の方は、モノはたくさんあるけど、目新しいものがなくて売り場がつまらなくなっているとおっしゃっていました。希少価値のあるものを置いてみたいということで、当社に声をかけてくださったようです。


日本には、高品質なパーソナルモビリティーを作る技術があるし、高齢化社会の到来など新しい移動手段へのニーズもある。なのに、法制度や規制が厳しい現状では、ほとんどの人は楽しめない。私は「今のルールの中で可能な製品」を作り出すことによって、パーソナルモビリティーの楽しさを世の中に広め、新市場の下地を一足先に作りたい。


中澤優子(経営者)の経歴・略歴

中澤優子、なかざわ・ゆうこ。日本の経営者。「UPQ(アップキュー)」社長。東京出身。中央大学経済学部卒業後、カシオ計算機に入社。携帯電話・スマートフォンの商品企画に携わる。携帯電話事業からの撤退を機に退社。秋葉原にカフェを開設。その後、UPQを設立。

他の記事も読んでみる

ウィリアム・A・コーエン

ドラッカーは利益を出すこと自体を否定していたわけではありません。どこかの時点で黒字は達成しなければならないと考えていました。そうでなければ、企業は成り立ちませんから。しかし、利益の最大化だけを目的とし、すべての側面でそれを論理的な結末にしようとすると、社員を解雇したりして利用するだけで、彼らのためになることをやらなくなる。その矛先が経営陣に向けられることもあるでしょう。いずれにしても、お粗末な戦略としか言いようがありません。


トマス・ホッブズ

人間の欲望は無限に膨らむ。


古森重隆

戦略や戦術が正しかったか、実行力があったかはすべて数字(結果の数値)で見ることができる。


佐藤昌弘(コンサルタント)

雑談をするためにトレンド情報を一生懸命仕入れている営業マンがいます。たしかに雑談は大切ですが、私はそこまでする必要はないと考えます。お客様が興味を持たない場合が遥かに多いですし、付け焼刃で仕入れた情報を話したところで、底の浅さを見透かされるだけです。


長榮周作(長栄周作)

一度や二度却下されたくらいで諦めたりせず、何度でも挑戦して上司を攻略しなさい。A案が駄目ならB案、それが駄目ならC案を出して、上司が首を縦に振るまで粘り続け、工夫し続けなさい。


平田雄一郎

顧客が喜ぶことは何かを真剣に考え続けてきただけ。宣伝したことは一度もない。


矢野博丈

お客さんの買い物スタイルが変わったら、当然、それに合わせて店づくりも工夫する必要があります。安ければそれだけで商品を買ってもらえる時期は過ぎました。安さが当たり前になれば、お客さんの要求はもっと高くなります。


柴田昌治(コンサルタント)

「この部門のやり方はおかしいんじゃないか」といった発見は、外から入ってきた人だからこそできる。


川村隆

日々の小さなことでも、自分が最終意思決定者であることを意識しながら、会社や人生の様々な場面で、経験を積むことが大事。


星野明宏(ラグビー指導者)

制約と捉えれば「勝てなくてもしょうがない」という雰囲気が蔓延する。他校と比べて「これが足りない」と言い出してもしょうがない。制約ではなく前提条件。そう捉えることで初めて、スタートラインに立てる。学業でもビジネスでも同じでしょう。


岩城賢

1994年、ソニーを離れてソニー生命保険社長に転じました。生保事業を率いてまず考えたのは、いかにソニーらしさを出すかということです。ソニーの創業者の盛田昭夫氏の発案で始まった生命保険事業でしたし、金融界では小さい存在ながら社内は活気にあふれていました。独自性を高めようと知恵をしぼりました。


小松俊明

同じ仕事をする先輩・後輩が会社の壁を越えて話し合えることは本当に刺激になる。


中西英一(経営者)

ミクロン単位の加工ができるのは日本だけ。緻密な作業は日本人が適している。


森川宏平

これまでのような自前主義が事業拡大の足かせになっているのであれば、そこは外さないといけない。提携ありきではないが、提携なしで成長のストーリーを描けないのであれば、重要な選択肢となる。


石川康晴

崖っぷちに追い込まれた時、パナソニック創業者である松下幸之助さんの本を読みました。そこには「世間は正しい」と書いてありました。では、世間は何を正しいと思っているのか、赤字に追い込まれたことで初めて考えるきっかけができました。


ページの先頭へ