名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中澤信雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中澤信雄のプロフィール

中澤信雄、なかざわ・のぶお。日本の経営者、教育者。「東京コーパス総合研究所」代表。熊本県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、野村證券に入社。常務、専務、国際証券社長、三菱証券社長、国際投信投資顧問会長、事業創造大学院大学学長、東京コーパス総合研究所代表を務めた。

中澤信雄の名言 一覧

起業とかビジネスで成功するのは頭のいい人だ、と思っている人が大半だと思います。でも、創業してスマートに事を運ぶ人なんて見たことありません。私の知る限り、生き残る経営者は頭よりも精神や信念が強い人です。


創業経営者というと聞こえはいいです。でも、残念ながら夢破れていなくなってしまう人がほとんど。創業10年たって残る会社は、ほんの一握りです。それに比べて、勤めている会社の応援を得ながら独立した人は、生き残る碓率が高いように思います。


中澤信雄の経歴・略歴

中澤信雄、なかざわ・のぶお。日本の経営者、教育者。「東京コーパス総合研究所」代表。熊本県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、野村證券に入社。常務、専務、国際証券社長、三菱証券社長、国際投信投資顧問会長、事業創造大学院大学学長、東京コーパス総合研究所代表を務めた。

他の記事も読んでみる

五十嵐明

この中に、勉強する気がなくなったやつがいるそうだ。だが、人間、生きている間は勉強し続けるものだ。勉強する気のないやつなど、生きている意味はない。だから、そういうやつは俺が殺してやる。


川野幸夫

私どもヤオコーの店長は、まずは店主なんです。自分たちのお店はどういう商売をしていくのかということから考えます。その店長一人で考えるのではなくて、店舗のスタッフ皆で参加をしてもらい、その地域のお客様にあった商売をしてもらおうということです。だからまずは自分たちの商売を店長が考える。そしてそれを実現するためのマネジメントをどうしていくのかと主体性を持って考える。当然、それを決める権限が与えられています。お客様のことを考えたら結果的に個店経営に行き着いたのです。


マーク・カガヤ

正しいのか分からないまま生きてきて、この先も生きていくけど、やってく中で積み重なるものはわずかにある。分からないままに進むことを受け入れただけなんだ。


柴山政行

数年前、私は「たい焼きが焼ける会計士」という風変わりな肩書を持っていた。会計士として独立すべく、5年間務めた監査法人を退職。しかし経営者の実体験を積まないままの独立には自分自身、万全ではないという思いがあった。帳簿を見て判断する会計士の仕事はできても、事業についての体系的な経験がないため、どこか腰が据わっていない。単なる帳簿屋にはなりたくないという思いが強かった。また、撤退の経験もしておきたかった。そこでたい焼き屋を開業した。


大前研一

一から十をやれば問題解決ができるとわかっていても、当事者にそれを実行するだけの能力がなければ、絵に描いた餅で終わってしまう。そういう場合は相手を見て、できる範囲のことだけを提言し、それができたら次はこれというように、順番を考えて少しずつ前に進めていけばいい。これは個人の問題解決でも同じだ。


宮内義彦

オリックスはかねてからリスクを見極めて新しいことにチャレンジしていくことが伝統になっています。


美崎栄一郎

自分にとって大事な情報は、工夫や経験によって生まれます。そのことを、ノートに残していくというスタンスが大事です。それらは、インターネットでは検索できない情報だからです。


棚橋弘至

情報は簡単には伝わらない。地方会場での試合後、コンビニなどに立ち寄ると、僕に気づいて「あれ、棚橋選手、なんでここにいるんですか?」と声をかけてくださる方がいます。ということは、公式HPや選手のブログ、ツイッターなどで何度も告知しているにもかかわらず、僕を知っているくらいのプロレス好きな方にさえ、当日近くで興行があるという情報が伝わっていないわけです。ましてや、プロレスファンでない人に至っては……という話です。繰り返し繰り返し情報を伝える作業をしなければいけないし、それでも情報は伝わらないものなんだと痛感しました。


リンダ・グラットン

若者の失業を減らすには、大学が単なる学問の府から脱して、仕事につながる教育や訓練を提供しなければなりません。


大西洋

本当は「社長が行けと言ったから海外出張に行く」とか「社長がやれと言ったから新しい事業をやる」というのは、いいことだとは思いません。やはり組織全体が常にイノベーションをしている中で、新しい事業が組み立てられていくというのがあるべき姿です。今年はイノベーションのマインドを持った人材を育てるための人材投資をやっていきたいと思っているのですが、ここがいま、社長として一番苦労している点ですね。


森崎博之

この企画(舞台『PARAMUSHIR~信じ続けた士魂の旗を掲げて』)自体は、実はもう10年くらい前から温めていたんです。ただ、なかなか骨太な題材なので形にできずにいたんですけど、メンバーも全員40代になりましたし、今回は勇気を持って挑んでいこうと。


鍵山秀三郎

目的や目標は日常でなすべきことをきちんとやれば、自然に見えてくると思います。普段やるべきことをやっていない人が掲げるのは欲望です。多くの人が挫折してしまうのも、自分の欲望を目的・目標と勘違いしているからではないでしょうか。