名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

中澤佑二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中澤佑二のプロフィール

中澤佑二、なかざわ・ゆうじ。日本のサッカー選手。埼玉県出身。高校卒業後、ブラジルへのサッカー留学などを経て東京ヴェルディ、横浜F・マリノス、日本代表チームなどで活躍。Jリーグ新人王、Jリーグ最優秀選手賞ほか多数のタイトルを獲得。日本代表キャプテンを務めた。

中澤佑二の名言 一覧

高校卒業後、スポーツバッグひとつでブラジルに行きました。すると、「裸でやれ」って言うんですよ。「いや、それはムリ」って断ったら、ボロボロの練習着を渡された。「オマエは日本人だからこれを着ろ!」ってね。他の選手たちは皆、ピカピカのユニホームを着ているんです。オレだけ破れたシャツやインナーが見える裂けたパンツ。まるでチャイナドレスですよ。そんなことばかりだから、最初の3か月はずっと日本に帰りたいと思っていた。サッカーもうまくならないし。でも夢があったからランニングにしても、ずっと先頭で走っていた。すると、いつの間にかほかの選手が声をかけてくれるようになり、練習でもパスがくるようになったんです。そのときに思いました。ふてくされずにまじめに頑張っていたら、いつかは認めてくれるんだなって。それは日本もブラジルも同じかもしれないですね。


中澤佑二の経歴・略歴

中澤佑二、なかざわ・ゆうじ。日本のサッカー選手。埼玉県出身。高校卒業後、ブラジルへのサッカー留学などを経て東京ヴェルディ、横浜F・マリノス、日本代表チームなどで活躍。Jリーグ新人王、Jリーグ最優秀選手賞ほか多数のタイトルを獲得。日本代表キャプテンを務めた。

他の記事も読んでみる

野田一夫

志とは、壮大で、かつ感動を伴うことを、事前にやり切ると心に誓うことから始まる。


高橋政史

人の思考と行動は「フレーム(枠)」によって大きく左右されます。たとえば道路にセンターラインがなければ、クルマを直進させるのは難しいでしょう。書類では「フォーマット」と言い換えられます。運転と同じように、人間の思考もフレームやフォーマットに沿って進めることで、ブレを最小限にしつつ、情報整理を早くすることができます。


広津崇亮

生物を使ったほうが素晴らしい結果を得られる場合もあるんです。最近は「AIを使うともっと凄いことができますか?」という質問を受けますが、私からすると線虫そのものがAIより凄いので、生物を使ってもっと凄いことができますよ、とお答えしています。


平松庚三

以前、元ライブドア社員たちの同窓会に出席した。ライブドアOBは、いまや社会のいろんなところで活躍している。びっくりしたのは、150人ぐらい集まった中で、「社長」の名刺を持っている者が30人もいたことだ。だから、僕は思う。ちょっと品のない表現になるが許してほしい。会社に残ろうが外に出ようが、そんなことは関係ない。あのころのライブドアには、「タマを抜かれた奴」は一人もいなかった。一時でも会社を預かった者にとって、こんなにうれしいことはない。


徳重徹

よく「海外で営業するのは大変でしょう?」と聞かれますが、私はむしろ海外のほうがセールスはしやすいと感じています。なぜなら、海外では日本企業の価値が高いからです。とくに私たちが勝負をかけている東南アジアや南アジアでは、「日本製品は品質が良い」「アフターサービスも行き届いていて安心」といった好印象を持たれています。なぜ他の日本企業は、このアドバンテージを活用して積極的に海外へ打って出ないのか不思議なほどです。


三木谷浩史

肝心なのは、マクロトレンドがどうなっているのかに着目すること。


マイケル・ゲルブ

あなたは奥さんやご主人、子供や友人、顧客、同僚、上司、部下から定期的に感想を求めることにより、好奇心を強化し、自己認識を深めることができる。次のように尋ねてみよう。私の弱点、自分では気が付かない短所、改善すべき点は何か。私の長所、美点は何か。その答えをノートに書き留めて、あとでじっくり考えるのだ。


佐々木常夫

苦しいとき、つらいとき、それを悲観的に考えてみたところで、何の解決にもなりません。それよりも、運命なのだから自分が引き受けざるをえないではないかと考えると、肚が据わります。自分の中で覚悟が定まることで、真摯に事に取り組む底力のようなものが湧いてくる。


久保田万太郎

人間、バカは構いません。だが、義理を知らないのはいけません。


梶村尚史

朝起きて楽しいことがあると思えば、スッキリ目覚めやすい。脳の興奮も、朝ならむしろ歓迎。


廣瀬禎彦

ビジネス英語の会話はテーマが具体的で、なおかつ直接話法で話せばいいので、相手の言っていることさえ聴き取れれば、それほど難しくありません。


江上剛

私もそうですが、日本人は、周りに助けてもらうことを期待しつつ、頼れないこともどこかで分かっている民族なんです。不安定な季節感の中で生きていますから。不平不満を言うよりも、満足しながら仕事を楽しむ。それぞれの世代がその姿を見せ合うような生き方をしていれば、きっと、いろんな広がりが出てくるのではないでしょうか。