名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中澤佑二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中澤佑二のプロフィール

中澤佑二、なかざわ・ゆうじ。日本のサッカー選手。埼玉県出身。高校卒業後、ブラジルへのサッカー留学などを経て東京ヴェルディ、横浜F・マリノス、日本代表チームなどで活躍。Jリーグ新人王、Jリーグ最優秀選手賞ほか多数のタイトルを獲得。日本代表キャプテンを務めた。

中澤佑二の名言 一覧

高校卒業後、スポーツバッグひとつでブラジルに行きました。すると、「裸でやれ」って言うんですよ。「いや、それはムリ」って断ったら、ボロボロの練習着を渡された。「オマエは日本人だからこれを着ろ!」ってね。他の選手たちは皆、ピカピカのユニホームを着ているんです。オレだけ破れたシャツやインナーが見える裂けたパンツ。まるでチャイナドレスですよ。そんなことばかりだから、最初の3か月はずっと日本に帰りたいと思っていた。サッカーもうまくならないし。でも夢があったからランニングにしても、ずっと先頭で走っていた。すると、いつの間にかほかの選手が声をかけてくれるようになり、練習でもパスがくるようになったんです。そのときに思いました。ふてくされずにまじめに頑張っていたら、いつかは認めてくれるんだなって。それは日本もブラジルも同じかもしれないですね。


中澤佑二の経歴・略歴

中澤佑二、なかざわ・ゆうじ。日本のサッカー選手。埼玉県出身。高校卒業後、ブラジルへのサッカー留学などを経て東京ヴェルディ、横浜F・マリノス、日本代表チームなどで活躍。Jリーグ新人王、Jリーグ最優秀選手賞ほか多数のタイトルを獲得。日本代表キャプテンを務めた。

他の記事も読んでみる

プラトン

少年たちの勉学を強制と厳格さによりて訓練せず、彼らに興味をいだかせるべく導くならば、彼らは心の張りを発見せん。


杉本勇次

日本企業は過去の成功体験やしがらみに縛られて、自ら制約を課しているように感じます。そういう状況で、新しい視点を持った我々のような者が経営に参画すると、従来の枠にとらわれない新しい大胆な発想でお手伝いできます。非常に高い潜在力がありながら、なかなか生かしきれていないのを引き出すことが役割だと感じています。


和田秀樹

仮に最悪に感じる上司であっても、彼を見返すためにあなたが必死で頑張って自分の力が伸びたのなら、その人物は「悪い上司」ではないのかもしれません。


中山雅史

ケガかストレスになっているのは、サッカーをやれているからなんですよ。だから、「ああ、ここかもっとよくなってくればいいのに」「もうちょっとここで足が伸ばせればいいのに」「股関節に柔軟性が出てくれば」とイライラすることもできる。それも現役だからこそ。そう思うと、ほら、すごく幸せなことでしょう(笑)。


神永正博

世の中で今何が起きているのか、その検証に、統計を使うことは欠かせません。しかし、その統計で全てを実証することはできません。ただ、正規分布などの知識を持っていれば、今が平時なのか異常なのかを見極める助けになります。限界と効用を理解した上で統計を使えば、ムードに流されて判断することを避けられるでしょう。


大貫卓也

『TSUBAKI』は単なるネーミングではなく、女性像(これからの日本女性の象徴)であり、商品特性(椿油から抽出した美容オイルが入っている)であり、資生堂そのもの(花椿マークは資生堂の象徴)なんです。商品コンセプトとして僕がまず考えたのは、「日本発」ということでした。競合商品はアジアや欧米の美しさをコンセプトにしていましたが、資生堂ならやはり目の前にある日本の美しさだろうと。


松本人志

演技で笑わそうとするのと本気で笑わせにかかるのでは、まったく違って映るもの。


平岡常男

アイデンティティを育むためには、社員同士の結びつきがとても重要です。最近の人はメールで何でもやりとりしますが、メールで仕事ができること自体、面と向かって仕事をしてきた私からすればとても不思議です。それが時代の流れですし、正しいことなのでしょうが、時々心配になることもあります。ただ、当社には141年という歴史があるから、アイデンティティをあえて意識しなくても、社員同士が結びついていられるのではないかと思っています。


渡邊陽一

売り上げを伸ばしている起業家を分析してみると、多くが自社商品を持っています。オリジナルの商品がほしいと考えていた時、あることに閃いたのです。インターネットと講演、これだ! 自分の中では、まさに大きな金脈を掘り当てた瞬間でした。


宇佐美里香

北島(康介)選手についての本を読んだときには、とても参考になるエピソードにも出会いました。その本によれば、北島さんのコーチは、オリンピックを視野に入れて、前段階の試合にはあえてコンディションを調整せずに臨ませ、どんな状況下でも戦えるよう経験を積ませたそうです。すべての試合をベストコンディションでやろうとするのでなく、あくまで目標とする試合に焦点を合わせて、ピークをそこに持っていく。途中の試合は通過点と考える。勝つためにはそういうやり方もあるんだと気づいたことが、2012年の世界選手権で戦うときに役に立ちました。


寺沢大介

僕も『ミスター味っ子』を描くまでは、食に興味があったわけではないんです。この作品は企画もので、子供が料理人に喧嘩を売って勝つという筋立ては決まっていた。絵を誰に任せるかということで、選ばれたのが新人の自分。読者層に合った子供らしい絵を描けるので選ばれたそうです。味吉(あじよし)少年が繰り出す料理の秘策は、主婦向けの料理本などから拾っていました。当時の編集部には料理専用の書庫があったんです。そんな僕も画業30年余。昨年から1年かけて全国で原画展を開きました。僕の漫画を読んで料理人になった人もいて、そういう話を聞くと嬉しくなります。


飯島彰己

私は南アの人種差別があった時代と、なくなった時代と両方を見ることができました。そのどちらの時代にも良い点も、悪い点もある。それがコントラストとしてわかったという体験があります。そうした外の変化を見て、新たなヒントを得る。それを肌感覚で感知することが大事。