名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中溪正樹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中溪正樹のプロフィール

中溪正樹、なかたに・まさき。エア・ドゥ(北海道国際航空)社長。日本航空を経て技術ブレーンとしてエア・ドゥ(北海道国際航空)に移籍。同社で社長を務めた。日本ビジネス航空協会副会長

中溪正樹の名言 一覧

経営者は森を見ろと言います。しかし、一本一本の木が見分けられない状況で、森を見ても意味はありません。必要に応じて現場に入っていき、より良い知恵を共に生み出そうと努めることが重要です。


エア・ドゥはゼロから一つの航空会社を築き上げるのですから、現場と一緒に知恵を出していかなければ、就航すら難しかったでしょう。


能力か権力か自問自答しているからといって、常に正しい判断を下せるわけではありません。しかし、率いられる部下の立場からすると、自問自答ができる上司の方が望ましいでしょう。自問自答どころか、もともと能力がない人が権力を持ってしまったら、これは祭り上げてしまうしかないですね。


能力と権力は明らかに異なるのに、世の中にはそれらを区別できない人がいます。自分では能力を発揮したつもりでも、周囲からは権力の乱用としか映らない。ですから私は、部下に何らかの指示を示したあと、「いまの指示は本当に能力によるものか、権力ではなかったか」と自問自答するよう心掛けてきました。


日本航空の関連会社からエア・ドゥへと職場が変わる中で、私は一貫してある人生訓を持ち続けてきました。それは、「能力は最大限に、権力は最小限に」です。経営者や中間管理職が仕事をするとき、能力を使えば使うほど周囲を幸せにします。経験に裏打ちされた知識を活かし、適切なアドバイスをすれば、部下はより良い成果を上げることができるからです。一方、権力は行使すればするほど周囲を害します。


中溪正樹の経歴・略歴

中溪正樹、なかたに・まさき。エア・ドゥ(北海道国際航空)社長。日本航空を経て技術ブレーンとしてエア・ドゥ(北海道国際航空)に移籍。同社で社長を務めた。日本ビジネス航空協会副会長

他の記事も読んでみる

荒川詔四

日本の生きる道はビジネスモデルの開発にある。タイヤをつくって売るだけでなく、もう一度事業の周りを見直して、どうビジネスを再構築できるかと。


板尾創路

日記はぜひ書いてみてほしい。後で読めば、歳を重ねて変化していく自分というものが客観的にわかりますからね。


ゲーテ

人間は、なんと知ることの早く、行うことの遅い生き物だろう!


堀久作

サイレント(無声映画)からトーキー(有声映画)への転換を図るが、借金は200万に膨れ上がった。なぜそんな大金を借りられたか。またなぜ貸したかというと、賃借のことで私が微塵も嘘をつかなかったということだろう。
【覚書き:日活を買収し企業再建を始めた際、千葉銀行から多額の資金を融資を得られたことについての回顧】


山口周

私の中で自伝はビジネス書の位置づけ。私の専門は組織開発や人材育成なので、とてつもないことを成し遂げた人が何を考え、自らのキャリアをどう切り開いてきたのかということが仕事のヒントになるのです。


築山節

朝、脳を目覚めさせるときは、体を動かして脳に血液をめぐらせることをお勧めしますが、夜は逆です。脳に強い刺激を与えると、脳に血液が上がってきて頭が冴えてしまいます。夜9時以降の食事も控えた方がいいでしょう。食事をすると、胃の周辺に血液が集まるので、逆に手足が冷えてしまいます。


安達稔

経営者も社員も夢を持つことは大切ですが、単にお金儲けをして裕福になりたいというような夢では、日本はよくならない。マイナスの夢をいくら足しても、マイナス点しか出ません。夢の中にはやはり志とか使命感が必要です。夢と志、使命感をかけ合わせていく。これが非常に重要だと思うのです。


星野佳路

当社のような接客業の場合、スタッフひとりひとりが、お客様と接する短い時間にどう判断し、対応するかでお客様の満足度が決まり、施設全体の評価に直結します。自分が犯したミスにしっかり向き合う人は、確実にお客様への対応力が上がり、会社にとって欠かせない人材になる。


永守重信

私たちの会社は「1兆円企業」になった。世界で勝てる「10兆円企業」を目指すなら、変わらなければならない。脱皮しない蛇は死ぬ。


近藤太香巳

数字はしっかり説明できるようにしておいた方がいい。自社にとってアピールできる数字はどんどん使っていくべき。それが商品の説得力につながるから。


木瀬照雄

事業を革新したり、企業理念を考えるうえで私が重要だと思うのは、こうありたいという未来から逆算してものごとを見ることです。そのためには人間の普遍的な思いや心の機微を理解することが必要です。


柳井正

店長より、現場のスタッフの方がよく知っている。やらせて、やって、シェアして勉強する。店長はスタッフを守り、スタッフは仲間を信じ店長を支えてもらいたい。