名言DB

9412 人 / 110637 名言

中溪正樹の名言

twitter Facebook はてブ

中溪正樹のプロフィール

中溪正樹、なかたに・まさき。エア・ドゥ(北海道国際航空)社長。日本航空を経て技術ブレーンとしてエア・ドゥ(北海道国際航空)に移籍。同社で社長を務めた。日本ビジネス航空協会副会長

中溪正樹の名言 一覧

経営者は森を見ろと言います。しかし、一本一本の木が見分けられない状況で、森を見ても意味はありません。必要に応じて現場に入っていき、より良い知恵を共に生み出そうと努めることが重要です。


エア・ドゥはゼロから一つの航空会社を築き上げるのですから、現場と一緒に知恵を出していかなければ、就航すら難しかったでしょう。


能力か権力か自問自答しているからといって、常に正しい判断を下せるわけではありません。しかし、率いられる部下の立場からすると、自問自答ができる上司の方が望ましいでしょう。自問自答どころか、もともと能力がない人が権力を持ってしまったら、これは祭り上げてしまうしかないですね。


能力と権力は明らかに異なるのに、世の中にはそれらを区別できない人がいます。自分では能力を発揮したつもりでも、周囲からは権力の乱用としか映らない。ですから私は、部下に何らかの指示を示したあと、「いまの指示は本当に能力によるものか、権力ではなかったか」と自問自答するよう心掛けてきました。


日本航空の関連会社からエア・ドゥへと職場が変わる中で、私は一貫してある人生訓を持ち続けてきました。それは、「能力は最大限に、権力は最小限に」です。経営者や中間管理職が仕事をするとき、能力を使えば使うほど周囲を幸せにします。経験に裏打ちされた知識を活かし、適切なアドバイスをすれば、部下はより良い成果を上げることができるからです。一方、権力は行使すればするほど周囲を害します。


中溪正樹の経歴・略歴

中溪正樹、なかたに・まさき。エア・ドゥ(北海道国際航空)社長。日本航空を経て技術ブレーンとしてエア・ドゥ(北海道国際航空)に移籍。同社で社長を務めた。日本ビジネス航空協会副会長

他の記事も読んでみる

松本晃(経営者)

お客様は複雑に考えてはいない。シンプルな感覚が、本質を見抜いているともいえます。


小宮一慶

これぞという本を見つけたら、とにかく繰り返し読んでください。私は幸之助さんの『道をひらく』を寝る前に2~3項目読んでいます。毎晩続けているので、年に5回は読み直しています。これを25年続けていますから、同じ本をもう百回以上読んだ計算です。これだけ繰り返して読めば、わずかずつですが自分のものとなる。それが、いざというときにあなたの支えになってくれるはず。


中島武

経営を成功させるには、まずやり続けること。そしてあとは、運じゃないですか?運は環境で作られます。「自分で運を作る」こと。ですから成功するような環境にいなさいということです。たとえば、外食産業で成功しようと思ったら、いま伸びている企業に飛び込むんです。それでなるべく、その経営者のそばで仕事をさせてもらう。そこからスタートしていけば、いくらだってチャンスはあるんです。


井上和雄

現代は物質的には非常に恵まれた時代だと思います。ただその中で個々の楽しみや便利さを追求するだけではなく、家族や社会、国のあり方という基本的なことを、原点にたちもどって考えて欲しいです。何らかのかたちで社会から受けている恩恵を、いずれは社会に還元して行くという姿勢を大切に、いろいろと挑戦してみて下さい。


小林喜光

やはり、日本人らしい部分を活かして、どう勝負するか。ヘルスケアなのか、ネット系でもどこに強みがあるのか。環境問題も突破口になる。強いところにフォーカスしていくという戦略も必要です。いずれにしても近い将来、新しい年号に代わり、新生日本がスタートするわけです。そういう意味では、政治もさることながら、若者も含めて経済人がどれだけのガッツを持って、勝負するかというのが現在の日本の大きな課題です。


渡瀬謙

商談相手の会社についてホームページ等で調べておくのは当然です。とはいえ、漫然とチェックしていては時間がいくらあっても足りません。あくまで、「相手にしゃべらせる」という目的のもと、「何かネタはないかな」という視点で見ていくようにします。そういう意味では、売上げや利益の細かい数字よりも、たとえば社史のほうがよほどいい会話のきっかけになります。たとえば、「御社の創業は江戸時代なんですって?」と話を振れば、「そうなんですよ」と相手も話し始めてくれます。この程度の話題を見つけられれば十分です。


守本正宏

日本では重要な企業情報が米国での訴訟を経由して世界中に漏れ広がっています。これでは日本の信用も落ちます。正に日本の今そこにある危機なのです。米国の法曹業界ではまことしやかに、国際的な入札案件では日本企業の入札価格は筒抜けだ、と言われているほどです。日本が米国のような訴訟大国になる必要は全くありませんが、世界に出ている以上、訴訟強国になる必要があると私は思います。


岡村勝正

当社の強みは、お客様個々の生活に応じたカウンセリングにあります。発毛分野に限らず、このノウハウを生かせば、健康産業企業として飛躍ができると考えています。あらゆる面で高まる顧客満足度に応えていきたい。


森川亮

どの企業でも、収益化を考え始めると、利用者は必ず変化に気がつきます。あ、何かスイッチが入ったなと(笑)。そこに全く収益化を考えない企業が登場すると、「この会社は純粋でいい」と利用者の支持を得ます。いったん利用者が新しいサービスに動き始めると、もうその流れを変えるのは難しい。過去に成長が止まったほとんどのネット企業が同じ道を歩んでいます。


北川景子

もともと、すごく内向的だったんですよ。人前で話すことも苦手だし、授業中もずっと下を向いているような状態で。芸能界に入ったのも、内気な性格を直して社会に適応できる人間になりたいと思ったからでした。


澤田道隆

企業が長期的に存在するためには、環境や人にとって有益な存在である必要があります。ESG(環境・社会・企業統治)への対応は長期的な利益につながる、つまりコストではなく投資なんです。そういう発想までもっていきたい。それは、モノづくりを通して人々の生活や社会に貢献するという花王の理念に通じます。花王らしさを出そうと呼びかけていきます。


加藤昌史

お客さんには暗い、疲れた表情は見せないようにしています。舞台を見に来てくれたお客さんのワクワク感を消さないよう、口元で微笑むような笑顔を心がけています。


米内山泰

ミスの情報共有は、社内システムを用いて行います。システム上にミス報告の専用フォーマットがあり、そこに各自が入力します。星野リゾートグループの複数の施設がこの仕組みに参加しており、参加施設のスタッフは「自分がミスをした」、あるいは「人のミスを見つけた」ら、ここに入力します。誰かが情報を入力すると、参加施設のすべてのスタッフ宛てにメールが届いて、情報が瞬時に共有されます。ミスをしてしまったことには真摯な気持ちで向き合いますが、ミスの報告は躊躇なく行う。すべてのスタッフに、そういう意識が浸透しています。


溝口勇児

私は「ギバーズゲイン(与える者は与えられる)」という言葉が好きで、自分が満たされているのであれば、それを多くの人に還元するのが正しい生き方であろうと。欧米で成功している企業はみな寄付や慈善活動をしていますし、お陰様で当社も順調に事業が成長してきているので、そういう意味では、社会に還元することも大事であり、弊社の世界中の人の健康をサポートするというビジョンに適っていると考えています。


大川隆法

それぞれの人間が、持って生まれた天命を生かし切ってこそ、本当の喜びがある。