名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中沢啓治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中沢啓治のプロフィール

中沢啓治、なかざわ・けいじ。日本の漫画家。代表作に『はだしのゲン』。広島県出身。小学校1年のときに広島で被爆。奇跡的に助かるが父、姉、弟を失う。戦後、手塚治虫の漫画に感銘を受け漫画家を志す。中学卒業後、看板屋に勤めながら夜中に漫画を描き雑誌に投稿するという生活を送る。その後、一峰大二のアシスタントになり上京。デビュー後は少年向け漫画を中心に活動。母の死をきっかけとして自身の体験をベースに原爆をテーマにした作品を描きはじめ、原爆の恐怖・悲惨さを生涯語り続けた。谷本清平和賞を受賞。

中沢啓治の名言 一覧

難しい言葉や文章でいわれたら、読む気がしなくなります。子供たちは漫画だからと夢中になる。夢中で読みだしたら、どんどん本質に迫っていくのです。


原爆をテーマにした『黒い雨にうたれて』という作品を描きました。ところが、この作品を発表するまでには、長い時間を要しました。当時はまだ、米国がメディアを統制していたからです。大手出版社のどこに持ち込んでも、「強烈過ぎて掲載できない」と言う。1年半ほどたった頃、ホコリを被った原稿を引っ張り出して気づいたんです。誰でもいい、見てくれる人が少しでもいいじゃないか、と。そこで、エロ本を出していた出版社に持っていったのです。アダルト向けの『漫画パンチ』という雑誌の編集長が骨のある人で「やりましょう。ただし、あんたと俺はCIA(アメリカ中央情報局)に捕まるかもしれない。覚悟しろ」と言われました。僕は、「いいですよ。喜んで捕まりますよ」と答えました。


僕は一介の漫画家です。講釈しても仕方がない。だから、自分の体験を話します。体験から何かを考えて欲しい。講演会に出向いて話をしたり、広島を訪れる修学旅行生に話すこともあります。これからも、こうした活動を続けていきます。原爆を体験しているのは僕の世代で最後です。次の世代に伝えなければならないことが、まだたくさんあるのです。


ゲンの家族構成も周囲の情景も、事実に即して描いています。『はだしのゲン』は、まだ完結していません。僕の中には雄大な構想がある。まだ3分の1くらいしか描けていない。伝えたいこともたくさんあるんです。しかし、網膜症に白内障、肺癌を患い、手も思うように動きません。漫画を描けないことは、本当につらい。でも僕にはまだ口が残っています。最後まで言いたいことを言いまくってやろうと思います。


伝えるということは本当に難しい。日本は唯一の被爆国だと毎年騒いでいたって、実際には伝わっていないのです。僕に送られてくる読者からの手紙は、「漫画に描かれている原爆の状態は本当だったのですか」「まったく知りませんでした」「戦争と原爆の本当の姿をもっと教えてください」というものが多い。これは40年前の読者も、いまの読者も同じです。


東京電力・福島第一原子力発電所の事故を見ても、日本人は本当に懲りないなと思います。結局のところ、カネのことばかり考えています。カネと命、どちらが大切なのかと言いたくなる。情けない話です。


中沢啓治の経歴・略歴

中沢啓治、なかざわ・けいじ。日本の漫画家。代表作に『はだしのゲン』。広島県出身。小学校1年のときに広島で被爆。奇跡的に助かるが父、姉、弟を失う。戦後、手塚治虫の漫画に感銘を受け漫画家を志す。中学卒業後、看板屋に勤めながら夜中に漫画を描き雑誌に投稿するという生活を送る。その後、一峰大二のアシスタントになり上京。デビュー後は少年向け漫画を中心に活動。母の死をきっかけとして自身の体験をベースに原爆をテーマにした作品を描きはじめ、原爆の恐怖・悲惨さを生涯語り続けた。谷本清平和賞を受賞。

他の記事も読んでみる

坂東眞理子

スピーチを上達させるには、スピーチを聞くことが大切なように、文章を上達させるには文章を読むことです。本や新聞を読み、知らない言葉があれば意味を調べ、できればメモをする習慣をつけたいものです。


小池龍之介(小池龍照)

自分の心を分析すると、それだけで、問題から抜け出して、山の上からすっきり見渡すような感じになります。


齋藤孝(教育学者)

人間社会において運やチャンスをもたらすのは必ず「人」です。適度な人付き合いをし、気持ちのいい人間関係を築くことが運を呼び込む秘訣。


武田國男

とにかくお金を儲けられる会社に変えたいという一心でした。そうならなければ世界に打って出られないと思っていましたから。
【覚書き|大規模な経営改革を行った当時を振り返っての発言】


清原當博

ホテルオークラが開業にあたって掲げたのは「世界に誇れる、日本独自のホテル」です。日本の和の文化をとり入れつつ、国際舞台で通用するホテルを目指しました。その精神はいまなお随所に息づいています。


秋山ゆかり(コンサルタント)

英語は中学1年生から開始して、15年経ってもまだ初級レベルという人がほとんど。大人になってから他の言語を学ぶ場合は、そんな悠長に構えていられない。英語学習でももちろん言えることだが、多言語学習では特に、システマチックな勉強の仕方を自分で確立する必要がある。


八郷隆弘

現地が一番分かりますから、能力の拡大についても、現地の判断でやってくれということで、今、話が進んでいます。


峰岸真澄

分社化した目的は、意思決定のスピードを上げることでした。求人なら求人、住宅なら住宅、それぞれの市場ときっちりと対峙し、事業開発をスピーディーに進めるのです。


草刈貴弘

私は相場というものを無視しています。それは今を表しているにすぎないからです。将来の納得は現時点では不納得かもしれないから、将来を読み込むしかない。単純な値ざや抜きは投資ではなく投機ですから。


戸塚隆将

基本を徹底すれば自信が生まれる。自信が深まれば責任感が強まる。責任感が強まれば目標が高まる。そして、高まった目標は次の一歩に向けて、また基本に立ち返らせる。


吉田耕次

英語を使って経営をしている私ですが、特別な勉強をしたことはありません。「サバイバルイングリッシュ」で乗り切ってきました(笑)。外国人と仕事をすることは、ネイティブ並みの流暢さで英語が話せなくてもできます。私が今、身につけている英語は、旅行英語や中学英語程度のレベルだと思います。


斉藤徹

いままで頑張ってきたか否かは問いません。これからどうなりたいかが重要。自分がどういう人生を歩みたいのか、自分との約束をコミットできるのかを重視します。