中沢啓治の名言

中沢啓治のプロフィール

中沢啓治、なかざわ・けいじ。日本の漫画家。代表作に『はだしのゲン』。広島県出身。小学校1年のときに広島で被爆。奇跡的に助かるが父、姉、弟を失う。戦後、手塚治虫の漫画に感銘を受け漫画家を志す。中学卒業後、看板屋に勤めながら夜中に漫画を描き雑誌に投稿するという生活を送る。その後、一峰大二のアシスタントになり上京。デビュー後は少年向け漫画を中心に活動。母の死をきっかけとして自身の体験をベースに原爆をテーマにした作品を描きはじめ、原爆の恐怖・悲惨さを生涯語り続けた。谷本清平和賞を受賞。

中沢啓治の名言 一覧

難しい言葉や文章でいわれたら、読む気がしなくなります。子供たちは漫画だからと夢中になる。夢中で読みだしたら、どんどん本質に迫っていくのです。


原爆をテーマにした『黒い雨にうたれて』という作品を描きました。ところが、この作品を発表するまでには、長い時間を要しました。当時はまだ、米国がメディアを統制していたからです。大手出版社のどこに持ち込んでも、「強烈過ぎて掲載できない」と言う。1年半ほどたった頃、ホコリを被った原稿を引っ張り出して気づいたんです。誰でもいい、見てくれる人が少しでもいいじゃないか、と。そこで、エロ本を出していた出版社に持っていったのです。アダルト向けの『漫画パンチ』という雑誌の編集長が骨のある人で「やりましょう。ただし、あんたと俺はCIA(アメリカ中央情報局)に捕まるかもしれない。覚悟しろ」と言われました。僕は、「いいですよ。喜んで捕まりますよ」と答えました。


僕は一介の漫画家です。講釈しても仕方がない。だから、自分の体験を話します。体験から何かを考えて欲しい。講演会に出向いて話をしたり、広島を訪れる修学旅行生に話すこともあります。これからも、こうした活動を続けていきます。原爆を体験しているのは僕の世代で最後です。次の世代に伝えなければならないことが、まだたくさんあるのです。


ゲンの家族構成も周囲の情景も、事実に即して描いています。『はだしのゲン』は、まだ完結していません。僕の中には雄大な構想がある。まだ3分の1くらいしか描けていない。伝えたいこともたくさんあるんです。しかし、網膜症に白内障、肺癌を患い、手も思うように動きません。漫画を描けないことは、本当につらい。でも僕にはまだ口が残っています。最後まで言いたいことを言いまくってやろうと思います。


伝えるということは本当に難しい。日本は唯一の被爆国だと毎年騒いでいたって、実際には伝わっていないのです。僕に送られてくる読者からの手紙は、「漫画に描かれている原爆の状態は本当だったのですか」「まったく知りませんでした」「戦争と原爆の本当の姿をもっと教えてください」というものが多い。これは40年前の読者も、いまの読者も同じです。


東京電力・福島第一原子力発電所の事故を見ても、日本人は本当に懲りないなと思います。結局のところ、カネのことばかり考えています。カネと命、どちらが大切なのかと言いたくなる。情けない話です。


中沢啓治の経歴・略歴

中沢啓治、なかざわ・けいじ。日本の漫画家。代表作に『はだしのゲン』。広島県出身。小学校1年のときに広島で被爆。奇跡的に助かるが父、姉、弟を失う。戦後、手塚治虫の漫画に感銘を受け漫画家を志す。中学卒業後、看板屋に勤めながら夜中に漫画を描き雑誌に投稿するという生活を送る。その後、一峰大二のアシスタントになり上京。デビュー後は少年向け漫画を中心に活動。母の死をきっかけとして自身の体験をベースに原爆をテーマにした作品を描きはじめ、原爆の恐怖・悲惨さを生涯語り続けた。谷本清平和賞を受賞。

他の記事も読んでみる

本田宗一郎

当時、一生懸命がやたらと尊ばれた。たんなる一生懸命には何ら価値がないことを為政者は教えなかった。だから国民は一生懸命が価値を持つためには、正しい理論に基づくことが前提条件だということを悟らなかった。


福島文二郎

もちろん、叱るだけではいけません。褒めることこそ、スタッフを成長させる何よりの栄養です。必要な行動のうち、7割ができていない。そんな時も、まずはできている3割を褒める。「ゲストに笑顔で応対できていてよかったよ」。そのうえで「でも、走っている子に、ちゃんと注意できなかったね。ここからは歩いていこうねと笑顔で言えればよかったね」。改善するためのポイントと一緒に伝えます。褒める、叱る、どちらが欠けても十分ではない。


南佳孝

実は、この2曲(「モンロー・ウォーク」「スローなブギにしてくれ」)とも15分くらいでできたんだ。だからヒット曲というのは意外とパンとできちゃうものでね。不思議だよね。


戸塚隆将

成果は「質」と「量」のかけあわせであり、成果を上げるためには質の向上と量の増加の両方が必要です。


山下孝一

国家の根幹は教育です。教育が人を作り、国民を作り、国家を作るのです。教育ほど大事なことはありません。特に幼児教育は重要です。会社の目標は、「未来を背負う子どもたちの為、日本社会、人類社会に貢献する」、「社会人として指導者として恥ずかしくない立派な人格、人間形成をめざす」、「我々の生活を豊かにし、幼児体育日本一を目指す」です。これは社員全員が暗唱できます。自分の名前は忘れても会社の目標を忘れてはいけません。


テリー伊藤

そもそも、成功者なんて、「恐れずに足らず」なのだ。たとえば、イチローは大成功者ではあるが、野球しかできない。もし学校だったら、「野球部ではヒーローだけど、それ以外は何もできないじゃん」と言われてしまう。プロになって、たまたま金を稼いでいるかもしれないが、それだけのことだ。だから、私たちはイチローの前で、何も緊張することなどない。恐れずに足らずなのである。


百田尚樹

100の情報をインプットして1のアイデアが出れば、マシなほうでしょう。また、今日仕入れた情報が発想に結びつくのには、数年かかるかもしれない。逆にいえば、今日インプットして明日出てくるアイデアは、たいしたものではないのです。近ごろは何事に対してもすぐに結果を求める傾向がありますが、アイデアでも努力の結果でも、もう少し長い物差しでみる必要があるのではないでしょうか。


内藤誼人

コミュニケーションは質より量。意味のない内容でも、たくさんコミュニケーションを取ったほうが相手は好印象を抱いてくれます。


松本幸夫

一日の終わりに自分が立てた予定を振り返ってみるというのも大切な作業です。予定よりも時間がオーバーしてしまった、という場合はもちろん、予定より早く終わった場合も、予定通りではないという点では同じです。見込み違いの原因はどこにあったのか、しっかり検証しておくことが必要です。この原因を把握することで次第に時間を見積もる能力が磨かれていきます。


早河洋

キラーコンテンツを生み出すという意味で言うと、私が関わった『ニュースステーション』はスタート時の視聴率が8~9%で、「社運をかけたプロジェクトとしては失敗だ」と言われていました。ところが、3年目くらいから年間平均視聴率が16~17%になっていました。開始当初から当たるまでの「戦いの苦しさ」というのが、ものすごくあるんです。


安井義博

簡単なテーマや目標だったら、人も燃えません。挑戦しがいのあるテーマや目標を社長が与えることが必要です。


ハンナ・アーレント

働くことには、労働と仕事と活動の3つがある。「労働」とは人を消耗させる、できればしたくないもの。「仕事」とは、新しい価値をつくり出す創造的なこと。そして「活動」とは、社会に働きかけること。「仕事」と「活動」から人は充実感を得る。


古市幸雄

勉強を長続きさせるためには、快適に学習できる環境を整えることも大切です。たとえば、効率を高めるものにはお金を惜しまず注ぎ込むべき。私の場合は、16万~17万円くらいするハーマンミラーの「アーロンチェア」を、留学中からずっと愛用しています。値は張りますが、疲れを感じることなく、快適に勉強できる。また、照明器具や足の保温グッズにも惜しみなく投資します。あとあとの収穫を考えれば、安い出費でしょう。


トマス・J・スタンリー

金持ちの特長を三つの言葉で言い表せば「倹約」「倹約」「倹約」である。ウェブスター辞書で「倹約」とひくと、「無駄を省く行動」とある。倹約の反対語は浪費である。私たちは惜しげもなく、どんどん物を買うライフスタイルを浪費と定義する。倹約は資産形成の第一歩だ。


弘兼憲史

失敗を重ねてはいるものの、大ケガをしないうちに迅速に撤退していること。これは経営者の鉄則であり、経験則で磨かれる「大きなミスにつなげない」最大の方法なのでしょう。


ページの先頭へ