中沢光昭の名言

中沢光昭のプロフィール

中沢光昭、なかざわ・みつあき。日本の経営コンサルタント。投資会社、経営コンサルティング会社などで約20年企業再生業務に携わったのち独立。著書に『経営計画はなぜうまくいかないのか?』『好景気だからあなたはクビになる!』。

中沢光昭の名言 一覧

非常時には「遠いところから切り離す」のが会社です。従業員を辞めさせる時は、同じ実力であれば、自分が知っている人よりも、知らない人の方が辞めさせやすい。日頃から存在感をアピールすることで、いざという時に生き残れる可能性は高まります。


新規事業のアイデアや、日常業務の改善案を提案できる社内公募は、応募するだけで好感度を上げることができます。というのも、多くの社員が「どうせ採用されない」と考え、何も提案しないからです。


「自分の話を聞かない人」や、「何を考えているのか分からない人」に対して、誰もいい印象を持ちません。あなたが避けている相手は、あなたのことを「自分の話を聞いてくれなさそう」で「接点がほとんどないから、何を考えているか分からない」と思っているはずです。そんな状態では、自分が苦手に感じている人からだけでなく、周囲の人たちからの評判も悪くなってしまいます。


好感度が高い人は、仕事のチャンスに恵まれます。チャンスが多い分、成功の絶対数が増える。成功回数は評価に大きな影響を与えるので、「あの人はデキる」と評判になる。好評価がさらに好感度を高めるので、またまたチャンスが増える。


会社の仕事は、チームプレーで進めるものです。1人の力だけで成否が決まることなど、めったにありません。ごく一部の例外を除き、個々のビジネスパーソンの能力に大差はありません。仕事のチャンスをつかみ、評価されるのは、周囲から「一緒に働きたい」と思わせる人です。


中沢光昭の経歴・略歴

中沢光昭、なかざわ・みつあき。日本の経営コンサルタント。投資会社、経営コンサルティング会社などで約20年企業再生業務に携わったのち独立。著書に『経営計画はなぜうまくいかないのか?』『好景気だからあなたはクビになる!』。

他の記事も読んでみる

内藤誼人

人間には「嫌い」だけど許せることと、許せないことがあります。部下にすれば、仕事に厳しすぎたり、短期的に自分たちに不利益な決断を下す「鬼上司」は嫌いかもしれない。けれど、その厳しさそのものが絶対に許せないかといえば、そんなことはないはず。むしろ許せないのは、結果を考えずに相手をけなすばかりの上司や、逆に、一部の人にだけやさしい「えこひいき上司」。彼らは部下に嫌われるだけでなく、恨みも買うでしょう。


栗城史多

夢は多くの人が楽しめたり、喜んでくれることのほうが叶いやすい。


堀之内九一郎

無理をして特別なことを話そうとするのではなく、相手のことを考えながら自分の言葉で話す。その言葉にはウソがなく、思いやりや誠実さがあるので、自然に人の心をつかむことができる。


小林直樹(記者)

ネガティブな内容は投稿前にひと呼吸置いて、誰が見ても不快ではないか確認する習慣をつけましょう。居場所を特定できるスマートフォンのGPSは基本的にオフにすることを推奨します。防犯面でも役立つはずです。


伊藤惇夫

小沢一郎さんが選挙のときに辻立ち演説をするのは、田中角栄さんの教えを忠実に守っているから。このように、相手のルーツを知れば対策が立てやすくなる。


林野宏

私がクレディセゾン(旧西武クレジット)に転籍した当時、社内は下を向いている社員ばかりでした。無理もありません。前身の緑屋は経営危機に陥り、セゾングループに入った後も再建がスムーズに進んでおらず、連戦連敗でした。こうした社内の空気を変えるために、私は「日本一のカード会社になる」というビジョンを掲げました。社員が下を向いてしまうのは夢や希望がないからで、顔を上に向かせるためには視線を向ける対象が必要だったからです。この目標を、月10万枚のカード発行という数字で示しました。1年で120万枚。当時、業界トップだったJCBのカード有効会員数は約700万人。JCBが現状維持なら計算上は6年で抜けます。一見、無謀ですが、具体的な数字に落とし込めば、決して手が届かないものではないとわかります。


小山昇

大切なのは目標ではなく実績。前年の実績を上回ればいいのであって、その目標を達成することが目的ではない。対前年101%の計画を作って102%で達成。その一方、無謀にも200%の計画を作ったが、その60%しか達成できなかった。だが、その実績は120%。目標未達でも120%の結果のほうがすばらしい。皆さん、数字の見方が間違っています。


加瀬豊

「問う」ことの大切さに気付かされたのは、米国ポートランドに店長として駐在した時代、現地採用のアメリカ人女性を部長に抜擢したときのことでした。日本人なら「喜んで拝命します」で終わりますが、その女性は「なぜ私を部長にするのか?」「この店をどうマネージしていくつもりなのか?」「その中で私の役割は何か?」など、20項目以上の質問を求められたのです。そのとき、問うことの大切さに気付かされました。


岩片和行

たとえばクレーム対応の際、「義務」だと思っていると面倒な仕事でしかありませんが、「なぜお客様はこうおっしゃるのだろう?」「スタッフはなぜこの判断をしたのだろう?」と好奇心をもってお客様やスタッフと接すれば、非常に興味深い仕事に変わります。その態度があるのとないのとでは、同じ仕事をしても経験の質と量がまったく違ってきます。当然、その後の改善にも影響するでしょう。


渋谷陽一

ファン目線で王道の評論を書いているつもりなのに、どうも編集部から認めてもらえないんです。次第に音楽業界の中では仕事が成立しなくなるんだけど、図々しいから自分に反省を求めないんですね。ダメなやつの典型例で「周囲が駄目なんだ」と思っちゃった。それで、自分の正しさを証明しよう、業界の目線ではなくてファンの目線で雑誌をつくれば、既存のものより指示されるに違いない、と自分で創刊することにしたんです。
【覚書き|雑誌『ロッキング・オン』を創刊したときを振り返っての発言】


和田眞治(和田真治)

30代の頃はモーレツ営業マンでした。とにかく、より多くの顧客と会うことを心掛けました。体力のある時期に、あれだけの仕事をこなすことができたのは幸運なことです。


水野操

ホテル業界では、ロボットが接客する「変なホテル」が話題。宿泊でも「寝られればいい」という需要が一定レベルで存在するため、「人間がいる付加価値」を追求する必要がない領域では、AIを活用した効率化やコスト削減によって成長していく企業が増えるだろう。


松沢幸一

努力の中に楽しみを見つける方法は人それぞれですが、私の場合はニンジンがぶら下がっていると頑張るタチなんです。


山下泰裕

リーダーにとって一番大事なのは、人としての器、魅力。要するに「この人と一緒に行動したい、夢を追いかけたい」と、人に思わせる何かがあるか。


池田清彦

不思議なもので、部下に厳しい人や話を聞かない人って、そこそこの役職には就いても、トップに立つことはない。僕の周りの大学教授を見てみても、早く偉くなった人ほど、ちゃんと周りの話を聴いているんだよ。つまり、出世と人望は比例するってこと。


ページの先頭へ