名言DB

9412 人 / 110637 名言

中條高徳の名言

twitter Facebook はてブ

中條高徳のプロフィール

中條高徳、なかじょう・たかのり。日本の経営者。アサヒビール飲料(のちのアサヒ飲料)会長。長野県出身。学習院大学文政学部政治学科卒業後、アサヒビールに入社。東京支店長、取締役、大阪支店長、常務取締役営業本部長、代表取締役副社長、アサヒビール飲料代表取締役会長、アサヒビール名誉顧問などを歴任。そのほか、社団法人日本国際青年文化協会会長、日本戦略研究フォーラム会長、国家基本問題研究所理事、日本会議代表委員、同台経済懇話会副代表幹事などを務めた。

中條高徳の名言 一覧

期待をかけることが最大の褒め言葉。


小さくてもポジティブな動きが全体に波及していけば、やがて大きなうねりとなり、組織は生き生きと輝き出す。


組織のコンセンサス(合意形成)の強さは、リーダーの信念の強さと正比例する。


やって失敗が見えたら、「見えただけでもありがたい」と思う。


リーダーは本来、決断のためのみにいる。


気を抜くとリーダーというものは、「地位=権威」という錯覚をし始める。


攻撃は防御の最高の在り方であるが、その逆に防御は攻撃のかわりになりえない。ビジネスの世界にもぴたりと当てはまる理念である。


「本当にわがままではないのか、唯我独尊ではないのか、独りよがりではないのか」と自分の胸を三度叩いて、本当にアサヒビールのためになるのなら、相手が社長であろうとも、もの怖じせず、もの申すということを自分に言い聞かせました。その心情はいまだに変わっていません。


リーダーには決断のために、その組織で最も情報と金が集まる仕組みになっています。状況がいい時は部下も得意先も安心して指揮官の顔は見ません。しかし悪くなってくると、「金も情報も持っているのだから、指揮官はこの事態をどう判断するのか」とまじまじと上司の顔を見るのです。困って顔面蒼白になっていたら、部隊が勝てる道理がないではありませんか。


「統御」とは、部下を心酔させるという意味です。統帥綱領にも、「上官は部下から仰いで富岳(富士山)のごとくでなければならない」と書いてあります。日本人にとって富士山というのは、きれいで清々しく、登ろうと思えば近づく事も出来る。しかし少しの油断が死を招く。そういった上に立つ者に必要なあらゆる条件を備えています。


予算未達すればそれが死です。負けた時には責任をどこにも持っていけない。今は「景気が悪い、政治体制が悪い」と他責に逃げる。そんな事を言った所で、自分が潰れてしまえば何にもならないはずです。


お客様の立場に立ち考えることにたどり着くには、挫折という要素が必要です。失敗した人は、人やお客様の心がよくわかる様になります。事業に失敗しろとは言えませんが、他社の経営経験談など、過去の事を学び経験を補填していかなければなりません。


昔は、「誰が見てなくともお天道様が見ている」といって、恥じらう文化を持っていた日本人が、戦争に負け、そういう良き考えも「戦前の物=悪」として接してきている。それは本当に間違いです。


日本の教育では、人間学ではなく事務学を教えています。人間学とは、人間としての幅を広め、奥行きを深くしなくてはならんという学問。それに対し、事務学では、戦後アメリカナイズされ、要領だけがよければいいと教えています。それが原因となり、今まで国のリーダーを輩出してきた有名校が、大学受験の試験科目にない歴史の授業をカットするということが起きてしまいました。


職業軍人としての道が破れ、私はそこで大きな挫折を経験したわけです。いわば、一度死んだ身です。そこで自分が判断して、縁があってアサヒビールに入ったのだからと、入社した時に、あることを決意しました。それは自分が正しいと思ったことは、社長であろうが誰であろうが、ひるむことなく、その意見を発表しようということです。


中條高徳の経歴・略歴

中條高徳、なかじょう・たかのり。日本の経営者。アサヒビール飲料(のちのアサヒ飲料)会長。長野県出身。学習院大学文政学部政治学科卒業後、アサヒビールに入社。東京支店長、取締役、大阪支店長、常務取締役営業本部長、代表取締役副社長、アサヒビール飲料代表取締役会長、アサヒビール名誉顧問などを歴任。そのほか、社団法人日本国際青年文化協会会長、日本戦略研究フォーラム会長、国家基本問題研究所理事、日本会議代表委員、同台経済懇話会副代表幹事などを務めた。

他の記事も読んでみる

江上治

ダダでだれかのお役に立つなんてバカバカしいとケチっていると、結局、稼ぐところからドンドン遠くなる。


飯島彰己

これは、やってみないとわからないけれど、大丈夫だよ。でも、全部相手に任せはしない。自分で必ず製鉄所を見に行くから。
【覚書き|ソ連崩壊直後の動乱の中、ロシアの製鉄所を回り銑鉄を買い集めたときの発言】


ピーター・ドラッカー

真のイノベーションと新奇さを混同してはいけない。イノベーションは価値を生む。新奇さは面白いだけである。ところが組織の多くが毎日同じことを行い、毎日同じものをつくることに飽きたというだけで、新奇なものに取り組んでしまう。


宮内義彦

「海外に行きたい」という若手が減っていると聞きますが、本当にもったいない。海外の現場はチャレンジングで、知らないことに触れる喜び、生きる実感を得られるはず。「未知」に挑戦し、得たものを宝としてください。


及川智正

農協を通すと、生産者には価格の決定権がなく、農作物も農協が指定したものしか作れません。さらに、形状などが農協の基準に合わないものは引き取ってもらえない。こうした既存の農協による流通とは全く正反対の仕組みを提供しています。生産者が好きなものを作り、販売するスーパーも価格も決める。農協の基準には合致せずにこれまでは捨てていたものも出荷できる。売れ残りのリスクを生産荷は持つことになりますが、農協を通すよりも収入が増えています。


横田英毅

社員を競わせると確かにエネルギーは出ます。結果も付いてきます。だけど、お客様の満足、社員のチームワークなど失うものもある。人間の心が徐々に荒んでいきます。


佐藤和則(経営者)

諦めなければ、たどり着ける。


ジョン・リディング

紙媒体は印刷、配送にコストがかかる。そのためフィナンシャルタイムズでは部数が見込めない地域からの撤退を進めている。今後はロンドン、ニューヨーク、香港、東京など金融センターと呼ばれる都市にフオーカスし、提供を続ける。


藤田聰

リーダーシップとマネジメント能力が欠如している人は、どんなに頑張ってもミドルクラス以上には出世できません。なぜならば、大多数の部下を動かすには、時に感情に訴えてマネジメントしていくことも必要だからです。


山地章夫

強みは良い商品を提供するだけでなく、戦略立案からマーケティングまで一気通貫で支援できるところです。当社ではSV(スーパーバイザー)とは別に、集客と販売のマーケティング担当、施工関係には専門のコーディネータがついて加盟店を支援します。通常の住宅販売のフランチャイズやコンサルティング会社は、営業、販促などの部分的な支援にとどまっていますが、加盟者の悩みはすべての部分にありますから、当社ではそれらを一元で解決しています。


蓮舫

ハウツーはあくまでハウツーで、「何が自分に合うか」は千差万別。だからこそ、まずは自分を知ることが不可欠だと思うんです。「よく見せたい」「かっこつけたい」の前に自分が伝えたい本当の声で、誠実にコミュニケーションすればいいと思います。背伸びせずにね。それができたとき身の周りが変わり、地域が変わり、日本が変わると思いますよ。


永守重信

教育の現場では、とかく偏差値で人を区別しようとしますが、それではダメです。その分野にふさわしい人材を育成する教育でなくては。何かが生み出される背景には、基礎研究もあれば、設計開発もあるし、生産技術だってあります。そこに東大卒、京大卒の人材ばかり置いたって、世の中は回らないのです。それぞれの場に適した人材にいてもらわないといけません。


宇佐美進典

他人から価値観を変えろと言われても人は変わらない。人は違うのだということを受け入れるようにしています。


若生正廣

最初の10年くらいは思うようにいかなかったですね。春の甲子園に3回出場しましたが、いずれも初戦で敗退。夏は県予選を突破できず、どうしたらもっと強いチームを作れるのかと悩みました。その末に考えたのは、監督である自分が先頭に立って指導するそれまでのやり方ではダメだということでした。


小池利和

新興国での事業では売掛金を何らかのインセンティブを付けてでも早く回収する必要があります。例えば、60日で回収していた売掛金について、「30日以内に納めてくれれば、支払いの数%分を割り引く」と取引先に伝えて売掛金の回収を早め、売上債権回転率を向上させること。それが新興国での鉄則です。取引先ではなく国力破綻するリスクもあるのですから。さらに、様々な制度が整備されていない新興国では、売掛金の回収期間が伸びるほど、「書類がなくなった」「別の商品が届いた」などトラブルが増える傾向にあります。