名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中條高徳の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中條高徳のプロフィール

中條高徳、なかじょう・たかのり。日本の経営者。アサヒビール飲料(のちのアサヒ飲料)会長。長野県出身。学習院大学文政学部政治学科卒業後、アサヒビールに入社。東京支店長、取締役、大阪支店長、常務取締役営業本部長、代表取締役副社長、アサヒビール飲料代表取締役会長、アサヒビール名誉顧問などを歴任。そのほか、社団法人日本国際青年文化協会会長、日本戦略研究フォーラム会長、国家基本問題研究所理事、日本会議代表委員、同台経済懇話会副代表幹事などを務めた。

中條高徳の名言 一覧

期待をかけることが最大の褒め言葉。


小さくてもポジティブな動きが全体に波及していけば、やがて大きなうねりとなり、組織は生き生きと輝き出す。


組織のコンセンサス(合意形成)の強さは、リーダーの信念の強さと正比例する。


やって失敗が見えたら、「見えただけでもありがたい」と思う。


リーダーは本来、決断のためのみにいる。


気を抜くとリーダーというものは、「地位=権威」という錯覚をし始める。


攻撃は防御の最高の在り方であるが、その逆に防御は攻撃のかわりになりえない。ビジネスの世界にもぴたりと当てはまる理念である。


「本当にわがままではないのか、唯我独尊ではないのか、独りよがりではないのか」と自分の胸を三度叩いて、本当にアサヒビールのためになるのなら、相手が社長であろうとも、もの怖じせず、もの申すということを自分に言い聞かせました。その心情はいまだに変わっていません。


リーダーには決断のために、その組織で最も情報と金が集まる仕組みになっています。状況がいい時は部下も得意先も安心して指揮官の顔は見ません。しかし悪くなってくると、「金も情報も持っているのだから、指揮官はこの事態をどう判断するのか」とまじまじと上司の顔を見るのです。困って顔面蒼白になっていたら、部隊が勝てる道理がないではありませんか。


「統御」とは、部下を心酔させるという意味です。統帥綱領にも、「上官は部下から仰いで富岳(富士山)のごとくでなければならない」と書いてあります。日本人にとって富士山というのは、きれいで清々しく、登ろうと思えば近づく事も出来る。しかし少しの油断が死を招く。そういった上に立つ者に必要なあらゆる条件を備えています。


予算未達すればそれが死です。負けた時には責任をどこにも持っていけない。今は「景気が悪い、政治体制が悪い」と他責に逃げる。そんな事を言った所で、自分が潰れてしまえば何にもならないはずです。


お客様の立場に立ち考えることにたどり着くには、挫折という要素が必要です。失敗した人は、人やお客様の心がよくわかる様になります。事業に失敗しろとは言えませんが、他社の経営経験談など、過去の事を学び経験を補填していかなければなりません。


昔は、「誰が見てなくともお天道様が見ている」といって、恥じらう文化を持っていた日本人が、戦争に負け、そういう良き考えも「戦前の物=悪」として接してきている。それは本当に間違いです。


日本の教育では、人間学ではなく事務学を教えています。人間学とは、人間としての幅を広め、奥行きを深くしなくてはならんという学問。それに対し、事務学では、戦後アメリカナイズされ、要領だけがよければいいと教えています。それが原因となり、今まで国のリーダーを輩出してきた有名校が、大学受験の試験科目にない歴史の授業をカットするということが起きてしまいました。


職業軍人としての道が破れ、私はそこで大きな挫折を経験したわけです。いわば、一度死んだ身です。そこで自分が判断して、縁があってアサヒビールに入ったのだからと、入社した時に、あることを決意しました。それは自分が正しいと思ったことは、社長であろうが誰であろうが、ひるむことなく、その意見を発表しようということです。


中條高徳の経歴・略歴

中條高徳、なかじょう・たかのり。日本の経営者。アサヒビール飲料(のちのアサヒ飲料)会長。長野県出身。学習院大学文政学部政治学科卒業後、アサヒビールに入社。東京支店長、取締役、大阪支店長、常務取締役営業本部長、代表取締役副社長、アサヒビール飲料代表取締役会長、アサヒビール名誉顧問などを歴任。そのほか、社団法人日本国際青年文化協会会長、日本戦略研究フォーラム会長、国家基本問題研究所理事、日本会議代表委員、同台経済懇話会副代表幹事などを務めた。

他の記事も読んでみる

富田直人(経営者)

何をするか考える中、4つの軸を決めました。それは好きなこと、得意なこと、伸びる事業であること、そして一番になれる可能性があること。この条件にあてはまるものは何かと考えたら、もう法人営業支援しか残っていなかった。


奥村綱雄

投資信託法案が通った当時、日興証券の遠山(創業者の遠山元一)さんの偉さを知った。はじめ遠山さんは投資信託には無関心で、あくまで信用取引で行くべきだという態度をとっていた。その遠山さんが、いよいよ投信が本決まりになったら、一夜にして自分の主張を変えられた。いうべくして、なかなかできることではない。その切り替えを、遠山さんともあろう人が、スパッとやってのけたのである。普通なら「あんな奥村なんて若造が……」と見くびるのが当たり前だが、遠山さんはその私に一転同調した。立派な人である。


西村克己

即断即決力は人の上の立つ人にとって欠かせない能力。部下から信頼される上司になるためにも即決する力を身につけましょう。


山﨑賢人(山崎賢人)

「智」じゃないですかね、知識が足りてないから(笑)。でも、欠けていることがむしろ強さの源になるっていうこの物語のように、あんまり頭でっかちで考えすぎるよりも、知らないからこそ突き進んでいける強みもあるんじゃないかって。できない奴って思われていたほうが、結果を出したときにより評価してもらえますし(笑)。

【覚え書き|舞台『里見八犬伝』に出演したとき、「授かるとしたらどの玉か」と問われて】


小阪裕司

うちのクライアントさんの中でも特に業績を伸ばされている経営者の方は、売り手側と買い手側との間に非常に、なんて言うのかな…深い共感とか信頼関係が出来ていて、そうなると、取引先を価格で比較する、とかそっちの方にはいかなくて。むしろ「自分で選ぶより、あなたの言うように買いたい」みたいな売り手側に主導権を取ってもらいたがる。それに乗りたいというか。比較の世界とは逆方向に関係性が発展するんですよ。


西任暁子(西任白鵠)

抽象的に話すだけでは相手は納得しないし、部下はついてきません。


池森賢二

まずは採算が取れないエステ事業などの赤字部門を撤退。創業者しかできない大胆さで進めました。また、従業員の理念浸透のために教育機関を設立しました。そして研究室を500坪増築しました。「うちは研究を大切にする」という意思表示でもありました。それで、研究員が辞めていく流れが止まりました。研究室の規模を拡大したことで、辞めようとした人間が思い留まっただけではなく、新たに優秀な研究員に入ってもらえました。

【覚え書き|引退後、会社の業績が低迷したため経営に復帰した当時を振り返って】


笠井伸啓

技術立国である日本の将来を担う人材の育成支援も重要と捉え、無線技術や高周波技術において次代を担う研究開発を選考し表彰するというアワードの意義に賛同し、微力ではありますが協力させていただいています。単なるスポンサードだけではなく、若きエンジニアの啓発や動機付けにも貢献できるような取り組みへと広げ次世代のリーダーの育成をお手伝いできればうれしく思います。


紀野一義

夫に生かされ、妻に生かされ、親に生かされ、子に生かされ、ありとあらゆるものの力に生かされていること、究極的には永遠なるものに生かされている、仏さまに生かされていると認めざるを得なくなる。それが「さとり」であり、それが救われていることであり、それが仏ひとつという世界なのである。


大西賢

組織の規模を常に考えなければなりません。業績が改善して仕事が忙しくなれば、当然、人手が欲しくなるわけですが、人を増やす手前で、本当にもう一人増やして食わせていけるのかを考え抜かなくてはなりません。


熊谷正寿

今は、いいものを真摯につくり続ければ、インターネットによってその評価が広まり、お客さまが気づいてくれる時代になった。逆に言えば、いくら営業が強くても、プロダクトが弱ければ、お客さまはそれに気づく。そうなればお客さまは離れていってしまいます。ですから、技術力やデザイン力を高め、いいものをつくり続ける。これなくしては勝ち続けることはできません。


杉田玄白

昨日の非は悔恨すべからず。明日、これを念慮すべし。