名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

中條高徳の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中條高徳のプロフィール

中條高徳、なかじょう・たかのり。日本の経営者。アサヒビール飲料(のちのアサヒ飲料)会長。長野県出身。学習院大学文政学部政治学科卒業後、アサヒビールに入社。東京支店長、取締役、大阪支店長、常務取締役営業本部長、代表取締役副社長、アサヒビール飲料代表取締役会長、アサヒビール名誉顧問などを歴任。そのほか、社団法人日本国際青年文化協会会長、日本戦略研究フォーラム会長、国家基本問題研究所理事、日本会議代表委員、同台経済懇話会副代表幹事などを務めた。

中條高徳の名言 一覧

期待をかけることが最大の褒め言葉。


小さくてもポジティブな動きが全体に波及していけば、やがて大きなうねりとなり、組織は生き生きと輝き出す。


組織のコンセンサス(合意形成)の強さは、リーダーの信念の強さと正比例する。


やって失敗が見えたら、「見えただけでもありがたい」と思う。


リーダーは本来、決断のためのみにいる。


気を抜くとリーダーというものは、「地位=権威」という錯覚をし始める。


攻撃は防御の最高の在り方であるが、その逆に防御は攻撃のかわりになりえない。ビジネスの世界にもぴたりと当てはまる理念である。


「本当にわがままではないのか、唯我独尊ではないのか、独りよがりではないのか」と自分の胸を三度叩いて、本当にアサヒビールのためになるのなら、相手が社長であろうとも、もの怖じせず、もの申すということを自分に言い聞かせました。その心情はいまだに変わっていません。


リーダーには決断のために、その組織で最も情報と金が集まる仕組みになっています。状況がいい時は部下も得意先も安心して指揮官の顔は見ません。しかし悪くなってくると、「金も情報も持っているのだから、指揮官はこの事態をどう判断するのか」とまじまじと上司の顔を見るのです。困って顔面蒼白になっていたら、部隊が勝てる道理がないではありませんか。


「統御」とは、部下を心酔させるという意味です。統帥綱領にも、「上官は部下から仰いで富岳(富士山)のごとくでなければならない」と書いてあります。日本人にとって富士山というのは、きれいで清々しく、登ろうと思えば近づく事も出来る。しかし少しの油断が死を招く。そういった上に立つ者に必要なあらゆる条件を備えています。


予算未達すればそれが死です。負けた時には責任をどこにも持っていけない。今は「景気が悪い、政治体制が悪い」と他責に逃げる。そんな事を言った所で、自分が潰れてしまえば何にもならないはずです。


お客様の立場に立ち考えることにたどり着くには、挫折という要素が必要です。失敗した人は、人やお客様の心がよくわかる様になります。事業に失敗しろとは言えませんが、他社の経営経験談など、過去の事を学び経験を補填していかなければなりません。


昔は、「誰が見てなくともお天道様が見ている」といって、恥じらう文化を持っていた日本人が、戦争に負け、そういう良き考えも「戦前の物=悪」として接してきている。それは本当に間違いです。


日本の教育では、人間学ではなく事務学を教えています。人間学とは、人間としての幅を広め、奥行きを深くしなくてはならんという学問。それに対し、事務学では、戦後アメリカナイズされ、要領だけがよければいいと教えています。それが原因となり、今まで国のリーダーを輩出してきた有名校が、大学受験の試験科目にない歴史の授業をカットするということが起きてしまいました。


職業軍人としての道が破れ、私はそこで大きな挫折を経験したわけです。いわば、一度死んだ身です。そこで自分が判断して、縁があってアサヒビールに入ったのだからと、入社した時に、あることを決意しました。それは自分が正しいと思ったことは、社長であろうが誰であろうが、ひるむことなく、その意見を発表しようということです。


中條高徳の経歴・略歴

中條高徳、なかじょう・たかのり。日本の経営者。アサヒビール飲料(のちのアサヒ飲料)会長。長野県出身。学習院大学文政学部政治学科卒業後、アサヒビールに入社。東京支店長、取締役、大阪支店長、常務取締役営業本部長、代表取締役副社長、アサヒビール飲料代表取締役会長、アサヒビール名誉顧問などを歴任。そのほか、社団法人日本国際青年文化協会会長、日本戦略研究フォーラム会長、国家基本問題研究所理事、日本会議代表委員、同台経済懇話会副代表幹事などを務めた。

他の記事も読んでみる

相原孝夫

「この人なら昇進しても文句ない」と周りが納得する人であることも大切。これは、仕事の実績はもちろんですが、その人の人柄が重要となります。


村木厚子

今できることをリストアップし、「今できること」「次の段階で手が打てること」「いい方法だが、今はできない。後になってできること」、この3つに分けて整理していくと、「今できること」は、実はそう多くないことが分かる。それに、直ちに手を着けるんです。


大島武(学者)

指導はメンバーや部下の裁量に任せる部分が必要となる。最初に内容や期限などを明確に示し、そこに至る筋道はある程度、メンバーに任せる。裁量の範囲はメンバーの熟練度に応じて段階的に決めるのが理想です。


馬越嘉彦

僕の場合は「リアルに」といっても、たぶん、動き自体のことじゃないと思うんですよ。リアルというよりも「そういう気持ちのときには、こういう動きをするかも」という感じですかねえ。動きのリアルさっていうのは、あまり追いかけるつもりはなくて。


蓑宮武夫

私の趣味であり、ライフワークでもあるのは坂本龍馬です。坂本龍馬をきっかけに人脈が大きく広がりました。趣味の友達には壁がありません。社外はもちろん、老若男女問わずいろいろな人とつながることができます。


石崎芳行

大型休憩所ができたことで、作業員の方々のコミュニケーションが活発になりました。その結果、単純なヒューマンエラーが以前と比べて大幅に減りました。


磯崎功典

気持ちがグッと乗っているときほど、いい仕事ができるものです。だからこそ積極的に気持ちが乗る環境をつくることが重要だと思います。


三谷宏治

たとえ上司からの指示であっても、それは上司が机上で考えたことに過ぎないので、実際に現場で行動に移す前に、自分でもう一度考え直してみなくてはなりません。自分なりに目的や方向性を理解していれば、現場で想定外の事態が発生しても軌道修正しながらアウトプットにつなげることができるはずです。


北尾吉孝

リーダーに一番大切なのは一言で言えば情熱です。情熱を持っていなくては始まりません。


千葉智之

同じ会社、同じ部署には、やっぱり似た者同士が集まっているんですよね。そんな世界を広げてくれるのが、僕にとってのランチ。できる限りアポを入れるようにし、デスクの上で10分ランチなんていうことがないように心がけています。昼なら、誘いやすいのもメリットですね。


斉藤茂一(コンサルタント)

10年、20年、一つの会社・業種で勤め上げるというのは日本では普通でも海外では珍しい。じつはそれが武器になる。営業でも企画でも経理でも真面目に20年仕事をしたら誰でもその道のプロ。そんな人材は海外に出ると引っ張りだこ。


中山均

金融機関はあくまでも自立すべきで、絶対に政党色を持ってはいかん。というのがいまに変わらぬ私の信念である。だから私は政治家にはなれないし、またなりたいとも思わない。厳正中立であるべき金融機関が、政党政派に関係することは断じて避けねばならん。