名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中條高徳の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中條高徳のプロフィール

中條高徳、なかじょう・たかのり。日本の経営者。アサヒビール飲料(のちのアサヒ飲料)会長。長野県出身。学習院大学文政学部政治学科卒業後、アサヒビールに入社。東京支店長、取締役、大阪支店長、常務取締役営業本部長、代表取締役副社長、アサヒビール飲料代表取締役会長、アサヒビール名誉顧問などを歴任。そのほか、社団法人日本国際青年文化協会会長、日本戦略研究フォーラム会長、国家基本問題研究所理事、日本会議代表委員、同台経済懇話会副代表幹事などを務めた。

中條高徳の名言 一覧

期待をかけることが最大の褒め言葉。


小さくてもポジティブな動きが全体に波及していけば、やがて大きなうねりとなり、組織は生き生きと輝き出す。


組織のコンセンサス(合意形成)の強さは、リーダーの信念の強さと正比例する。


やって失敗が見えたら、「見えただけでもありがたい」と思う。


リーダーは本来、決断のためのみにいる。


気を抜くとリーダーというものは、「地位=権威」という錯覚をし始める。


攻撃は防御の最高の在り方であるが、その逆に防御は攻撃のかわりになりえない。ビジネスの世界にもぴたりと当てはまる理念である。


「本当にわがままではないのか、唯我独尊ではないのか、独りよがりではないのか」と自分の胸を三度叩いて、本当にアサヒビールのためになるのなら、相手が社長であろうとも、もの怖じせず、もの申すということを自分に言い聞かせました。その心情はいまだに変わっていません。


リーダーには決断のために、その組織で最も情報と金が集まる仕組みになっています。状況がいい時は部下も得意先も安心して指揮官の顔は見ません。しかし悪くなってくると、「金も情報も持っているのだから、指揮官はこの事態をどう判断するのか」とまじまじと上司の顔を見るのです。困って顔面蒼白になっていたら、部隊が勝てる道理がないではありませんか。


「統御」とは、部下を心酔させるという意味です。統帥綱領にも、「上官は部下から仰いで富岳(富士山)のごとくでなければならない」と書いてあります。日本人にとって富士山というのは、きれいで清々しく、登ろうと思えば近づく事も出来る。しかし少しの油断が死を招く。そういった上に立つ者に必要なあらゆる条件を備えています。


予算未達すればそれが死です。負けた時には責任をどこにも持っていけない。今は「景気が悪い、政治体制が悪い」と他責に逃げる。そんな事を言った所で、自分が潰れてしまえば何にもならないはずです。


お客様の立場に立ち考えることにたどり着くには、挫折という要素が必要です。失敗した人は、人やお客様の心がよくわかる様になります。事業に失敗しろとは言えませんが、他社の経営経験談など、過去の事を学び経験を補填していかなければなりません。


昔は、「誰が見てなくともお天道様が見ている」といって、恥じらう文化を持っていた日本人が、戦争に負け、そういう良き考えも「戦前の物=悪」として接してきている。それは本当に間違いです。


日本の教育では、人間学ではなく事務学を教えています。人間学とは、人間としての幅を広め、奥行きを深くしなくてはならんという学問。それに対し、事務学では、戦後アメリカナイズされ、要領だけがよければいいと教えています。それが原因となり、今まで国のリーダーを輩出してきた有名校が、大学受験の試験科目にない歴史の授業をカットするということが起きてしまいました。


職業軍人としての道が破れ、私はそこで大きな挫折を経験したわけです。いわば、一度死んだ身です。そこで自分が判断して、縁があってアサヒビールに入ったのだからと、入社した時に、あることを決意しました。それは自分が正しいと思ったことは、社長であろうが誰であろうが、ひるむことなく、その意見を発表しようということです。


中條高徳の経歴・略歴

中條高徳、なかじょう・たかのり。日本の経営者。アサヒビール飲料(のちのアサヒ飲料)会長。長野県出身。学習院大学文政学部政治学科卒業後、アサヒビールに入社。東京支店長、取締役、大阪支店長、常務取締役営業本部長、代表取締役副社長、アサヒビール飲料代表取締役会長、アサヒビール名誉顧問などを歴任。そのほか、社団法人日本国際青年文化協会会長、日本戦略研究フォーラム会長、国家基本問題研究所理事、日本会議代表委員、同台経済懇話会副代表幹事などを務めた。

他の記事も読んでみる

北島康介

純粋に試合に出たいと思った自分の気持ちが、昨シーズンの最大のモチベーションでしたね。それに、クラブチームの新たな仲間も僕を刺激しました。国籍がバラバラだから考え方は違うし、皆意識が高い。そんな仲間との交流で、自分がどれだけ水泳が好きなのかも再確認できたんです。


佐藤康博

人間は、公平な人事が担保されていないと、人事権を持つ人に近づきたくなるものです。しかし、そういうことは根絶やしにしなければなりません。私は一人のトップとなったので、人事は絶対に自分で決めます。しかし、私も興銀出身という背番号を持っています。周囲もそういう目で見ますから、第三者である外部の人事アドバイザーの意見をくみ取る形の人事制度にしたい。


高橋政知

あんな覚書は、飛行機に乗る前に破り捨てちゃいますよ。
【覚書き:東京ディズニーランド建設の任に当たった時、米国ディズニーとの契約締結直前に、親会社三井不動産から厳しい制約条件の覚書きを渡されたことに対しての発言】


加谷珪一

どんな投資でも同じだが、過度なリスク負担は禁物。


美崎栄一郎

整理方法を簡単にすることが、面倒な名刺整理を続けるコツ。ポイントは「毎朝、名刺に日付スタンプを押す」だけ。社名や名前を思い出せなくても、手帳を開けば会った日がわかる。その日付で検索すれば、スタンプを押した名刺が見つかります。


宮原正弘

破壊的テクノロジーの活用が進む中、日本企業にも「自らイノベーションを起こさなければ、3年後には顧客を失うかもしれない」との危機感が広がっています。その背景には、最新テクノロジーに対応するための人材や知見、他社とのアライアンス等を含む戦略の見直しが十分でないとの認識があるためです。


田中仁(経営者)

サングラスは色々な形状や色があります。レンズの濃さやフレームの形はどういうものが求められるのかという気付きを得て、次の商品開発に活かす。これを繰り返して少しずつ売れるようになり、将来には花を咲かせる。売れないテイストを外して売れる要素を盛り込んだものに変換していったのが勝因です。


吉田穂波

留学して初めて気づいたこともあります。それは「英語を使ううえでは積極性が重要だ」ということ。中国やインドから来た留学生は文脈に沿わない質問や間違った表現でもまったく気にせずにどんどんと発言し、その姿勢が周囲から高く評価されていました。積極的なコミュニケーションこそが語学力の重要な要素であることを実感しました。


宇佐美進典

リーダーは、嫌われることを恐れてはいけません。意思決定をするまでのプロセスでは、しっかり議論する必要があります。しかし、最後に判断を下す際には、皆が満足するとは限りません。ある人は納得できない決定かもしれないことはよくあることです。


秋田正紀

私は常々、「さまざまな経験を積みなさい」と話しています。そのため、社員に経験を積むきっかけを与えるようにしています。というのは、実際に体験するほうが、耳で聞いて教わるより、本人にとって何倍も有効だからです。


望月晴文

今は発注が多くて好調な事業でも、ある日突然、その発注がゼロになる瞬間があります。その時に他の選択肢を持っていなければ倒産してしまいます。ですから、好調な事業でも過半を占めるものにはせず、常に代わるものを考えておき、そのための投資をするというのが良い中小企業オーナー経営者の原則です。


茂木健一郎

仕事柄、いろいろな方にお目にかかる。経営者やベテランのビジネスパーソンの場合もあるし、若い社会人や、学生さんとも会うことがある。そんな中、「できる人」と、「できない人」を比較したときに、見分けるための一つの指標になることがある。「できる人」の特徴。それはずばり、自分の目標をやたらと人に言わないこと。逆に言えば、「私はこれを目指しています」「ぼくはこんなことをしたい」と言い続けている人は、結果が出ていないことが多いのである。どうやら、目標を言うことで、すでに満足してしまっているようなのだ。