名言DB

9425 人 / 110833 名言

中條高徳の名言

twitter Facebook はてブ

中條高徳のプロフィール

中條高徳、なかじょう・たかのり。日本の経営者。アサヒビール飲料(のちのアサヒ飲料)会長。長野県出身。学習院大学文政学部政治学科卒業後、アサヒビールに入社。東京支店長、取締役、大阪支店長、常務取締役営業本部長、代表取締役副社長、アサヒビール飲料代表取締役会長、アサヒビール名誉顧問などを歴任。そのほか、社団法人日本国際青年文化協会会長、日本戦略研究フォーラム会長、国家基本問題研究所理事、日本会議代表委員、同台経済懇話会副代表幹事などを務めた。

中條高徳の名言 一覧

期待をかけることが最大の褒め言葉。


小さくてもポジティブな動きが全体に波及していけば、やがて大きなうねりとなり、組織は生き生きと輝き出す。


組織のコンセンサス(合意形成)の強さは、リーダーの信念の強さと正比例する。


やって失敗が見えたら、「見えただけでもありがたい」と思う。


リーダーは本来、決断のためのみにいる。


気を抜くとリーダーというものは、「地位=権威」という錯覚をし始める。


攻撃は防御の最高の在り方であるが、その逆に防御は攻撃のかわりになりえない。ビジネスの世界にもぴたりと当てはまる理念である。


「本当にわがままではないのか、唯我独尊ではないのか、独りよがりではないのか」と自分の胸を三度叩いて、本当にアサヒビールのためになるのなら、相手が社長であろうとも、もの怖じせず、もの申すということを自分に言い聞かせました。その心情はいまだに変わっていません。


リーダーには決断のために、その組織で最も情報と金が集まる仕組みになっています。状況がいい時は部下も得意先も安心して指揮官の顔は見ません。しかし悪くなってくると、「金も情報も持っているのだから、指揮官はこの事態をどう判断するのか」とまじまじと上司の顔を見るのです。困って顔面蒼白になっていたら、部隊が勝てる道理がないではありませんか。


「統御」とは、部下を心酔させるという意味です。統帥綱領にも、「上官は部下から仰いで富岳(富士山)のごとくでなければならない」と書いてあります。日本人にとって富士山というのは、きれいで清々しく、登ろうと思えば近づく事も出来る。しかし少しの油断が死を招く。そういった上に立つ者に必要なあらゆる条件を備えています。


予算未達すればそれが死です。負けた時には責任をどこにも持っていけない。今は「景気が悪い、政治体制が悪い」と他責に逃げる。そんな事を言った所で、自分が潰れてしまえば何にもならないはずです。


お客様の立場に立ち考えることにたどり着くには、挫折という要素が必要です。失敗した人は、人やお客様の心がよくわかる様になります。事業に失敗しろとは言えませんが、他社の経営経験談など、過去の事を学び経験を補填していかなければなりません。


昔は、「誰が見てなくともお天道様が見ている」といって、恥じらう文化を持っていた日本人が、戦争に負け、そういう良き考えも「戦前の物=悪」として接してきている。それは本当に間違いです。


日本の教育では、人間学ではなく事務学を教えています。人間学とは、人間としての幅を広め、奥行きを深くしなくてはならんという学問。それに対し、事務学では、戦後アメリカナイズされ、要領だけがよければいいと教えています。それが原因となり、今まで国のリーダーを輩出してきた有名校が、大学受験の試験科目にない歴史の授業をカットするということが起きてしまいました。


職業軍人としての道が破れ、私はそこで大きな挫折を経験したわけです。いわば、一度死んだ身です。そこで自分が判断して、縁があってアサヒビールに入ったのだからと、入社した時に、あることを決意しました。それは自分が正しいと思ったことは、社長であろうが誰であろうが、ひるむことなく、その意見を発表しようということです。


中條高徳の経歴・略歴

中條高徳、なかじょう・たかのり。日本の経営者。アサヒビール飲料(のちのアサヒ飲料)会長。長野県出身。学習院大学文政学部政治学科卒業後、アサヒビールに入社。東京支店長、取締役、大阪支店長、常務取締役営業本部長、代表取締役副社長、アサヒビール飲料代表取締役会長、アサヒビール名誉顧問などを歴任。そのほか、社団法人日本国際青年文化協会会長、日本戦略研究フォーラム会長、国家基本問題研究所理事、日本会議代表委員、同台経済懇話会副代表幹事などを務めた。

他の記事も読んでみる

宮沢俊哉

仕事のやり方を改革するのに必要なことは、ひとことで言えば、相手の立場に立つことです。この人はなぜ反対するのだろうかと想像してみる。梱包材を使ってきたのは、運搬時に建材を傷つけないためです。仮に建材を梱包せずに運搬して傷がついたら、責任問題も発生します。だったらこれまでのやり方をわざわざ変える必要はない、と考える人も多いはずです。そういった相手の気持ちを想定して、まず相手に敬意を払い、共感するところから入りました。そうして初めて、相手に聞く耳を持ってもらうことができます。


工藤公康

振り返ると、這い上がるためのヒントは必ずあります。二軍に落ちたからクビだと思うのか、もう一度這い上がってやるぞと思うのか、どっちに考えるかで方向性も全然違ってくるということを知ることが大切です。


永田良一

子供だからこれは難しいよと、決めつけてしまうことはやはり間違いなんです。ただ、子どもによって発達が速かったり、遅れたりする子はいます。その場合は、子どもに合わせてやれば良いのです。伸びる子はどんどん伸びます。


豊田章男(モリゾウ)

直接的には私の責任ではないと言ってくださる方がいるとしても、こういう名前で生まれ、現に社長を務めているのですから、過去、現在、未来すべてにおいて私に責任がかかってくると思っています。バトンを受け継いだ以上、私が「それは私が社長になる前のことです」と言っても世間に許してもらえないでしょうし、そんなことを言うつもりもありません。
【覚書き|タカタ製エアバッグの不具合により大規模リコール行ったことについて語った言葉】


石黒浩

これまでも単純な仕事は徐々にロボットに置き換わってきましたし、記憶能力、計算能力は人間よりもロボットのほうがはるかに優れています。ものづくりの現場においても、機械の制御・調整はますますロボットに代わっていくでしょう。機械では限界があったいわゆる「匠の技」も、最近はセンサー技術によって、かなり再現することができます。サービス業も同様です。ファストフード店のようにマニュアル化されている仕事も多いので、それらはすべてロボットにもできるようになります。


永瀬昭幸

「鉄は熱いうちに打て」と言いますが、本当にその通り。子供のうちから高い志や覚悟を持って勉学に打ち込めば、必死で頑張り、限界を超えてどんどん伸びていきます。


アルバート・アインシュタイン

何も考えずに権威を敬うことは、真実に対する最大の敵である。


古谷周三

私たちは、お客様や業界が直面している課題に真摯に向き合い、既存の仕組みにとらわれない解決の実現を目指します。その挑戦の積み重ねを通じてより良い社会と未来へのソリューションを提供したい。


桝太一

僕は、どんな仕事でも一生懸命やるということに関してだけは自信がある。


内藤忍

人付き合いで大切なのは数ではなく質といえます。人付き合いがいいというのは褒め言葉かもしれませんが、そのために無理をする必要はありません。それに大勢の人と付き合うことは、リスクを増やすことにもつながります。自分なりの付き合いの基準を持って、ときには人間関係の損切りを行ってもよいのではないでしょうか。