名言DB

9419 人 / 110788 名言

中條武志の名言

twitter Facebook はてブ

中條武志のプロフィール

中條武志、なかじょう・たけし。日本の工学博士。「中央大学理工学部」教授。長崎県出身。東京大学工学部反応化学科卒業、東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。東京大学工学部助手、中央大学理工学部講師、助教授などを経て教授。

中條武志の名言 一覧

お客さんが求めるニーズも、技術もどんどん変わっています。そのうえ、製造現場で働く人も時間がたつにつれて入れ替わります。品質を確保するのは結局、一人ひとりの人間なんです。きちんと育てていないと、どんな品質管理の仕組みを持ってきても、社長が何を言ってもしょうがない。品質関連の活動を続ける努力をやめた瞬間、品質は崩れていきます。同じレベルを維持するのも難しくなる。


新興国のメーカーは品質を「クオリティー」と理解して、モノに限らない幅広い概念として捉えています日本人は何となく品質を、モノの質として狭く捉えがちです。しかし、モノの質だけで、ものごとがうまくいくわけではない。モノとサービスを一体にして顧客に提供することで初めてビジネスになるはずです。


新興国の優れたメーカーは、自分たちはこういうことをやりたいという方針が明確で、TQM(総合品質管理)などの活動における焦点が絞られている。一方、日本メーカーは、他社ばかりを意識して、どうしてもTQMが横並び的になる場合が多い。


非正規社員が増えた日本の製造現場では、品質管理そのものが難しくなっているのは事実です。それでも正規だけでなく、非正規社員にも、教育をきちんと施さないといけません。一部の人だけで品質保証をしようという考えには無理があります。だから全員でやる。そのハードルが上がっているのは、分かります。でも諦めてはいけません。QCサークル(小集団改善活動)などの活動も、非正規の従業員を巻き込んでやっていく必要があります。


日本はかつての成功体験が災いしている。相次ぐ品質関連の問題を見て、そう強く感じます。日本メーカーは品質向上に一生懸命に取り組み、世界的な競争力を高めてきましたその過程で品質管理の手法を確立できたと思い、安心して手を抜いちゃった。


アジアで品質管理に力を入れているメーカーに共通するのは、人材育成に熱心なことです。「人づくり」はかつて日本企業の専売特許でしたが、今では、その熱意は新興国のメーカーが高くなってきた。彼らは品質管理やTQM(総合品質管理)の活動は、人を育てる良いツールだと認識して活用しています。アジアの現場を歩いて見えてくる、一人ひとりが生き生きと品質改善に取り組んでいる姿。そういう部分は日本がもう一度学び直さないといけないのではないでしょうか。


中條武志の経歴・略歴

中條武志、なかじょう・たけし。日本の工学博士。「中央大学理工学部」教授。長崎県出身。東京大学工学部反応化学科卒業、東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。東京大学工学部助手、中央大学理工学部講師、助教授などを経て教授。

他の記事も読んでみる

中川政七・13代目(中川淳)

商品が売れるアイデアを生み出すために情報整理を大切にしています。ITの進化により、目や耳から入ってくる情報量は飛躍的に増えました。でも頭のメモリーは、自分が思っているほど、多くの情報を処理できません。不要な情報を捨て、必要なものをいかにすぐ引き出してうまく組み立てるかが、売れるアイデアにつながる。そのための整理法(仕組み)を考えることが重要になるのです。


小嶋光信

中国バスをはじめ、当社では毎年夏前に停留所間の運行時間を綿密に調べています。バスにGPS(全地球測位システム)を付け、さらに社員が乗り込んでどの停留所で何人お客様が乗り、そのために何分停車し、どこで混雑に巻き込まれるかといったことを調べるのです。そうすると運行の実態に合わせた時刻表が作れるようになります。お客様はいつ来るか、いつ目的地に着くかが不安だからバスを利用しなくなる。でも、運行の実態の方に合わせて時刻表を作れば、定時性は担保しやすくなります。


大橋未歩

女子アナウンサーというと、華やかなイメージばかり先行しますが、実は下調べや人間関係づくりなど、地道な作業が多いんです。でも、そうした地道な仕事こそが、アナウンサーの仕事の醍醐味につながると思っています。


佐々木正悟

成果の見えにくい習慣を続けるためには「目で見えるようにする」ことが重要です。おすすめはスタンプカードを自作し、実行するたびにスタンプを押すこと。単純ですが、努力の跡が明確になり、モチベーションを保ちやすくなります。


森田勉(経営者)

私は競輪でも麻雀でもゴルフでも、徹底的に極めないと気が済まない。たとえば競輪などは勝てばエキストラマネーが入ってきますよね?負けるのは嫌ですから、どうしたら儲かるのか徹底的に研究します。この間もテレビで「歩く競輪百科事典」なんて紹介されたんですが、日本中の競輪場のバンクの癖、選手の癖などすべて頭に入っています。他にも、どうしたらゴルフ初心者が5ヶ月で100を切れるのか、レッスンプロの教え方のどこに間違いや問題があるのかということについても徹底的に研究しました。


松下幸之助

人間というものは、気分が大事です。気分がくさっていると、立派な知恵才覚を持っている人でも、それを十分に生かせません。しかし気分が非常にいいと、今まで気づかなかったことも考えつき、だんだんと活動力が増してきます。


織田信長

人は心と気を働かすことをもって良しとするものだ。用を言いつけられなかったからといって、そのまま退出するようでは役に立たない。その点、お前は塵に気付いて拾った。なかなか感心である。【覚書き|あるとき信長が、近習たちを呼びつけたのに用事を言わずに退席させた。その中の一人が塵が落ちているのを見つけ、退席するついでに拾った時の発言。言われたことをやるだけでは不十分で、それ以上のことに気を使えという教訓】


本庄八郎

時代に合わさなくてもいい基本の原理原則は守らなければならない。


石川善樹

いくつかのコミュニティのチャンネルを持っていれば、あるコミュニティで同調圧力が深刻化しても、別のコミュニティがあるので追い込まれずに済む。


畑村洋太郎

マニュアルも現場に即さないものになっているケースが意外にあります。工場で従業員がロボットの検査をする際に、ロボットを囲む柵外から行うように決められていたが、実際には柵内で動く様子を見ないと本当の不具合がわからず、中に入って自己を起こしたという例もありました。でも悲観する必要はありません。失敗は必ず多くのことを教えてくれますから。