名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中條武志の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中條武志のプロフィール

中條武志、なかじょう・たけし。日本の工学博士。「中央大学理工学部」教授。長崎県出身。東京大学工学部反応化学科卒業、東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。東京大学工学部助手、中央大学理工学部講師、助教授などを経て教授。

中條武志の名言 一覧

お客さんが求めるニーズも、技術もどんどん変わっています。そのうえ、製造現場で働く人も時間がたつにつれて入れ替わります。品質を確保するのは結局、一人ひとりの人間なんです。きちんと育てていないと、どんな品質管理の仕組みを持ってきても、社長が何を言ってもしょうがない。品質関連の活動を続ける努力をやめた瞬間、品質は崩れていきます。同じレベルを維持するのも難しくなる。


新興国のメーカーは品質を「クオリティー」と理解して、モノに限らない幅広い概念として捉えています日本人は何となく品質を、モノの質として狭く捉えがちです。しかし、モノの質だけで、ものごとがうまくいくわけではない。モノとサービスを一体にして顧客に提供することで初めてビジネスになるはずです。


新興国の優れたメーカーは、自分たちはこういうことをやりたいという方針が明確で、TQM(総合品質管理)などの活動における焦点が絞られている。一方、日本メーカーは、他社ばかりを意識して、どうしてもTQMが横並び的になる場合が多い。


非正規社員が増えた日本の製造現場では、品質管理そのものが難しくなっているのは事実です。それでも正規だけでなく、非正規社員にも、教育をきちんと施さないといけません。一部の人だけで品質保証をしようという考えには無理があります。だから全員でやる。そのハードルが上がっているのは、分かります。でも諦めてはいけません。QCサークル(小集団改善活動)などの活動も、非正規の従業員を巻き込んでやっていく必要があります。


日本はかつての成功体験が災いしている。相次ぐ品質関連の問題を見て、そう強く感じます。日本メーカーは品質向上に一生懸命に取り組み、世界的な競争力を高めてきましたその過程で品質管理の手法を確立できたと思い、安心して手を抜いちゃった。


アジアで品質管理に力を入れているメーカーに共通するのは、人材育成に熱心なことです。「人づくり」はかつて日本企業の専売特許でしたが、今では、その熱意は新興国のメーカーが高くなってきた。彼らは品質管理やTQM(総合品質管理)の活動は、人を育てる良いツールだと認識して活用しています。アジアの現場を歩いて見えてくる、一人ひとりが生き生きと品質改善に取り組んでいる姿。そういう部分は日本がもう一度学び直さないといけないのではないでしょうか。


中條武志の経歴・略歴

中條武志、なかじょう・たけし。日本の工学博士。「中央大学理工学部」教授。長崎県出身。東京大学工学部反応化学科卒業、東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。東京大学工学部助手、中央大学理工学部講師、助教授などを経て教授。

他の記事も読んでみる

梅原勝彦

私はあえて生活に困っている人を優先的に採用することにしている。例えば年齢をある程度重ねていて、奥さんと子供を養わないといけない、あるいは離婚してしまって1人で子供を育てなければならないお母さんなどである。そういう人たちはなかなか働き口が見つけられないそうだ。もう若くはないということもあるし、会社側が扶養手当の負担を嫌がるという事情もある。私はそういう人をわざわざ選んでいる。収入の有無は切実な問題だし、就職することの大変さが身に染みているから、心から「この会社に入れてよかった」と思ってもらえる。そうなれば、間違いなく一生懸命働いてくれる。


ゲーテ

古い基礎を人々は貴ぶが、同時にどこかで再び初めから基礎を築きだす権利を放棄してはならない。


国部毅(國部毅)

リーマンショック後、欧米の金融機関にパラダイムシフトが起きたことは間違い強いと思います。特に投資銀行はその典型例ですが、リーマンショック後の様々な規制強化などによって、彼らが商業銀行に回帰しているのが、現状ではないでしょうか。この商業銀行業務は我々がずっとやっていた業務であり、非常にアドバンテージがありますので、彼らとは経験の厚みが違うと思います。


澤田秀雄

「企業は人なり」ですから、大事なことは人が元気を出すことです。元気があればやる気が出る。すると、物事を考え、努力するようになります。


樋口裕一

意思決定することに、上司の存在意義がある。


小山昇

コミュニケーションは時間の長さより回数で決まる。相手と1時間じっくり話すより、10分ずつ6回話した方が親密になれる。


大橋悦夫

簡単な作業でも、その流れを想像して、具体的な作業として洗い出しておけば、スピードは格段に向上します。この「洗い出しメモ」の作成は簡単な作業だから、疲れが溜まりやすい夕方に、翌日の分を行なうといいでしょう。


西山敷

私がお客様に提供したいのは商品だけではありません。モノだけではなくコト、つまり心地いい空間や楽しい時間を生み出していきたい。


鎌田實

目の前の人が何を喜ぶのかと考えるとき、大切なのは、「自分たちはここまでしかできない」といった思い込みを少し超えることなんです。


臼井由妃

現実には「ひと言多くて同僚を怒らせる」場面が絶えないのは、職場が「忙しい場所」だからです。こうした言葉はたいてい、せわしない状況で発されるものです。言葉を発する側も、受ける側も心の余裕を失っているがゆえに、何気ないひと言を実際以上に不愉快に感じるのです。


小郷三朗

私自身、長く宣伝畑を歩いてきたが失敗も山ほどある。しかし、それが次の発想の肥やしになっている。


立川談四楼

コピーはどこまで行ってもコピーです。本物には、逆立ちしたってかなわない。