名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中條武志の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中條武志のプロフィール

中條武志、なかじょう・たけし。日本の工学博士。「中央大学理工学部」教授。長崎県出身。東京大学工学部反応化学科卒業、東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。東京大学工学部助手、中央大学理工学部講師、助教授などを経て教授。

中條武志の名言 一覧

お客さんが求めるニーズも、技術もどんどん変わっています。そのうえ、製造現場で働く人も時間がたつにつれて入れ替わります。品質を確保するのは結局、一人ひとりの人間なんです。きちんと育てていないと、どんな品質管理の仕組みを持ってきても、社長が何を言ってもしょうがない。品質関連の活動を続ける努力をやめた瞬間、品質は崩れていきます。同じレベルを維持するのも難しくなる。


新興国のメーカーは品質を「クオリティー」と理解して、モノに限らない幅広い概念として捉えています日本人は何となく品質を、モノの質として狭く捉えがちです。しかし、モノの質だけで、ものごとがうまくいくわけではない。モノとサービスを一体にして顧客に提供することで初めてビジネスになるはずです。


新興国の優れたメーカーは、自分たちはこういうことをやりたいという方針が明確で、TQM(総合品質管理)などの活動における焦点が絞られている。一方、日本メーカーは、他社ばかりを意識して、どうしてもTQMが横並び的になる場合が多い。


非正規社員が増えた日本の製造現場では、品質管理そのものが難しくなっているのは事実です。それでも正規だけでなく、非正規社員にも、教育をきちんと施さないといけません。一部の人だけで品質保証をしようという考えには無理があります。だから全員でやる。そのハードルが上がっているのは、分かります。でも諦めてはいけません。QCサークル(小集団改善活動)などの活動も、非正規の従業員を巻き込んでやっていく必要があります。


日本はかつての成功体験が災いしている。相次ぐ品質関連の問題を見て、そう強く感じます。日本メーカーは品質向上に一生懸命に取り組み、世界的な競争力を高めてきましたその過程で品質管理の手法を確立できたと思い、安心して手を抜いちゃった。


アジアで品質管理に力を入れているメーカーに共通するのは、人材育成に熱心なことです。「人づくり」はかつて日本企業の専売特許でしたが、今では、その熱意は新興国のメーカーが高くなってきた。彼らは品質管理やTQM(総合品質管理)の活動は、人を育てる良いツールだと認識して活用しています。アジアの現場を歩いて見えてくる、一人ひとりが生き生きと品質改善に取り組んでいる姿。そういう部分は日本がもう一度学び直さないといけないのではないでしょうか。


中條武志の経歴・略歴

中條武志、なかじょう・たけし。日本の工学博士。「中央大学理工学部」教授。長崎県出身。東京大学工学部反応化学科卒業、東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。東京大学工学部助手、中央大学理工学部講師、助教授などを経て教授。

他の記事も読んでみる

ジェームズ・アレン(自己啓発)

知識を高めていくのが、謙虚さです。謙虚な気持ちも、口先だけの言い分や根拠のない憶測を取り去ったところに生まれるものです。


入山章栄

今はキャリア形成の不確実性も高まっている時代です。個人の知はすぐに陳腐化し、資格を取っても安泰ではありません。大企業に入ったところで「寄らば大樹の陰」は通用しなくなってきています。


土屋嶢

私が頭取に就任して間もない頃、金融ビッグバンが始まって競争環境は一変した。事業会社が金融業務へ参入しやすくなり、証券会社や保険会社と銀行との相互参入の規制もほぼなくなった。既に預金金利は自由化されていたし、競争は他業種を含めて激しくなる。こんなことで我々は将来、生き残っていけるのか不安に思ったものだ。だからもっと個人顧客のメーンバンクになろうと考えた。個人のお客様の学生時代から就職、結婚、子供の誕生……。あらゆる場面で一貫して役に立てる存在にならないといけない。だから、真の意味でのサービス業になろうと思ったのだ。


大山健太郎

当社は家庭の園芸市場や室内でのペット飼育という新たな市場を創ってきました。当初はニッチだったのでライバルの参入も少なかったのですが、規模が大きくなれば類似商品も出てきます。それに勝つためには、新たな付加価値をつけた商品しかありません。ライバルよりも1周早く走って開発を続ける。これが、勝ち続けるコツです。


土合朋宏

マーケティング的な視点では、まず「客(相手)の立場」からニーズや新しさを見つけるといい。こんな時にこそ、自分にない考えを持つ人の意見が力になる。


坂根正弘

社長になってから後継者を考え始めるようでは遅い。コマツでは、上級の部長クラスから自分の「次の次」まで後継者候補を挙げ、社長に提出している。次の次になると直属の部下などではなく、周りの評判がよい人物を探すことになる。そうした人物はあちこちで候補に挙がるので、自然といい人材が浮かび上がる。


俣野成敏

読書を学びのツールと捉えるなら、キーワードを研ぎ澄ませるのが不可欠です。「勉強したい」とぼんやりと思うのでは駄目。何を知りたいのかを明確化することで必要な知識にたどり着けるのです。


堺美保

どのような産業であれ、独創的な新商品や新サービスを生み出すことが最も大切。


石田衣良

自分の人生のテーマを3つくらい見つけるといい。ひとつだけだとつまらないですからね。小さくてもいいから、折れない柱を3本くらいつくっておく。


北条民雄

私にとって最も不快なものは、諦めである。諦めきれぬという言葉は、諦めを否定してそれに到達し得ぬ場合にのみ用うべきものである。しかし私は諦めを敵とする。私の日々の努力は、実にこの諦めと闘うことである。


荒川詔四

秘書がいるのに、手帳でスケジュールを管理するのは一見、非効率なようですが、秘書をつかまえて「今日、何があったっけ」「これが終わったら次は何」と聞いている方が効率が悪いと思います。とくに来客が連続するときなどは、先の予定でも最低でも1分か2分前に終わらせなければ、次のお客様を待たせることになります。一日のスケジュールを頭の中に入れておけば「次が詰まっているから1分前に終わろう」「次の場所へは5分で移動しなければ」と時間の流れをイメージできます。


アルベルト・シュバイツァー

人を動かすには模範を示すことが大切だ。というよりそれ以外の方法はない。