名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

中條武志の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中條武志のプロフィール

中條武志、なかじょう・たけし。日本の工学博士。「中央大学理工学部」教授。長崎県出身。東京大学工学部反応化学科卒業、東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。東京大学工学部助手、中央大学理工学部講師、助教授などを経て教授。

中條武志の名言 一覧

お客さんが求めるニーズも、技術もどんどん変わっています。そのうえ、製造現場で働く人も時間がたつにつれて入れ替わります。品質を確保するのは結局、一人ひとりの人間なんです。きちんと育てていないと、どんな品質管理の仕組みを持ってきても、社長が何を言ってもしょうがない。品質関連の活動を続ける努力をやめた瞬間、品質は崩れていきます。同じレベルを維持するのも難しくなる。


新興国のメーカーは品質を「クオリティー」と理解して、モノに限らない幅広い概念として捉えています日本人は何となく品質を、モノの質として狭く捉えがちです。しかし、モノの質だけで、ものごとがうまくいくわけではない。モノとサービスを一体にして顧客に提供することで初めてビジネスになるはずです。


新興国の優れたメーカーは、自分たちはこういうことをやりたいという方針が明確で、TQM(総合品質管理)などの活動における焦点が絞られている。一方、日本メーカーは、他社ばかりを意識して、どうしてもTQMが横並び的になる場合が多い。


非正規社員が増えた日本の製造現場では、品質管理そのものが難しくなっているのは事実です。それでも正規だけでなく、非正規社員にも、教育をきちんと施さないといけません。一部の人だけで品質保証をしようという考えには無理があります。だから全員でやる。そのハードルが上がっているのは、分かります。でも諦めてはいけません。QCサークル(小集団改善活動)などの活動も、非正規の従業員を巻き込んでやっていく必要があります。


日本はかつての成功体験が災いしている。相次ぐ品質関連の問題を見て、そう強く感じます。日本メーカーは品質向上に一生懸命に取り組み、世界的な競争力を高めてきましたその過程で品質管理の手法を確立できたと思い、安心して手を抜いちゃった。


アジアで品質管理に力を入れているメーカーに共通するのは、人材育成に熱心なことです。「人づくり」はかつて日本企業の専売特許でしたが、今では、その熱意は新興国のメーカーが高くなってきた。彼らは品質管理やTQM(総合品質管理)の活動は、人を育てる良いツールだと認識して活用しています。アジアの現場を歩いて見えてくる、一人ひとりが生き生きと品質改善に取り組んでいる姿。そういう部分は日本がもう一度学び直さないといけないのではないでしょうか。


中條武志の経歴・略歴

中條武志、なかじょう・たけし。日本の工学博士。「中央大学理工学部」教授。長崎県出身。東京大学工学部反応化学科卒業、東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。東京大学工学部助手、中央大学理工学部講師、助教授などを経て教授。

他の記事も読んでみる

新将命

遮二無二働いて利益を出すのは大事なことですが、人間はあまりにも目先の目標にばかり追われていると精神的に病んでしまう。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

本物の強い精神に必要な要素は、「勇気」「自立」「誠意」「寛大さ」「思いやり」の5つの美徳です。これらがなければ、真の自由と喜びを知らない揺らいだ心のまま、人は、その場の状況によって姿かたちを変えられる粘土細工のような存在になってしまうでしょう。


藤井幸雄(経営者)

供給戸数の数を追い求めると、中堅デベロッパーには苦しい局面が必ずきます。当社はやみくもに供給戸数を増やすのではなく、その内訳を大事にします。


瀬戸欣哉

合弁会社やコンソーシアム(企業連合)という方式は、出資者の覇権争いが競合に勝つより大事になってしまいがち。本来はパイそのものを大きくするのが目的のはずが、パイの分け前を誰が多く取るかという議論にエネルギーが費やされてしまいます。自分が組織の中で偉くなることの方が、会社が儲かることより大切だと思う人は結構いますよね。合弁やコンソーシアムでは、その悪い面が極端に出がちです。


伊庭正康

残業して夜やるくらいなら、翌朝、始業前に出社して行う方が確実にはかどり、短時間で済む。


石田淳(コンサルタント)

目の前の出来事に意味を与えるのは人間の認知で、ある人から見ればピンチでも、他の人から見ればチャンスになり得ます。失敗や挫折を乗り越える力、挫けない力とは、認知を変え、現実をありのままに見て、受け入れ、最善の行動を起こす力のこと。


屋久哲夫

仲裁で最も大切なのは、自分をいかに中立の立場に置くか。中立の立場で双方の言い分を同等に聞く。一方の話が理屈に合わなくても、吐き出すだけ吐き出させる。それは警察官時代、喧嘩の通報で出動した現場での大原則でした。人は話すことでカタルシスを得て、気持ちが落ち着いていくものです。


渡辺捷昭

いまも昔も変わらない大事な要素のひとつは、現地現物の目線です。頭だけで考えるのではなく、現地を見る、現場を見る、現実をきちんと確認するということです。事実や現実は頭の中にも机上にもない。現場で実感するしかないのです。現地現物を徹底すると問題点がいくらでも浮かび上がってきます。


南雲吉則

診察の相手が自分の子供だったらどうでしょうか。「痛かったでしょ。怖かったでしょ。でも大丈夫だよ、必ずよくなるよ」という言葉から始まるはずです。普段、身内や親しい人にどのように話しているかを思い出してみてください。専門用語など使わずに、相手にわかる言葉で、相手と同じような気持ちで語りかけているはずです。


黒川光博

変えていけないものと、変えても良いものというのは、その時々でも変わる。


松井忠三

平常心で努力し続ければ、解決の本質に迫れる。


熊谷正寿

運動をしていることは、仕事にも間違いなくプラスになっています。ウォーキングをしたあとは血の巡りが良くなって、いろんなアイデアがどんどん浮かんできます。筋力があるぶん、背筋を伸ばして仕事に取り組めますから、疲れを感じることなく何時間でも集中できます。ですから、これからも良い仕事をするために、あえて運動の優先順位を上げることにしたのです。