名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

中條武志の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中條武志のプロフィール

中條武志、なかじょう・たけし。日本の工学博士。「中央大学理工学部」教授。長崎県出身。東京大学工学部反応化学科卒業、東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。東京大学工学部助手、中央大学理工学部講師、助教授などを経て教授。

中條武志の名言 一覧

お客さんが求めるニーズも、技術もどんどん変わっています。そのうえ、製造現場で働く人も時間がたつにつれて入れ替わります。品質を確保するのは結局、一人ひとりの人間なんです。きちんと育てていないと、どんな品質管理の仕組みを持ってきても、社長が何を言ってもしょうがない。品質関連の活動を続ける努力をやめた瞬間、品質は崩れていきます。同じレベルを維持するのも難しくなる。


新興国のメーカーは品質を「クオリティー」と理解して、モノに限らない幅広い概念として捉えています日本人は何となく品質を、モノの質として狭く捉えがちです。しかし、モノの質だけで、ものごとがうまくいくわけではない。モノとサービスを一体にして顧客に提供することで初めてビジネスになるはずです。


新興国の優れたメーカーは、自分たちはこういうことをやりたいという方針が明確で、TQM(総合品質管理)などの活動における焦点が絞られている。一方、日本メーカーは、他社ばかりを意識して、どうしてもTQMが横並び的になる場合が多い。


非正規社員が増えた日本の製造現場では、品質管理そのものが難しくなっているのは事実です。それでも正規だけでなく、非正規社員にも、教育をきちんと施さないといけません。一部の人だけで品質保証をしようという考えには無理があります。だから全員でやる。そのハードルが上がっているのは、分かります。でも諦めてはいけません。QCサークル(小集団改善活動)などの活動も、非正規の従業員を巻き込んでやっていく必要があります。


日本はかつての成功体験が災いしている。相次ぐ品質関連の問題を見て、そう強く感じます。日本メーカーは品質向上に一生懸命に取り組み、世界的な競争力を高めてきましたその過程で品質管理の手法を確立できたと思い、安心して手を抜いちゃった。


アジアで品質管理に力を入れているメーカーに共通するのは、人材育成に熱心なことです。「人づくり」はかつて日本企業の専売特許でしたが、今では、その熱意は新興国のメーカーが高くなってきた。彼らは品質管理やTQM(総合品質管理)の活動は、人を育てる良いツールだと認識して活用しています。アジアの現場を歩いて見えてくる、一人ひとりが生き生きと品質改善に取り組んでいる姿。そういう部分は日本がもう一度学び直さないといけないのではないでしょうか。


中條武志の経歴・略歴

中條武志、なかじょう・たけし。日本の工学博士。「中央大学理工学部」教授。長崎県出身。東京大学工学部反応化学科卒業、東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。東京大学工学部助手、中央大学理工学部講師、助教授などを経て教授。

他の記事も読んでみる

高橋フミアキ

文章力はコミュニケーション力だと思います。自分に、相手を合わせるのではなく、相手に自分を合わせ、それに応じた文章を書く。初対面のときに限らずがすべての文章の基本です。


高橋俊之

上司とうまく仕事を進めるためには、「上司の気持ち」のほかに、「上司の視点」を持つことが重要です。「上司が全然受け入れてくれない」という人の話を聞いてみると、自分の立場での最適案を考えてしまっているケースが多くあります。その提案を上司の視点から見ると、「それではほかのところで問題が起きる」「もっと先に取り組むべきことがある」という内容であることが少なくないのです。特にありがちなのは、優先順位を間違えた提案です。何かに力を入れれば、そのぶん、ほかのことができなくなるわけです。とりわけほかの人たちまで動かすような提案では、それだけ影響が大きくなります。


松浪健四郎

格闘技は美の追求です。美しく投げて1本、美しく打って勝ち。レスリングも美しく投げてビッグポイント。したがって、体操も含めてスポーツは美の追求なんです。そのため常に美しいものや素晴らしいものに触れるということが大事。


照屋華子

テーマや期待する反応が曖昧な文書は、読んで決まってイライラします。「書き手が言いたいことは何か」「何のためにこの文章を自分に読ませたのか」が、なかなか読み取れないからです。目的意識なく、思いつくままに綴れば、そうなるのは当たり前です。


野田稔

少しだけでも、相手の視点を考えながらしゃべるだけで、うまくいくものです。


フィリップ・コトラー

未来を見通すためには、歴史を知らなければなりません。


後田良輔

今の時代、「売る」という発想では、お客様の高い心のバリアは崩せません。


青木利勝

本当に突き詰めるべきは、お客様にいかに美味しい寿司をお出しし、質の高いサービスで満足してもらうか。


アルフレッド・アドラー

人は人生の敗北を避けるために、あらゆるものを利用する。


平本清

会議をやる代わりにイントラネットで意見交換ができるようにしています。会議だと、発言者が損する。自分の提案が、「10名でまとめた意見」みたいに改変されますからね。でも、ネットの掲示板は記録が残り、誰の発言かが全員に伝わる。だからみんな積極的に発言するし、情報共有も早い。


小早川智明

とにかく個の会社を再生させたい。困難な道だが、覚悟を持ってチャレンジしたい。


河合滉二

時には意見をぶつけ合い、徹底的に討論をする。あるいは、あるがままの自分をさらけ出して他人に見てもらう。個性と個性がぶつかり合って、やがて互いに胸襟を開いたところに、はじめて本当の「和」が生まれるのだ。見せかけだけの和はいらない。最初から馴れ合っている人間には発展はないのだ。