名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中桐啓貴の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中桐啓貴のプロフィール

中桐啓貴、なかぎり・ひろき。日本のファイナンシャル・プランナー。山一証券、メリルリンチ日本証券を経てブランダイズ大学でMBAを取得。帰国後、FP法人ガイア設立。著書に『会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方』『ほったらかしでも1億円の資産を生む、株式・投資信託の始め方』『隠れたお金持ちが、みんなやってる投資の法則』。

中桐啓貴の名言 一覧

資産運用において欠かせないのは長期的な視点と広い視野。ぜひ自分なりの方針を定め、腰を据えた取り組みを実践してほしいと思います。


お金持ちは人並み以上に時間に気を使う人たちです。


富裕層の方は自分が、この人は信頼できると考えている人から出てくる情報しか信じません。


人生100年時代となれば、その中ではいろいろなことが起こります。やはり信頼できる相談相手がいるか、いないかは大きな違いでしょう。


会社や社会の保障を当てにせず、自分のお金は自分で作るのが、本来あるべき姿勢。


頼りになる専門家をパートナーにすることも大事。仕事をしながら、金融や運用についての知識を高めたり、刻々と変わる情報に追いついたりするのは、事実上不可能ですから。


私のお客様でも、不動産へ投資している人は少なくありません。不動産投資の一つの利点は、自身の信用力を生かして融資を受け、レバレッジを利かせた投資ができることです。当初から長期的な視点を持って始める人が多く、ビジネスパーソンが引退後までを見据えて行う投資の選択肢にもなっています。


お金持ちの方達は10年先を見て人材育成を行います。ある経営者は、見込みのある若い社員を大学院に行かせ、その間に2年間、アメリカに留学させました。留学から帰ってきて大学院を修了したら、今度はアメリカの会社で2年間くらい働かせて経験を積ませます。留学費用などがかなりかさむ計算ですが、すべて会社持ちです。10年後の会社をつくるのは人だと考えているので思い切った投資をするのです。


お金持ちの人にわりあい多いのが、運転しながらオーディオテープを聴く人です。本は1度読んだら終わりですが、オーディオテープは腑に落ちるまで聴き込むことができます。富裕層はドライブ中も時間をムダにせず、格好の勉強時間にしています。


なぜ、お金持ちの人たちが携帯やメールを気にしないかといえば、たいていのことは自分の右腕に任せているからです。信頼できる幹部を育てているので、最終判断は自分でするにせよ、細々としたことに煩わされることはありません。もちろん経営に関する一番重要な数値や情報は右腕から聞いています。だから、商用でもプライベートでも、お会いしている問に携帯やメールの着信音が次々と鳴る人は、まだまだその域にまでいっていない証拠といえるのです。


日本人が投資に積極的になれないのは、身近な成功事例を知らないことが一因かもしれませんね。経済が停滞する中、同僚や身内の中に運用で成功した人を見つけるのは難しいのが実情です。加えて、表立ってお金の話題を口にすることを好まない国民性のせいもあるでしょう。いずれにせよ、リアルな成功体験に触れる機会がないんですね。


資産運用について、私がいつもお伝えしているのは、「価値より安い価格で買う」ということです。これも基本的なことですが、案外見過ごされています。例えば、あなたが乳牛を一頭買うことを想像してみてください。いくらで買いますか。なかなか見当がつかないはずです。では、乳牛から取れるミルクの卸値が1年間でおよそどれくらいの金額になるか、そのほか飼育費や平均的な寿命がわかればどうでしょう。計算によって、おおよその乳牛の価値がわかります。そうすれば、価格の妥当性もある程度判断できます。不動産投資だとイメージしやすいですが、株式などの金融商品も考え方は同じ。その資産が生み出す価値を見極めて投資対象とすべきかどうかを判断しなければいけません。単にほかと比べて価格が安い、高いという情報だけで売買の判断をするのは、長期的な資産運用においてリスクが大きいといえます。よく知られているとおり、「乳牛はこれからも値上がりしそうだ」と皆が単に価格だけに焦点を当てて売買を始めると、バブルになってしまうわけです。


金融機関や不動産会社もビジネスをしている。当たり前のことではありますが、このことは念頭に置いておくべきでしょう。ただ儲かる話を持ってきてもらうわけにはいきませんし、そうした事業者は信用できません。お互いWIN-WINとなる関係をつくることが大事で、パートナーというのであればどちらが上でも下でもなく、役割を分担するという発想が求められます。そうした関係性の中では、当然事業者側からリスクについても丁寧な説明があってしかるべきでしょう。いずれにしても、どちらかだけが得をする関係というのは長く続きません。事業者を決める際は、10年、20年にわたって付き合える相手であるかどうか考えてみるといいでしょう。


短期的な株価の変動に投資する。これはギャンブルに近いと言っていいかもしれません。これまで資産運用のお手伝いをしてきて、成功する人というのは例えば保有資産の価格か大きく下がったときに耐える力を持っています。もちろん、売り時、買い時を見定めることは大切ですが、我慢できない人は失敗しているケースが多いというのが私自身の実感です。


投資をある種のギャンブルと考えている人がまだいるように感じます。ギャンブルというのは、皆の賭け金のうち、胴元が必ず何割かを得て、残りを取り合う仕組み。個々の立場では、勝つ人も負ける人もいますが、参加者のトータルの収益は必ずマイナスになります。一方の投資は、資産価値が増大することで、参加者全員がプラスの収益を得ることもあるわけです。仮に1974年末に世界株式に100万円投資していたら、40年後の2014年末に2720万円になったというデータがあります。ご存じのとおり、この間世界は戦争や不況を何度も経験していますが、ならして見れば世界株式は年率8。6%で成長したわけです。


相談に来られる方の多くは30~50代。人生100年時代を前提に「何か対策を」という方が多いですね。ただ皆さん、自身の家計や資産状況を細かく把握しているかというと、必ずしもそうではありません。特に共働きのご家庭などは、財布が二つあるため案外アバウトな場合も見受けられる。私たちのような第三者に一度客観的に見てほしいというニーズは高まっているように思います。


私たちFPは、現在から老後までお客様に伴走するのが役割です。株、投信、不動産投資、どのような方法を取るにせよ、それぞれの基本的な仕組みを理解し、かつ自分の目的や希望を明確にして専門家に伝えること。これがもっとも手堅い資産形成の方法と言えるでしょう。


中桐啓貴の経歴・略歴

中桐啓貴、なかぎり・ひろき。日本のファイナンシャル・プランナー。山一証券、メリルリンチ日本証券を経てブランダイズ大学でMBAを取得。帰国後、FP法人ガイア設立。著書に『会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方』『ほったらかしでも1億円の資産を生む、株式・投資信託の始め方』『隠れたお金持ちが、みんなやってる投資の法則』。

他の記事も読んでみる

長野慶太

米国のビジネスパーソンは時間給の意識が高い。とくに専門職の人ほど顕著。時間給で考えれば、時間とお金の関係が一目瞭然です。自分の仕事の時間給がいくらなのか、明確にしてみるといろいろ見えてきます。


仲代達矢

昔、僕が演技賞か何かをもらうと先輩に「賞を取った後が大変だぞ」と言われたんです。一つでも当たり役を取るとそれに引っ張られますから。


浅野純次

たまたまこの夏、オムロン元副社長の増田英樹さんに頼まれオムロン創業者をしのぶ小冊子「今、なぜ立石一真か」の編集制作に傾注した。私が最も感心したのは一真が目先の利益にはあまり関心を示さず、自分が面白いと思ったことにこだわり続けたことだ。


孫泰蔵

創業者に人間的魅力がなければなりません。行おうとしている事業に志や夢があって、世の中の問題を解決するような大義があることが肝要です。上手く資金調達をしたければ、最後は志に通じます。それは、いつの時代も変わりません。


岡野雅行(岡野工業)

中途半端に面白いとか、真面目だとかってのが一番いけない。中途半端を突き抜けるには演出だ。これは間違いない。「岡野さん?根っからの職人気質っていうか、とびきりの偏屈だね。でも、仕事はきっちりする。腕のほうもとびきりだよ。それは俺が保証する」担当者の説明がうちの宣伝になってるんだ。変わり者って言われるような人間じゃなきゃ駄目なんだ。変わってるから、人と違う発想ができるんだし、人と違うものが作れるんだ。


泉谷直木

組織は組織の長の能力以上に強くなりません。私も社長として同業者の社長よりも力がなければいけない。グローバルで戦うためには、私がグローバル経営者と正面から戦える力を持っている必要があります。これは各部門も同様で、それぞれの部門長が世の中の水準以上でなければなりません。


板尾創路

ずっと夢を追いかけていたけど、たまたま違う仕事をさせられて、けっこう成功した、という例も多いですよね。自分の力が生かせる場所が他にもあることに気づく瞬間は、ほとんど周りから与えられるもの。世の中、そういうもんちゃうかなと思うんですよ。


髙橋ツトム(高橋ツトム)

プロになれるヤツって、そのときのことを先送りにしないヤツなんですよ。「1年後になったら、もっとよくなるかな」とかってと思ってると、そんなことないんだよね。すぐ描け、持ち越さないで。いま描けることは、いまの力しかないんで。


川北博

振り返ってみれば、私は若い時分から脇目も振らずに突っ走ってきました。現在も女房からは「好きな絵を描くとか一緒に老後を楽しむはずだったのにね」と言われています。
【覚書き|76歳で生涯を費やしてきた専門分野の会計についての書籍『会計情報監査制度の研究』を出版した頃の発言】


鈴木喬(経営者)

社員が売れると信じ込んでくれないと、小売店のバイヤーもそう思ってくれるはずがない。


齋藤孝(教育学者)

本から学んだことを生かすためには、「自分にひきつけて読むこと」を心がけましょう。たとえば『論語』に「過ぎたるは猶(なお)及ばざるが如し」という言葉があります。「何事もほどほどが大切。やり過ぎは良くない」という意味ですが、単に読むだけで済ませてはいけません。自分の行動を振り返り、この言葉が当てはまる場面がなかったか考えるのです。「昨日、部下をしつこく怒ってしまったけど、あれはやり過ぎだったのではないか?」というように、実体験と結びつける。そうすればその言葉は、実体験とセットであなたの脳に焼き付いていきます。


安永竜夫

もう黒子の集合体では生き残っていけない。自分たちで自分の運命を決められるようになる必要がある。