中桐啓貴の名言

中桐啓貴のプロフィール

中桐啓貴、なかぎり・ひろき。日本のファイナンシャル・プランナー。山一証券、メリルリンチ日本証券を経てブランダイズ大学でMBAを取得。帰国後、FP法人ガイア設立。著書に『会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方』『ほったらかしでも1億円の資産を生む、株式・投資信託の始め方』『隠れたお金持ちが、みんなやってる投資の法則』。

中桐啓貴の名言 一覧

資産運用において欠かせないのは長期的な視点と広い視野。ぜひ自分なりの方針を定め、腰を据えた取り組みを実践してほしいと思います。


お金持ちは人並み以上に時間に気を使う人たちです。


富裕層の方は自分が、この人は信頼できると考えている人から出てくる情報しか信じません。


人生100年時代となれば、その中ではいろいろなことが起こります。やはり信頼できる相談相手がいるか、いないかは大きな違いでしょう。


会社や社会の保障を当てにせず、自分のお金は自分で作るのが、本来あるべき姿勢。


頼りになる専門家をパートナーにすることも大事。仕事をしながら、金融や運用についての知識を高めたり、刻々と変わる情報に追いついたりするのは、事実上不可能ですから。


私のお客様でも、不動産へ投資している人は少なくありません。不動産投資の一つの利点は、自身の信用力を生かして融資を受け、レバレッジを利かせた投資ができることです。当初から長期的な視点を持って始める人が多く、ビジネスパーソンが引退後までを見据えて行う投資の選択肢にもなっています。


お金持ちの方達は10年先を見て人材育成を行います。ある経営者は、見込みのある若い社員を大学院に行かせ、その間に2年間、アメリカに留学させました。留学から帰ってきて大学院を修了したら、今度はアメリカの会社で2年間くらい働かせて経験を積ませます。留学費用などがかなりかさむ計算ですが、すべて会社持ちです。10年後の会社をつくるのは人だと考えているので思い切った投資をするのです。


お金持ちの人にわりあい多いのが、運転しながらオーディオテープを聴く人です。本は1度読んだら終わりですが、オーディオテープは腑に落ちるまで聴き込むことができます。富裕層はドライブ中も時間をムダにせず、格好の勉強時間にしています。


なぜ、お金持ちの人たちが携帯やメールを気にしないかといえば、たいていのことは自分の右腕に任せているからです。信頼できる幹部を育てているので、最終判断は自分でするにせよ、細々としたことに煩わされることはありません。もちろん経営に関する一番重要な数値や情報は右腕から聞いています。だから、商用でもプライベートでも、お会いしている問に携帯やメールの着信音が次々と鳴る人は、まだまだその域にまでいっていない証拠といえるのです。


日本人が投資に積極的になれないのは、身近な成功事例を知らないことが一因かもしれませんね。経済が停滞する中、同僚や身内の中に運用で成功した人を見つけるのは難しいのが実情です。加えて、表立ってお金の話題を口にすることを好まない国民性のせいもあるでしょう。いずれにせよ、リアルな成功体験に触れる機会がないんですね。


資産運用について、私がいつもお伝えしているのは、「価値より安い価格で買う」ということです。これも基本的なことですが、案外見過ごされています。例えば、あなたが乳牛を一頭買うことを想像してみてください。いくらで買いますか。なかなか見当がつかないはずです。では、乳牛から取れるミルクの卸値が1年間でおよそどれくらいの金額になるか、そのほか飼育費や平均的な寿命がわかればどうでしょう。計算によって、おおよその乳牛の価値がわかります。そうすれば、価格の妥当性もある程度判断できます。不動産投資だとイメージしやすいですが、株式などの金融商品も考え方は同じ。その資産が生み出す価値を見極めて投資対象とすべきかどうかを判断しなければいけません。単にほかと比べて価格が安い、高いという情報だけで売買の判断をするのは、長期的な資産運用においてリスクが大きいといえます。よく知られているとおり、「乳牛はこれからも値上がりしそうだ」と皆が単に価格だけに焦点を当てて売買を始めると、バブルになってしまうわけです。


金融機関や不動産会社もビジネスをしている。当たり前のことではありますが、このことは念頭に置いておくべきでしょう。ただ儲かる話を持ってきてもらうわけにはいきませんし、そうした事業者は信用できません。お互いWIN-WINとなる関係をつくることが大事で、パートナーというのであればどちらが上でも下でもなく、役割を分担するという発想が求められます。そうした関係性の中では、当然事業者側からリスクについても丁寧な説明があってしかるべきでしょう。いずれにしても、どちらかだけが得をする関係というのは長く続きません。事業者を決める際は、10年、20年にわたって付き合える相手であるかどうか考えてみるといいでしょう。


短期的な株価の変動に投資する。これはギャンブルに近いと言っていいかもしれません。これまで資産運用のお手伝いをしてきて、成功する人というのは例えば保有資産の価格か大きく下がったときに耐える力を持っています。もちろん、売り時、買い時を見定めることは大切ですが、我慢できない人は失敗しているケースが多いというのが私自身の実感です。


投資をある種のギャンブルと考えている人がまだいるように感じます。ギャンブルというのは、皆の賭け金のうち、胴元が必ず何割かを得て、残りを取り合う仕組み。個々の立場では、勝つ人も負ける人もいますが、参加者のトータルの収益は必ずマイナスになります。一方の投資は、資産価値が増大することで、参加者全員がプラスの収益を得ることもあるわけです。仮に1974年末に世界株式に100万円投資していたら、40年後の2014年末に2720万円になったというデータがあります。ご存じのとおり、この間世界は戦争や不況を何度も経験していますが、ならして見れば世界株式は年率8。6%で成長したわけです。


相談に来られる方の多くは30~50代。人生100年時代を前提に「何か対策を」という方が多いですね。ただ皆さん、自身の家計や資産状況を細かく把握しているかというと、必ずしもそうではありません。特に共働きのご家庭などは、財布が二つあるため案外アバウトな場合も見受けられる。私たちのような第三者に一度客観的に見てほしいというニーズは高まっているように思います。


私たちFPは、現在から老後までお客様に伴走するのが役割です。株、投信、不動産投資、どのような方法を取るにせよ、それぞれの基本的な仕組みを理解し、かつ自分の目的や希望を明確にして専門家に伝えること。これがもっとも手堅い資産形成の方法と言えるでしょう。


中桐啓貴の経歴・略歴

中桐啓貴、なかぎり・ひろき。日本のファイナンシャル・プランナー。山一証券、メリルリンチ日本証券を経てブランダイズ大学でMBAを取得。帰国後、FP法人ガイア設立。著書に『会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方』『ほったらかしでも1億円の資産を生む、株式・投資信託の始め方』『隠れたお金持ちが、みんなやってる投資の法則』。

他の記事も読んでみる

波頭亮

成長することに執着する人は食らいついてくるし、必ず伸びますね。


沼田博和

創業者である私の父が最初に始めたのは、「フレッシュ石守」という食品スーパーの経営でした。売り上げが順調に伸びたことで、店舗も3つまで増やしました。しかし、当時はダイエー全盛の時代でしたので、このままだといずれ自分達も淘汰されてしまうだろうと考え、将来に備えて、製造小売に転換する準備を始めました。それで1992年、中国の大連に100%出資の会社を設立し、食品加工を行うための工場を作りました。メーカーとしてスタートを切ったわけです。


星野仙一

我々にとって野球というのは仕事ですから仕事に対して闘争心がないというのは生活権を放棄していると僕は受け取ります。人生を放棄していると言っても過言じゃないと思います。ですから、逃げる人間。それは自分でレギュラーなりチャンスなりを放棄していると僕は見ます。もう泥まみれでがむしゃらで苦しめばいい。僕は苦しんでいるうちはチャンスをあげます。逃げるやつにはチャンスをあげません。


麻生けんたろう

口を上下左右に動かして口の準備体操をし、お腹の中からしっかり声を出します。そして、言葉ひとつひとつに抑揚をつけます。これだけで通る声、印象の良い声に生まれ変わります。


押井守

この世は模倣されたモノたちで満ちあふれている。そして、ジャーナリズムの進歩が模倣の速度を驚異的なまでに引き上げている。あらゆることが一気に全世界に広まり、次々とブームが作られる。これからの世界を生きる人間は、このブームの中に隠れている本質を、いつも注意深く見つけ出す努力をしていないと、自分の立ち位置を失ってしまうことになるだろう。


黒鉄ヒロシ

返礼の要点は、金額の多寡ではありません。高い物を贈れば喜ばれるわけではない。とくに30代、40代が金額で背伸びをしても野暮なもの。静岡の出身なら旬が来た頃「しらす」を贈り、秋田の生まれなら「いぶりがっこ」を。こうした郷土の品はもちろん、旅先からふっと届く贈り物も気持ちがいいもの。大切なのは、「値打ち」。返礼に相手のことを思ったアイデアがあるかどうか。


高島宏平(髙島宏平)

ネットスーパー以外にも、生鮮を扱うカタログ通販など、外部から競合と思われる事業者もあります。しかし子細に見れば、そういった企業と当社は事業構造が異なることが分かります。野菜は天候などで大きく収穫が左右されます。しかし、実際の店舗や通販会社がチラシやカタログに商品を掲載する場合、欠品は絶対に許されない。そのため事業者は、在庫を厚くせざるを得なくなり、人件費や広告費などもかさむことになります。一方、当社のようにインターネットでの販売を前提にビジネスを組み立てていれば、在庫がなければサイトから引っ込めれば済みます。生産量や需要に応じて柔軟に対応することが可能で、店舗運営の人件費や広告費も抑えられます。似たような事業のように見えても、ネットに最適化したモデルを持つ我々と他社とでは、土俵の違う勝負をしています。私があまり「競合相手」を意識しないのは、こういった要因によるのです。


唐池恒二

異端を尊び、挑戦をたたえる社風をめざします。


佐々木かをり

自分がそこそこのレベルで満足するのではなくて、本当の大舞台に立った時にも満足いくだけの能力や技量を身につけつけているかどうかを考えてみると、頭のストレッチ運動になるんです。自分の周りにいる人と比較していると、周りが縮んできたときには自分も縮んじゃうんです。そうじゃなくて一番高くて遠いところまで想像力を働かせれば、戻ってきても、さっきよりずっと自分の考え方が広くなっている。そういうことなんです。


岩瀬昌美

日本人の2人に1人は本を一切読まないというデータがありますが、その通りになっていますね。私の実感でも、グローバルエリートは日本人の2倍は本を読んでいます。ニューヨークの地下鉄に乗ると電子書籍のタブレットや分厚いペーパーバックを読んでいる人が目立ちます。ちなみに、日本人でも年収2000万円以上の人に限ると、月10冊ほど読むといいます。時間の使い方に加え、読書量は年収に大きく直結すると言って間違いないでしょう。


茂木友三郎

特に世界史の中での日本を見てほしい。歴史を学ぶというのは、将来を展望する上で欠かすことができない、大切なことです。これからの日本人は、グローバルに活躍することが当然のように求められます。そうなると世界の歴史を知ることは、今以上に大切になってくると思います。


安藤公基

ロフトは現在109店舗を展開していますが、約7割が300坪を基準とする小さめの店舗。商業施設に入居しやすいので身近なお店になれてはいますが、創業の頃のキラキラした「なにかある、きっとある」というイメージは薄れているようにも思います。私はこれを取り戻したい。


佐々木正

松下電器(のちのパナソニック)が営業力を武器にすぐナンバーワンになるのを、早川(徳次シャープ創業者)さんは悔しがった。亡くなる前に、「あと、頼むね。松下の人に真似されても、すぐにまた真似られるようなものを出せる、耐久力のある会社にね」と言われたことを記憶しています。


村田晃嗣

私たちはややもすると、企業のトップ、大物政治家、ノーベル賞級の学者といった人に飛びつきがちです。でも、そういう人たちが活躍する背景には、成果を見なかった基礎的研究、脚光を浴びることのない隅々での人の活躍というものが膨大にあるはずです。それなくして、頂点は成り立ちません。


瀧本哲史

ユニクロや楽天などの企業では「英語公用語化」を進めています。そうした動きに影響を受けたのか、英語学習を始める人も増えているようです。しかし脱コモディティ化のために英語を勉強したり、会計やITなどの資格試験の取得を目指したりすることはあまり意味がありません。これらは不安解消マーケティングのひとつにすぎないのです。


ページの先頭へ