名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中根東里の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中根東里のプロフィール

中根東里、なかね・とうり。江戸時代中期の儒学者。伊豆下田(のちの静岡)出身。13歳で出家し禅を学ぶ。江戸に出て荻生徂徠のもとで儒学を学ぶ。その後、知松庵を開いた。

中根東里の名言 一覧

倹(けん)より奢(しゃ)に移ることは易(やす)く、奢より倹に入るは難し。


中根東里の経歴・略歴

中根東里、なかね・とうり。江戸時代中期の儒学者。伊豆下田(のちの静岡)出身。13歳で出家し禅を学ぶ。江戸に出て荻生徂徠のもとで儒学を学ぶ。その後、知松庵を開いた。

他の記事も読んでみる

エリック・シュミット

効率的な会議をする4ステップ

  1. まず会議では「何が起きているのか?」とみんなに尋ねる。
  2. それから「私はこう思うけど?」といって反論や意見をしばらく待つ。
  3. 結果的に参加している人みんなを巻き込んだ議論に導く。
  4. 最後に彼の意見が正しいと思うか、否かを聞いて、その全体の意見に従う。

吉田鋼太郎

基本的にシェイクスピア劇ばかりやってきた僕だけど、仕事でいろんなチャレンジもしてきました。そのチャレンジをサポートしてくれる人がいたからこそ今の僕がある。


ラインホルト・メスナー

僕は自分自身のために登る。僕自身が祖国となり、僕のハンカチが国旗となるからだ。


野村克也

俺は王(貞治)というライバルがいなければ、ここまでの成績を残せたかというとムリだった気もする。同時代を生きた天才にライバル心を持ったからこそ、俺の負けじ魂に火がついたんだと思うんだよ。


水谷孝次

僕が自分の事務所を立ち上げたのは、31歳のころです。思えば、それまでの20代は、ひたすらもがき続けた日々でした。もともとの才能も、立派な学歴も人脈も持ち合わせていなかった僕は、ただ「デザインをやりたい」「いい作品をつくりたい」という一心で仕事をしてきました。それが次第に実を結び、企業から「水谷さんに」と指名で仕事がもらえるようになった。それでフリーでやっていく決心がついたのです。


寺田和正

今までやってきたことを続けていくのでは、「より良い」になりません。常にチャレンジしていく必要があります。


弘兼憲史

常に思考を巡らせる作業をしていれば、例えば朝、家を出て喫茶店やファミレスに着いた時に、すぐに仕事を始められる。そうでないと、座ったまま1時間ぐらい何もしないで過ごすことになり、時間がもったいないですからね。


松木安太郎

最初に解説の仕事をもらったのは朝4時のニュース番組の、たった1分の解説でした。でも、それがうれしくて、全力投球で解説をしました。そうやって目の前の仕事に全力で取り組んでいくのが、僕の生き方なんだと思いますね。


岩田松雄

学校では学級委員、野球部ではキャプテン。いつの間にか、チームのリーダー的ポジションについていました。日産では、入社時に「社長になる」と大それた宣言をしていましたが(笑)。志だけは高かったですね。


赤塚保正

よく現場へ行き、従業員の顔や声などを常に見ていますから、現場の方々がどういう状況で何を考えているのかを意識しています。常に情報を持ちながら、自分の気持ちと現場の従業員がマッチするように空気を読み、物事を判断しているのです。


ヨシタケシンスケ

ちょうどうちの子がよく言ってたんですよ。「つまんない、つまんない」って。イラッとするわけですよね、親としては(笑)。でも、「あー、言ってたわ、僕も」というのを思い出して。昔、よく言って怒られていたわって(笑)。で、自分でどうにかするわけないんだよなって。

【覚え書き|絵本「つまんない、つまんない」を描いたきっかけについて】


小池百合子

基本的には、私はずっと保守です。保守は結局シンクロナイズドスイミングです。水面上の上半身は動いていなくとも、水の中では激しく脚を動かしているように、ひとつのところにとどまるためにはずっと変化をしていなくてはいけない、という考え方。