名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中根喜三郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中根喜三郎のプロフィール

中根喜三郎、なかね・きさぶろう。日本の釣竿職人。5世4代目「竿忠」。東京出身。3代目竿忠中根音吉の子として生まれ、竿職人の道へと進む。そのほか、江戸和竿協同組合理事長などを務めた。

中根喜三郎の名言 一覧

自分の基準と違うもの以外のものは作っちゃいけない。これが私の信念です。基準とは自分で納得できる作品かどうかです。お客様は仕事の遅れや値段の張りは忘れてくれても、竿の悪いのは忘れてくれません。生活のために安かろう悪かろうなんて恥ずかしい竿は作れません。古い言い方ですが、たとえ沢庵の尻尾をかじってでも良いものを作りたい。


中根喜三郎の経歴・略歴

中根喜三郎、なかね・きさぶろう。日本の釣竿職人。5世4代目「竿忠」。東京出身。3代目竿忠中根音吉の子として生まれ、竿職人の道へと進む。そのほか、江戸和竿協同組合理事長などを務めた。

他の記事も読んでみる

カーネル・サンダース

失敗とは、再始動したり、新しいことを試したりするために与えられたチャンスだ。私はそう信じている。


福井康夫

支社や関連会社への出張時にも、ランニング用具一式を持参して走っています。荷物が多くなってしまうのが難点ですが、川べりや城の周辺など、各地の気に入った場所を走るのも楽しいですね。


田中直樹(ココリコ)

始まる番組あり、終わる番組あり、全部が全部、糧になっています。


上西京一郎

自分たちの売っている商品がこれほど人々に受け入れられ、純粋に喜んでもらえる。それは私たちにとってものすごい誇りであり、自信になりました。愚直にハピネス(幸福感)を提供し続けてきたのは、社員の誰もが誇りと自信を持っているからだと思います。


渋沢健(渋澤健)

投資とは単なる勝ち負けだけでなく、投資行動によって企業業績を好転させ、それが所得や消費の増加をもたらし、経済を潤すという好循環を生み出す原動力にもなる。


栗原博

トップの行動がどれだけ現場を勇気づけるのか、小林(陽太郎)氏の姿から学んだ。


木川眞

事業のライフサイクルはだいたい30年といわれていますから、30年間イノベーションがなければ成長は必然的に鈍化します。どうやってもマーケットは成熟しますから。


松田憲幸

そもそも社長業とは何か、と考えると、社長の最大の仕事とは、より正しい戦略を考え、会社を正しい方向へ導いていくことです。そのために、正しい情報を得る努力は惜しみません。
【覚書き|毎週必ず販売店店頭に立って商品を売ることについて語った言葉】


朝倉千恵子

テレアポの目的は、あくまでも会う約束をとりつけること。相手の状況もわからないまま、電話で商品の説明を始めても、鬱陶しいと感じられるだけです。


内藤哲也

プロレスラーになる前の話ですね。浜口ジムに通っている時、右膝のケガをして。手術の後、あまりの痛さ、足の使えなさに落ち込んでいたんですよ。そんななか、棚橋(弘至)選手が出場するリーグ戦の優勝決定戦を広島まで観に行ったんです。その時、棚橋選手は肩を痛めていたんですけど、歯を食いしばって頑張っていた。その姿に心を打たれて。ああ、プロレスから勇気をもらうってこういうことなんだ、と初めて実感しました。


田中孝雄

モノはビジネスの手段ですね。これまでは製造が「主」で、エンジニアリングは「従」という会社でしたが、これを逆にしたいと思っています。機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。


山下徹

1988年の創業以来、当社は増収を続けてきました。もちろん、何も変えずに成長を遂げてきたわけではありません。中身を変えてきました。我々はIT(情報技術)システムの構築を手がけていますが、10年前は売り上げの5割を公共分野が占めていた。それが今は2割弱です。その代わりに、民間企業を対象にした法人分野を伸ばしました。