名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中根喜三郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中根喜三郎のプロフィール

中根喜三郎、なかね・きさぶろう。日本の釣竿職人。5世4代目「竿忠」。東京出身。3代目竿忠中根音吉の子として生まれ、竿職人の道へと進む。そのほか、江戸和竿協同組合理事長などを務めた。

中根喜三郎の名言 一覧

自分の基準と違うもの以外のものは作っちゃいけない。これが私の信念です。基準とは自分で納得できる作品かどうかです。お客様は仕事の遅れや値段の張りは忘れてくれても、竿の悪いのは忘れてくれません。生活のために安かろう悪かろうなんて恥ずかしい竿は作れません。古い言い方ですが、たとえ沢庵の尻尾をかじってでも良いものを作りたい。


中根喜三郎の経歴・略歴

中根喜三郎、なかね・きさぶろう。日本の釣竿職人。5世4代目「竿忠」。東京出身。3代目竿忠中根音吉の子として生まれ、竿職人の道へと進む。そのほか、江戸和竿協同組合理事長などを務めた。

他の記事も読んでみる

武田國男

近頃新聞には「改革」という言葉が踊っていますが、改革は失敗するほうが多いから、利口な人は絶対に手を出しません。改革なんて一番バカな人がやることなんですよ。バカじゃなかったらできません。


増子直純

自分から壁を作らない、カッコつけないっていうのもすごく大事。


見田村元宣

早起きの習慣化は、できれば夏に始めたほうがいい。冬は寒くてキツイですから(笑)。それと何をするか決めておいたほうがいい。私の場合は早起きしてメルマガやブログなどを書くという目的がありましたから。


和田由貴

家計簿を毎日つけられるようなマメなタイプならまだしも、そうでない多くの人は忍耐や気合いだけでは絶対に節約は続きません。だからこそ成功している人たちは、楽に続けられて確実に貯められる「仕組み」をちゃんと作っているんです。


岩崎日出俊

かつてスタンフォード大学ビジネススクールで教鞭を執ったフィリップ・フィッシャーは「100万円が105万円になったぐらいでは、損をしたと考えたほうがいい」というようなことまで言っています。理由は、せっかくの稼ぐ機会を失っているからです。株式投資は、リスクがある代わりに、ハイリターンが期待できる投資手段。100倍まではいかないまでも、資金を数倍に増やせる銘柄は世の中にたくさんあります。それにもかかわらず何年たっても5~10%程度しか増えない銘柄に投資し続けるのは、せっかくの資金をムダにしているも同然というわけです。期待したほど値上がりしないと判断したら、思い切って売却してしまいましょう。


山田義仁

製造ラインでは、その生産物がしっかり作れる信頼性が求められます。安かろう悪かろうではダメなんですよ。もし何か事故が起こったときのマイナスのダメージが大きいですから、入れ替えるラインの制御の設備を安いものに変えるということに対しては、現地企業もすごく慎重です。


原江里菜

良い意味でも悪い意味でも、小さい時に教えられたことは、体に残っている。


山口貞一郎

急な成長は本当にその企業のためになるのでしょうか。実は、松翁軒は祖父の時代に勢いに乗って商売を急拡大させた結果、手痛いしっぺ返しを食らった経験があります。ほぼ倒産状態に追い込まれました。


橋谷能理子

私の場合、実況中継で臨場感を伝え、場面に即した言い回しをするのにボキャブラリーを増やすことは必須でした。若い頃は先輩キャスターの番組を見て、「この言い回しもらった!」と、言葉を見つけ出しては真似て自分のものにしていました。


山崎元

残業をしないと決めることは、勇気がいるといえばいるし、いらないといえばいりません。やってみれば別にどうってことはないんです。「今日は山崎はいないの?」「もう帰りました」で済みますから。


佐々木常夫

奥さんと一度じっくり話し合って、お互いの気持ちや考えを確かめたほうがいい。「家族だからわかっているはず」と思い込むのではなく、きちんと目を見て話す時間を持つべきです。


宮内義彦

コアビジネスと、コアのすぐ周辺にあるビジネスと、さらにコアからもっと遠くの外辺ビジネスといったように、経営者は意識して区分し、投入する経営資源に強弱をつけなければなりません。コアから離れていくにしたがって、知識も少なく判断材料を欠くため、事業リスクは大きくなります。コアから最も遠いベンチャー企業への出資などは、投資額などの上限を抑えて全体のリスクを小さくすることが必要です。