名言DB

9419 人 / 110788 名言

中根喜三郎の名言

twitter Facebook はてブ

中根喜三郎のプロフィール

中根喜三郎、なかね・きさぶろう。日本の釣竿職人。5世4代目「竿忠」。東京出身。3代目竿忠中根音吉の子として生まれ、竿職人の道へと進む。そのほか、江戸和竿協同組合理事長などを務めた。

中根喜三郎の名言 一覧

自分の基準と違うもの以外のものは作っちゃいけない。これが私の信念です。基準とは自分で納得できる作品かどうかです。お客様は仕事の遅れや値段の張りは忘れてくれても、竿の悪いのは忘れてくれません。生活のために安かろう悪かろうなんて恥ずかしい竿は作れません。古い言い方ですが、たとえ沢庵の尻尾をかじってでも良いものを作りたい。


中根喜三郎の経歴・略歴

中根喜三郎、なかね・きさぶろう。日本の釣竿職人。5世4代目「竿忠」。東京出身。3代目竿忠中根音吉の子として生まれ、竿職人の道へと進む。そのほか、江戸和竿協同組合理事長などを務めた。

他の記事も読んでみる

小笠原清忠

立ち居振る舞いはその人の品格を表し、相手への誠意を示すもの。立ち居振る舞いを見れば、その人の誠実さや、己を厳しく律して鍛錬してきた人かどうかがわかります。


児玉和

創業者の波多野鶴吉は3つの経営理念を掲げました。「人間尊重」「優良品の生産」「共存共栄」。社員を大切にし、消費者が喜ぶ優良品を作ることで、顧客はもちろん、社員や株主、取引先、地域社会など、すべてのステークホルダー(利害関係者)に貢献する。これが会社の役割だと考えたのです。


谷所健一郎

人材を選別するときに見るのは、「組織適応力」です。つまり周囲の人間を巻き込んで、協力しながら仕事をしていける人材かどうか。いくら実務能力や実績があっても、一匹狼的な人ははじかれる可能性があります。


マーティ・アレン

たいていの場合、経済を勉強して明らかになるのは、何を買うにしても去年買うべきだったということだ。


佐々木常夫

指示を出しても部下が言うことを聞かないと嘆く上司は多い。このような場合、原因は2つ考えられる。ひとつはこちらの指示の出し方が下手なこと。もうひとつは部下との信頼関係が築けていない場合。


大西一寛

調査を進めていくうちに手応えをつかみました。私は三重県にはゆかりがありませんが、1号店となる伊勢店の立ち上げと同時に東京から三重に移住しました。


内田和成

「顧客の視点」から見ていくと、新しいマーケットは顧客が本当に欲しがっていたけど実現しなかったものを、どうやって実現するかという点にかかってきます。顧客が何らかの理由で妥協していたものを解き放すことによって生まれるビジネスもあるということです。


七五三木敏幸

銀行員時代にも大きな失敗をしていて、一度手形をなくしたことがあるんです。次長に打ち明けたら「何! おまえクビだぞ」と。進退窮まったと青くなっていたら、普段は昼行灯のような先輩が見違えるようにテキパキと処理の仕方を指示してくれた。自身の経験から、始末の仕方を誰よりもよく知っていて。リカバリーショットの打ち方を知っておくのも大事なこと。赤字を出すような失敗は学ぶチャンス、という受け止め方もあると思います。


上川隆也

日々、自分の至らなさを突きつけられるというか、ある意味では挫折に近い体験だったんですけど、それまでなかった駆動力みたいなものが自分の中に生まれたのも事実でした。もっといい役者になりたいと。それまでは、演じることをただ楽しんでいただけだったけど、仲代(達矢)さんや朱旭(チュウ・シュイ)さんのレベルまで辿り着けないまでも、役者というのは一生かけて臨むに値する仕事なんだと。

【覚え書き|NHKドラマ『大地の子』撮影時を振り返って】


山田邦雄

年齢が上がったから自動的に昇格するわけではありません。が、年々、積み重ねてきた経験は、単なる知識や能力を超えたものがあるというのが私の考えです。ですから、勤続年数が長いほど大きな役割を担ってもらいたいし、また、そうなってもらわないと困ります。ただし、年功序列で組織が硬直化してしまうようではダメです。このため、我が社では年功的要素も大切にしますが、一方で、足りない人材は年齢問わずどんどん外部から受け入れます。