名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

中根喜三郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中根喜三郎のプロフィール

中根喜三郎、なかね・きさぶろう。日本の釣竿職人。5世4代目「竿忠」。東京出身。3代目竿忠中根音吉の子として生まれ、竿職人の道へと進む。そのほか、江戸和竿協同組合理事長などを務めた。

中根喜三郎の名言 一覧

自分の基準と違うもの以外のものは作っちゃいけない。これが私の信念です。基準とは自分で納得できる作品かどうかです。お客様は仕事の遅れや値段の張りは忘れてくれても、竿の悪いのは忘れてくれません。生活のために安かろう悪かろうなんて恥ずかしい竿は作れません。古い言い方ですが、たとえ沢庵の尻尾をかじってでも良いものを作りたい。


中根喜三郎の経歴・略歴

中根喜三郎、なかね・きさぶろう。日本の釣竿職人。5世4代目「竿忠」。東京出身。3代目竿忠中根音吉の子として生まれ、竿職人の道へと進む。そのほか、江戸和竿協同組合理事長などを務めた。

他の記事も読んでみる

藤原和博

会社の資産を利用してスキルを磨き、いつでも自営業者になれる力を身につけるつもりで仕事をすることは、人生における大きなリスクヘッジにもなります。万が一、会社が危機に瀕しても、自分の能力を見極めて次のステップを踏み出せるからです。


片桐孝憲

既存組織の中からはイノベーションは生まれないから、有望なスタートアップを社外から集める。


小杉俊哉

学びとともに最近重要になっているのが、その人の存在そのもの、「being」です。「being」とは、この人といると元気が出る、癒やされる、周りが影響を受けるなど人物が絶対的な評価で判断される要素。この評価は評価項目としては表現できません。でも重要なプロジェクトには「being」で評価された人が入っているケースが多い。


堀場厚

技術系の会社では、人財育成は技術の伝承が最重要項目です。ところが、これは簡単なことではありません。よくドキュメンテーション(文書化)が大事といって、とにかく記録に残せば技術の伝承も何とかなると考える人がいますが、それでは何ともなりません。技術は書いたものだけでは残せないのです。


山本晴義

どうしても前向きになれないときは、自分のやる気をなくしている原因を取り除くことが大切です。たとえば、仕事で難しい問題に直面していて後ろ向きな気持ちになっているとしたら、「今できることは何か」を冷静に考えてみたり、問題を具体的に紙に書き出して優先順位をつけてみたりするのです。また、信頼できる人に解決策を相談すると、やるべきことが見えてきて、再び仕事への意欲が湧いてきます。


小泉文明

社員に「バリュー(重視する価値観・行動様式)実践」を意識づける土台作りとして、ミーティングや「Slack(メッセージアプリ)」で、「それはもっとGo Boldに考えた方がいいのでは?」などと、意識的にバリューを使うようにしています。「Go Bold」とプリントしたTシャツやシールなどのグッズを作って社員に配ったり、会議室に「Bold」などと名前をつけたりして、「見える化」しています。皆がバリューを自然と口にするよう、とにかくしつこく刷り込んでいるわけです(笑)。そして、バリューを実践できているもっと本質的な理由は、「人事評価の基準」にバリューを組み込んでいることです。どのように働けば会社は評価するのかを、社員の皆に明快に示しています。


瀬口清之

人生の壁に直面した時、中国の古典は実に明快な答えをくれる。「ぶれない自分」を作り、人間性を養うという意味では大いに役立つ。


橘フクシマ咲江

自分が社長だったらとの意識を持って仕事をするか、ただ漫然とタスクをこなすかでは、数年で、歴然たる差が出ます。自分の仕事がどこに繋がっているかわかっている人は、その受け手にとっていかに便利な形でそれを提供するかを考えられるからです。


ロバート・キヨサキ

財務諸表の「資産欄」に着目するとき、「無料で何かを得ること」は「持続的な富を得る」うえで生命線となる。


古川武士

まず、自分自身を見つめて、人に嫌われたくないといった時間の浪費の根本原因が何かを探ることが大切です。そして、自分にはそうした心の仕組み(欲求)があることをしっかり認識する。そのうえで、例えば飲み会に毎回付き合わないと本当に嫌われてしまうのか考えてみる。すると、幻想の不安に振り回されていたことに気付くこともあります。


酒井誠(経営者)

ポータルを構成するコンテンツの一つひとつでは、競合する会社がいます。ただ、全体としてみればいない。なぜ、全体だと競合がいないのか。それは初期投資の費用がかさむからです。


堀江薫夫

この正金(正金銀行)には、一種の正金スピリットという伝統的な気風がある。それは行員が上下一体となって協力し、銀行を通じて日本国の国際発展に寄与しようという気概である。