名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中根千枝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中根千枝のプロフィール

中根千枝、なかね・ちえ。日本の社会人類学者(専門はチベット・インド・日本の社会組織)。女性として初めて東京大学の教授となった人物。また、日本学士院会員、学者としての文化勲章授章についても女性初。東京都出身。東京大学文学部東洋史学科、同大学大学院を経て英国、インド、イタリアへ留学。帰国後は東大東洋文化研究所講師、シカゴ大学客員助教授、ロンドン大学客員教授、東大東洋文化研究所助教授などを経て、同研究所教授に就任。東京女学館大学初代学長なども務めた学者。

中根千枝の名言 一覧

いまのような変化の時代は、組織のタテの力が弱くなるのです。実際に、タテの束縛が緩くなってきています。実力のある個人にとっては、自由度が大きくなってきたわけですから、その方がいいと思います。


日本企業の場合、ホンダの本田宗一郎さん、ソニーの井深大さんといった強烈な個性の創業者が退くと、あとは後継者が順番に就くことが多い。強烈な指導者が出にくい構造になっています。ですから、日本の指導者は、中国などと比べると権力欲が低調です。順番が来て上に立ったので、無事に自分の任期を過ごせばいいという発想になる。銀行の不良債権が膨らんでしまったのも、タテ社会の弱みが露骨に出てしまった事例だと思っています。


タテ社会の組織は、ジリ貧になると、行くところまでいかないと、変化を起こせない弱さがあります。しかも、同じ組織の中にどっぷり浸かってしまいますから、違う環境で自分を試してみるという体験が乏しい。


中根千枝の経歴・略歴

中根千枝、なかね・ちえ。日本の社会人類学者(専門はチベット・インド・日本の社会組織)。女性として初めて東京大学の教授となった人物。また、日本学士院会員、学者としての文化勲章授章についても女性初。東京都出身。東京大学文学部東洋史学科、同大学大学院を経て英国、インド、イタリアへ留学。帰国後は東大東洋文化研究所講師、シカゴ大学客員助教授、ロンドン大学客員教授、東大東洋文化研究所助教授などを経て、同研究所教授に就任。東京女学館大学初代学長なども務めた学者。

他の記事も読んでみる

堤真一

「新しい信長像をつくりたい」と言うしかなかったんです。まさか、「誰々さんの演じた信長を踏襲します」とは言えないでしょう(笑)。実際は、最初から具体的な信長像を持って挑んだわけではないんです。ただ、演じる上で、自分の中での「理由付け」をきちんとしようとは考えていました。信長には強さのイメージがありますが、「単にそういう性格だから」では済ませたくなかった。信長が激しかったり、暴力的だったりするのは、人としての弱さや不安の裏返しだと解釈したんです。そうした理由付けを1つずつした上で演技しようと。
【覚え書き|映画『本能寺ホテル』について】


大澤成行

誰もが二の足を踏むクレーム処理こそ、上の者が率先してやるべきです。


出口治明

成功体験を捨てて足元を見ると、わが国にはこれまで気付かなかった強みがたくさんある。


ガブリエル・ベルチ

私もこれまで10カ国以上で仕事をしてきましたが、海外に行くと学ぶことは多いと思います。いろいろな文化への適応力も高まり、柔軟性が身につき、視野が広くなります。


能作克治

私は「できない、無理です、嫌だ」とは言わない。たとえできなくても、代替案を出す。そして他人の真似をしない。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

私たちは常に、自分がひそかに一番愛しているものに惹かれていく。人が努力の末に手に入れるのは、結局自分がもの求めるものではなく、自分そのものなのだ。


大竹伸一

我々はいま、転換点に立っています。今後は新しい領域に切り込んでいかないと、NTT西日本といえども十分な利益を確保することができません。必然的に仕事のやり方も変わってくるでしょう。


西田敏行

『探偵! ナイトスクープ』に出演しているときに、よく泣いちゃいますね。泣く起点って、人によって全然違いますからね。僕も探偵たちによく「えっ、ここで?」って突っ込まれる(笑)。ここで当然泣くだろうと計算し尽くした芝居でも、以外と人によって泣き所はバラバラ。受け手の内面にあるものによって、感じるものも違えば、泣き方も変わってくるんじゃないかな。


鹿毛康司

目上のお客様と雑談するときは、話のテーマはお客様に選んでもらいます。「話の上座」みたいなものです。テーマといっても「今日は暑いね」でも何でもいいから、目上が切りだすのを待つのです。そして、話を膨らませるのはいいですが、トピック自体を変えてはいけません。


スティーブ・M・スミス

当社がここまで来られたのは、お客様に恵まれているから。お客様とコミュニケーションをとり、常にトレンドを認識できたことも、これまでの成長の要因だと考えています。


大倉忠司

時代や環境の移り変わりとともに、適正価格も変わります。変化を嫌ったり、短期的な競争関係に目を奪われたりして、それを固持しようとすると、必ず誰かにしわ寄せがいくことになる。経営を預かる人間は、適正価格を見失わないように常に注意を払い、変えるべき時は変える勇気を持つことが必要です。そのバランスを欠いたために、消えていった企業は枚挙にいとまがありません。


鳥飼玖美子

通訳の仕事には準備が欠かせないから、医学や政治などそのつど専門分野の専門書や用語集で勉強していたんです。不思議に、自分の手で書いて自分なりの用語集を作らないと、単語は頭に入りませんでした。読むだけではダメで、用語を調べてノートに書きこみ、ようやく専門家が議論をする現場で単語が口に出るようになるんです。