名言DB

9419 人 / 110788 名言

中林美恵子の名言

twitter Facebook はてブ

中林美恵子のプロフィール

中林美恵子、なかばやし・みえこ。日本の政治学者、政治家。早稲田大学教授。埼玉県出身。大阪大学博士(国際公共政策)、米ワシントン州立大学修士(政治学)。アメリカ連邦議会・上院予算委員会補佐官、(独)経済産業研究所研究員、跡見学園女子大学准教授、衆議院議員、早稲田大学教授などを務めた。

中林美恵子の名言 一覧

モノやお金は、壊れたりなくなったり、盗まれたりすることがありますが、経験とそれによって身につけた実力だけは、完全に自分だけのもの。それこそが本物の財産です。誰のものでもない、「あなただけの財産」を築いてほしい。


ごく普通の能力しかない私が、得がたい経験を積むことができたのは、「もっと広い世界をみたい」という思いがあったからにほかなりません。


米国の上院予算委員会に勤めていたとき、統計データの処理や議会でのプレゼンシナリオの作成など、ほかの人が面倒がる仕事も積極的に引き受けました。最初は上手くできませんでしたが、専門家の指導を受けながらこなすうち、やがて「ミエコがいないと仕事が回らない」といわれるようになりました。


二大政党制のアメリカでは、予算委員会に共和党と民主党のそれぞれが独自のスタッフを擁しています。予算委員会で働いていたとき、私が所属したのは共和党側です。議会で党の主張をはっきりアピールし、滞りなく議案を通すことができるかどうかは、私たちの働きにかかっています。書類の数字ひとつ打ち間違えるわけにはいかない責任重大な仕事です。早く仕事を覚えよう、チームに貢献しようと懸命に働く日々。忙しい時期には、2、3日ろくに眠らないこともありました。それでも、つらいと感じることはありませんでした。私にとって未知の経験ばかりでしたから、ひとつひとつの仕事に取り組むたびに、自分の世界が広がっていく感覚があったのです。


「仕事を探しているなら、連邦議会の上院予算委員会の私の友人に会ってみる?何か教えてもらえるかもしれないよ」知り合いからそう勧められたのは、大学院で修士号を取得したばかりのころです。安全保障や国際関係理論を学び、それを現場で活かしたいと思っていた私は、日本には戻らずアメリカで働きたいと思っていました。しかし、さすがにその提案には、少し戸惑いました。予算委員会というのは、国家予算を組むために必要な情報収集や分析、提案などを行なうプロフェッショナルのチームです。グリーンカード(永住権)を得ているとはいえ、日本国籍の私が、アメリカの政治の中枢に関わる国家公務員に採用されるというのは、ちょっと考えづらいことだったからです。しかしそう思ったものの、元来の好奇心が顔をのぞかせました。「ダメでもともと。知り合いになれるだけでも充分」とアポイントを申し込みました。それが、私が約十年にわたり予算委員会で働くことになったきっかけでした。


中林美恵子の経歴・略歴

中林美恵子、なかばやし・みえこ。日本の政治学者、政治家。早稲田大学教授。埼玉県出身。大阪大学博士(国際公共政策)、米ワシントン州立大学修士(政治学)。アメリカ連邦議会・上院予算委員会補佐官、(独)経済産業研究所研究員、跡見学園女子大学准教授、衆議院議員、早稲田大学教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

星野仙一

選手との年齢ギャップ? 全然考えたことがない。自然体です。


古川武士

なんのためにこの仕事を行なうのかを常に意識すると、目的と合致しないタスクを発見できます。たとえば細部の品質にこだわって、早い納品を望む顧客を待たせるのは「顧客満足」という目的を見失っている、とわかるでしょう。


長谷川健太

とにかくチームを活性化していくためには、若手選手を実戦で入れていかなければなりません。ベテラン選手ばかり使えば、当然安定した戦い方はできますが、それだけではチームは衰退していきます。


ギュスターヴ・フローベール

成功は結果であって、目的ではない。


羽鳥兼市

もし、日ごろの小さな出来事に困難を感じる人がいるなら、その困難を取り除くよりも、自分の目標について考えてみるべきではないでしょうか。


晝馬明

コストより性能を優先する分野向けの仕事が多いので、高性能な製品は高い利益に結びつく。加えて当社の根底には「世界一の製品を作ればお金は後から付いてくる」という考えがある。


ゲーテ

孤独はよいものです。自分自身と平和のうちに生き、何か達成すべきしっかりしたことがあれば。


帖佐義之

我々はいち早く物流拠点の可能性を見いだし、この市場をけん引してきた。今は5~10年前に比べて開発会社の数が2倍くらいに増えているため、「供給過多」という見方もできる。一方、必ずしも供給過多とも言い切れない状況もある。供給が増えれば、潜在需要を掘り起こすこともあるからだ。


小林陽太郎

行動は大切ですが、ものごとを深く考えなくてもよいと思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、周りに飛び交う情報が多ければ多いほど、本当は考えなくてはいけない。取捨選択したうえで、さらに答えを探るべく、深考することが求められている時代なのだと思います。


小嶋光信

私どもが「グリッドシステム」と呼んでいる、運転士を含めて従業員一人ひとりが何役もの仕事をこなす運営体制にすれば、人件費などのコストも削減できます。当時5億円の赤字を黒字化するのは難しいかもしれませんが、行政から年間8200万円の補助金を得られれば継続可能と試算しました。