名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中林美恵子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中林美恵子のプロフィール

中林美恵子、なかばやし・みえこ。日本の政治学者、政治家。早稲田大学教授。埼玉県出身。大阪大学博士(国際公共政策)、米ワシントン州立大学修士(政治学)。アメリカ連邦議会・上院予算委員会補佐官、(独)経済産業研究所研究員、跡見学園女子大学准教授、衆議院議員、早稲田大学教授などを務めた。

中林美恵子の名言 一覧

モノやお金は、壊れたりなくなったり、盗まれたりすることがありますが、経験とそれによって身につけた実力だけは、完全に自分だけのもの。それこそが本物の財産です。誰のものでもない、「あなただけの財産」を築いてほしい。


ごく普通の能力しかない私が、得がたい経験を積むことができたのは、「もっと広い世界をみたい」という思いがあったからにほかなりません。


米国の上院予算委員会に勤めていたとき、統計データの処理や議会でのプレゼンシナリオの作成など、ほかの人が面倒がる仕事も積極的に引き受けました。最初は上手くできませんでしたが、専門家の指導を受けながらこなすうち、やがて「ミエコがいないと仕事が回らない」といわれるようになりました。


二大政党制のアメリカでは、予算委員会に共和党と民主党のそれぞれが独自のスタッフを擁しています。予算委員会で働いていたとき、私が所属したのは共和党側です。議会で党の主張をはっきりアピールし、滞りなく議案を通すことができるかどうかは、私たちの働きにかかっています。書類の数字ひとつ打ち間違えるわけにはいかない責任重大な仕事です。早く仕事を覚えよう、チームに貢献しようと懸命に働く日々。忙しい時期には、2、3日ろくに眠らないこともありました。それでも、つらいと感じることはありませんでした。私にとって未知の経験ばかりでしたから、ひとつひとつの仕事に取り組むたびに、自分の世界が広がっていく感覚があったのです。


「仕事を探しているなら、連邦議会の上院予算委員会の私の友人に会ってみる?何か教えてもらえるかもしれないよ」知り合いからそう勧められたのは、大学院で修士号を取得したばかりのころです。安全保障や国際関係理論を学び、それを現場で活かしたいと思っていた私は、日本には戻らずアメリカで働きたいと思っていました。しかし、さすがにその提案には、少し戸惑いました。予算委員会というのは、国家予算を組むために必要な情報収集や分析、提案などを行なうプロフェッショナルのチームです。グリーンカード(永住権)を得ているとはいえ、日本国籍の私が、アメリカの政治の中枢に関わる国家公務員に採用されるというのは、ちょっと考えづらいことだったからです。しかしそう思ったものの、元来の好奇心が顔をのぞかせました。「ダメでもともと。知り合いになれるだけでも充分」とアポイントを申し込みました。それが、私が約十年にわたり予算委員会で働くことになったきっかけでした。


中林美恵子の経歴・略歴

中林美恵子、なかばやし・みえこ。日本の政治学者、政治家。早稲田大学教授。埼玉県出身。大阪大学博士(国際公共政策)、米ワシントン州立大学修士(政治学)。アメリカ連邦議会・上院予算委員会補佐官、(独)経済産業研究所研究員、跡見学園女子大学准教授、衆議院議員、早稲田大学教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

三木谷浩史

楽天とアマゾンの戦略って似ているようで大きく違うんです。我々は数兆円のオンライン市場を目指しているわけではなく、200兆円の全体小売り市場に入っていこうとしていますから。


古市幸雄

まとまった資金があれば、目標達成の方法に選択肢が増え、成功率が上がるばかりか、時間短縮さえもが可能になります。東京から京都まで行くのに、お金がなければ莫大な時間をかけて歩くしかないが、お金があれば、新幹線や飛行機を使えるのと同じです。


野田亨

英会話学校や西友などの経営に携わってきました。その中で分かったのは、自分の意見を持ちつつ現場の人の意見を聞くことの重要性でした。


阿部俊則

私たちはいつも企業理念の根本哲学である「人間愛」に立ち返る。長期的に自社の強みをさらに強くしていくために、変えてはならないものと変えるべきものを見極める必要がある。


宮下勝成

従来の経営理念はやや形骸化しており、ミッションも不明確でした。そこで、「笑顔で満たす世界と未来」をミッションに、社員・経営が「誠心誠意、共存共栄、驀直進前」から成り立つ当社のバリューを共有し、「世界に生きる」というビジョンに「未来を創る」を加えて、次世代のために事業を創ることを掲げました。
【覚え書き|驀直進前(まくじくしんぜん)=周到な準備を整えたら、信じるところを迷わずまっすぐに前進せよという意味の禅語】


高井英幸

もちろんリスクヘッジは必要です。我々は年間30本の映画を製作しますが、そのラインナップの中には、理解を超えるようなものが1~2本あったほうが、バラエティがあって面白い。しかし、そういう映画が当たるかどうかは経験値ではわからない。そこで、ヒットで一塁まで出塁すれば興行的に成り立つようにビジネスプランを立てるのです。


柴田昌治(コンサルタント)

一方的な叱責や説教は、お互いの関係にヒビを入れるだけで、建設的な関係に発展することはありません。


市村洋文

朝を制するものはすべてを制する。私は34年間、朝は4時半に起き、6時に出社し、仕事の準備をしています。周囲の人が出社する頃には準備が終わっている。この差は圧倒的。営業で差がつくのは、準備ですから。


菅谷太一

私がぜひお願いしたいのは「自分の故郷を愛する気持ちを持つ」ことです。自分が育った、お世話になった街を愛していれば、なるべくその街で消費をするようにするとか、街の魅力を発信したいと思うはずです。こうした思いがその街の魅力につながり、住む人を増やしていくのではないでしょうか。


最上悠

交渉の場で相手から決断を迫られたとき、押しが弱い人はノーが言えないから、イエスと答えてしまいます。しかし、一呼吸おいて「考えさせて下さい」と答えれば、ひとまずその場を収めることができます。


中田匡紀

いくら良い仕組みや制度をつくっても、最終的には人が守らなければ形骸化する。要は人のモラルの問題で、仕組みや制度を最後に守るのも人なら、最後に破るのも人だ。そして仕組みや制度を人に守らせるために必要なのが良い組織風土である。風土が崩れている企業が不祥事を起こしているのが実態だ。


武田良太

外交こそ国会議員しかできないことだと思います。外交と親善交流の何が違うのかといえば、外交は戦いなんですね。同じテーブルのなかで各国首脳が集まったときに笑顔で写真に納まっていますがあれはパフォーマンスであって、実際の会議に入ったら凄い世界ですね。それぞれが自国への100%の利益誘導を求めるわけで、そこでいろんな議論を重ねながら、こっちの要求も呑ませて行く非常にハードな世界です。