名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

中林美恵子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中林美恵子のプロフィール

中林美恵子、なかばやし・みえこ。日本の政治学者、政治家。早稲田大学教授。埼玉県出身。大阪大学博士(国際公共政策)、米ワシントン州立大学修士(政治学)。アメリカ連邦議会・上院予算委員会補佐官、(独)経済産業研究所研究員、跡見学園女子大学准教授、衆議院議員、早稲田大学教授などを務めた。

中林美恵子の名言 一覧

モノやお金は、壊れたりなくなったり、盗まれたりすることがありますが、経験とそれによって身につけた実力だけは、完全に自分だけのもの。それこそが本物の財産です。誰のものでもない、「あなただけの財産」を築いてほしい。


ごく普通の能力しかない私が、得がたい経験を積むことができたのは、「もっと広い世界をみたい」という思いがあったからにほかなりません。


米国の上院予算委員会に勤めていたとき、統計データの処理や議会でのプレゼンシナリオの作成など、ほかの人が面倒がる仕事も積極的に引き受けました。最初は上手くできませんでしたが、専門家の指導を受けながらこなすうち、やがて「ミエコがいないと仕事が回らない」といわれるようになりました。


二大政党制のアメリカでは、予算委員会に共和党と民主党のそれぞれが独自のスタッフを擁しています。予算委員会で働いていたとき、私が所属したのは共和党側です。議会で党の主張をはっきりアピールし、滞りなく議案を通すことができるかどうかは、私たちの働きにかかっています。書類の数字ひとつ打ち間違えるわけにはいかない責任重大な仕事です。早く仕事を覚えよう、チームに貢献しようと懸命に働く日々。忙しい時期には、2、3日ろくに眠らないこともありました。それでも、つらいと感じることはありませんでした。私にとって未知の経験ばかりでしたから、ひとつひとつの仕事に取り組むたびに、自分の世界が広がっていく感覚があったのです。


「仕事を探しているなら、連邦議会の上院予算委員会の私の友人に会ってみる?何か教えてもらえるかもしれないよ」知り合いからそう勧められたのは、大学院で修士号を取得したばかりのころです。安全保障や国際関係理論を学び、それを現場で活かしたいと思っていた私は、日本には戻らずアメリカで働きたいと思っていました。しかし、さすがにその提案には、少し戸惑いました。予算委員会というのは、国家予算を組むために必要な情報収集や分析、提案などを行なうプロフェッショナルのチームです。グリーンカード(永住権)を得ているとはいえ、日本国籍の私が、アメリカの政治の中枢に関わる国家公務員に採用されるというのは、ちょっと考えづらいことだったからです。しかしそう思ったものの、元来の好奇心が顔をのぞかせました。「ダメでもともと。知り合いになれるだけでも充分」とアポイントを申し込みました。それが、私が約十年にわたり予算委員会で働くことになったきっかけでした。


中林美恵子の経歴・略歴

中林美恵子、なかばやし・みえこ。日本の政治学者、政治家。早稲田大学教授。埼玉県出身。大阪大学博士(国際公共政策)、米ワシントン州立大学修士(政治学)。アメリカ連邦議会・上院予算委員会補佐官、(独)経済産業研究所研究員、跡見学園女子大学准教授、衆議院議員、早稲田大学教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

筒井義信

かつてはマネジメントは男性という意識が強かったのですが、いまは女性が女性をマネジメントしたほうがパフォーマンスは高いことがわかっています。決して女性だからマネジメントに向かないなどということはありません。


豊臣秀吉

人はただ、さし出づるこそ、よかりけれ。戦のときも先駆けをして。【覚書き|信長の配下になり知恵と行動で出世する秀吉を周囲の者が妬んだ。嫉妬した者の一人が「人は皆、さし出でぬこそ、よかりけれ。戦のときは先駆けをして」という皮肉を歌にした。上記はその歌への返歌】


山元賢治

人間には、どうしようもなく生理的嫌悪感を覚えてしまう相手がいるのも事実だ。そんな人と仕事をしなければならないとき、僕は、彼が食事をしている姿を眺めることにしている。すると、彼も必死で生きているひとりの人間なのだとしみじみ思えてきて、たいていの人を許すことができてしまう。


中山幸市

問題は、名もない太平住宅に、果たして加入申込者が現れてくれるかどうかだった。事実、過去の実績を示そうにも、建築した家のサンプルがないし、客は「金を払っても、本当に家を建ててくれるのか」と二の足を踏むのが多かった。結局、それを打ち破ったのは、セールスと宣伝であった。はじめの1、2軒が建築されたところで、これを客に見せ、契約をとる。その契約で完成した家をまた次の客へ……。こうして、建築の実績と宣伝の循環方式で加入申込者を開発していった。


尾畠春夫

ただ毎日ボランティアをさせてもらっているだけ。そうしたら、町内の人やら報道関係の人が、みなさん訪ねてきてくれるので、座って話しています。来る人は拒まず、去る人は追わず。声をかけられたら「ありがとう」だし、仕事が終わったら「お疲れ様」です。当たり前でしょ。テレビの人だってみんな相手にしなくていいと言うけど、重いカメラを背負って頑張っているんです。


宗次徳二

店舗を巡回するのは、1日平均5店舗ほどです。地方に出張ともなれば1日10店以上の店舗を訪れます。どの店舗でも、実際にカレーを食べて味やサービスをチェックします。出張の際は、その地方の名物を食べてみたいという気持ちもあるのですが、店舗でカレーを食べ続けるため、結局他の料理は食べられません。ココイチのカレーは毎日食べてもおいしいので、それでもいいんですけどね。


坂本孝

コンビニは新しい情報に触れるにはいい場所です。店員さんに「最近入った新商品を教えてください」と言って、いつも10種類くらいまとめ買いするんです。それで、会社に帰って食べてみて、ほかの社員にも食べてもらって感想を聞く。「へえ、おにぎりの具にゴボウマヨネーズなんてあるんだ。でも、正直そんなに美味しくないなあ(笑)。だけど、棚を見たら結構売れているみたいだったな。何でだろう?」とかね。また考えるきっかけが生まれる。


平井伯昌

今、私たちができることとは何だろうか。君たちは日本を代表する競泳選手であり、私はコーチだ。私たちには水泳しかない。(東日本大震災からの)復興は長期戦になるかもしれない。だからこそ、私たちがまずやるべきことは目の前に迫った選考会できちんと結果を残すことではないのか。


小池栄子

10年先、20年先のありたい自分を思い浮かべると、いま何をすべきかが見えてくるはず。見えてきたら、失敗を恐れず一歩踏み出せばいい。


永瀬昭幸

先輩社員のアドバイスがあると理想的。前年に講座を受けた人が「今週はどうだった? あまり捗ってないね」「自分もここで躓いたけど頑張ろう」と声をかけます。これは効果てきめん。同じ経験をした身近な人の言葉ほど共感性が高くて、励ましになるのです。


野村克也

リーダーは誰よりも自分を磨いておく必要がある。組織は、リーダーの力量以上に伸びない。いくら相手の耳を開かせる技術や工夫をこらしても、話す内容や話す者の人間性が低いレベルであれば誰が聞く。発するひと言が、胸を打つような中身がなければ、とうてい人の上に立つ者として信用されない。


山下茂(経営者)

1997年に新工場を立ち上げるためにタイに赴任した経験が、私の原点となっています。ビジョンとしては、過去最高の金額を投じる大型プロジェクトでした。ところが、私はそれまで海外営業畑を歩んでおり、生産管理なんかやったこともない。仕事のやり方をイチから見直す必要に迫られました。