名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中林美恵子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中林美恵子のプロフィール

中林美恵子、なかばやし・みえこ。日本の政治学者、政治家。早稲田大学教授。埼玉県出身。大阪大学博士(国際公共政策)、米ワシントン州立大学修士(政治学)。アメリカ連邦議会・上院予算委員会補佐官、(独)経済産業研究所研究員、跡見学園女子大学准教授、衆議院議員、早稲田大学教授などを務めた。

中林美恵子の名言 一覧

モノやお金は、壊れたりなくなったり、盗まれたりすることがありますが、経験とそれによって身につけた実力だけは、完全に自分だけのもの。それこそが本物の財産です。誰のものでもない、「あなただけの財産」を築いてほしい。


ごく普通の能力しかない私が、得がたい経験を積むことができたのは、「もっと広い世界をみたい」という思いがあったからにほかなりません。


米国の上院予算委員会に勤めていたとき、統計データの処理や議会でのプレゼンシナリオの作成など、ほかの人が面倒がる仕事も積極的に引き受けました。最初は上手くできませんでしたが、専門家の指導を受けながらこなすうち、やがて「ミエコがいないと仕事が回らない」といわれるようになりました。


二大政党制のアメリカでは、予算委員会に共和党と民主党のそれぞれが独自のスタッフを擁しています。予算委員会で働いていたとき、私が所属したのは共和党側です。議会で党の主張をはっきりアピールし、滞りなく議案を通すことができるかどうかは、私たちの働きにかかっています。書類の数字ひとつ打ち間違えるわけにはいかない責任重大な仕事です。早く仕事を覚えよう、チームに貢献しようと懸命に働く日々。忙しい時期には、2、3日ろくに眠らないこともありました。それでも、つらいと感じることはありませんでした。私にとって未知の経験ばかりでしたから、ひとつひとつの仕事に取り組むたびに、自分の世界が広がっていく感覚があったのです。


「仕事を探しているなら、連邦議会の上院予算委員会の私の友人に会ってみる?何か教えてもらえるかもしれないよ」知り合いからそう勧められたのは、大学院で修士号を取得したばかりのころです。安全保障や国際関係理論を学び、それを現場で活かしたいと思っていた私は、日本には戻らずアメリカで働きたいと思っていました。しかし、さすがにその提案には、少し戸惑いました。予算委員会というのは、国家予算を組むために必要な情報収集や分析、提案などを行なうプロフェッショナルのチームです。グリーンカード(永住権)を得ているとはいえ、日本国籍の私が、アメリカの政治の中枢に関わる国家公務員に採用されるというのは、ちょっと考えづらいことだったからです。しかしそう思ったものの、元来の好奇心が顔をのぞかせました。「ダメでもともと。知り合いになれるだけでも充分」とアポイントを申し込みました。それが、私が約十年にわたり予算委員会で働くことになったきっかけでした。


中林美恵子の経歴・略歴

中林美恵子、なかばやし・みえこ。日本の政治学者、政治家。早稲田大学教授。埼玉県出身。大阪大学博士(国際公共政策)、米ワシントン州立大学修士(政治学)。アメリカ連邦議会・上院予算委員会補佐官、(独)経済産業研究所研究員、跡見学園女子大学准教授、衆議院議員、早稲田大学教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

松田丈志

最終的には「挑戦する」「挑戦しない」の2択しかない。であれば、泥臭くてもいいから厳しくて辛い練習をして挑戦する人でありたいと思えた。そう思えたのも、周りで応援してくれる人たちに応えたいという気持ちが大きかったから。周りの支えがあったからこそ、僕は重い腰を上げて腹をくくれたのだと思っています。


守本正宏

人手にかかるコストを減らすためには、AIを使う必要があると考えました。我々が独自に開発したAIを活用すれば、米国の訴訟支援会社に頼むよりコストが3分の1程度にできるからです。しかも処理が早い。弁護士20人が2週間かけて見つけられなかった証拠を、我々のAIだと1日で発見できたケースもあります。


福野泰介

私にとっての起業とは、ものづくりそのものです。世界中で喜ばれるものを作りたい。


富田純正

当社は設立45年の歴史があるだけでなく、一度車を仕入れると売却せず長く貸し続けます。だから中古車市場と競合しないため、自動車メーカーからの信頼は厚い。他社よりうちには安く売ってくれるのです。法人契約が多いので、平日もコンスタントに需要があるし、しかも長期契約だから、ある意味リース業にも近い。仕入れ値が安く、高稼働率だから低料金に設定できる。これが次の需要を生む形になっています。


井上高志

サラリーマン時代の上司からは、困ったヤツだと思われていたでしょうね。他社の商品を一生懸命売るような営業マンでしたから。たとえば、新卒で入ったリクルートコスモスで、新築マンションの営業をしていたときのことです。あるお客様が、ローンの審査が通らず、落ち込んでいたのを、放っておけなかったんですね。そこで、もう少し安価な、同業他社の新築物件を40件ほど探して、ご提案したのです。最終的に、お客様は、私が提案した他社の物件をご購入なさいました。上司に「他社の物件を売るためにお前を雇ったわけじゃない。1円にもならないことをするな」とひどく叱られました。さすがにこれはやりすぎでしたが、間違ったことをしたとは決して思っていません。いまも、根本は一緒。営業マンは「利他主義」であるべきだと思っています。


佐々木常夫

楽観というのは意思である。


小笹芳央

現在、議論されている働き方改革というのは、長時間労働の是正ということだけに光が当たっていますが、それだと「ゆとり教育」ならぬ、「ゆとり労働」で終わってしまいますので、本質的には労働生産性の向上が大事になってきます。


大橋徹二

事業の立て直しは時間をかけすぎると現場が疲弊してしまう。コマツアメリカの再建のとき、集中して取り組み、2年くらいで黒字化できたことで、従業員たちは「自分たちが頑張った成果だ」と思ってくれるようになった。


上野治男

リスクとは、不祥事そのものを意味しない。環境変化、つまり自社と社会とのギャップの広がりに気づかないことこそが、最大のリスクといっていいでしょう。


江見朗

「よい人生」とは、夢を叶えたときに訪れるのではありません。一番大事なのは、今この瞬間。その積み重ねが、よい人生になるのだと思います。


木下彰二

ミスをなくしたいなら、チェックする時間をあらかじめ多めに取るべき。たいていの場合、締め切り間際でやるチェック作業にミスが多い。焦りが生じて、見つけられるミスも見つけられなくなる。


井上武(経営者)

経営理念をはっきりさせることが肝要であると、私は身にしみて感じています。迷ったときは、自分が決めた経営理念に照らし合わせて、イエスかノーかを考える。そうすると適切な判断ができます。