名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中林一樹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中林一樹のプロフィール

中林一樹、なかばやし・いつき。日本の工学博士。東京都立大学教授。東京都立大学大学院修了。東京都立大学都市研究所教授・都市科学研究科教授・研究科長、首都大学東京都市環境学部教授、明治大学大学院政治経済学研究科特任教授などを務めた。専門は都市防災論、災害復興論、都市計画論など。

中林一樹の名言 一覧

災害後に対応することが防災ではない。被害を出さないための事前の備えこそ、レジリエンス(復元力)を高める手段。


一人一人が「自分でできることをやる」という自助もなく共助もなければ公助だけで復興は難しい。自助7割、共助2割、公助1割が防災対策のバランス。


災害時、誰かが助けてくれるわけではありません。自分と家族を助けるためには、自分でやるしかないのです。日常のあらゆるシチュエーションで想像しておくことが、想定外を半減します。これは会社などの組織の危機管理にも通じることです。


災害を人ごとと思わず真剣に取り組めるかが重要。「今地震が起きたらどうなってしまうのか、1日3分でいいから想像してみてください。例えば、家で眠ろうとしたとき。満員の通勤電車。オフィスで仕事をしているとき。今地震が来たらどうなるか想像してみるんです。


高齢社会で地震が起き、わが家での生活ができなくなったとき、次に警戒すべきは震災関連死です。慣れない避難所での暮らしは大きなストレスとなります。地震から命を守った後は、生活を守る工夫が必要です。在宅避難が可能なくらい家をしっかりしたつくりにして、いつも食べ慣れたものや処方薬の備蓄を十分にしておくことなども効果的でしょう。地震そのものは防げなくとも、事前の備え次第で災害の拡大は防げるのです。


中林一樹の経歴・略歴

中林一樹、なかばやし・いつき。日本の工学博士。東京都立大学教授。東京都立大学大学院修了。東京都立大学都市研究所教授・都市科学研究科教授・研究科長、首都大学東京都市環境学部教授、明治大学大学院政治経済学研究科特任教授などを務めた。専門は都市防災論、災害復興論、都市計画論など。

他の記事も読んでみる

須田将啓

バイマを中心とした経済圏を世界規模で大きくしていきたいですね。そして、普通なら出会えないような世界中のものに出会い、安心して購入できるサービスを作りたい。


高濱正伸

算数や数学の図形問題を解くときには、目に見えない「補助線を引く力」を求められることがあります。しかし、私は大学受験のための数学を指導しながらいつも思っていました。「補助線を引けば問題を解けることはわかる。でも、定評のある参考書も有名予備校の講師も、どうすれば目に見えない補助線が頭に思い浮かぶのかについては教えていないのではないか」と、なぜ補助線が思い浮かばないのかについて突き詰めて考えると、ある仮説に行き当たりました。それは「その力を培うには遊びの経験がものをいうのではないか」ということです。石を標的めがけて投げるにしても「こういう軌道をとるだろう」と投げる瞬間に思い浮かべます。バスケットボールやサッカーをしていれば、ボールを持っている選手が次にどこへパスを出すかというところから、数手先までボールの流れをイメージします。かくれんぼをしていても、「彼はいつも土手に隠れるけど、今日は裏をかいて小屋の中にいるのではないか?」と、見えない相手の動きを予測します。


羽鳥兼市

本格的な実業家デビューはもっと後になります。義理の兄と羽鳥総業という会社を立ち上げたんです。でも、そこは下請けでしたから、商売の面白さを味わうにはいろんな改善策が必要でした。とにかく、下請けだから儲からないんですよ。どれだけ夜遅くまで頑張ったとしても、自分の意志と力で売上を伸ばすことができないのが下請けの運命。やはり直接お客さんとつながるような商売の仕方をしないといけないということで、ひとまず懸架重量7トンのクレーン車を一台購入しました。で、朝5時に起きて、道という道をパトロールする。するとね、ガードレールにぶつかった車とか、田んぼに落ちてしまった車とか、手がつけられなくて困っている車があちこちにあったのです。それを拾い上げて、お客さんからクレーン代をいただいていたのですが、やがてはトラックなどのような大物の依頼も飛び込んでくるようになりました。最後には25トンまで対応可能なクレーンを入れて、重機を中心にクレーン業を広げていったほどですから。


小川賢太郎

新入社員の教育から始まって、継続的にやり続ける。教育し続ける。確認し続ける。それが大事です。


矢部浩之

上(の世代)の方、パワーありますからね。同じように頑張っていくしかないですよ。ヘンに攻撃せんでもええし、萎縮しなくてもいい。


鈴木真理子(人材コンサルタント)

社内向けメールはとにかくコンパクトに、社外向けも失礼にならない範囲で極力簡潔に書くことを鉄則にしましょう。短いメールには短く返信すればいいので、多忙な相手からも返事をもらえる確率が上がるはずです。


本田健

ビジネスで重要なのは、一つの仕事が二重、三重にお金を生み出すシステムになっているかどうか。


伊東信一郎

エアアジア・ジャパン(のちのバニラ・エア)が失敗した理由は、東南アジアの成功モデルをそのまま日本に持ってきたところにあったと思います。当初はスピード感を持って会社を立ち上げたいという意向もあり、中身をあまり変えられませんでした。


乙武洋匡

子供に対して「この野郎!」と思うことはないわけではありません。でも、そこで怒ったらこちらの思ったことは絶対に伝わりません。まずはクールダウンして、そのうえで何がいけなかったのか、次からどうしたら良いのかがわかる叱り方をしなければいけませんよね。こちらが感情的になってはダメなわけです。


西成活裕

思考力を鍛えてきた人は、50代を過ぎる頃には直感力が冴えてきて、見直しが不要になります。大企業の経営者が即時裁断を下せるのもそのためです。しかし、まだその域に達していない30~40代は、しっかり検討したあと実行し、成功や失敗を積み重ねながら、判断力を磨きましょう。その中で一歩一歩、「直感で即決できる50代」を目指していくのがベストです。


藤原洋

不可能なことは自分が不可能と思うところから始まる。


遠山正道

僕は企画書には、「どんな共感が得られるか」ということしか書かないんです。データを示してどうこうという話ではなく。