名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

中林一樹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中林一樹のプロフィール

中林一樹、なかばやし・いつき。日本の工学博士。東京都立大学教授。東京都立大学大学院修了。東京都立大学都市研究所教授・都市科学研究科教授・研究科長、首都大学東京都市環境学部教授、明治大学大学院政治経済学研究科特任教授などを務めた。専門は都市防災論、災害復興論、都市計画論など。

中林一樹の名言 一覧

災害後に対応することが防災ではない。被害を出さないための事前の備えこそ、レジリエンス(復元力)を高める手段。


一人一人が「自分でできることをやる」という自助もなく共助もなければ公助だけで復興は難しい。自助7割、共助2割、公助1割が防災対策のバランス。


災害時、誰かが助けてくれるわけではありません。自分と家族を助けるためには、自分でやるしかないのです。日常のあらゆるシチュエーションで想像しておくことが、想定外を半減します。これは会社などの組織の危機管理にも通じることです。


災害を人ごとと思わず真剣に取り組めるかが重要。「今地震が起きたらどうなってしまうのか、1日3分でいいから想像してみてください。例えば、家で眠ろうとしたとき。満員の通勤電車。オフィスで仕事をしているとき。今地震が来たらどうなるか想像してみるんです。


高齢社会で地震が起き、わが家での生活ができなくなったとき、次に警戒すべきは震災関連死です。慣れない避難所での暮らしは大きなストレスとなります。地震から命を守った後は、生活を守る工夫が必要です。在宅避難が可能なくらい家をしっかりしたつくりにして、いつも食べ慣れたものや処方薬の備蓄を十分にしておくことなども効果的でしょう。地震そのものは防げなくとも、事前の備え次第で災害の拡大は防げるのです。


中林一樹の経歴・略歴

中林一樹、なかばやし・いつき。日本の工学博士。東京都立大学教授。東京都立大学大学院修了。東京都立大学都市研究所教授・都市科学研究科教授・研究科長、首都大学東京都市環境学部教授、明治大学大学院政治経済学研究科特任教授などを務めた。専門は都市防災論、災害復興論、都市計画論など。

他の記事も読んでみる

松井道夫

いまふり返って、より本質的に正しかったなと思うのは、90年に外交営業をやめる決断をしたことです。「営業というコストは本当に必要なのか、お客様が求めているのか」と考え続けた結果、「高度成長のときとは違う。日本人は物理的な”物”ではなく、もっと抽象的で精神的なものを求めている」ことに気づきました。「それはお客様固有のものであり、押しつけてはならない。ビジネスも、供給者中心の「天動説」から、消費者中心の「地動説」へのコペルニクス的転回が必要だ。「顧客第一主義ではなく顧客中心主義だ」と。そして、それが金融の分野では何かと考えてたどりついた答えだったのです。


吉田忠裕

東日本大震災が起こり、リスク分散の観点からも拠点は各地にあった方がいいという議論も高まりました。YKKの拠点は世界71カ国・地域。世界中のオペレーションに支障があってはなりません。


舘神龍彦

予定は「すぐに」手帳に記入すること。すると、その予定に付随して新たに発生したやるべきことも見えてきます。自分が自由に使える残り時間がはっきりし、そのリソースを有効活用するための段取りを組みやすくなるのです。


ロイド・ダグラス

妄想を抱きなさい。他人を助けるほどの偉大な妄想を。


八木洋介

人事部の役割は、現場の判断をサポートし、正しい見識を伝えること。人と組織を使って勝つための道筋を作るのが、戦略的な人事部のあるべき姿だ。


村田昭治

人間は普通、他人を見る眼はきびしく自分に対しては甘い。だから折に触れて歯に衣着せぬ指摘や忠告をしてくれる先輩・友人をもつことは、特に経営者、リーダーには必要。良きアドバイザーは人生の大きな宝となる。


吉田忠裕

お客様が反応を示すくらいの商品は何なのか、アピールができる技術は何なのかを考えています。バーがどんどん高くなる中で我々がメーカーとしてできるのは、そこに尽きます。


森本千賀子

「かつて提案を受け入れてくれた企業に再び営業をかける」というケースでは、新規で営業をかける時と同じように、現時点での課題やニーズを改めてヒアリングし、一から作戦を練り直す必要がある。手間と時間はかかるが、結果的にはいい仕事ができる。


中嶋成博

ホームランばかり狙っても空振りだらけになる。ヒットを打つからホームランも出てくる。


町田勝彦

ライバル会社も、隣の部門も、同期で入社した同僚も、誰もが同じように努力を重ね、同じように頑張っている。その中で現状に満足しない気持ち、すなわち「もうちょっとの心」を持って事にあたれば成果が差となって現れてくる。会社は社員一人一人の「もうちょっとの心」で進化してゆくものだ。


成毛眞

転職するとしたら、どんな基準で転職先を探すでしょうか。おそらく、大部分の人は「日本で働く」ことを前提にしているのではないでしょうか。しかし私は、たとえ語学が十分に堪能ではなくとも、「海外で働く」ことを視野に入れたほうが良いと思います。中国や東南アジア、インドなどの新興国は成長し続けていて常に求人があるので、転職先に困ることはほとんどありません。それに、一度海外で働く経験を積めば、意外となんとかなることがわかるので、どの国でもやっていける可能性が高まります。


木川理二郎

私は建設機械産業は、成長産業だと言い続けています。どの国も豊かになろうと道路、鉄道、港湾などのインフラを整えて、経済を活性化させています。世界を見渡せば、これから豊かになろうという国はたくさんあります。今日の日本を作り上げるのに、戦後だけで60年かかっています。ということは、これから発展する国も数十年かけて豊かになっていくのであって、その間、我々にチャンスがあるのです。