中林一樹の名言

中林一樹のプロフィール

中林一樹、なかばやし・いつき。日本の工学博士。東京都立大学教授。東京都立大学大学院修了。東京都立大学都市研究所教授・都市科学研究科教授・研究科長、首都大学東京都市環境学部教授、明治大学大学院政治経済学研究科特任教授などを務めた。専門は都市防災論、災害復興論、都市計画論など。

中林一樹の名言 一覧

災害後に対応することが防災ではない。被害を出さないための事前の備えこそ、レジリエンス(復元力)を高める手段。


一人一人が「自分でできることをやる」という自助もなく共助もなければ公助だけで復興は難しい。自助7割、共助2割、公助1割が防災対策のバランス。


災害時、誰かが助けてくれるわけではありません。自分と家族を助けるためには、自分でやるしかないのです。日常のあらゆるシチュエーションで想像しておくことが、想定外を半減します。これは会社などの組織の危機管理にも通じることです。


災害を人ごとと思わず真剣に取り組めるかが重要。「今地震が起きたらどうなってしまうのか、1日3分でいいから想像してみてください。例えば、家で眠ろうとしたとき。満員の通勤電車。オフィスで仕事をしているとき。今地震が来たらどうなるか想像してみるんです。


高齢社会で地震が起き、わが家での生活ができなくなったとき、次に警戒すべきは震災関連死です。慣れない避難所での暮らしは大きなストレスとなります。地震から命を守った後は、生活を守る工夫が必要です。在宅避難が可能なくらい家をしっかりしたつくりにして、いつも食べ慣れたものや処方薬の備蓄を十分にしておくことなども効果的でしょう。地震そのものは防げなくとも、事前の備え次第で災害の拡大は防げるのです。


中林一樹の経歴・略歴

中林一樹、なかばやし・いつき。日本の工学博士。東京都立大学教授。東京都立大学大学院修了。東京都立大学都市研究所教授・都市科学研究科教授・研究科長、首都大学東京都市環境学部教授、明治大学大学院政治経済学研究科特任教授などを務めた。専門は都市防災論、災害復興論、都市計画論など。

他の記事も読んでみる

奥田碩

バブルの影響で消費が落ち込みましたが、それは経営者の責任で社員には責任はない。それなのにその反省はまるでされていません。逆に言えば経営者に責任を取るつもりがないからバブルになってしまったのです。経営者がもっと侍的な精神を持っていたら、自ら腹を切っているはずです。土光敏夫さんや石坂泰三さんの世代にはまだそうした責任感があったように思います。


笹氣健治

相手の判断の先取りをやめるには、「相手がどう判断するかは相手次第で、自分ではどうすることもできない」と考えるようにしてみてください。仕事を断ったり頼んだりしても、非難されないかもしれません。それにどんなに頑張っても相手の期待に沿えなければ非難されることもあるものです。


和田秀樹

モチベーションがずっと高いままという人はいません。いつもヤル気満々に見える人でも、必ずヤル気が下がるときはあります。でも彼らは、自分なりの「ヤル気を短時間で高めるコツ」をたくさん持っていて、それを絶えず実践しています。だからいつもモチベーションが高いように見えるものであって、人一倍気合いを振り絞っているわけでも、生まれつき強靭な精神力に恵まれていたわけでもないのです。


杉本哲太

どの役をやるにしても、やるのは自分自身。全く別人格にはなれません。そういう意味では、どんな役にも、素の自分が潜り込んでいる。時には素の杉本哲太が出過ぎて、監督から「もう少し押さえて」と指摘される失敗もあります。それでも、以前の現場で感じた「演者の中で完全に傍観者になっている感覚」はなくなりましたから。役に対するアプローチの仕方はだいぶ良くなったはず。若い時のように外見だけで作るとか、必要以上に力を入れて空回りするとか、そういうボタンの掛け違いは減りました。


野田俊介

優秀なエンジニアほど新しいことをやりたがるから、おもしろい案件を持っていくほど一緒にやってくれるし、責任を持ってトラブルシューティング(起きうる問題を想定して駆逐)してくれます。


吉田忠裕

私や社長などの役員が世界中の拠点に出張するときには、アジアでもアメリカでもヨーロッパでも、現地の社員を20人ぐらい集めて語り合う場を設けるようにしているんです。社内ではこれを「車座集会」と呼んでいるんですけれど、ここで私は経営理念を語るというよりは、むしろ彼らの話を聞くようにしているんですね。すると、いきなり質問攻めにあうんです。


佐藤天彦

集中力を保ち続けることは、限界があります。どこまで鍛えたとしても、人間の湧き上がってくる感情を止める術はありません。解決策は、対象そのものに興味を高めることのように思います。


落合陽一

これからの働き方を考えるうえで日本社会が早急に進めなければならないことは、兼業や副業の容認でしょう。兼業や副業をするというのは、「職をポートフォリオ・マネジメントする(最適に配分する)」ということです。これまでビジネスマンは、一つの会社で定年まで働くのが普通でした。それゆえ、会社で意にそぐわないこともやらなくてはならず、仕事にモチベーションを持てなくなった人も多いのではないでしょうか。また、企業側としては余剰人員にも働く場を作らなくてはなりません。これらの問題は、働く人・企業ともに生産性を下げる要因ともなります。ところが、職のポートフォリオ・マネジメントという考え方を取り入れると、違った見方ができます。


柿沢安耶

人前に出ることは苦手ですが、農家の方々にいろいろ教わって、日本の農業の未来を心配するようになった私が、野菜の素晴らしさを伝えるため、少しでもできることがあるのなら、求められる限り、やってみたいと思います。


田中俊彦(経営者)

いろいろな壁を一つ一つ乗り越えたからこそ、現在の1ヶ月の広告表示数が約660億インプレッションという大きなアドネットワークを作り上げることができた。


塚越寛

部下を怒ることもあります。しかし、それは仕事の成績が悪いといった理由ではありません。そして、自分の感情に任せて声を荒げたこともありません。叱責するのは怠慢に対してです。何度も同じミスをしたり、約束を破ったり。実際、そのような部下は少ないですが、そういった場合は机をたたいて怒ります。


土井好広

「音楽の街づくりプロジェクト(略称おとまち)」を始めました。これは音楽を活用し、地域のコミュニティーづくりを支援する、いわばコンサルティング事業です。地域活性化の拠点となる施設の立ち上げ、その活用法などに関する相談に対し、例えばコミュニティーバンドの養成やイベント企画提案などを行います。イベント終了後も継続的に地域の人々が関わり合えるように運営ノウハウも提供しています。既に全国十数カ所で展開し、現在は行政やデベロッパー、大手流通などから相談を受けています。ショッピングモールに、音楽を使って地域の人が主体的に集まる仕掛けをつくりたい、音楽を軸に居住者同士が交流しやすいマンションをつくりたい、など。音楽を活用すれば、これまでとは違った付加価値を創出することが可能なのです。


森永卓郎

株や投資信託、REITなどは、バブルの崩壊を念頭に、いつでも決済ができるよう、準備をしておくことが大切です。ただし、このバブル崩壊、悪い話だけではありません。株価が暴落するということは、バーゲンセール状態と同じ。ここで賢く動ける人が、チャンスをつかめます。我々には前のバブル崩壊やリーマンショックの体験があります。それを生かすも殺すも自分次第。リーマンショックで暴落した株に投資し、アベノミクスによる上昇で大儲けした人は少なくありません。積極的に行動を起こしていきましょう!


吉田幸弘(コンサルタント)

仕事ぶりについていろいろと注意したいところがある部下に対しては、そのすべてを注意するのではなく、10あれば、そのうちの3くらいだけ、とくに重要なことだけを注意するようにしましょう。そして、良いことをしたときは褒める。「飴と『ムシ』方式」です。


本山和夫

経営というのは、サイエンスだと思うんです。問題を解決していくために理科系としての力量が必要ではないかと思います。


ページの先頭へ