中条静夫の名言

中条静夫のプロフィール

中条静夫、ちゅうじょう・しずお。日本の俳優。静岡県出身。テレビ・映画・舞台で活躍。ドラマ『あぶない刑事』の近藤捜査課長役などで有名。

中条静夫の名言 一覧

過去の経験、苦労、勉強、あれもこれもみんな自分に返ってきます。
【覚書き|俳優デビュー当時、エキストラ同前の大部屋暮らしを十数年続いたことを振り返っての言葉】


中条静夫の経歴・略歴

中条静夫、ちゅうじょう・しずお。日本の俳優。静岡県出身。テレビ・映画・舞台で活躍。ドラマ『あぶない刑事』の近藤捜査課長役などで有名。

他の記事も読んでみる

重松大輔

今後力を入れていきたいのは、地方自治体の公共施設ですね。公民館を借りるのは意外に面倒なんです。たとえば書類を何枚も書かなきゃいけなかったり、指定された時間に窓口に並ばなければいけなかったりして、手続きが大変なのです。それらをすべてウェブで可視化して簡単に申し込めるようにすれば、自治体にも利用者にもメリットがある。ここは力を入れていきます。


進藤孝生

人の作れない製品をつくり、人と同じ物をつくるのであれば人よりもコストを抑えてつくる。


田原祐子

営業マンは本来、お客様の気持ちや、世相、トレンドに敏感でなくてはいけません。


堀紘一(コンサルタント)

部下を指導するうえでよい質問とは、A地点にいる部下を、目的地であるB地点に向かわせるため、問いを投げかけ、誘導することである。たとえば、部下が何らかの問題を抱えているとする。その際、命令や指示によってその問題を解決するのは簡単であるが、それでは真の解決にはならない。そこで上司は、部下の思考プロセスに沿って「質問」を投げかけ、部下自らが問題点を発兄し、解決策に至るよう誘導するのである。しかし私は、効果的な質問ほど難しいものはないと、常々感じている。なぜなら、いい質問を発するには、まずは上司が、部下一人ひとりの行動特性を把握しなければならないからである。


眞保智絵(鳥海智絵)

私たちは「本業を通じた社会貢献」といっていますが、株式や投資信託、債券などへの投資を通じて、企業や社会の成長に参画していただく。しかも日本だけでなく世界の成長にも貢献していく。投資にはそんな視点もあると考えています。


藤井隆太

父(先代社長)と仕事の話をきちんとしたのは父が亡くなる前の2年間ほど。ガンになってしまったのですが、これは相当悪いなというのは見ていて分かりました。ご縁のあった横浜サトウクリニックの免疫療法のお陰で、抗がん剤も打たず痛みもなく、何のわだかまりもなく話せましたね。お互い腹を割って飲み明かせたことは幸運でした。


川村隆

OJTでカバーできる範囲は限定的です。視野が狭い。だからやばり最後は本を読まないとだめなんですよ。読書で知識を得て、それをベースに自分で考える。


嶋浩一郎

「おひとりさま」という言葉を命名した人は岩下久美子さんというジャーナリストで、2001年にその名もずばり『おひとりさま』という本を上梓しました。岩下さんはある時、自分が1人でレストランを利用する際に、店員から「お一人様ですか?」と聞かれることが多くなり、「1人で来る女性客」の存在を認識しました。ここで岩下さんがすごいのは、そんな女性1人客の行動を分析したうえで、「個」の確立ができている大人の女性を「おひとりさま」という新しい言葉で定義づけたところ。日常の違和感を放っておかず、「何でだろう?」と考えて世の中の新しい潮流を発見したんです。岩下さんが気づく前に、実は皆さんもレストランで「おひとりさま」を目撃していたはずなんです。でも目撃した人の多くは、「何らかの理由でたまたま1人なんだろう」などとスルーしてしまった。「おや?」って思ったものの、単なる例外として捉えてしまったんですね。


松﨑暁(松崎暁)

信頼関係は大きな財産。


星野佳路

「なぜこんな田舎で働かなくてはならないのか」と思う人には、その土地の魅力を発掘することは難しいはず。自分がその土地を好きだから、もっと知りたいと思うし、ゲストにも魅力的に伝えることができる。


阿川佐和子

この人は、心から自分の話をおもしろがって聞いてくれていると思ったら、誰だって悪い気はしないし、もっとサービスしてあげようという気になるでしょ。これは取材だけでなく、あらゆるコミュニケーションの基本です。


塚田正由記(塚田正之)

私は昨日までと同じことが好きではない性分です。今日を新たにし、明日また何か新しい生き方をしたいと思っています。


松田雅也

何より重要なのは、シーズンごとにお店を訪問して「顧客はどんな意図にもとづいて発注しているのか?」を知っておくことです。それができる会社が、これまでほとんどなかった。これが当社の最大の差別化要因だと思います。


山内溥

これからの娯楽業界の発展のためには、むしろこういった新たな技術(ソフトウェア)を互いに公開・交流することが大切。


宮永俊一

世界で戦っていこうと言っても、日本の中さえバラバラではどうしようもない。


ページの先頭へ