名言DB

9425 人 / 110833 名言

中村龍明の名言

twitter Facebook はてブ

中村龍明のプロフィール

中村龍明、なかむら・たつあき。日本のプロゴルファー、ゴルフ指導者。愛知県出身。18歳でゴルフを開始。23歳でプロテスト合格。独自のスウィングメソッドを構築。著書に『決め事はひとつだけ。ゴルフ超速学習法』。

中村龍明の名言 一覧

ゴルファーの中で悩みが全くないという人は、おそらく一人もいないでしょう。ゴルフを長く続けるほど、悩みは増えていきます。


バンカー越えの場面でミスする人は、バンカーが目に入った時点で体が反応し、アドレス(構え方)が乱れています。バンカー越えのアプローチを成功させるコツは、バンカーの先の落としどころに意識を集中することです。何ヤード打てば落としどころにキャリーするのか、そこから何ヤード転がればピンに寄るのかをしっかりイメージします。要するに、「バンカーに入れたくない」という発想ではなく、「15ヤード先(20ヤード先)の地面にボールを落とす」という発想に意識を転換すれば、アドレスの形も自然と変わってくるのです。


長年ゴルフに取り組んでいれば、「ボールを上げるのはクラブの仕事」という言葉は聞いたことがあるでしょう。6番アイアンよりも9番アイアンのほうが、ボールが高く上がるのは、スイングを変えているからではなくクラブを替えているからということは、分かっていると思います。ところが、バンカー越えや池越えになると、不思議と自分の動きでボールを上げたくなってしまうのです目の前のハザードを避けるためにはどうしたらいいか、脳が勝手に考え始めてしまうのでしょうね。そういう仕組みが分かっているのであれば、「バンカーに入れたくない」と脳が考え始めた時、「やるべきことはバンカーに入れないことではなく、15ヤード先(20ヤード先)の地面にボールを落とすこと」だと意識を転換する必要があるわけです。


中村龍明の経歴・略歴

中村龍明、なかむら・たつあき。日本のプロゴルファー、ゴルフ指導者。愛知県出身。18歳でゴルフを開始。23歳でプロテスト合格。独自のスウィングメソッドを構築。著書に『決め事はひとつだけ。ゴルフ超速学習法』。

他の記事も読んでみる

横山清

アークスではグループ各社が緩やかな一体化を進めています。完全な一体化ではなく「緩やかな」としたのは、営業・店舗運営などお客様に直に接する部門は、アークスグループに入った後も各社の組織をそのまま残しているからです。一方、経営企画や財務などバックオフィスの部門は、グループ入りを機に徐々にアークスに移管して一本化を図ります。


國分文也(国分文也)

ニューヨークで設立した石油取引会社の失敗から、逆境かでも絶対逃げず、先頭に立って部下に背中を見せることを学んだ。会社を清算するときも、30人弱の従業員の雇用を守るため、再就職先を探して回った。当時の仲間とはその後もつきあいが続き、前回再び海外赴任したときは、新規ビジネスの開拓を手伝ってくれた。


糸井重里

地方へ行くと、「水と緑の美しい○×町」と書かれた看板をよく見かけます。それは、海と山さえあればどの場所でも言えることで、看板を掲げても意味がない。水と緑の町がどう魅力的なのかを知って初めて視線は集まるんです。ハワイやバリも、海や自然という「財」を素敵に見せるからこそ、皆が行きたいと思うリゾート地になる。


小川孔輔

これまで日本のサービス業は、顧客のために、あるいは他社との差別化のために投資をして、サービスをひたすら向上させてきた。しかし、労働力の供給量が不足するこれからの時代は、世の中から本当に求められているサービスを見極めつつ、働く人が、より効率よく楽に働けるように投資をしていくことが求められる。


デビッド・テイラー(経営者)

重要なのは、カテゴリー自体の市場を大きくするということ。カテゴリーの成長を加速させながら、市場の成長以上のシェアの伸びをとっていきたいというのが弊社の戦略。


梅原勝彦

発注元を自由に選べる立場の下請け業者になるためには、大企業から必要とされる高い技術力を持っていなければならない。その町工場が存在しないと、大手メーカーの製造戦略が成り立たない。そのぐらいの存在にならないとダメだ。


佐久間俊行

私が修行を積んだ極真空手は、世界的にも猛稽古で知られ、猛稽古を通して己の弱さと常に向き合わされました。その過程で私自身も克己心を養い、大きく成長することができました。舞台は変わりましたが、空手からビジネスという道へ変わっても、道はいまも続いています。


最上悠

仕事をお願いするときは、「あなたにしかできない仕事なんだ」など、相手が仕事を引き受けることに価値が見出せるように依頼することがポイントです。人望がない人ほど、依頼する理由を明確にした方が、引き受けてもらいやすいでしょう。


山崎亮

お金や数字の問題が絡んでくると、まちづくりはとたんに難しくなります。売上を伸ばすために活動しようと言った瞬間、すーっと引いてしまうおばちゃんとか、たくさんいますからね。「まちを元気にするんじゃなくて、お金儲けのためにやるんならもうええわ」って。


小山昇

多くの会社で業績が上がらないのは、手間をかけるべきところにきちんと手間をかけないで、すべての業務を効率化しようとするからです。そもそも、営業を効率化しようという発想自体が間違っています。営業は非効率なものです。何度も何度も訪問し、連絡を取り、必要なものをお届けする。手間隙かけるからこそ、相手に心が伝わります。