中村龍明の名言

中村龍明のプロフィール

中村龍明、なかむら・たつあき。日本のプロゴルファー、ゴルフ指導者。愛知県出身。18歳でゴルフを開始。23歳でプロテスト合格。独自のスウィングメソッドを構築。著書に『決め事はひとつだけ。ゴルフ超速学習法』。

中村龍明の名言 一覧

ゴルファーの中で悩みが全くないという人は、おそらく一人もいないでしょう。ゴルフを長く続けるほど、悩みは増えていきます。


バンカー越えの場面でミスする人は、バンカーが目に入った時点で体が反応し、アドレス(構え方)が乱れています。バンカー越えのアプローチを成功させるコツは、バンカーの先の落としどころに意識を集中することです。何ヤード打てば落としどころにキャリーするのか、そこから何ヤード転がればピンに寄るのかをしっかりイメージします。要するに、「バンカーに入れたくない」という発想ではなく、「15ヤード先(20ヤード先)の地面にボールを落とす」という発想に意識を転換すれば、アドレスの形も自然と変わってくるのです。


長年ゴルフに取り組んでいれば、「ボールを上げるのはクラブの仕事」という言葉は聞いたことがあるでしょう。6番アイアンよりも9番アイアンのほうが、ボールが高く上がるのは、スイングを変えているからではなくクラブを替えているからということは、分かっていると思います。ところが、バンカー越えや池越えになると、不思議と自分の動きでボールを上げたくなってしまうのです目の前のハザードを避けるためにはどうしたらいいか、脳が勝手に考え始めてしまうのでしょうね。そういう仕組みが分かっているのであれば、「バンカーに入れたくない」と脳が考え始めた時、「やるべきことはバンカーに入れないことではなく、15ヤード先(20ヤード先)の地面にボールを落とすこと」だと意識を転換する必要があるわけです。


中村龍明の経歴・略歴

中村龍明、なかむら・たつあき。日本のプロゴルファー、ゴルフ指導者。愛知県出身。18歳でゴルフを開始。23歳でプロテスト合格。独自のスウィングメソッドを構築。著書に『決め事はひとつだけ。ゴルフ超速学習法』。

ページの先頭へ