中村順二の名言

中村順二のプロフィール

中村順司、なかむら・じゅんじ。PL学園高校野球部監督。PL学園、名古屋商科大、実業団で選手生活を送った後、母校に戻りコーチを経て監督を務めた。甲子園春夏合わせて6回優勝。担当したチームからは清原、立浪、松井稼頭央などの名選手が育っていった。

中村順二の名言 一覧

選手のやる気を引き出すには、感情的なものの言い方をしては絶対に駄目だ。


中村順二の経歴・略歴

中村順司、なかむら・じゅんじ。PL学園高校野球部監督。PL学園、名古屋商科大、実業団で選手生活を送った後、母校に戻りコーチを経て監督を務めた。甲子園春夏合わせて6回優勝。担当したチームからは清原、立浪、松井稼頭央などの名選手が育っていった。

他の記事も読んでみる

秋津壽男

性欲と金銭欲はボケ防止と長生きのコツだと私は思っています。金もあるし、あくせくしたくないという人は生きる意欲がなくなるので早死にしがち。多少生活に困って、金のことを必死に考えているほうがボケ予防にはいい。同じように、いくつになってもスケベ根性をなくさないのも、ボケないコツ。


江上治

「何かすごいことをしないといけない」。そう焦っている人には、成功は近づいてこない。「お客さまから求められていること」と、「自分が一所懸命にやっていること」が噛み合っていないのだ。


安藤楢六

人生とは、一見不幸に見えるものの中に大きな因子をはらんでいるものだ。


中谷健一

忙しいから家族と過ごす時間がないといっていた人も、ノマド的手法をとりいれることで解決策を見いだせるのではないでしょうか。たとえば、定時に退社して家族と一緒に食事をし、子供をお風呂に入れる。そのあと寝かしつけたところで近所のマクドナルドに行って、9時から12時まで仕事をする。といったこともできます。私は家族旅行中に旅館で仕事をしていることもあります(笑)。


本庶佑

科学技術というのは一般に問題を見つけるのが一番難しい。問題を現実的にアプローチ可能な課題として提示できれば、答えは半分以上出たようなもの。


益子修

やることとやらないことの線引きはしっかりしておかないといけません。やっぱり、やる決断よりやめる決断の方がはるかにきついですから。


朝井リョウ

スピードとは、推敲を重ね、加速するもの。


豊田章男(モリゾウ)

「アフター改善はビフォアー改善(改善が終わっても次の改善点が常にある)」をトヨタは続けている。我々は日々、改善に取り組んでいく。昨日まではこれがいいと思ってやっていても、違っていたらまた変えればいい。それを絶えずやり続けている。


朝田照男

損切りをするにも勇気がいります。もう少し我慢と先延ばしにしているうちに巨額の損につながってしまいます。こうした損が積み重なって、結果として大損したのが10年前の利きでした。いまは徹底的に損を切り、最小限で食い止めています。それができるのも、常に状況を見ているからです。


坂根正弘

社内にダントツ委員会というのを作っています。ダントツ商品を認定する機関で、委員会と書くのですが実は私一人でダントツ申請を受けているんです。全く私の独断と偏見で認定基準を定めています。お客様のところに行って半年間、一年見てちゃんと予定通りの実績を上げていないと認定しないとか、10%コストを下げるといっても、商品によってはそれでは夢物語みたいなところがありますから、5%下げただけでも認定してやろうとか、この権限だけは誰にも渡していません。


為末大

一般的に言われる努力は、目標に向かって力を尽くして積み重ねる行為をイメージします。1時間の練習を2時間やったら、2倍努力したと言う。でも、行動前に、「自分が何をやるべきなのか」「何のために実行するのか」と考える努力は、日本人はあまりせず、人任せにする場合が多い。僕は、こうした自問する作業は、「努力」という行為の半分以上の領域を占めると思っています。


アルボムッレ・スマナサーラ

したいかしたくないかではなく、必要か必要でないかを考えましょう。感情ではなく、理性で判断することが大切です。


飯島彰己

明白なのは、我々にとって唯一の資産は人材だということです。想像力を働かせ、対応策は練りますが、将来を完全に予測するのは難しい。10年先を見据えた現在の長期ビジョンも、作ってからたった2年で環境が激変しました。つくったときにはシェールガスなんて出ていなかった。それだけ変化が激しいのです。ただ、どんな事態になっても、人さえ鍛えておけば、対応できます。だからこそ人材育成にかける思いは強い。


黒田尚子

収入が高ければ、高いなりの支出をしてしまうのが人間です。高収入の家庭は、その状況に甘んじて慢性的な「使いすぎ」に陥っていることがあります。年収1000万円超でも、六本木にマンションを買い、ベンツに乗って、子どもを私立学校に通わせていれば、お金が足りなくなって当たり前。金融広報中央委員会が発表した調査によると、年収1000万円以上の世帯の約1割が資産ゼロという驚くべき状態なのです。それでも高収入が続けばいいのですが、世帯主や家族の急病、親の介護による離職、リストラなどで収入が激減、最悪の場合ゼロになってしまえば、途端に家計は破綻します。


サラ・カサノバ

我々は世界119カ国で展開しており、グローバル連携も強みだ。アイデアは日々、いろいろなところで生まれている。海外で成功しているサービスも、日本に合致するようであれば積極的に展開する。例えば、米国で定番の朝食メニュー「ビッグブレックファスト」や、欧州で人気の「マックラップ」は、日本市場でも受け入れられるはず。宅配サービスも海外では既に成功を収めており、共働き世帯の増加などで中食需要が伸びている日本でも、コンビニエンスさをアピールしていく上で重要なサービスになる。


ページの先頭へ